「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 獅子と猿の約束。今昔物語「師子哀猿子割肉与鷲語」 


 シェイクスピアの『ヴェニスの商人』より心温まる、“ライオンの承認”の話が
平安末期の『今昔物語』の中にあります。

 約束を守ることは名誉を守ることだと考えているライオンが、自分より弱者の
言い分を正当だと素直に認め、重大な自己犠牲を払うという気持ちのいい話です。

        ____________________


(地の語りは阿波弁、獅子は標準語、猿は京都弁、鷲は熊本弁にしています)

 今昔物語 巻五第十四話
 「獅子、猿の子を哀れみて肉を鷲に与える話」



    sisi996.jpg


 今は昔、天竺(インド)の深山の洞穴に一頭の獅子が住んどった。
 獅子は心のうちで常々こう思うとった。
私は百獣の王である。すべての獣を護り、哀れまねばならない
 
 その山に、夫婦の猿が二匹の子を育てとった。
 子を洞穴に置いて食べるものを探しに出かけると、鷲や獣が来て子供を奪うていくかもしれんけん、それを怖れて外出せんでいたら、疲れが極みに達し、もう餓死するしかのうなってきた。

 そこで猿は、獅子の洞穴に赴いて、懇願した。
あんた様は百獣の王どす。すべての獣を哀れんでくれはる存在どす。うちも獣のはしくれ、哀れんでいただける者どす。うちは、二匹の子が幼いときは、一匹を背負い、もう一匹を腹に抱き、山野に出て木の実や草の実を拾い集めました。せやけど子供たちは成長し、背負うのも抱くのもややこしなりました。子を置いて外出したら獣に襲われるさかい。出かけへんといましたら、疲れ果て、命絶えるばっかりどす。どうか、うちらが山野に出とる間、子供たちを預かって護っていただけへんどっしゃろか
 獅子は顔をしかめた。
おまえが言うのはもっともだ。おまえたちが帰ってくるまで、私が護ってやることにしよう
 獅子は、よそ見もせず子猿をよう見守っとったが、ちっと居眠りしていた隙に鷲が飛んできて二匹の子猿を連れ去って、木の上で猿の子を食べようとした。

 獅子は騒ぎ迷うて、鷲がおる木の根元で叫んだ。
おまえは鳥の王だ。私は獣の王だ。お互い、王としての心があるはずだ。どうか見逃してほしい。私は、親猿に子猿を預かると保証しておきながら、その子を失うなら、肝も心も割かれるように感じる。私が怒って吠えて罵るなら、おまえたちも安らかではいられないはずだ
 鷲は困った。
おっしゃることはごもっともばい。ばってん、こん猿ん子二匹は、うちん今日ん食事ばい。獅子ん言わるることは怖しゅう、また、かたじけなかことやばってん、うちん命ば思えば返すことはできまっせん
 獅子は、うーむと顔を斜めにして言うた。
言うことはもっともだ。ならば、この猿の子の代わりに、私の肉を与えよう。これを食べて今日の命を助けるとよい
 獅子は剣のような爪で、自分の股(もも)の肉をつかみ出し、猿の子二匹と同じぐらいの大きさにして鷲に投げ与えてから、猿の子を返してほしいと頼むと、鷲は言うた。
返しゃん理由はなか
 そうして獅子は猿の子二匹を得た。

 獅子が血だらけで洞穴にやっと帰ってきたら、子猿の親が木の実を拾い集めて帰ってきた。獅子が事の次第を語ると、猿は涙を流すこと流すこと、まあ、雨のようやった。
 獅子は静かに言うた。
おまえが言ったことを重く考えたからではない。約束をして違えることを極めて怖ろしいと思ったからだ。また私にすべての獣を哀れむ心が深かったからだ


         sisi976.jpg
.


 
 獅子は、自分が約束したことは絶対責任を負うという強い《自負心》と、また
自分は哀れみを持つべき百獣の王であるという適切な《自尊心》も持っています。
そして《哀れみ》という「惻隠の情」のような本質的な優しさも抱いていました。

 猿は、我が子を大事にする情愛ゆえに百獣の王に会いに行く勇気を持っており、
他者の善意を信じる心と、そして愛や親切に対する深い感謝の念も抱いています。

 鷲は、獅子より猿の子の肉のほうが柔らかくて美味のはずですが、メンツを押
し通そうとはせず、相手の弱みに付け込み、さらに要求しようともしていません。

 
 シェイクスピアの『ヴェニスの商人』は、貸した金の代わりに人肉を切り取ろ
うとした悪役の金貸しが裁判で負けるので、気分がスカッとするかもしれません。
 しかしこの獅子は、重大な損失を被ろうと、約束を果たして自分の名誉を守ろ
うとしており、太宰治の『走れメロス』など比較にならない高潔さがあります。

 当時の人々に名誉を尊ぶ精神があったので、こんな寓話が出来たのでしょう。
私は最後に猿が雨のように涙を流したところで、ぐっと来て眼に涙が滲んできま
した。原文はもっと長いのですが、要約すると良さが伝わりにくいのが残念です。

 名誉と哀れみを尊ぶとは、自己愛と利他愛を大事にすることです。
 利他愛は素晴らしいですが、善い意味の自己愛もまた必要なものなんですね。





補足―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※絵は木島櫻谷(1877-1938)の『獅子虎図屏風』個人蔵と『猛鷲図』㈱千總蔵を借用しています。
※方言については、方言変換サイトを利用させていただきました。
 ・https://www.8toch.net/translate/   ・https://www.8toch.net/translate/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

おはようございます

>弱者の言い分を正当だと素直に認め、重大な自己犠牲を払う

こりゃあ確かに“究極の利他愛&自己愛”でしょう。
『走れメロス』や『ヴェニスの商人』に描かれた
感情の葛藤がまったく感じられなくて、獅子の精神の気高さ、
高潔さのインパクトありますよねぇ。

弱者の言い分を正当だと認め、それなりの対処をする
政治家や慈善家はいても、自己犠牲を払ってまでというのは、
究極の信仰心なしではあり得ませんもの。

★追伸
新年早々、出遅れましたぁ。
“週刊バーソ”に元旦スペシャル版があることを、
すっかり忘れていて……とほほ。(×_×)

ダヴィンチ版日章旗を思いついただけでもスゴイのに、
それを背景に令和のご挨拶。
それに呼応したコメントのエリアンダーさん、真さん。
さすが、バーソブログの読者たちは粋で聰明ですね。
とてもついて行けませんが、アイディアがひとつ。
2022オリンピックは、このバーソ流
“ダヴィンチ万国旗”が翻るとか、どうでしょう? (^_^ ;)

2020/01/04(土) |URL|風子 [edit]

バーソ様
おはよう御座います。

とてもいい話なのですが疑問が沸いてきました。
普段ライオンは何を食べているのでしょうか?
肉食動物なので他の獣を殺して食べているはずなのですが。

でもこの話は約束を守るという事と王の威厳の話なので余計なことは考えない方がいいみたいですね。

愛新覚羅

2020/01/04(土) |URL|aishinkakura [edit]

Re: おはようございます

風子さん コメントありがとうございます^^)

> 『走れメロス』や『ヴェニスの商人』に描かれた
感情の葛藤がまったく感じられなくて、獅子の精神の気高さ、
高潔さのインパクトありますよねぇ。

 あ、なるほど、確かに「感情の葛藤がまったく感じられなくて」はその通りですね。百獣の王たる者は個人的な私情である喜怒哀楽をあまり出したらいけない。いつも堂々と威厳を保って穏やかにいなければいけないのでしょう。

 平安時代は「和」を尊ぶとされていた時代。だから「和」があったと言えそうですし、だから逆に「和」がなかったのだとも言えそうですが、ともあれ人間関係が重要視されていたことは間違いないようです。
 立身出世に明け暮れる下克上の時代は名将や勇将は生まれますが、こういう獅子のような道徳倫理を重要視する誉あるリーダーは生まれにくいのでしょうか。
 自己犠牲までも払って「徳」を重んじる精神は、信仰などの相当強い倫理観がないと培うのは難しそうです。洋の東西を問わず、純粋であるべき信仰の世界にも醜い野心の世界がありますからね。

 ダヴィンチ版日章旗。靴の裏の模様やカニの八本足を見ても「旭日旗」だと言い張る人もいるので、建前としては「日照旗」としています。私は別に右翼ではないのですが、日の丸はシンプルで高潔でユニークで、いい旗だと思っています。お二人の語呂合わせ文は有難いことです。

2020/01/04(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)

 普段ライオンは肉食系じゃないか? うーん、なるほど、そういう疑問があるとは、ちょっと考え付かなかったですよ。

 さきほどニュースを見ていたら、箱根駅伝の新記録を出した選手が集まった番組で、アナウンサーが「見た目は草食系だが、走りは肉食系だ」と言っていました。この今昔物語の獅子は「見た目は肉食系だが、生活は草食系」なんじゃないでしょうか。

 その証拠らしき言葉が旧約聖書にあります。
「おおかみと小羊とは共に(同じ場所で)食らい、獅子は牛のようにわらを食らう。彼らはわが聖なる山のどこでもそこなうことなく、やぶることはない」と主は言われる。(イザヤ65:25)

 これは将来のいつか、神が正義を地球に実現した「パラダイス」の状況を預言的に述べている聖句ですが、ライオンは牛のように藁(ワラ)つまり草を食べると言われています。
 牛やゾウのように草を食べても頑丈な体を保てるのであれば、草食のほうが闘争がないので生きやすそうです。弱肉強食の世界は、私のように気が弱い人間は生きていくのが大変です。(笑)

2020/01/04(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんばんは

感動的で涙もでる寓話ですが、バーソさんらしい方言遊びも入って
笑いも誘います。
私が徳島から東京に転校したとき、阿波弁の「けん」を連発したり、
「これ、頂戴」を「これ、かー」と言って通じなかった苦い思い出も
あります。(笑)

このライオン、まさに欧米でいうノブレス・オブリージェの精神を持っています。
ノブレス・オブリージェ。
力を持つものは持たざるものに対して果たさねばならぬ社会的責任と義務がある。
ヨーロッパの騎士、日本の侍も同様の精神から昇華していったのでしょう。
自己愛というとナルシシズムとかスノッブとか軽蔑される面もありますが
バーソさんの言われるように自己愛もまた自分を成長させる原動力かも
知れません。

ドアを開け、抑えて待っている男性に、女性が
「女性だからってドアを抑えてくださることはないわよ」
「女性だからじゃないです。私が紳士だからです」

2020/01/04(土) |URL|エリアンダー [edit]

Re: こんばんは

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)

 阿波弁で有名な人って知らないので、Wikipediaを見たら、アンジェラ・アキ - シンガーソングライター。川上憲伸 - プロ野球選手 。里崎智也 - プロ野球選手。豊崎愛生 - 声優・歌手。仙谷由人 - 衆議院議員。チャットモンチー - ロックバンド。蔦文也 - 元徳島県立池田高等学校野球部監督。冨浦智嗣 - 俳優。スターダストプロモーション所属。板東英二 - 元プロ野球選手、タレント。福井敏雄 - 気象解説者、タレント「お天気おじさん」。藤田一也 - プロ野球選手。金沢治 - 言語学者、『阿波言葉の辞典』などの本を出している。遠藤彰良 - 四国放送の元アナウンサー。ダイドードリンコの阿波弁対応おしゃべり自動販売機の声を担当したなどの方々がいましたが、阿波弁は大阪弁と似てないでしょうか。私は四国の言葉だと『坊ちゃん』の松山弁しか思い出せないぞなもし。

 武士または騎士とは(主君のためには)死ぬことと見付けたり。武士道も騎士道も「武・勇・智」といった戦士としての基本的な特質の他に「義・礼・仁・謙虚・忠節」といった、『八犬伝』の登場人物のような儒教思想や、また使徒パウロのキリスト教的道徳心を重視するのが共通点です。両者とも封建制度の中の人生観ですが、いずれも支配者にとって都合のいい精神思考であることも面白い点です。日本の武将も武力に優れ、中には知略に優れていた人もいましたが、道徳心を重視していたかというと下克上なんて言葉があった通りで、自分の野心実現とお家存続のほうに関心があったように思われます。
 ただ、剣豪と言われる領域になると心眼とか言って精神面を重視していたようで、格闘技も質が高くなっていくとそうなっていくのでしょうか。

 イングランドのサッカー代表のエンブレムはイングランド王室のスリーライオンですが、その昔、その王リチャード1世は勇猛果敢な獅子王として名を馳せていたそうです。ライオンはじつはトラのほうが強いという話を読んだことがあります。であれば力が強いからというよりは、あの顔に王としての威厳があるゆえに百獣の王と呼ばれているような気もします。
 ヨーロッパの国旗を見ると王家や領主やまた民族の歴史や国家間の境界などが由来しているように見えるのに対し、日の丸のシンプルでクリーンなこと。太陽をモチーフとしていて、ドロドロしたものがまったくありません。

自分の前では絶対に嘘を言わない女性に、紳士を気取る男性が
「貴方がジョークさえ言わないのは私が紳士だからなんだね」
「いえ、ブスに二言はないからです」

2020/01/05(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

明けましておめでとうございます。
わはは…どこかの国が弱いのをいい事に、自分の物であるかの様に好き勝手にのし歩き、
挙句の果てに他国からその国を訪れた高官を殺害して、正義を行ったとほざいている。
獅子の様な高潔さはおろか、人間としての倫理のかけらもないどこぞの富豪の大統領に聞かせたい話です(笑)
あ、もう一人金があれば何でも許されるとばかり、罪を犯して国外逃亡した某元自動車会社のCEOもいましたっけ(笑)
本年もどうぞよろしくお願いいたします^^

2020/01/05(日) |URL|sado jo [edit]

Re: タイトルなし

sado jo さん コメントありがとうございます^^)

 あら、もう正月の挨拶は済んでいたと思っていましたが、ともあれ、お互いに新年を無事に迎えることができ良かったです。新年、おめでとうございます。

 joさんは相変らず社会の不正義に関心があり、政治への関心から気持ちが抜けませんね。
 しかし某元自動車会社のCEOには驚きました。あれほど世界的に知名度がある人が風と共にgone.となって逃亡者になったのですから、ほとんどスリルとサスペンス映画の話みたいです。

 日本の検察や役所の恥になりましたが、長い目で見れば、かえって良かったかもしれないと思います。ゴーンに贔屓的な見方をして、報酬の一部を退職後に受け取るようにしていただけだと言う人もいますし、また会社の金の使い込みについては明白な証拠を揃えるのがちょっと難しそうで、いずれにしても間違いなく最高裁まで行くと思っていましたから、そんな日本の裁判所や検察が無駄な手間を掛けることなく、ゴーンが逃亡者の汚名を着たまま西欧社会には二度と行けずにレバノンで一生を終えることになったわけですから、検察のまあ不戦勝じゃないでしょうか。
 ゴーンのほうは誓約を破って不正に逃げた罪も加わって、かつての栄光が吹っ飛んでしまったのですから、不戦勝とか不戦敗どころか、人間としては完璧な敗北でしょう。

 人間は名声を得ても特別に富裕になっても、最後が肝心。自分の“名”がどうなるかが一番大事です。
 「単に生きるのではなく、善く生きる」意志を貫き、不当な裁判でも市民の義務として受け入れたソクラテスを思い出しましたが、なにがあろうと、人間、“腐っても獅子”と言われるようでありたいものです。

2020/01/05(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんにちは

いつもありがとうございます^^

昨年、究極的には「神の自己愛」しかない、
といったメッセージを発信していた時期がありましたが、
「利己」と「利他」という概念は、
他者との境界線の「深さ」「浅さ」というふうにも言い換えられるかもしれないと、
今回思いました。

「自分」と「他者」とのあいだの、
意識の溝が深い人ほど、
自分と他者とを明確に分けるので、
利己的な行動に傾きやすくなります。

対して溝が浅い人は、
「他者も自分」という意識に傾きやすくなり、
「自分の利になる行動がすべての行動原理」という原則に当てはめるなら、
獅子の自己犠牲はあくまで、
猿の親子も含めた自分を救うためだったと捉えることができます。
利己と利他を同時に実現しているわけです。

鷲の相手の弱みに過度につけこまない姿勢、獅子の哀れみの気持ち、
自尊心や自負心の強弱もまた、
ひょっとするとそういったことと関係があるのかもしれない、
そんなことを思いました。

2020/01/06(月) |URL|友資 [edit]

>ムタイ伝「ルンルンの系図」
では聖書を紹介していただき、今度は今昔物語を紹介いただき、ありがとうございます。
改めて「今昔物語集」を読んでみようかという気に成っています。

昨年から旅をしておりましたが、なんとか松の内にご挨拶にお邪魔しました。
本年もよろしくお願いします

2020/01/06(月) |URL|呑兵衛あな [edit]

Re: こんにちは

友資さん コメントありがとうございます^^)


> 「利己」と「利他」という概念は、他者との境界線の「深さ」「浅さ」というふうにも言い換えられるかもしれないと、今回思いました。
 なるほど、友資さんらしい、よく考えられたコメントです。
 スピリチュアル的には“他者も自分もない”という「ワンネス」思考が言われますが、これは相当強度な霊的体験でもしない限り、頭ではそう思っていても心ではさほどそうは思ってないということがありそうです。

 よく幼児がおもちゃとかお菓子とかを自分の占有にして他の子どもが触ると怒るのを見かけますが、一方ではその逆に、何でも他の子に分け与える幼児もいます。他者と自分とを認識している違いがあるせいかもしれないですが、基本的に心に優しさがあるかどうかの違いが大きそうで、それもそう親から教えられたからではなく、生まれつきの場合がありますね。
 人間の性格や特質は後天的に磨いて向上することもできますが、しかしやはり先天的になんらかの特定の個性が備わって生まれてくることがあるので、性格とは面白いものです。

 獅子が取った立派な行動の原因については、獅子が「自分は百獣の王である、だから王らしく振舞わなければいけない、他の獣たちからもそのように期待されている」といった、自分の立場に対する良い認識があったゆえに、獅子は肉を切り取るという自己犠牲を払ったということもありそうです。
 数年前、旅客船が沈みかかったときに艦長服を脱いで真っ先に逃げ出した艦長がいましたが、昔、戦争中に軍艦が沈みかけたときに艦のマストに自分を縛り付けて沈んでいった艦長がいました。その理由は、艦長は艦長らしく雄々しく立派に行動しなければいけないという責任感と名誉を貴ぶ精神とがあったからでしょう。
 そういう意味では偉くなればなるほど偉さに応じた崇高な言動をしなければならないのでしょうが、名誉や哀れみを尊ぶ思いには、持って生まれた性格にプラスして、後天的な学習による認識や意欲といったものがかなり関係していそうですね。

2020/01/06(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

呑兵衛あなさん コメントありがとうございます^^)

 そうですか。今度は今昔物語を読んでみたくなりましたか。拙記事を読んでそう言っていただけると、うれしいですね。

 日本人は文学的センスが世界でも良い民族のようで、源氏物語という長編小説や竹取物語というSF小説も当時としては珍しい文学作品ですが、万葉集にいたっては天皇から庶民に至るまで様々な身分の人たちが歌を詠んだという点で稀有なものだと言われています。そして江戸時代は庶民の識字率が世界で最も高かったそうで、外人旅行者が特筆しています。

 がしかし、先の全国学力テストでは小中高生の国語の正答率の低さが目立っていたそうです。その分、英語力が増しているのであればいいのですが、それはそうでもないでしょう。
 ともあれ、いまの日本には外来語というカタカナ語が増え過ぎですね。意味の分からない英語を使うのがかっこいいような風潮があって、なんだかなあと思います。

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2020/01/06(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/01/10(金) || [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/463-dbd7c7af

back to TOP