「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 『今昔物語』の悪口話は、口から出て、口に返る。(後編) 


 前回は、「褒める」行為には、自他ともに喜びがあることを考えましたが、
 今回は、逆に「けなす」人には、どんな感情、また動機があるかがテーマです。



今昔物語集』巻十四第廿七話 阿波国人謗写法花人得現報語

 今は昔、阿波の国名方郡殖村に一人の女がおった。名前を夜須古(やすこ)といった。
 白壁の天皇(光仁天皇)の御代のことや。
 この女が願を立てて、法華経を書写し奉ろうと思うて、麻殖郡の苑山寺において、心を尽くして人に頼んで法華経を書写させた。

 ところで、その郡に忌部連板屋(いんべのむらじ いたや)という人がおった。
 この人が、経を書写させとる女人を憎んで、女の過失をあばき立てて悪口を言いふらした。
 すると、たちまち板屋の口がひきつったように歪んで、顔がねじれ曲がった。
板屋はそれをたいそう嘆き悲しんだ。
 ほなけんど、それでもなお、後悔することのう、善行を積むこともなかった。そのため、口も顔も直らなんだ。

 このことを見聞きした人は、「これは疑いものう、心を尽くして法華経を書写し奉る人をそしり憎んだためだ」と言うた。

       pic64.jpg
           Pablo Picasso, Le Marin, 28 October 1943


       ※原典を阿波弁に変換しています。絵の使用はジョークです。

       
 歪んだ言葉を口から出せば口が歪む、という顔面破壊・因果応報の物語でした。


けなす」の類語は、「そしる、くさす、罵る、毒づく、ディスる、馬鹿にする、
チクリと言う、悪しざまに言う、バッシングする、罵倒する」などがありますが、
これを仕事にしている人がいます。
・ただただ反対と罵倒と揚げ足取りをしている桜尽し代議士。
・ことさら酷評と誹謗とあら探しをしている良識調メディア。 
・もっぱら批判と悪態と咎めだてをしている目クジラ有識者。
・とにかく悪評の宣伝とこき下ろしに熱心な反日趣族主義者。


        ____________________

 他者の悪口(批判)を言いたい理由や動機は、九つあります。

 一つは正義感です。苦言や批判を一切しないなら、政治家や公人や企業が悪事
や失敗を隠したり、図に乗ってさらに悪企みを拡大する危険性があるので、社会
の安寧を護るために正当な批判を言います。これは言わずにおれない「シビアな
知的悪口」です。しかし政府権力を監視する自己の使命感に陶酔してしまい、往
々にして事実を曲げ、誤った情報をさえ内外に発信し、自国を貶める人もいます。


 二つ目は思想や宗教です。信念も諸刃の剣です。自分の信念が真理だと信じる
人は、反対勢力を断固排除すべきと考えます。自分への悪口は「ヘイトだ」と糾
弾し、自分がする悪口は「表現の自由だ」と主張し、相手を一方的に攻撃します。
聖書を用いる宗教では、ユダヤ教とキリスト教、キリスト教とイスラム教、カト
リックとプロテスタント、正統派と異端が、相手の聖書解釈や教義を非難します。


 三つ目は独善と偽善です。「隣人愛と平和」を標榜している人が、自分を高め
たい願望を持っていると、自分の道徳的有利性を誇示して優越感を感じたいため
に、故意に不当な悪口を言って他者を貶め、そうすることで相対的に自分を高め、
ひとり「よい子」になろうとします。その悪口には正義や人権などの糖衣が掛け
られて美味そうですが、中身は虚偽や捏造で、中心に偽善がある場合があります。


 四つ目は頭脳明晰だからです。頭が切れる人、知識がある人は能力と自信があ
るので、正邪・是非を一刀両断し、断罪します。特に政府の施策はヘマやアラが
よく見えるのと、自分は諸般の状況と裏の仕組みを知らず、各種しがらみもなく、
結果の責任を取る必要もないので、気軽に批判をしがちです。では最善策とその
根拠を出せるかと言われると、出せたとしても最適解かどうかは確定できません。


 「ひとこと」https://esaki.tumblr.com/ 
 iifoo8.jpg


 五つ目はプロパガンダです。ふだん特定局のワイドショーと新聞一紙しか見な
いような人の批評は、「群盲象を評す」のような的外れの意見になりやすいのと、
当人は気づかずして偏向報道や教育やプロパガンダなどに影響された、根拠のな
い悪口である場合があります。メディアは、論点のすり替えやミスリード、虚偽、
誇張がひどいのと、特に見出しは誇大に煽って書いているので、注意が必要です。


 六つ目は自虐的な贖罪意識です。いつも日本嫌悪を語る人は、昔の日本軍が他
国を支配したことは人道的犯罪だったので、とにかく悪いほうが謝って償うべき
だという自虐的な贖罪意識が強く、そのため、外国が不当な要求をしても、自分
が叩かれても必死に外国の贔屓をし、相手が納得するまで謝罪せよと言うのです。


 七つ目は利権です。日本と日本人をことさらに悪く言っているジャーナリスト
や有識者は、日本を思うゆえだと言い訳しますが、反日を国策にしている外国の
味方を必ずいつもしているなら、じつは密かに利得を得ており、その弱みを握ら
れている可能性があります。その弱みは、カネか、特権か、ハニートラップです。


 八つ目はコンプレックスです。他者を極悪人として悪く言い、自分をその被害
者にしている人は、コンプレックスやトラウマを軽減抹消したいためがあります。
それは先天的にあるものかもしれず、誰かの悪意の情報操作によって後天的に築
かれたものかもしれませんが、他者は気にしてないのに自分だけ激しい怒りや憎
しみが収まらないなら、心の中に劣等感があり、じつはそれに怒っているのです。


 九つ目は、性格の悪さです。相手をやっつけたいから批判や悪口を言うのです。
新約聖書で「悪魔」と訳される元のギリシア語は、「そしる者」という意味です。
ひとを不当にそしって楽しいと感じる人は、意地の悪さと高慢さを持っています。


         w33m.jpg
               Edvard Munch, "L'urlo" (1893)
 

        と、字幕のチコちゃんは言っておりますが、
           イエスさんはこう言っています。

        「口に入るものが人を汚すことはない。
      かえって、口から出るものが人を汚すのである」

              
(新約聖書マタイ15章11節)




参考――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
メディアの悪質な報道例。文科省の記録文書の一部を載せていますが、写真の下半分が黒く消され
ている部分
には、記事の趣旨とは正反対の文章が書かれています。つまり都合の悪いことは消し、
事実とは正反対の、悪意ある報道を意図的にしているのです。間違いではなく、悪質な捏造です。

朝日新聞
https://www.youtube.com/watch?v=TU-Vp74s8tI( ← 13:05からお聞きください)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

表情は『心』の現れ

食い入るような、軽視するような、憧れているような……。
確かに暴力的な因縁や殺気、羨望、行為など、
人の表情には心の状態が現れがちですよね。
とくに目は『口ほどにものを言う』とかいいます。
その典型が『見得を切る』歌舞伎役者。
流れを強引にせき止めることで、
いっそう強く激しいエネルギー表現するそうです。
(見得切り顔が定着したら反って爆笑かも)

自問自答や葛藤、計算がない限り、
人は概ね心の状態を言葉として発します。
バーソさん解析の『けなす人の九つの動機』は、
そのまま『九つの感情の現れ』ですよね。

その結果でしょうか。
昨今のコロナ関連記事も、メディア毎の極端に違う解説に
癖癖するこの頃です。
ああ、怖ろしや……意識のカオスに気をつけよう❢ (^_^ ;)

2020/03/21(土) |URL|風子 [edit]

バーソ様
おはよう御座います。

なるほど。合点がいきました。
だから政治家に口元が曲がった人が多いのですね。

「他者の悪口(批判)を言いたい理由や動機は、九つあります。」
モンスター嫌煙者をこの9つに置き換えてみました。
結構合致しているところが多いと思いました。
お~嫌だ嫌だ。

愛新覚羅

2020/03/21(土) |URL|aishinkakura [edit]

Re: 表情は『心』の現れ

風子さん コメントありがとうございます^^)

 さすがは風子さん。よくまあ、こういうふうに意識が深く、発展した感想が書けますね。と、久々に「さすが」を使いましたよ。ゴリゴリ。(^^ゞ

 以前も書きましたが、私はふだんあまり表情を変えないほうだと思っていたら、あるとき防犯カメラに写っている自分の顔は、けっこう感情が表情に出ていることを知りました。私は、初対面の人でも相手の顔つきや言葉遣いで大体性格がわかるほうだと思っているのですが、自分の心が顔に出ているなら、相手の人にこちらの感情が見えてしまっていたのかもしれず、そうであれば、ああまずかったなあと思いますが、後悔先に立たず、覆水盆に返らず、です。
 
 歌舞伎の見得を切る顔は役者なら誰でも簡単にできるだろうと思っていたのですが、海老蔵と父親の團十郎が出たパリ公演の映像を見ていたら、まあ、全然違うのでちょっと驚いたことがあります。海老蔵は顔はいいのですが、見得の顔付きは稚拙で、比べて初めて演技の深さが分かりました。よく、泣く演技より笑う演技のほうが難しいと言われますが、普段の顔のほうがもっと難しそうです。そういう意味では、小津安二郎作品に出てくる役者はみな無表情そうですが、じつは演技が巧かったのでしょうかね。

 心は顔に出るのですが、顔は柔和で誠実そうでも、嘘を平気で言い、意地が悪い人もいますね。「偽善者」と呼ばれる人で、イエスはかなり痛烈に非難しています。私のいた教団にも少数そういう人がいました。

 コロナの件は、政府に反対する意見が圧倒的に多いのですが、ツィッターにある通りで、諸外国が日本と同じことを始めたら途端に意見を180度変えたジャーナリストもいます。ただただ反対すればいいと思っているメディアはどうしょうもないと思いますね。

2020/03/21(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)

 暴力団の親分やそれを真似するチンピラたちは口元が歪んでいます。口元が曲がった人は損していますね。心が曲がっているように見えます。
 あの政治家は学習院を出たほどの人ですが、なぜあんなに口元が歪んでいるのでしょう。まあまあ正直なほうではあるが、頭がいいために、常々ひととは違う考えを得意になって言っていたせいで、ついあんな皮肉な顔つきになってしまったのかと思ったりします。
 私は、政治家には人格や言葉遣いより、頭の良さと決断力と実行力があってほしいと思いますね。性格は問題なくても無難で無能な人が総理大臣になると、本当に困ったことになります。

 愛煙家から見るとモンスター嫌煙者はこの9つにけっこう当てはまりますか。彼らが大義名分や正義感を押し出してくるからでしょうかね。これは差別用語だとか、女性蔑視だとか、クジラは食うのは野蛮だなどと言って大声で抗議してくるような人は、当人は大真面目なんでしょうが、おおむねひとから嫌がられますね。

 以前に居た職場に、絶えずパイプ煙草をくゆらしている部長がいて、部屋のみんなは、タバコ好きの人でも呼吸困難になり、ときどき部屋の外に出て気を取り直していたのですが、当人は性格は優しいほうの人だったのに、部下たちのそういう状態には気が付かなかったようです。あまりに臭いタバコは外で吸ってくれればいいのですが、そのうち社長命令で社内禁煙になりました。

2020/03/21(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんにちは

そうなんですよ。
バーソさんの悪口を言う理由、すべて的を射ています。
反日的姿勢をとればステイタスが上がるような錯覚を
もった作家やタレントが多いです。
日本では左翼と反日がセットになっていて世界でも特異的な存在です。
左翼的なだけならそれでいいんです、その人の意見ですから。
でも反日となると、日本と日本人はこういう人たちにどれだけ
ひどい目に遭わされたか。

〇尖閣や竹島は差し上げたらいい。
〇慰安婦(強制された慰安婦は存在しない)問題では相手が納得するまで
謝ったらいい。
〇南京大虐殺について、「犠牲者数は40万人と言う人もいる」

左翼的で反日的言辞に酔い自分はインテリであり、社会的地位も高いと
思い込んでいる、まあスノッブですな。

2020/03/21(土) |URL|エリアンダー [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/03/21(土) || [edit]

Re: こんにちは

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)

 そうなんです。今回の九つの「悪口」の動機は、単なる一般的な悪口の分析ではなく、おもに反日リベラルがしている反日の悪口について書いています。

 彼らの主張には、表向きは正義や良心や愛や平和といった無害そうなオブラートで包まれていますが、その内実は隣国を高め、日本を貶めることで、自分は正義や倫理に対する認識が高い、過ちを認める謙遜さを持っている、隣人と仲良くしたいという博愛精神を持っているとして、どちらが実際に不当なのか正義なのかその真実は気にしないで、ひたすら昔の日本が悪い、今の日本も悪い、だから韓国に譲歩せよ、中国と親しくせよと言い募っています。

 いや、昔はそんな慰安婦強制連行などなかった、強制徴用工問題などなかった、南京大虐殺などなかったと明確なる証拠を基にして論理的に反論すると、それらには論理的に反論せず、もっぱら、そう言うおまえは右翼だ、表現の不自由だ、歴史修正主義だ、レイシストだと騒ぎ立てます。知識人の中には、もう二度と著作をしないと脅す作家もいるために、それに屈する出版社もあり、情けないことです。日本政府も、事実がなかったのに、なぜ謝罪を繰り返し、慰安婦合意で10億円も払ったのでしょう。愚かしい限りです。

 そもそも慰安婦とは、あまり言いたくないことですが、平たく言えば売春婦です。むろん貧乏なゆえにそうなったかわいそうな女性もいたと思いますが、それ以外に大儲けできる特殊な職業として、大東亜戦争以前にも、その後の朝鮮戦争時にもいましたし、バブルの頃は日本人の男どもが大挙してキーセンツアーをしたぐらいですから、そんな女性のことを哀れな処女の被害者のように言って持ち上げるのはおかしな話です。
 あの少女慰安婦像も本来は米軍トラックにひき殺された少女二人の像だったのですから、もっと日本政府は本腰を入れて真剣に真実を主張してほしいのですが、メディアに叩かれるのを恐れているのか、選挙で支持票を失うのを恐れているのか、あまりに弱腰で、なあなあの事なかれ主義なので驚き果てます。

 慰安婦25万人強制連行問題があった証拠は一つもなく、それを言い出した張本人の吉田清治本人がフィクションだと認め、それを世界に宣伝した朝日新聞が社運をかけて調べたはずですが、証拠が出なかったためにやっと誤報だったと認め、朝日の社長が辞め、韓国側も証拠を出せていません。
 吉田清治が、自分が軍の命令で行って200人も引っ立てたという済州島に住む村人を調査したら、もしそんなことがあったなら、わしらは自分の娘を助けるために日本軍相手に死に物狂いで戦ったと、調査に行った韓国人の記者や日本人の学者たちに言ったことが済州新聞の社説に出ている。

 韓国は、河野談話が証拠だと言っていますが、河野談話は事実確認もせず、ただ関与があったと漠然と言っただけです。その後の慰安婦の証言もあやふやで、彼女たちの言い分が真実だと確証されておらず、最初に告白した金学順さんは家が貧しかったので金40円だったかで朝鮮人の売春業者に売られたと言っています。韓国ではこんなことを言うと、彼女らの名誉を傷つけたとして、公の場で土下座させられ、職も失うそうで、おかしな話です。

 ですから、そんな25万人も強制連行した事実はなかったと今や証明されていると言っていいのですが、それでも相も変わらず反日主義者は、それがあったことにして、人道的問題だ問題だ、相手が納得するまで謝罪せよ賠償せよと騒ぎ立てています。実際に25万人強制性奴隷化があったのか、無かったのか。調べたら無かったのですから、それで終わりのはずなんですが、いまだにあったことにしている日本人リベラルは、もうどうしょうもない人間だと思います。私は韓国人を悪く言うというよりは、日本人の不当な反日主義者を悪く言っているのです。

 慰安婦問題については、当時は日本人女性が7割で、朝鮮人女性が3割ぐらいだったそうで、家が貧しかったからとか、騙されて売られたとかの人もいたでしょうが、一日の収入は日本兵の一か月分の給料と同じだったそうで、当時はそんな売春婦に成りたがった朝鮮人女性も大勢いたわけで、古今東西、売春婦はいつの時代もどの国にもいたし、いるのです。
 韓国兵もベトナム戦争のあとで同じようなことをしために、現地の女性との間で生まれた混血児が何万人もいて、それを「ライダハン」と言いますが、ところが日本兵が東南アジアでその種の子供を産ませて問題になったという話は皆無なんですから、むしろ当時の日本軍のモラルがかなり良かったことが分かるというものです。

 朝日新聞は福島大震災のあとも、「吉田調書」の虚偽報道で社長が謝罪しています。この記事の次ページに載せた文科省の記録文書の件でも、朝日は故意に文脈を無視し、都合のいい所だけ切り取って捏造報道をしています。昔、沖縄のサンゴを傷つけて撮影して報道した自作自演の報道事件もありましたが、朝日のやることは誤報ではなく、故意の捏造報道犯罪です。天声人語も人後に落ちました。

 私もエリアンダーさんと同じで、憲法では思想の自由がありますから、別に左翼思想でも共産思想でも何でもよく、基本的に文句を言うつもりはないのです。しかし日本のリベラルは、まったく事実ではないのに、虚偽を言い、証拠の捏造までして、不当に反日と親中韓の活動を行なっています。この著しい不正義感覚がまったく理解できないですね。それを正義だとどうして思うのでしょう。本当に不思議です。

 戦争反対を言うのはいいですが、しかし戦争反対のあまり、まったく防衛しないでいい、竹島でも尖閣でも差し上げたらいい、国家の条約は相手が破ってもいい、何度でも謝罪と賠償金を払えばいい、話せば分かる、もし戦争が始まったらアメリカに助けてもらえばいい、と言うのは世界の常識から見れば常軌を逸しています。こんなおかしな人種は古今東西、世界のどこを見回してもいないでしょう。ところがそんな不当な反日をことさらに唱えることで彼らは優越感と正義感を感じているのですから、なんともはや不思議としか言いようがありません。

 村上春樹は「相手が『もういい』と言うまで謝り続けなければいけない」と言ってますが、その相手は「恨」を自慢する特異な人種で、「千年忘れない」と言う人種ですから、謝れば図に乗ってもっと居丈高になることがわからないのでしょうか。
 ネットにはこんな記事(BLOGOS)もありました。

「2012年のエントリーでは、当時、日本政府批判を繰り返す著名な三者、大江氏、村上氏、経団連会長である米倉弘昌氏、の共通項は『中国大陸でたくさんお金を稼いで』いること、ズバリ彼らの心根は『利(益)は中国に有り』だとその本質を分析しています。https://blogos.com/article/110765/

2020/03/21(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

悪口の動機は10あるかもしれません

悪口の動機には9つもあるのか!ということにまず驚きながら、
そのすべてに納得してしまいました。

哲学者の池田晶子さんも、イエスさんと同じことを仰ってましたね。
そのまま正確な引用ではないのですが、
「内から出る刃が自分を傷つけないはずがない」
といったことだったと思います。

ぼくはほとんど必ずと言っていいほど、人の悪口を言ってしまったあとは「自分もそこまでのことを言える人間ではないだろ」と、まさに、内から出た刃で傷を負うことになります。
なので、基本的に人の悪口は言いたくないほうです。小心者ですね^^;

あともうひとつ、「いやよいやよも好きのうち」ではありませんが、ツンデレによる悪口というものもあるかもしれません(笑)

2020/03/22(日) |URL|友資 [edit]

Re: 悪口の動機は10あるかもしれません

友資さん コメントありがとうございます^^)

 イエスと同じような言葉。検索したらありました。これでしょうか。

「あんたなんか死んじゃえ」という言葉は、他人を傷つけているようで、じつは自分を傷つけている。刃物になった言葉が、自分の中で、自分を傷つけていないはずがないじゃないか―14才の君へ

 言葉は自分をも傷つける刃物になる、ですかね。
 イエスは、その原因をこう述べています。太字がポイントです。マタイ12:33-37


「木が良ければその実も良いとし、木が悪ければその実も悪いとしなさい。木の良し悪しは、その結ぶ実で分かる。マムシの子ら(偽善者)よ、あなたたちは悪い人間であるのに、どうして良いことが言えようか。人の口からは、心にあふれていることが出て来るのである。善い人は、良いものを入れた倉から良いものを取り出し、悪い人は、悪いものを入れた倉から悪いものを取り出してくる。言っておくが、人は自分の話したつまらない言葉についてもすべて、裁きの日には責任を問われる。あなたは、自分の言葉によって義とされ、また、自分の言葉によって罪ある者とされる」

 ツンデレって聞いたことはありますが、意味をよく知らなかったので調べました。

「日常ではツンとしているものの、思いを寄せた人と二人きりになると、デレっとする事。主に素直になれない、若干天の邪鬼だというタイプの性格が多い。大体の場合、恋愛対象(主人公)のみにツンツンするのが特徴的」

 なるほど、好きな人にツンツンしている態度ですか。そういえば昔の小学生ぐらいの悪ガキが好きな女の子にそういう態度をとるという話がありますが、昔は愛情告白もままならない時代だったので、照れゆえにそういうことがあったのでしょうかね。しかし好きな人にツンツンするとは妙な態度ですね。私にはちょっと理解できません。私なら遠目からそっと見ているだけです。「いやよいやよも好きのうち」というのは甘えているのでしょうかね。まあ、分からないでもないですが。

 悪口は「七つの大罪」というのがあるので、最初は七つに収めようと思ったのですが、増えてしましました。リベラルに関する悪口でなければ、まだ他にも動機はあると思います。例えば「気持ちの弱さ」という臆病さがあります。クラスの大勢が誰かの悪口を言うとき、自分も言わなければ仲間外れにされるので悪口を言う。世間一般が悪口を言っているとき、自分も世間に遅れないために悪口を言う。そういう卑怯な、あるいは無節操な動機の場合もあります。

 あと、「自分の欠点を見るときに悪口を言う」というのもあります。人が誰かの欠点に怒るのは、じつは自分にも同じ欠点があるので、同類拒否の精神ゆえに怒るそうですから。また、ストレスを発散するため、というのもありそうです。

2020/03/22(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

バーソさん、こんにちは

素晴らしい分析ですね。
勉強になります。

悪口の原因の一つに、
上下意識や優劣意識の強さというのもあると思います。
頭の良さが1/100レベル、性格の良さが1/10レベル、
ルックスが1/10レベル、スタイルが1/10レベル、健康が1/2レベル、
位のエリートであれば、20万人に1人はいることになりますが、
全ての要素を備えていない人は、実際には上でもないし優でもないのに、
自分はそうであるべきだと信じることで、コンプレックスが生じるので、
人を下げたくなるのだと思います。
実際のエリートであれば、
現実が自分を上であり優であると感じさせてくれるので、
わざわざ人を下げる必要がありませんが、
実際のエリートでない人は、現実がそう感じさせてくれないので、
人を下げる心理的な必要が生じてしまいます。
別にそういう上下意識や優劣意識を持たなければ、
それほどコンプレックスも感じないわけですが・・・

スピリチュアル本なんかを読んでいると、
魂のレベルという よく分からない概念が出てきますが、
こういう概念は、実際のところ魂の毒になると感じます。
自分の魂のレベルが人より上であると信じると、
結果的に人に対する愛がなくなりますし、
本当に魂のレベルが上がった場合は、
自他の魂のレベルというものが気にならないという、
逆説的な状態になると思います。

左派は冤罪がどうこう言うことが多いですが、
日本人、特に昔の日本人に対しては、
冤罪に陥れることを非常に好みますね。
昔の日本人のほうが倫理的によほど優れていたかもしれないのに、
何の証拠もなく、気楽に人を罪人に仕立て上げてしまいます。
無能な人ほど自己評価が高い傾向があるそうですが、
左派も倫理観が乏しい割りに、
自分は倫理的に優れていると思う傾向があります。
殆どの人は、特に良いことも悪いこともせずに生きているので、
自分は倫理的に普通の人間だと思っていればいいのですが、
良いこともせずに自分は良い人間だと思いたい場合は、
こういう風に人を冤罪に陥れたりして、
人を下げる必要が生じるのでしょう。
左派もスピリチュアルな人も、
「無知の知」以前の状態で思い上がっている人が多いです。

私も左派的な部分が多いので、
左派を見ていると自分の醜悪な部分を見せられている気がして、
悪口を言いたくなってしまいますが・・・
(バーソさんの分類の8でしょうか)
「虫が好かない人」というのがありますが、
心理学的に この「虫」の正体は「コンプレックス」らしいですね。
虫の好かない人は自分のコンプレックスを刺激する人らしいです。
自分もそうなりたいのに努力してもなれない場合や、
自分と同じ欠点を持っている人などですね。

2020/03/22(日) |URL|Vacancy [edit]

Re: タイトルなし

Vacancy さん コメントありがとうございます^^)

 Vacancyさんに共感していただけるだろうと思っていました。人間の内面の分析をよくする方ですから。

> 実際のエリートでない人は、現実がそう感じさせてくれないので、人を下げる心理的な必要が生じてしまいます。

 私の体験では、職場でも教団内でも、実際にそう感じる事例を幾つも見てきましたね。馬鹿な人ほど偉そうな顔つきをして、尊大な話し方をしたり、人を見下すような言葉を言う傾向があります。そんな人ほど自分の上位の立場を鼻にかけます。そういう人がパワハラをするようです。職場や教団という組織に付き物の「階級制」は人間の価値に差を付けて、上が下に威張る構図を作りますね。
 職場では一つでも階級が上だと、たとえ先輩でも年上でも、さん付けをしないで何々君と呼んだり、姓だけを呼びつけしたりして、じつに見苦しいものです。

 エホバの証人は、そういう階級制がないことを売り物にしていて、だからどんな上の相手にでも何々兄弟(何々姉妹)と呼んでいましたが、実際には明確な階級があって、下は上に絶対服従すべきことが要求されていて、それを神がそういう秩序を作っているという意味で「神権制度」と言っていました。
 
 確かに、スピリチュアルで「魂のレベル」とか言って、霊性の質の階級を作る人がいますね。天界も霊的レベルで7次元くらいに分けて、最高位には創造者がいて、その下にはだれそれがいて、その下にはイエスや釈迦クラスがいて、その下には・・・というふうにレベル差があるようなことを言う人がいますが、どうも私にはピンと来ません。それではカトリック教会の聖職者位階制が展開にもあるようで、地上界と天界とで何も変わらなくなってしまいます。

 魂とは人間の本質であり、神の子ですから、そんなレベルの差があるのはおかしいと言うと、いや、この地上で生きているときに魂のレベル差があるのだと言うかもしれませんが、生きている人間に対して、そんな霊的な序列のようなことを言うのも、ひとを差別する視点を持ち、自分を高める思考がある一つの表れのような気もします。
 
> 左派は冤罪がどうこう言うことが多いですが、
日本人、特に昔の日本人に対しては、
冤罪に陥れることを非常に好みますね。
 
 これは面白い考えです。左派の人は、昔の日本が人道にもとる酷い悪いことをしたとよく言います。それは冤罪に陥れることですか。
 なるほど、そう言われれば、そう言えそうです。事実を事実通り悪く言うのはいいのですが、事実ではないのに事実であるかのように、あるいは事実だという証拠らしいものを捏造してまで、ことさら日本と日本人を悪く非難して貶めるのは、確かに冤罪を仕立て上げる悪質な犯罪と同じです。
 単なる従軍売春婦を、日本軍に強制された非人道的な「性奴隷/セックス・スレイブ」だと言って国連で宣伝したのは日本人の弁護士です。韓国の反日運動家はそれを利用しているだけです。反日の様々な問題はほとんどが日本人の有識者と呼ばれる連中が創り出したものです。自国を貶めて喜ぶ人間なんて世界では日本だけに存在しているのでしょうから、なんともおかしな話です。

 なんでそんな冤罪をこしらえることまでして日本人を貶めたいのか。その反日の人たちが韓国人や中国人なら、まだそうなる理屈はまあ分からないでもないですが、日本人が日本人を不当に悪く言いつのる心理は不思議で、確かに倫理的に自分は優れていると考えている、自分は国籍は日本人でも歴的には異邦人だと考えているのでそうしているのだろう、としか考えられないですね。
 
「虫が好かない」の虫はコンプレックスですか。自分に内在するコンプレックスを相手の中に見るので、だから嫌悪感を感じるということは誰にもありそうです。私も、そういうことがあるだろうと思うことがよくありますよ。恥ずかしながら。(笑)

2020/03/22(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

「けなす」と言う言葉は「差別する「排除する」場合によっては「殲滅する」「皆殺しにする」と言うマイナスイメージしか生みません。
相模原障害者施設「やまゆり園」殺傷事件で死刑判決を受けた植松聖は「自分は(障害者)をけなしているのではなく、区別しているだけだ」と言いました。
確か、あのアドルフ・ヒトラーも「ナチス党がユダヤ人にしている事は差別ではない。単に隔離しているだけである」と詭弁を弄しました。
しかし、一見「けなす」様に見える言葉も、その本意が「的を射た批判」「為を思っての諌暁」「(部下や選手への)叱咤激励」なら、とても価値があります。
隔離と言えば、私の地元では(多分、全国的な傾向としても)コロナ感染者を受け入れている病院や関係者を「けなす」声が数多くあります。
医師も看護婦も感染の恐怖と必死で戦いながら患者の治療をしているのです…その方達の懸命の努力で日本は爆発的な感染が防げています。
怖い気持ちは理解できないでもないが、自分の事ばっかりで医師や看護婦をけなす日本人を見るととても悲しい気持ちになります(嘆)

2020/03/25(水) |URL|sado jo [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/03/26(木) || [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)

 確かに「けなす」という言葉自体はマイナスイメージがあるものの、教育や激励でする場合もありますね。大体が善意でも部下を叱ると上司は嫌われます。女性の場合はすぐ恨むような気がします。
 スポーツの監督やコーチの場合は、それを体罰も含めて強くすると世間に叩かれて辞職に追い込まれることがありますが、しかし教える側は選手を思ってそうしているのであり、ちょっと叩きすぎじゃないかと思えるときもありますね。要は「けなす」ほうの言い方や気持ちの問題なのでしょう。日頃から偉そうに威張っていて、褒めることを一切してないと間違いなく嫌われます。

 コロナの件では病院や関係者をけなす人がいるのですか。ひどい話ですね。
 外国でも似たような話があって、発祥源の武漢では感染者が村八分にされた話とか、隣りの市の町民が武漢市民を棒で叩いたとか、ヨーロッパでもちょっと咳をしただけで村人から迫害されたという話が報道されています。
 昨日かおととい、外国で日本人の旅行客が中国人と間違えられて嫌がらせをされたとテレビで報道されていました。
 大体が、白色人種は普段でも有色人種を蔑視しています。白人がアジア人を馬鹿にするのは、頭が悪いからではなく、容姿と身長が劣るからじゃないでしょうか。そうなら未来永劫に差別はなくならないようです。

 しかしそういう話を聞くと日本人の優秀さを思います。311の時もそうでしたが、あのときは日本人は外国からずいぶん称賛されました。なぜならああいう非常事態になると、外国ではスーパーが襲われて商品が略奪されるシーンが報道されますが、日本ではそんなことはまったくなく、みんなきちんと並んで静かに援助物質をもらっていたからです。

 平常時でも同じです。外国では自動販売機は街路には設置しておらず、ビル内に置いてあるそうです。日本の田舎では無人野菜販売所もあるので、外人客が感心してスマホで撮影したYouTubeを見たことがあります。
 もっとも先日、銘柄品のオレンジだったかの果物を盗んだ女性がいて、その監視カメラの映像が報道されていましたが、でもそれはごく一部の人じゃないですかね。イヌが人を噛んでもニュースにならないですが、人がイヌを噛むとニュースになりますから。

 普段のまわりの日本人を見ていると、立派とは思えないシーンを見たり聞いたりするので遺憾に思うことがよくありますが、ただ、欧米の白人種と比べても、日本人のモラルはちょっと以上いいようですね。


2020/03/26(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/475-b1ea75fd

back to TOP