「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 本当はこわくない新型コロナウイルス、という別の視点。 


 新型コロナの「パンデミック」より、「インフォデミック」のほうが怖いという話があります。
 これは “情報(インフォメーション)氾濫によるデマの拡散や誤解” という人災が、ウイルス感染症の病災を深刻化しているということです。

 懇意にしている医療従事者に勧められたamazonベストセラー1位の本『本当はこわくない新型コロナウイルス』によると、世界中の最新医学論文や臨床情報を分析した結果、新型コロナは、健康な日本人には、“少し感染力の強い風邪”であり、基礎疾患のある高齢者を重点的にケアするのが有効であると判明したそうです。

 日本では毎年、インフルエンザや交通事故で5千人から1万人が亡くなっていますが、外出自粛や運転自粛の要請の話が出たことは一度もありません。
 新型コロナウイルスの死亡者は4647人(令和3年1月20日現在)です。

 ですので、感染症の実害より、むしろ “メディアと知識人が煽った恐怖心と情報暴走” のほうが政府と国民を過剰反応させ、日本全体を委縮させている、と論じられていて、私は読んで「さもありなん」と思いました。
 「むべなるかな」と思わなかったのは、昨年の早い時期から、中部大学の武田邦彦教授がデータ分析によって同じような見解を述べていたからです。


lodi.jpg17世紀にペストが大流行したときの
ローマの医師の防御マスクと防御服。
くちばしの中に薬草や香料が入っている。
患者に直接触れないよう棒を持っている。
当時、ヨーロッパの医師たちは、みな
こういう格好をしていたそうです。
(PHOTOGRAPH BY ARTEFACT, ALAMY)
 
 


        ____________________


クマ「ご隠居、ええと、234じゃなかった、345でもなく、そうそう、567って奴はイヤですね。殴ってやろうと思っても姿は見えねえし、俺は、見えねえのは闇夜のカラスもおそろしいです」
隠「なんだ、567とはコロナの話か。あたしは熊さんのほうが怖ろしいよ。黒マスクはいいが、黒メガネはやめときなさい」
クマ「このマスクって奴も、早く外してえなあ」
隠「熊さん、こんな話があるよ。最近買ったこの井上正康教授の本によるとだな。3密回避やマスク着用はあまり意味がなく、手洗いや鼻うがいのほうが効果的で、糖尿病や生活習慣病のある高齢者への接触に気を付けることが大事なようだよ」
クマ「あらー、3密やマスクは意味がねえんですか」
隠「あまり無いそうだ。その証拠に、世界一過密の東京・大阪の通勤電車は濃厚接触そ
のものだが、クラスターになったという話は聞かないだろ」
クマ「あら、そうだわ」
隠「若年層や働き盛りの世代はリスクが低いので、適切な予防策を講じたら、過剰に自粛しないで、しっかりバランスの取れた経済活動をすればいい。営業自粛や休校や東京アラートなどは壮大な空振りだ、と書かれている。大騒ぎをしない飲み会や静かな飲食には何の問題はなく、それを悪いとする医学的根拠はないそうだよ」
クマ「口から飛沫感染で移るんじゃねえんだ」
隠「インフルエンザは潜伏期間が短く、主に飛沫感染で人から人に移るので、3密とソーシャルディスタンスを心配したほうがいい。だが新型コロナは潜伏期間が長く、物を介して移る。だから『ヒト→ヒト感染』より、ヒト→モノ→ヒト感染』のルートに注意したほうがいいそうだ。『接触感染』のほうが怖ろしいようだな」
クマ「モノって?」
隠「ドアノブとかテーブルとか、便座もそうだ。ウイルスは便と一緒に出るので、外のトイレは便座をティッシュで拭いたほうがいいかもな」
クマ「じゃあ、かわいい女の子とプレゼント交換も駄目なんだ。あああ」
隠「なに言っとる。そんなこと一度もないだろが。あたしもないが」


kgew.jpg
インフルエンザ流行の1918年、マスクを着用したシアトル警察官。
Time Life Pictures/National Archives/
Getty Images Archive/Getty Images

 

クマ「でも、政府が自粛宣言を出したのは、やっぱり567の野郎が危ねえからじゃねえんですか」
隠「うむ、日本人の感染率は欧米に比べれば2桁ぐらい少なく、その原因を山中伸弥教授は『ファクターX』と言っているが、この本では、風邪もウイルス感染症の一種で、日本と東アジアには4種類の土着ウイルスが住んでいて、昔から民族的に付き合っていた。だから日本人の多くが集団免疫を持っていたことが主な原因だとされている
クマ「日本人は567と共存してたんですか」
隠「そう。今回の新型コロナは、2019年秋に中国武漢で発生したが、実際にはもっと早い時期から感染が知られていて、日本には大勢の中国人客を通して、その年の暮れ頃から入ってきていたようだな。しかし弱毒性で、感染しても大半の人に症状がなかったため、誰も気づかなかった」
クマ「そうなんだ」
隠「ところがその後、上海で変異した強毒性のウイルスが、最初に欧米に入ったものだから大変なパニックになった」
クマ「パニックデミックになったんですね」
隠「欧米型の強毒性のウイルスは、日本にも入ってきたが、それまでに集団免疫をある程度獲得していたので、だから欧米よりはるかに被害が少なかったそうだよ」
クマ「日本人で良かったわ」
隠「このウイルスは変異しやすく、こまかく分類すれば6000種類以上になる。大別すると弱毒性と強毒性の2つだが、この強毒性ウイルスの入り方と免疫の強弱がポイントになるそうだ」
クマ「ロックダウンは日本じゃ必要ねえってことですか」
隠「ロックダウンや国境封鎖をした国ほど死者が増えていて、あとから振り返ってみるとロックダウンは効果がなかったという意見が主流になっているそうだな」


大正期、スペイン風邪の大流行で、masuu9.png
マスク着用を呼び掛けるポスター。
(旧内務省衛生局)

(右から左に読む)
恐るべし「ハヤリカゼ」のバイキン!

マスクをかけぬ命知らず!




 

クマ「とにかく、PCR検査は、もっとやったほうがいいんでしょうね」
隠「いや、PCR検査は不完全で、ウイルスの遺伝子のカケラを抽出する方法だ。残骸を検出して陽性と判断することもあるが、陽性者がすなわち感染者ではない。疑わしい症状があれば検査してもらったほうがいいが、コロナの特効薬は無い」
クマ「じゃ、どうしたらいいんですか。ご隠居とはまだお別れしたくねえなあ。お、おお、おいおいおい。(泣く)」
隠「ウソ泣きはやめなさい。ったく。あたしを仏にしないで、ほっとけ。歳は取っても、免疫弱者じゃないよ」
クマ「そうでした。ご隠居は体だけは丈夫が取り柄でした」
隠「まあな。知りあいの薬屋さんに聞いたのだが、体にはビタミンCとDがいいそうだ。あたしはマルチビタミンと一緒に毎日飲んでいる」
クマ「ご隠居、お茶もいいそうですね」
隠「そうそう。お茶のカテキンには抗菌作用がある。『お茶で一服』と言われてきたのは、昔は薬として服用されたからだ。とにかく、熊さん。メディアのもっともらしい情報をすぐ信じて、パニくったらいかんぞ」
クマ「よく分かりました。気をつけないといけないのは、567のパンデミックと、剣より強いメディアのペンデミックなんですね」
隠「ペンデミックか、なるほど。しかしな、じつはあたしは変種の新型コローナなら来てほしいと思っている」
クマ「なんですか、その変種の新型コローナって」
隠「それは、ピンピンコロリーナだよ」




《補足》
さらに詳しくはこの記事をどうぞ。実際のデータ分析による意見書です。
教授7人連名による「新型のコロナ感染症予防対策についての共同宣言」WERISE実行委員会 →クリック
image2-768x553.jpg
厚労省の公開データを元にしたグラフ。オレンジが陽性者で、青が検査数。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
新型コロナウイルスの生存期間 空気中(3時間)、皮膚の表面(9時間)、ボール紙の表面(24時間)、ステンレスやプラスチックの表面(2~3日)、銅の表面(4時間) → 出典
(皮膚以外のデータは米国立アレルギー感染症研究所) 
――――――――――――――――――――――――――――――――――
※ご注意 『本当はこわくない新型コロナウイルス』2020年10月1日発行(方丈社)の元にしたデータ類は発行日の数か月以前のはずですから、その後に出たデータによる分析や調査結果は含まれてないと考えられます。こういう問題には必ず異なる意見があるので、自分でよく調べることが求められます。風子さんからのコメントや他のネット情報もご参照ください。
・『夕刊フジ(1/22)』ネット版に、「新型コロナ後遺症の深刻度と意外な事実」と報道されていました。→クリック



.
関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

おはようございます♪

コロナ、コロナで1年が過ぎました。
世界の死亡者209.3万人。
全体の25%が米国に集中
日本での死者数は極端に低いですが、
とあるクリニックの調べでは……。
10代から30代の若い患者475人中47%に後遺症。
けん怠感95%、気分の落ち込み86%、
思考力の低下83%、息苦しさ75%、
髪の毛が抜ける脱毛50%、味覚障害30%。
こんなデータを観ると、ただの風邪とも思えませんが……。

>あたしは変種の新型コローナなら来てほしいと思っているのだよ」
クマ「なんですか、その変種の新型コローナって」
隠「それは、ピンピンコロリーナだよ」

∵ゞ(´ε`●) ブハッ!!  
それはもう叶っています。
軽症者が突然重症化して亡くなってしまう事態。
パイロットや登山者などにも現れる『幸せな低酸素症』。
高齢、基礎疾患者にとっては『ピンピンコロリーナ』
じゃないでしょうか、ね。(笑)

2021/01/23(土) |URL|風子 [edit]

バーソ様
おはよう御座います。

今回はコメントのコピーを取っておきます。(笑)
ピンピンコロリーナはいいですね。私もかかりたいです。
病気で苦しむ人を何人も見てきていますので死ぬときは楽に逝きたいです。

新型コロナウイルス恐れるに足らず説ですが私は糖尿業持ちの高齢者なのでやっぱり怖いです。
スペイン風邪の死者は第一次世界大戦の死者よりも多かったとか。
今回もそんな比較がでるまで広がる可能性がありますね。
特効薬も出来ない。人類の科学は進歩したなんて言われていますが所詮はそんなものなのでしょう。
でも高齢者がいなくなれば経済的にみて社会は暮らしやすくなるでしょうね。

感染を止める方法はあります。
鳥インフルエンザや豚コレラや牛口蹄疫のようにかかった者を殺処分してしまえばいいのです。そして焼却です。
現実的ではありませんが確実な方法です。

愛新覚羅

2021/01/23(土) |URL|aishinkakura [edit]

Re: おはようございます♪

風子さん コメントありがとうございます^^)

 新型コロナには後遺症があるというのは報道で知っていましたが、メディアの専門家やジャーナリストたちの主流意見はデータの裏付けなしで騒いでいて、煽りすぎのように感じることもあったので、この本の説を紹介しました。
 しかし風子さんの指摘通り、じつはその点はちょっと気になっていたので、「補足欄」で注意書きを追加することにし、以下のように入れました。
 

※ご注意 『本当はこわくない新型コロナウイルス』2020年10月1日発行(方丈社)です。元にしたデータ類は発行日の数か月以前のはずですから、その後に出たデータによる分析や調査結果は含まれてないと考えられます。こういう問題には必ず異なる意見がありますので、自分でよく調べることが求められます。風子さんからのコメントやネット情報もご参照ください。
 
 この本の中では他にこんなことも書かれていました。
 昨年春、専門会議のメンバーから「このまま推移すると日本でも40万人が死ぬ」と驚愕的予想が出され、政府があわてて緊急事態宣言を出した。この死者数の算出方法は、百年前のスペイン風邪の後に考案された数理解析モデルに、現代の感染状況を入力して計算するのだが、その際、死者が多かった現代のドイツでの数値を入力して算出した。もし死者数は欧米の数百分の1だった日本人の感染状況の数値を入力すれば、「40万人」なんて数字にはならなかったはずだ。
 
 しかし、概してマスコミは何でも、問題を助長し拡大する傾向があります。感染者と陽性者とは違うということも、(先の日韓輸出問題では)厳格化と規制とは違うことも無視しています。
 テレビの報道番組は信用できないところがあるので要注意だと思いますね。

 追伸。
 この文章も補足欄に追加しました。


 なお、『夕刊フジ(1/22)』ネット版に「新型コロナ後遺症の深刻度と意外な事実」と報道されていました。→クリック [/色]

2021/01/23(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)

 ほんと、死ぬ時に苦しんで長引くのは嫌ですね。苦しまないでも完全にボケてしまい、介護なしでは生きられないのも嫌です。
 
 そうです。教授は気を付けたほうがいいです。私も肺結核をやって現在は死火山ではなく、休火山状態ですし、肝臓も良くないので、気を付けるべきかと思っています。
 
 スペイン風邪の時の写真を少し検索したのですが、まあ、マスクをしている画像が多かったですね。当時はウイルスの正体も消毒法も分からず、生活状況も現在ほど衛生的ではなく、ワクチンもなかったので、あんなに死者が増えたようです。

 いまは政府の強制措置が可能であれば、もっと対策がやりやすいと思いますが、何をしても野党やメディアから非難と反対ばかりされますから政府も大変でしょう。というより、政府や官僚などに頭のいい人がいないのが悲しいですね。
 
 鳥インフルや豚コレラや牛口蹄疫のようにかかった者を殺処分して焼却ですか。うーん、そうすれば地球からウイルスは絶滅するでしょうか。そうなら、野生の動物、コウモリなども全滅させなければいけないですが、それよりウイルスが自滅していくような特効薬は出来ないのでしょうか。WHOとノーベル財団が巨額の賞金を出して、発明を励ましてほしいものです。

2021/01/23(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

時宜を得た投稿ですね

いっぱい出てますねコロナの本。暇つぶしに1冊買おうかと思っていたのですが、買わずに済みました。本稿の投稿有り難うございました。

副作用の件、たしかに注目すべきものがありますね。
風子さんの紹介例にはびっくりさせられました。
でも、これは若い方のみの調査事例。中年や高齢者も同時に調査せれているでしょうが、きっと随分少ないことでしょう。
コロナ罹患者の自殺が先日もありました。完治しても世間の白い目、これは受け止め方もありましょうが、当事者にとっては精神的に随分と追い詰められることでしょう。症状例を見ていると、鬱病や神経症の随伴症状と似たものが多い感がします。
まあ、これは憶測にすぎませんから、武田邦彦先生もこの件については何も言っておられないのでしょう。(ブログの聞き逃しがあるかも)

100年前もマスクだったんですね。貴重な写真やポスターを見せていただき有り難うございました。
ポスターの「マスクをかけぬ命知らず!」は実にケッサク。
小生も「命知らず派」なんですが、買い出しに行く時など、入店時にマスクをしていないと白い目で見られ、夏頃からマスクをするしかなくなっています。
でも、接客時はマスクなし。かけっぱなしでは息苦しくてたまりませんからね。長居するお客様も今ではマスクなしで長しゃべりしていかれます。「命知らず派」に転向させてしまいました。

間もなく立春。春になればコロナもコロリ!
昨年そう願ったのですが、空振り。今年こそ願いが叶うよう、お互い祈りたいものです。

2021/01/23(土) |URL|薬屋のおやじ [edit]

Re: 時宜を得た投稿ですね

薬屋のおやじさん コメントありがとうございます^^)
 
 今回はコメントが来るだろうと思っていました。(笑)
 副作用の件は、そういう事例もあるだろうなと思っていましたが、思っていた以上に臨床例が多いようです。高齢者の場合は早く逝ってしまうので、後遺症のことがあまり騒がれなかったのでしょうか。
 病院は欧米に比べると日本は充実しているのに医療崩壊だ崩壊だと騒がれるのは、日本の病院は民間経営が多く、断られるのだそうですね。強制する法律を作ろうとすれば一斉に猛反対が起きそうです。
 
 世間の人の中には、新型コロナをペストやスペイン風邪のように思っている人がいて、インフォデミックに踊らされているようなので、このような反対意見の「記事があってもいいかと思っています。ただ、風子さんの指摘があったので、ちょっと補足文を入れました。
 武田先生は相変わらずで、マスクをしたほうがかえって危ないとさえ言っています。ただ、後遺症の件は知らないのかもしれませんが。
 で、「接客時はマスクなし」ですか。大丈夫ですか。敬遠されませんか。長居する人は常連なので、丈夫でしょうが。
 
> 間もなく立春。春になればコロナもコロリ!
 あはは、名句です。しかし、ただ、ですよ。私は願いが今年こそ叶いたいとは思っていません。なるべく遅めに叶いたいものだと思っています。こんな具合にです。

 願はくは 花のしたにて春死なむ その如月の 望月の頃

 ビタミンの話は、以前の私への返コメを意識して書きました。

2021/01/23(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんにちは

バーソさんの以前の記事、
「今起こっていることは前にも起こっている」を読んだ時
私は新型967の事を想起しました。
新型967感染症が起こり、流行し免疫が行き渡り、春になって
収束し、一部が(例年のインフルのように)人やトリの中で
冬を生き延びて変異も起こし寒さと共にまた若干流行し、春に
なってまた収束する。
まさに「今起こっていることは前にも起こっている」、新型967は
もう過去のコロナウィルス感染症やインフルと変わらないです。
昨4月にはPCR陽性者が増えて(実は検査数が増えただけ)
いましたが死者数は激減して収束が明らかでした。でもメディアや
医療関係者までもが恐怖を煽る記事や放送を繰り返していました。
山中教授も一時期、死者10万人って言ってました。
今マスクをしないでテニスの試合をしようとすると冷たい目で
見られます。
体も心も息苦しくてしょうがない。(笑)

2021/01/23(土) |URL|エリアンダー [edit]

Re: こんにちは

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)

> 新型967感染症が起こり、流行し免疫が行き渡り、春になって
収束し、一部が(例年のインフルのように)人やトリの中で
冬を生き延びて変異も起こし寒さと共にまた若干流行し、春に
なってまた収束する。
まさに「今起こっていることは前にも起こっている」

 そうなんですか。やっと応援コメントが来て、ちょっと安堵しました。
 後遺症が多く、「ただの風邪とも思えない」という意見が来ました。後遺症については、なるほど、その通りだと思いました。
 本文では、「健康な日本人には、“少し感染力の強い風邪”であり」と書いてあり、「健康な日本人」なら、それほど怖れることはないという話なんですが、こういうのは得てして「お前の記事を読んで実行したら感染してひどい目に遭った、弁償しろ」などと言われたら困るので、防御策として念のため、補足欄で「ご注意」以下の断り分を追加しました。
 
 この本は日本人の場合のことを論じていて、欧米は別として、日本人の場合にはそう言い切れる、ということですかね。
 そうなら、世の中、悪いニュースばかりの中で、良いニュースです。
 
 例年インフルで亡くなる人が多いのに、このたびは激減しているという報道もされています。プラスマイナスすれば、死者はかなり少ないようです。
 私がちょっと驚いたのは、ウイルスの生存期間です。思っていたより長いですね。私のような身体軟弱な人間は、外出ではモノに触れることにもっと気を付けようと思いました。
 
> 昨4月にはPCR陽性者が増えて(実は検査数が増えただけ)いましたが死者数は激減して収束が明らかでした
 そうなんですか。もう収束したと考えていいのですね。
 なんだか、この種のウイルスは特効薬がないと半永久的に続くのではないかという恐れがあるのですが、そういえば過去のスペインかぜなどもすでに終息したわけですからね。一時。騒がれたマーズとかサーズも終息しているのでしょう。
 
 私は世界で一番混雑がすごい満員電車がクラスターにならないのが不思議でした。3密やソーシャルディスタンスとは程遠いのに、なぜ感染源にならないのかと思っていましたが、それは収束したと考えていいからなんですね。
 それにしても飲食店はかわいそうです。「夜8時まで」には何のデータ的根拠がないそうで、むしろ毎回アルコールで消毒している店なら、家庭より安心だと武田教授が言っていました。
 
 エリアンダーさんのコメントで、少しホッとしました。
 しかし567の奴は、人間に967なことをさせます。187奴ですね。(笑) 

2021/01/23(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

人が新型コロナウィルスを運べる速度は、最大で時速850Km(旅客機の巡航速度)ですが、ネットがデマを運ぶ速度は時速10億8千万kmになります。感染速度を比較すれば一目瞭然で、比べ物にならない事が分かります。
次に、人がコロナウィルスに罹ったかどうか?はPCR検査で判別できますが、デマに罹ったかどうかを?判別する検査キットはありません。またコロナウィルスはワクチンで防げますが、デマを防ぐのに有効なワクチンは存在しません(笑)
そもそも、医療機関は元より大学機関やメディアでさえ、何がデマで何がデマでないか?…ウィルスを検出する様に確定するシステムを持っていません。
そこでロシア政府は独自の判断でデマを確定し、スパイを送り込んで根源となった人物を抹殺し、中国政府はデマを流した人物と影響を受けた人物をもろとも再教育施設(強制収容所)に投獄する様です。
アメリカではこの度、ネット各社がデマの根源と思われるある人物のアカウントを排除した所…Twitter社の調べではデマと思しき記事が250万から68万に激減したそうです。
ただ、この様な治療法は副作用を伴いますので、後で身体(国家)にどんな影響が出るか?は計りかねます(笑)

2021/01/23(土) |URL|sado jo [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)

 コロナとネットの伝達速度を飛行機と電波で比較する比喩は面白いですね。デマを防ぐワクチンはない。確かにそうです。馬鹿に付ける薬は無いのと同じようです。(笑)
 
 ネットはまだ大手メディアほど信用されていないでしょう。ネットはマイナーで、しかも玉石混交。どれが真実かデマか、ちょっと分かりにくいですね。今回紹介した本も、信用する人もいれば信用しない人もいるでしょう。amazonのレビューを見ても、否定的な意見の人が少数ながらいました。
 
 ロシアと中国は怖ろしい国です。共産主義が好かれないのは、そのせいもあるでしょうかね。人の考えや生き方を国家が支配するというのは、それで人民が幸福になるのだと言われても御免蒙りたくなります。たとえ美食が出ても牢屋の中は嫌です。
 
 ワクチンは副作用があり、恐い一面もありますね。しかし基本的にはいいものです。天然痘のワクチンの発明者はたいしたもので、人類に多大な貢献をしました。
 身体の中に悪いものがあれば、思い切って手術をして、病んだ患部を除去してしまったほうが、少々痛みがあっても、結果的にはいいのだという意見があります。
 デマを流す組織の幹部も除去してしまえばいいのでしょうが、人間の基本的権利である「自由」を束縛してしまいます。
 モーセの「十戒」では偽証も重大犯罪で思い処罰がされます。デマで誰かが多大な損害を受けた場合は、その被害の程度に応じて罰則を設けたほうがいいように思います。むろん、慎重にやらないと、国家権力の横暴につながるのですが。

2021/01/23(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

バーソさん、こんにちは。
もう1年も続いてるんですね、コロナ。いろんな玉石混淆な情報合戦にうんざりしつつ、私自身はコロナを深刻にとらえてはいません。
世間がぎょっとしたのは、志村けんさんの逝去じゃないでしょうか。まさか!?コロナで!?って。あれで恐怖が先行していったようにも思います。
海外と日本では死亡者数が桁違い。山中教授のおっしゃる「ファクターX」の存在がつきとめられれば、原因も治療薬も解明できるんでしょうけど。
まあ、それは今日明日にどうこうなるものでもありません。
自分にできることは、不安と恐怖でいっぱいの人の気持ちを逆撫でしないよう、マスクを着けておく。
今かんたんにできる思いやりってこういうことかなあと、息苦しいと思いつつ、生活しています。
コロナから生まれた短歌がすてきなんですよ

https://www.tokyo-np.co.jp/article/50774

わたし、「新型コローナ」って車のことかと(笑)
ピンピンコロリーナ、かわいらしいお嬢さんが天国に導いてくれそうです。

2021/01/24(日) |URL|馬場亜紀 [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/01/24(日) || [edit]

Re: タイトルなし

馬場亜紀さん コメントありがとうございます^^)

 志村けんさんが亡くなったニュースを聞いたときは驚きましたね。コメディアンが突然悲惨なことになったのですから。
 でもまだ若いと思っていたら70歳。しかも持病持ちでした。
 岡江久美子さん63歳は確か病気治療中。他には、高田賢三さん81歳、ダース・ベイダー役の男優85歳など、やはり高齢者は注意しないといけません。若い健康な人は大丈夫のようですが、高齢者との接触は気をつけないといけないようですね。
 
 このサイトを見たら、「君」の字は、コ・ロ・ナで構成されていることが分かる画像がありました。「しばらくは 離れて暮らす コとロとナ つぎ逢ふ時は 君といふ字に」。なるほど、よく見つけて、うまくまとめたものです。頭のいい人がいますね。
 
 ウイルスは絶滅することはできないで、これからも「君・私」の関係で、人類と共存していくのでしょう。でもワクチンがもうすぐ接種になりそうですから、一応受けておけば、少しは安心できるかな、と思っています。
 
> マスクを着けておく。今かんたんにできる思いやりってこういうことかなあと、息苦しいと思いつつ、生活しています。 
 私はマスクの中に、PM2.5の汚染物質の除去効果があるフィルターを1枚入れています。少しは違うだろうと思っています。
 
 臨死体験者の話によると、死後は、花園のような景色の中に、神々しい姿をした人物が現れてきて、まだ来るのは早いとか言われて蘇生するのだそうです。私はかわいらしいお嬢さんに表れてほしくなりましたよ。(笑)

2021/01/24(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

マスクをかけぬ命知らず!(笑)

大正期のポスターを見て、今も昔も変わらないのだなあと不謹慎ながら愉快な気持ちになりました。
それと17世紀頃のヨーロッパの医師の服装にも驚きました。その姿はまるで魔術師のようだったのですね。

風子さんの後遺症に関するデータは、恐ろしいですね。ワクチンもまた人間の体にどんな影響があるかは未知数で、10年20年先に副作用が現れることもあるかもしれません。
アメリカでは55名の人が、ノルウェーでは29名が亡くなっているようです(高齢者ではありますが)。

実は前編の動画のあとに、アメリカで実際に分子生物学のような研究に携わっている方からメッセージをいただき、やり取りさせていただいたのですが、その方はウイルスに対するPCR肯定論者で、前編で引用させていただいためいこさんの動画の誤解や間違いを細かく説明してくださいました。
専門的すぎてぼくにはどちらの言ってることが正しいのか判断することはできないのですが、バーソさんのように理知的で紳士な方で、あまりに感情的だったり、揚げ足を取ろうというような意図が見える方でしたら放っておいたのですが、その方の人格が素晴らしいがために、そうもいかなくなり、しばらく頭を悩ませておりました。

すでに撮影し終えていた後編をいったん破棄し、その方とのやり取りなどまとめていたらあと二回(中編、後編)は必要になりそうです^^;

それにしても、改めて、自分の見方に合う人の意見に流されてしまう人間の弱さを、身をもって思い知りましたね。まだまだ未熟者です。
井上先生にしろ、大橋教授にしろ、意見をくださったその方にしろ、語られてることのすべてが正しいなんていうことは、たとえそれがその方の専門分野であってもありえず、けれども「正しいこと」もその発言の中の端々にみなさんそれぞれ含まれていると思うので、そうやって様々な意見を真に受けることなく拾い集める中で、きっと見えてくる突破口があるかもしれません。

今回も貴重なお話をありがとうございました!

2021/01/24(日) |URL|友資 [edit]

Re: マスクをかけぬ命知らず!(笑)

友資さん コメントありがとうございます^^)

 異常な鳥仮面とマスクマスク。ちょっと昔の人の画像ですが、今から見ると滑稽です。が、百年後の人が現在の画像を見ると、同じく滑稽に見えるのかもしれない、と友資さんのコメントを見て思いました。なお、567の用語は無断使用させていただきましたよ。
 
 友資さんは「自分の見方に合う人の意見に流されてしまう人間の弱さを、身をもって思い知りました」か。正直ですね。
 前々回書いた記事で、AさんとBさんの意見を聞いて、両方に「むべなるかな」と思うそのことが今、私にも起きていますよ。
 
 ワクチンの副作用もよく考えないといけないようです。日本の政府とお役所の言うことは、頭の悪い人ばかりなので全面的に信用できません。特に高齢者はよくよく考えないといけないとあらためて思いました。
 
 このサイト(教授:武田邦彦・吉野敏明・大橋 眞・矢作直樹・藤井 聡・内海 聡・井上正康氏の連名意見書)には、こんなことが書かれています。 http://www.werise.tokyo/declaration/
 政府やメディアの情報とは正反対なので、これには強い反発もあるでしょうが、見出しだけ引用します(※矢作さんは臨死体験研究者)。

 
 厚生労働省は、自粛の必要性について、その科学的根拠を示すべきである。 また、新型コロナウイルスの存在を示す根拠となる科学論文を示すべきである。
 新型コロナウイルス感染症はメディアが作り出した怪物

 新型コロナウイルスの脅威は、実際に多くの人が感じているより圧倒的に低く、私たちの生活様式が変更されなければならない程の死の脅威は存在しません。
 1.私たちは、政府に対して一刻も早い指定感染症(2類相当)の解除を求めます
 2.私たちは、PCR検査による陽性者認定を即刻停止するよう求めます(そもそもPCR検査は病原体検査のための方法論ではなく、遺伝子の断片を試験管内で増幅する技術であり、遺伝子断片が検出され「陽性」判定となったところでそれが病原性を示すという根拠はどこにもないからです)
 3.私たちは、感染予防対策としてのマスク着用の推奨を停止することを求めます
 4.私たちは政府・自治体に対して、感染予防の名の下に行われる施策の一切に対 し、その根拠となる科学的なデータを明確に示すことを求めます
 5.私たちはメディアに対し、感染者数の発表を停止するよう求めます

 このサイト名も補足欄に追加しました。

 私は異端と呼ばれる教団にいたので、迫害や中傷や誹謗には慣れていて、何か言われても落ち込んだりすることはないのですが、ガリレオやルターはさぞかし大変だったでしょう。(笑) 
 次の友資さんの動画が楽しみです。

2021/01/25(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

お早うございます。
心温まるコメントありがとうございました。
海外渡航規制で渡航できないため、
夏のシドニーを満喫しております。

コロナは普通の風邪と思っている私、
お陰でオーストラリアは日本よりも
感染者が少ない状態です。
と言ってもすぐにロックダウンする
そのさまは普通ではありませんが、、。

ワクチンでも収束でもなんでも良いから、
早く平穏な日に戻りますように、、。
その時は遊びに来てくださいね。

2021/01/26(火) |URL|takechan0312 [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/01/26(火) || [edit]

Re: タイトルなし

takechan0312さん コメントありがとうございます^^)

 そちらは夏でしたか。ああ、そうでしたそうでした。南半球ですものね。私は初めて、南方のひとから便りをもらいました。
 オーストラリアは、ヨーロッパとは違って、土地も人間も空気も空も、突き抜けるような明るさと開放感があるようなイメージがあります。都市はシドニーとメルボルンとしか知らないんですよ。かつてオリンピックがあったので名前だけ覚えています。
 他に知っていることはカンガルーとコアラとアボリジニぐらいかな。つまり、ほとんど知らないのです。海外音痴です。
 歌は「ワルチング・マチルダ」を思い出します。昔、日本でもヒットしました。
 
 オーストラリアは日本よりも感染者が少ないのですか。南半球にあって、土地が広いせいかと思ってしまいます。
 しかし、いまはコロナで規制が掛かっていて渡航できないのですか。旅行好きのひとには困りますね。
 「その時は遊びに来てくださいね」って言われてうれしくなりました。私のブログは雑多話題ブログなので、あまり関心事でない場合があっても、次回は別の話題になることもありますので、懲りないでまた来てくださいね。(*^^)v 

2021/01/26(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 難しいですね。

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 
 かなりな長文コメント、ありがとうございました。ずいぶん時間を掛けて書いたのでしょう。
 ご意見の趣旨、よく分かります。他からの情報は気軽に信じないほうがいい。メディア媒体が流している情報には目的がある。武田先生も嘘を言うことがよくある―――ですか! 本当ですか。あるいは世間的には、もしくは他者(自分)から見れば嘘と思えることを言う、の意ですかね。この違いは大きいですよ。

 そうですね。“地上に起きるあらゆることには必然性がある”と思えば、このたびのコロナ問題はたまたま偶然に起きたのではないような気がしています。
 世界を牛耳っている特権富裕層の陰謀が関係しているのかもしれないし、大衆を恐怖に落とし込んで利益を得る企業があるのかもしれないし、人類の長い歴史の中で人々の意識を一致させるための見えない次元からの働きかけがあるのかもしれないし、この21世紀の人間の集合意識がそうさせたのかもしれないし、中国の陰謀かもしれないし、といろいろ考えたりします。
 
 私は基本的に、誰もが知っているような平凡な話はブログで書く意味がないと思っています。ですから、ちょっと異端や亜流の情報や自分の考えた独自の意見を載せているつもりです。私の仕事は長年、CMや広告コピーを考えることでしたが、それは、ひとと違う独自の発想を考えることが自分の嗜好に合っているせいもあります。

 武田先生もひとと違う意見を述べるせいで、既成メディアからはお呼びが掛からないそうです。しかしいつも世間で主流の見解とは違うユニークな自論を語るゆえに特定ファンが多いようです。しかしむろん、だからといって、というより、余計にと言うべきかもしれないですが、気軽に信じてはいけないのは当然のことです。科学は疑いから始まるそうですから、疑って読む人はそれで一向にかまわないと思います。
 
 私の前回のブログでは、AさんとBさんの意見を読むと、両方に「むべなるかな」と思うことがあるという話を書きました。言うなれば、Aさんの意見というのは既成メディアや政府の意見で、Bさんの意見というのは武田先生のような異端意見です。私は両方の情報を聞くのがいいと思っているので、今回もちょっと世間とは異なる考え方の記事を載せました。いや、これはおかしいと思うか、そうだなと思うかは、読む人の選択に掛かっていて、それでいいと思っています。

 人はどうしても育ってきた環境や好みによって、自分では中庸だと思っていても、大抵はどちらかに少し偏っているものです。
 私のブログタイトル下に「考え方はいろいろあるから面白い」と書いてある通り、悪事に関係がなく、ひと様に迷惑が掛からないのであれば、どんな考えを持っていても自由だろうと思っています。
 コロナに関して言えば、私は市販の白いマスクの中にPM2.5対応のフィルターを入れています。アルコールの小瓶を持ち歩くこともあります。若くはなく、肝臓もあまり良くなく、若いころに肺結核をやったので肺は休火山状態だからです。(笑)
 
 しかし、「人は自分の欲しい情報しか目をむけません。興味のない情報はその人にとってみれば無いモノと同じ」というのは、まったくその通りだと思います。
 なお、私は反対意見や異論を言われたぐらいで不快になることはないので、コメントには鍵を付けないでもいいですからね。私のほうも鍵付きだと答えにくいですし。(^^ゞ

2021/01/26(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/01/26(火) || [edit]

新型コロナは風邪の一種?

読ませていただくだけと思ってましたが、コメントしたくなりました。
私がよく見ているテレビのワイドショーは「風邪と一緒ではない」と言うのですが、私はいつも「一緒ではないデーターを示してほしい」と言うのです。もちろん独り言です。(笑い)
「一緒だ」という私もそれほどデーターで出した答えではないのですが、とりあえず、まだ分からないことが多いので、もう少し落ち着いてからデーター(事実)で確認して議論すべきと思います。

「オリンピックを中止すべき」というご意見がありますが、何を心配されているのかと思っています。コロナが心配なのですね。コロナの何が心配かと言えば、選手を始め「コロナに感染しないだろうか」という心配なんですね。選手と言えども人間ですので、運悪くケガをしたり病気に罹ったりします。コロナは「運悪かった」ではすまされないのでしょうか。

2021/01/26(火) |URL|極楽トンビ [edit]

Re: 新型コロナは風邪の一種?

極楽トンビさん コメントありがとうございます^^)

 大歓迎です。どしどし意見をお寄せくださいませ。
 そうですか。データを分析してから言え、ということですね。
 実際、テレビのコメンテーターは感染症の専門家ではない場合もあり、データを示さないで意見を言う場合もあるようですが、
私は、医療とは全然関係のないスポーツマンとか芸能人が勝手なことを言うのが気になりますね。
 
 今朝(1/26)の『虎ノ門ニュース』では、作家の百田尚樹氏がファイザー社のワクチンのデータについて面白い説明をしていました。
 https://www.youtube.com/watch?v=fzt7AGyveg8&feature=emb_logo
 (1:00:45ー1:01:49)
 ワクチンを接種した2万人余りののうち、2回目の接種から七日目以降に
 ワクチンの偽薬(プラセボ)を打った人は、162人が感染した。
 本物のワクチンを打った人は、8人感染した。
 ∴したがって予防効果は95%になる(という感じがする)。
 
 しかし、そもそも2万人余りで
 偽薬162人ということは、新型コロナの感染率0.81%になる。
 ワクチンを打ったら8人感染ということは感染率0.04%になる。
 ∴したがってワクチンを打ったら感染率はたった0.77%減っただけになる。
 
 つまり、元々ワクチンを打とうが打つまいが感染率は0.81%しかなく、打ったらそれが0.04%になるだけだから、「95%の予防になる」という話はおかしい、と説明されていました。
 
 オリンピックについてはどうなんでしょう。死亡率の高い海外から大勢来るので、日本人は大丈夫かという心配があり、もしものことがあったら責任を取れないというので、JOCは IOCに決定を委ねるという形を取るのじゃないでしょうか。IOCはどうするのでしょう。無観客に近い状態でするのでしょうか。
 
 それにしても極楽トンビさんは健康に自信があるようですね。それとも新型コロナは恐れるに足らず、と思っているのでしょうか。私はワクチンは打つにしても、すぐ打たないようにしようと思っています。じつはあまり心配してないのですが、ちょっと臆病ものなんです。(笑)

2021/01/26(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

言葉足らずですいませんでした。
私は、オリンピックの選手も関係者もすべてコロナは陽性でないことは、当然の前提と考えていました。
「健康に自信」はありませんが、しかし、風邪だってインフルエンザだって、新型コロナと同じくらいの危険はあるのですから、いちいちそのことに気を使って生きるのもシンドイですね。

2021/01/26(火) |URL|極楽トンビ [edit]

Re: タイトルなし

極楽トンビさん コメントありがとうございます^^)
 
 ご丁寧に、すみません。私も言葉足らずでした。「外国から大勢来る」と書いた意味は、大勢「観客」などが来るという意味でした。選手はもちろん検査をしてから来るでしょうが、新型コロナが大流行している国からいろんな人が来るのを断るわけにはいかないので、それを心配する人はいそうです。
 
 PCR検査は、陰性が出た人でも、また計ると陽性が出ることもあるようで、あまり完全じゃないそうなので、もっと良い検査法ができるといいのですが。
 
 インフルエンザは毎年1万人も亡くなっていたことを私も知らなかったのですが、インフルは怖がらないで、感染率はちょっと高いとはいえ、新型コロナは怖がるのはちょっとおかしいと思えます。

2021/01/27(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/01/28(木) || [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/523-e8b038ab

back to TOP