「バーソは自由に」

 考え方はいろいろあるから面白い。

 予言の雛形あるいは予表理論。 

占いや予言とは、「小」を見て、「大」を探ることか。

ドイツの水族館所属のサッカー占い師が国際的な名声を得たことがある。
パウル君という名のタコが、EURO2008で全6試合のうち4試合を的中。
W杯南アフリカ大会では、計8試合の勝敗をすべて的中させた。

パウル君が死亡した直後、アルゼンチンの監督ディエゴ・マラドーナは、
「予言タコが死んで嬉しい、W杯で負けたのはお前のせいだ」と言った。

reasonably_small.jpeg
コーヒー占いというのもある。

人間の意識の下には「不安」がある。
人は、まだやってこない未来を知りたがる。
手のシワをみたり、鉛筆を転がしたり、字画をみたり、予知法は実に様々だ。
今回は《ある特定の国から世界の将来をみる》という考え方をテーマにした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本国の場合。『日本雛形(ひながた)理論』
日本の国に起きる出来事をみると、世界の将来が分かる と言う説である。

下の地図は一見、日本地図に見えるかもしれないが、そうではない。
世界地図を縮小し、縦横の縮尺比率を変え、ずらして配置したものだ。

亜ahinagata

南アメリカ大陸が抜けているようだが、台湾(戦前は日本領だった)に当たる。
イスラエル=伊勢、朝鮮半島=房総半島。
大きな山や湖の位置も合致しているそうだ。

『日本雛形理論』は、ある神道系教団の教義のひとつである。
日本は世界の《雛形》であるゆえに、バブルの崩壊やテロ(サリン)や
大災害などは世界でも起きると言われている。
(※独自の歴史学説「新史学」の提唱者・木村鷹太郎が最初に述べたようだ。
似たようなものでは『外八州史観』がある)

だが私が採り上げたのは、単に地図の話が面白いと思ったからに過ぎない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ユダヤの場合。『世の終わりの預言』
昔のユダヤに対する預言は、現代への予言でもある というキリスト教の考え。

生前イエスは、エルサレムの神殿を見ながら、その壁は崩されると預言したが、
それは数十年後の西暦70年に、ローマ軍が都に攻め寄せることで成就した。
(その預言は、聖書のマタイ24章、マルコ13章、ルカ21章に記録)

wailing-wallA.jpg
エルサレム神殿が崩壊した歴史を現代に残す嘆きの壁

イエスの預言は当時《小規模》に成就したが、《大規模》にも成就するはずで、
「ユダヤ教の滅び」は「世の終わり」を予表している、とキリスト教会は言う。
(某教団は、その「世の終わり」が非常に近い近いと百年以上も言ってきた)

しかし、聖書は神の言葉であると思うのはかまわないが、
イエスが当時の弟子たちに話したことが、
どうして はるか二千年先の全人類にも適用されると思うのか。

例えば「古事記」に書かれていることは、二千年後に成就する
という新説を唱えれば、どう思われるだろうか。
著作年の西暦712年から2000年後は西暦2712年になるのだ。

当ブログでは、イエスのその預言は確かに的中したが、
それは西暦70年に成就して、既に完結したと論じてきた。
(関心ある方は、下記の過去記事を参照されたい)

☆「イエスの再臨は、1914年からではない
☆「神は人類を滅ぼすことは全くない。なぜそう言えるか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「小」なるものは、「大」なるものを表す。
『錬金術の基本思想』

宇宙にあるすべての物は相似系を示しているので、
たとえ大きくて見えないものでも、
小さいものに当てはめて考えてみれば基本的に理解できる、という考え。

emerald_tablet.jpg

エメラルド・タブレット(緑玉碑文)

こは偽りなき真実にして、確実にして極めて真正なり。
唯一なるものの奇跡の成就にあたり、
下なるものは上なるもののごとく、
上なるものは下なるもののごとし。
万物が「一者」の考察によってあるがごとく、
万物はこの「一者」より適応によりて生ぜしものなり。


(セルジュ・ユタン著・有田忠郎訳『錬金術』文庫クセジュより)


「小宇宙」が分かれば「大宇宙」が分かるというこの錬金術の基本原理は、
手の相に意味を探れば、その人全体の運が分かるという「手相占い」や、
耳は胎児と相似なので、全身を癒すツボがあるという「耳のツボ」療法や、
ある国は世界を表すといった「雛形理論」の根底にあるものかもしれない。

☆☆☆

ちなみに、わたしは、そのような非合理的な未来予測法にはあまり関心は無し。
未来は人間が自らの自由意思で切り開いていくものだろう、と思っております。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

おもしろいですよね。予知できれば何か良い方に変わってくるかもしれないですよね。

わたしは、四柱推命は、けっこうあてにしてるところがあるのですよね~。実際、夫との相性は最悪で離婚するかもしれない、って出てて、
「おー、けっこうあたるもんだなぁ」と、もえりと言っているのです。もえりも自分のことを占ったりしてて、「おー、これ、けっこうあたるね。」と、二人の間で評判です。だから、もえりは最高の相手と結婚するんじゃないかな、と希望的観測しているのです。

2012/09/07(金) |URL|abe [edit]

abeさんへ。(^^)

コメント、ありがとうございます。

わたしは、当たる予測に出合ったことがない。
効く栄養薬に出合ったことがない。
くじ運、金運、女運にも出合ったことがない。

なぜ、無い無い尽くしなのか。
たぶん、そのようなものには《出遭えない》と
思い込んでるせいじゃないかと思っています。

合理性のないものは信じない思考回路のせいもありますが、
本質的にマイナス思考のせいでしょうか。

それにしても、「四柱推命」って当たるんですか。
だったら、将来について希望的観測を持ってもいいですね。
いずれにせよ、希望的予測で生きたほうが楽しいですし。

ただ、占いに頼りすぎて自分のしたいことができないなら、
それはちょっと考えたほうがいいかもしれませんね^^)。

2012/09/07(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

タロット占いできますよ

 カードリーダーなんで、タロット占いできます。
 研究始めたので、タロット一式封印しましたが探せば出てくるかなぁ。
 高校生から愛用のカードだったんですが。
 いざ辞めるとなると失った物、捨てた物の価値がどんどん上がっていく。長い事JWに所属してるともっと大事なものも失って、捨て去ってしまうんでしょうね。
 私が失くしたのはまだ買い戻せる物だから、傷は浅い^^;

 四柱推命侮るなかれ、です。
 占いは参考程度にして、悪い卦が出ればそれを避けるように、良い卦が出ればそれに沿うように。
 交通標識みたいなものかな。ガイドですよ。従わなくても大丈夫だけど、たまに運が悪いと事故に合う(ポリさんに見つかるとか)。
 かなり悪い卦が出ない限り、気にすることは無いです。
 
 それから、性格なんか当てられると信じる傾向がありますがタロットは性格は見ません。そういった意味で真っ向勝負のところがありますね。
 ただ私の場合は相手に願ってもらいながらカードを混ぜてもらうので、漠然とした状態から、具体的に相手が見えてくる過程が占っていて楽しかったですよ。
 始めに具体的な願いとかは相手から聞かないので。
 相手がいかに占って欲しい事を強く願うか、にかかってるといっても過言じゃないくらいカードを混ぜるのは大事でした。相手が雑念だらけだと、カードが読めないですから。

 すみません><
 同じfc2の為か名前が管理人になってました。
 以後気を付けます。申し訳ないです。

2012/09/07(金) |URL|元研究生になりたい改めミミ [edit]

お久しぶりです(*^_^*)

こんばんは。

すっかりご無沙汰してしまいました。。。といっても、いつもブログは拝見させていただいておりました(*^^)v

>人間の意識の下には「不安」がある。人は、まだやってこない未来を知りたがる。

「知らない」ということは、どうしても不安につながりますものね。
まだ見ぬ未来を
「知りたい」
「そして安心したい」
そんな思いが、人を占いや予言、果ては宗教に駆り立てるのでしょうか。。。

血液型占いや星占いは、ちょっと気にしつつ結果のいいところだけ頂いて…なんていう都合のいいことばかりしている私ですが(笑)

今は「知らない」ことによる不安よりも、
「知らない」ゆえに何が起こるのだろうという期待の方が大きいかも…

そうやって「知らない」事実を認めながら楽しめたらいいなぁ。。。と思います(*^_^*)
だって、
「未来を知っていた」ら…
これから、何が起きるのだろうかというワクワクがなくなっちゃうじゃありませんか~(>_<)
そんなもったいないことはしたくないです。。。(笑)

欲張りなりんごでした☆

2012/09/08(土) |URL|りんご [edit]

ミミさんへ。(^^)

コメント、ありがとうございます。

あららー、「カードリーダー※」だったんですか(※この意味、今回 初めて知りました)。
そんなすごい賜物があるのに、よく研究をしましたね。
そして、よく辞めましたね。

≫相手がいかに占って欲しい事を強く願うか、にかかってる

なるほど。やはり単なる偶然性で占うわけではなく、そこにはカードリーダーと相手の人の、
なんて言うんですか、深い意識や霊、エネルギーなどが関係してるんですね。
そうしたものが強い場合に、当たる確率が高くなるということなんでしょうか。

≫性格なんか当てられると信じる傾向がありますが

人はいろんな性格を強弱大小の違いはあるものの、みなごちゃ混ぜに持っています。
大抵は自分に当てはまる点があるので、つい性格を具体的に言われると、
確かに、当たった!と思って信じてしまうところがありますね。
だからまあ、「交通標識、ガイド」と思うぐらいがよろしいということでしょうか。

≫いざ辞めるとなると失った物、捨てた物の価値がどんどん上がっていく。

その通りです。現世では時の流れは一方通行。過ぎ去ったものは帰ってきません。
でも「傷は浅い」そうで、よかったです^^)。

2012/09/08(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

りんごさんへ。(^^)

コメント、ありがとうございます。
わたしもご無沙汰してましたが、毎回お邪魔してました。

≫「知らない」ゆえに何が起こるのだろうという期待の方が大きいかも…

この考え方。すごくいいですね。不安を感じずに日々を過ごせます。
そう思っていると、人生に何が起きても、うまく対応していけます。

そもそもゲームというのは、アマ級からプロ級へとレベルが上がるにつれ、
ゲームの難度が上がり、いろんな障害が増えたり大きくなることになっています。

ですから、自分になにか大きな問題が降りかかってきたときは、
自分はいまプロ級の人生ゲームを送っているのだぞと思えばいいのでしょうが、
いざ、実際に問題が起きると、なかなかそうは思えません・・・あー(恥&悲

今回の内容は、りんごさんの9/8の記事「未来」とちょっと似てましたかね。
だったら、これはシンクロ。りんごさんと波動が合ってますね(嬉

≫ワクワクがなくなっちゃうじゃありませんか~(>_<) そんなもったいない

そうそう。ワクワクは大事です! わたし、時々忘れますが。^^;

2012/09/08(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんにちは、バーンさん。

日本雛形のロジック、そんなものが有ったのですね。

未来に対する不安は沢山あります。
けれども、それは決して占いで決まって行く未来だどは
思っていないので、いろいろな雛形理論が存在しても
(医学的な事の信ぴょう性は分かりませんが)
バーンさんと全く同じ考えです。

現在の事実をしっかり見据えて、未来に対する行動をとる。
私にとってのそれは、今のところ、関東大地震です。

2012/09/08(土) |URL|りもママ。 [edit]

日本雛形理論

面白いお話だわぁ
ちょっと今、体調不良なもんで頭が回らないのぉ
もそっとよくなったら、ゆっくりとお勉強させていただくわぁ

バーソさまって不思議なかたねぇ
魅力的だわっv-347

2012/09/08(土) |URL|眠れぬ森のお姫さま [edit]

りもママさんへ。(^^)

コメント、ありがとうございます。

日本雛形理論は、新興神道の大本教の教義なんですが、
総体的に神道系の教えは、日本国の優位性を重視するところがあって、
ちょっと面白いと思っています。

世界地図を見ていて、大西洋両岸(アフリカと南アメリカ)の形状が
一致するので、大陸移動説を考えた人がいたそうですが、
この日本地図と世界地図の類似性も、よく気がついたものだと思います。

ちなみに湖だけを採り上げると、こんな類似点があるそうです。
・琵琶湖=カスピ海(大きさ:日本一と世界一)
・田沢湖=バイカル湖(深さ:日本一と世界一)
・中禅寺湖=ナムツォ湖(標高の高さ:日本一と世界一)

しかしそのような類似性が、神の摂理のうちにあるともちょっと思えません。
人間には自由意志が与えられていると言われています。

おっしゃる通り「現在の事実をしっかり見据えて、未来に対する行動をとる」
のは正解ですね。
なお個人的な考えですが、わたしは、関東大震災については楽観的です。
ただし心構えと準備をしておくのはいいことだろうと思います。

2012/09/08(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

眠れぬ森のお姫さまへ。(^^)

いま姫さまのブログにコメントを入れておきました。
たいへんでしたね。でも大事にならなくて、よかったです。

バーソって、不思議ですか。
まあ。うれしいような、そうでないような。
不可思議な頭なので、よくわかりません。(#^.^#)

でも、あらー、魅力的ですか。
うれしいような、うれしいような。
不可思議な頭でも、よく分かりますっ。あははは(^_^;)
いつも気をつかっていただいて、ありがとうございます。

2012/09/08(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

占いといえば、
小さい頃、近所に不思議な人がいました。

(マンナカのおばちゃん)と、呼ばれていたそうです。

よちよち歩きはじめた私が、
転んで薪ストーブに、突っ込んで顔を火傷したのです。

母は慌てて、マンナカのおばちゃんの家に
私を連れて行ったそうです。
すると、おばちゃんは私の顔に
ガラスに入っていた透明の液体をかけました。
何が入っていたかは知りません。
かけられた顔からモクモクと煙が出て
泣いていた私は、一瞬で泣き止んだとか!
母は、見ていたのでその時の話を
してくれるのですが、
今の世の中にそんな変な話と、
ちょっと信じられません。
でも実際に私の顔には、火傷の跡一つないのです。

火傷したことは、祖母も見ています。

私は、単に水で冷やしたんでは、と、
思うし、煙は、寒い時期なので、
水蒸気の湯気だったのでは?とも、
密かに考えたりしました。
でも、顔に跡が残らないように
して下さってありがたいなぁ。と
思っています。

占いって、少し霊感のある人がやっている気がします。
高校の先輩は、タロットカードをやっていました。
ある日、カードを触っていて
(今日は、カードが怒っている!)と、言ってました。
そういった、閃きと、占いが影響しあって、
不思議な事が起こるのかもしれませんね。


※ 日本の雛形の理論面白かったです。(^-^)

2012/09/09(日) |URL|ゆりママ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/10(月) || [edit]

ゆりママさんへ。(^^)

コメント、ありがとうございます。

ありがたい不思議な経験があるんですねー。
火傷が残らなくて良かったです^^)。

ゆりさんの経験を読んで、自分の経験を思い出しました。
1,2歳の頃、腸炎にかかったそうですが、二人の医者に見放されました。
母は困って、知り合いに相談したら、四国の有名な占い師を紹介されました。

そこに行ったら、この青い色の丸薬を飲ませなさいと言われ、
飲んだら、すうーっと見事に治ったそうです。
母はそれ以来、何かあるとその人に相談し、そういうことが大好きになりました。

わたしは成人してから聖書を学んだせいもあり、その種のこととは無縁でしたが、
世の中には不思議なことがありますね。
ただ、この種のことは千差万別、玉石混交で、見極めが難しそうですね。

雛形理論は面白かったですか。ゆりさんにそう言っていただけてうれしいです。^^)/

2012/09/10(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/10(月) || [edit]

わわわっ

わたくし、決して気を使ってコメントしていないのよぉ!!
正直に感じたことや思ったことを書いているわぁ

だからぁ・・・「不思議で魅力的な方」ってお世辞でもなーんでもないのぉ

blogの記事やわたくしに頂くコメントでも知性と探究心あふれる感受性豊かなバーソさま
どことなく一歩引いたところから物事を見つめる冷静さ
本当に素敵よぉ
他の方に差し上げているコメントを読ませていただくこともあるけれど
その時も思うわぁ
「ああ、この方は本当に誠実で細やかな気配りのできる人だわ」って

まぢよっ!!

2012/09/13(木) |URL|きまぐれおひめさま [edit]

きまぐれおひめさまへ。(^^)

あ、あ、ありがとうございます。
正直に思ったことを書いて、それが気をつかってるわけですから、
ひととなりや、心にあるものが、きっと文章に出ているのでしょう。
キリストは、人は心にあるものが口から出てくると言われましたから。

姫さまの文章は、一見すると、おふざけ調のようなんですが、
じつは、面白い書き方の中に、感性や知性や閃きが感じられる名文です。
文章は全体的にキラキラしていて、毎回読むのを楽しみにしています。

なぜか私には、気をつかっていただいているように感じています。
ですので非常に感謝しております。m(_ _)m ← この通りです。

2012/09/13(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/13(木) || [edit]

う〜〜〜む!!


『日本雛形理論』の図は、非常に興味深かったです!!
こうした興味を《入口》にすると、その周辺のモノ・・・
ここで言えば、“日本で起こることは世界でも起きる”といった考え方を、
得てして信じ込みやすい・・・カモしれませんよね。

占いも、そんな面があると感じています。
たとえば、平日の夜遅く、新宿の駅前にいた占い師のところへ立ち寄って、
『おやおや、あなたはいま、仕事に行き詰まりを感じていますね?』と
開口一番、自分のいまの心境を見抜かれた・・とします。
スーツを着て、疲れた顔して、夜遅くに占い師のもとを訪ねる人が、
仕事に悩みを抱えていない筈もないだろうって気がしますが(笑)、
導入で一旦グッと心を掴まれると、その後に続く言葉も
なんとな〜くすんなりと自分のなかに入って来てしまう。
それでうっかり、ハンコだのツボだの水だのを買わされるな〜んて人も・・・

そうなると『小』を見て『大』につけこむ、という感じでしょうか(^^;)

占いや予言は、なんとな〜くワクワクしますよネ。
ミステリアスだからでしょうかね・・・でも、たいていは当たらない(笑)
で、そこにホッとしたりする自分がいたりもします♪

Wailing Wall(嘆きの壁)!!
トッド・ラングレンの曲にありますね。 僕が愛している歌のひとつです。
そして、去年ずうっと、頭のなかで鳴っていた曲でもありました。
http://www.youtube.com/watch?v=MeJpI1ZDpnU

2012/09/20(木) |URL|G.D.M.T. [edit]

G.D.M.T.さんへ。(^^)

コメント、ありがとうございます。

「雛形理論」の図、非常に興味深かったですか。
G.D.M.T.さんにそう言われると、うれしいですね。

これは「フラクタル理論」とも似てないでしょうか。
 「自然界に存在しているさまざまな物象は、一見不規則な形をとっているが、
 拡大して見ても縮小して見ても、同じに見えるものが少なくない」の理論です。

占いが当たる・当たらないの話は別にしても、この理論には案外、
世の中にあるものを統合できる真理が含まれているのかもしれないですね。

新宿の占い師と言えば、昔、ある占い師の前に女性が大勢並んでいた
という話を思い出しますが、確かにG.D.M.T.さんの言われる通り、
相談客の表情を見て、適当に言えば、『小』を見て『大』につけこむ
ことも割合簡単にできるのかもしれないと思いますね。

≫でも、たいていは当たらない(笑)
で、そこにホッとしたりする自分がいたりもします♪

そうそう。本当に当たると、もう怖くてじっとしていられなくなる
ような気がします。だから当たったり当たらなかったりがいいのかも。

この歌は初めて聴きました。歌手も初めてです。
歌詞を検索して、英語と日本語のを見つけました。

 悲しみのあまりひざまずき
 心臓がつぶれるかと思うほどに、ひたすら泣き濡れる
 夜明けから日が暮れるまで彼らの叫びが聞こえる
 嘆きの壁の前に……

んー、悲しい詩です。「嘆きの壁」には、無数の人々の感情が
石の奥のほうまでしみこんでいるんだろうなあと思いました。

2012/09/20(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

日本雛型論について

はじめまして、
良く研究して「ものみの塔」の偽りを糾弾されているとおもいます。

「日本雛型論は大本教の教義」と紹介しておられます件ですが、大本教以前に、木村鷹太郎氏が、明治45(1912)年「日本太古史」そのほかで、「日本雛型」の原型を宣べておられます。
わたくしは、100年間眠っていた木村氏の説を掘り起こして「ヨハネの黙示録」の解説をしております。
ものみの塔の「啓示の書」VS私 というスタンスで、ブログに書いていますので、ご批判たまわれば幸いです。
「浦島太郎から辿る歴史と考古学」の中の「ヨハネの黙示録」のカテゴリーです。


2015/09/18(金) |URL|久保 公 [edit]

Re: 日本雛型論について

久保 公さん ありがとうございます^^)
木村鷹太郎氏が、明治45(1912)年「日本太古史」そのほかで
「日本雛型」の原型を宣べておられます
ありがとうございました。そうでしたか。その件は本文に補記しました。

「木村鷹太郎 日本雛型」で検索したら、まあ、いろんな話がありますね。
神道は他の宗教のように経典教義がないので力がないように見えますが、
なかなかそうではなく、熱烈な信者(?)が多いようですね。

ものみの塔の「啓示の書」VS私 というスタンス
ほう、そうですか。ものみの塔の解釈は、1914年からの出来事に啓示の書を強引に当てはめるもので、あほらしいとしか言いようがないものですが、久保さんの記事は私にもわかりそうな話でしょうかね。腰が治ったら、近々お邪魔します。

2015/09/18(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/70-c71c7a44

back to TOP