「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 耳袋「貨殖工夫の事」は、人生観と幸福の秘訣を考えさせる。 


 生きる力がグングン伸びるバーソ人生攻略講座 (^^)/


お金をやす秘訣に関わる質問で クエスチョン す。

以下の文を読んで、問いを考えなさい。


 耳袋「貨殖工夫の事 かねをためるコツ 」現代訳


 享保の時代に藪主計頭(やぶ かずえのかみ)という人がいた。
 御側衆(おそばしゅう)を勤め、隠居して「大休」という号を名乗ってからも登城したことがあった人である。
 主計頭は質素倹約を旨とし、存命中、上質の金塊を三個、親しい子孫を選んで財産分与したそうだ。

 ある人が蓄財の秘訣を尋ねたら、次のように答えた。
「風雨や地震などがあると家来を呼び、『昨夜の嵐で屋敷にどれほどの被害があったか』と聞く。家来は主人の気持ちを忖度し、何の被害がなかったとしても、『これこれの被害が生じ、修理には何十両かかります』と答える。その費用を取り置きして蓄えているのだ」

 馬鹿な話のようだが、贈答、冠婚葬祭、朝夕昼夜すべてにわたって、そのような定めを設けていたので、だんだんと蓄財を成したということである。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※『耳袋』=根岸鎮衛著の近世後期の随筆。街談・巷説・奇聞の類を集めた全10巻×100話。
※「御側衆」=江戸幕府の職名。江戸城に交代で宿直し、将軍の近くにあって小姓などを支配し、夜間は老中に代って城中の事務を処理した。



①最初は三択問題です。上記の話を読んで、どう思いましたか?

 A.主計頭の生き方に賛成する。  (   )
 B.主計頭の生き方に同意できない。(   )
 C.どちらでもない。分からない。 (   )


②上記のそれぞれの問いに答えた方にお尋ねします。
A.「賛成する」と答えた理由は何ですか、自分の考えを書きなさい。

(                                  )
《感想例》
・児孫のために美田を買わずというが、金は沢山残したほうが子孫は七倍光れる。
・アリのように堅実質素に生きるのが知恵だ。老後は二千万円ないと暮らせない。
・不安だから貯めるのではない。平安になるために貯めるのだ。なにが悪いのか。
・願わくば黄金の下にて春死なむそのきさらぎの望月の頃。金あればある程良し。



B.「同意できない」と答えた理由は何ですか、自分の考えを書きなさい。

(                                  )
《感想例》
・児孫のために美田を買うのは愚かなことだ。子孫に金を残すと遊んで堕落する。
・資金はやりたいことに使ったほうがいい。年取ってからでは体が動かなくなる。
・私利私欲のために貯めるべきではない。立派な志を遂げるために貯めるべきだ。
・裸にて母の胎をいで、裸にて彼処に帰らん。諸君、喝采を。貯金は死で終わる。



C.「どちらでもない」なら理由は何ですか、自分の考えを書きなさい。

(                                  )
《感想例》
・死ぬ時ぐらい好きなようにさせてよ。生きてる時だって好きなようにさせてよ。
・おもしろき事もなき世をおもしろく、すみなすものは心なりけり。命なりけり。
・一財産築いた。世に名を成した。恋もした。ほんに死にとうない死にとうない。
・人が死と共に持っていけるのは愛に溢れた思い出だけ。スティーブ・ジョブス

        ____________________


 さて、どんなことを考えたでしょう?
 いずれにしても、自己肯定の意識を持って生きるのがいい、と私は思います。

 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと、おいしいものを食べておかな
かったこと、自分の生きた証を残さなかったこと、やりたいことをやらなかった
こと、行きたい所に行かなかったこと、仕事ばかりだったこと、感情に振り回さ
れて一生を過ごしたこと、健康を大切にしなかったこと、子どもを育てなかった
こと………そんな悔いを残さなければ、どう生きてもいいと思います。参考

 ですから、私は「B.主計頭の生き方に同意できない」ですが、ただ、子どもが
いないせいもあるかもしれません。


         kanttujpg.jpg 鈴木春信『梅の枝折り』




ついでに馬鹿な話で恐縮ですが。
 元共産党員の右系政治評論家 J.S氏が「党の活動のために1億円ぐらいはつぎ込んだ」と述べていたので、私も以前所属していた教団のために幾らぐらいつぎ込んだのか考えてみた。 
 30年以上、教団への毎月の寄付金、大会やホール建設などの寄付金、仲間の信者の世話などのために使った金額や諸経費は記録してないので、合計金額は見当もつかない。
 しかし聖書の布教活動を第一にするために大手広告代理店を辞めてから、無職と転職を何度もした。その無職だった合計6年間を日本人男性平均年収521万で掛ければ3,126万円になる。
 さらに伝道活動で歩いた時間を訪問セールスで働いたとして賃金計算し、また週3回の集会でした講演や講話に報酬が支払われるとして合算すると、トータルではけっこうな金額になる。
 妻は共稼ぎをせず、30年間、正規開拓伝道者として家から家へと歩いて回ったので、その年月を会社に勤めたとすれば、30年×日本人女性の平均年収276万円=8,280万円となる。これも含めると、夫婦二人で軽く1億円以上を(神への奉仕と思って)教団につぎ込んだ計算になる。
 もしその金額を蓄財していたら、藪主計頭のように金塊を子孫に配れただろうが、神のご意思のために生きるべく子供を持たないことに決めたので、残念ながら配れる子供はいない。


関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

人生いろいろ

【藪主計頭の生き方】に同意しないタイプです。
といっても、この考えは50歳を過ぎて定着したに過ぎません。

今ではですが……極貧、平均的な庶民、裕福な環境ともに、
学ぶべき課題のために魂レベルで選択したものだと思っています。

人生は自分で切り開くもの。
極貧ゆえに育ったハングリー精神で財を築く人もいれば、
相続した財産で放蕩三昧して破産する人も……。
はたして【藪主計頭】の子供たちは、
親の価値観を継承して生きたでしょうか?

子供に残す財産など端からないのですが…(^_^ ;)
あったとしても、残すべきではないと思っています。
自らが汗水垂らして稼いだお金と違うからこそ、
兄弟間の遺産相続なんかで、もめるんですよねぇ。
(お金は正に、パラドックスを学ぶ最強ツール)

バーソさんの伝道人生について。
娯楽に縁がなかったとしても、
当時は『内的な平和』に満たされていたと想像します。
外部のものを必要としない……。
それは“偉大なる自由”ですからねぇ。

だからこそ……。
伝道を辞めた後の今生的な楽しみごとにしても、
細やかでも、人の何倍も嬉しく楽しめると思います。

2019/11/30(土) |URL|風子 [edit]

バーソ様
おはよう御座います。

バーソ様と同じで同意できません。

理由は親と子は肉親といっても別の人格を
持っています。
下手に財産を残すとその人生を変えてしまう
おそれもあるでしょう。
飲む、打つ、買うは自分で稼いだ金でこそ
楽しめます。


バーソ様と同じく子供がいないのでこう
考えるのかも知れません。

愛新覚羅

2019/11/30(土) |URL|aishinkakura [edit]

Re: 人生いろいろ

風子さん コメントありがとうございます^^)

> 今ではですが……極貧、平均的な庶民、裕福な環境ともに、
学ぶべき課題のために魂レベルで選択したものだと思っています。

 始まりは「極貧」だったが、現在は「裕福な環境」ですか。終わり良ければすべて良し。シンデレラのような人生じゃないですか。あ、いや、「裕福」じゃなくて、「裕福な環境」ですか。なるほど、精神的にも物質的にも心身両面で満足しているということですね。
 しかし風子さんは「平均的な庶民」というところが、じつは全然「平均」じゃなくて、かなり意気揚々の自信満々のピッカピッカの人生だったのじゃないですか。人生は金第一じゃないという人生観が「50を過ぎて定着した」ということは、50までは自分の力で勢いよく辺りをなぎ倒してトップの道を歩んできたということでしょう。そんなこともすべて、魂レベルで選んでいると思えば、すごくいい人生を送ってきましたね。

 藪主計頭はかわいそうなひとですね。ケチケチの度が過ぎたので、彼自身は裕福な生活を楽しんだように思えません。奥さんも家来もその余波を受けて、かわいそうなものです。折角の人生が楽しめなくて、もったいないことです。あるいは金が貯まっていく快感をみんなで味わっていたのでしょうか。

 私の過去の人生。確かに「内的」には充実していました。苦しくても辛くても、必死に神のご意思を行なっているという自負心と満足感がありましたから。貧乏もしましたが自分でそれを選んだので、「負け組」意識なんてものは全然なかったですね。これも風子さんと同様に魂レベルで選んだものですから、いまは悔いがありません。
 あの教団に所属したことをメリット面で見れば、私の場合は有神論者になるための最高の機会であり、絶好のツールでした。他のキリスト教団では教えも生き方も甘っちょろくて、たぶん有神論者にはならなかったと思います。先日やってきたローマ教皇の語ったことも、まあ、甘っちょろいなと感じます。人生の苦労をしたことがないひとですね。

「バーソは今生的な楽しみごとにしても何倍も嬉しく楽しめる」ですか。そうですね、いま時々公園や街に出かけると大勢の人がいるので、まあ世の人は遊んでいるのだなあと、つくづく思います。それに引き換え、私は以前は集会と伝道と仕事で年中休み無し。週中は家に帰ってくるのは夜10時過ぎか11時頃。土日祭日も盆正月も朝から大忙し。まあ時間に追いまくられた人生だったなあ、と感慨深く思います。

2019/11/30(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)

> 同意できません。理由は親と子は肉親といっても別の人格を持っています。
 そうですよね。昔の親は、自分の子供に自分の仕事を継がせるのが当然と考えていたようです。子供は人格も考え方も違うのですから、うれしくない人もいたでしょうが、断ると親不孝者めがっと言われたのでしょう。結婚だって好きな人を選べず、昔はいろいろ妙な人生観や慣習があって大変だったのでしょう。
 そんなことを思うと、今の時代に生まれて良かったと思います。香港のデモを見ると、また北朝鮮のことを思うと、日本に生まれて良かったと思います。

> 下手に財産を残すとその人生を変えてしまう
おそれもあるでしょう。
飲む、打つ、買うは自分で稼いだ金でこそ
楽しめます。

 あはは、そうですね。教授の場合の「買う」は、スポーツカーとか高級オーディオとか趣味のもので、それも確かに自分で稼いだ金で買えば楽しいでしょう。
 芸能人の七光り族は、金とヒマが余っているせいか、麻薬に手を出したりします。歌舞伎の息子は、学生時代から女に手を出して子を産ませます。親から何百万も小遣いを毎月もらっていた元首相は、日本人の平均給与も知らない人でした。
 しかし、かわいい子には旅をさせよと言われますが、子供の頃は貧乏はしたくないですね。あまりに極貧だとみじめになります。性格が引っ込み傾向になります。

 教授も子どもがいなかったのですね。でも、その分、仕事に趣味に打ち込めたということもあったのではないですか。私もいなかったので、子どものいる暮らしというものがよく分かりませんが、私の場合は教団に入ってからかなり過酷な人生だったので、子どもがいたら子供も大変だったと思います。

2019/11/30(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんにちは

私も「B.主計頭の生き方に同意できない」です
ジョブスの至言、いいですね。
「人が死と共に持っていけるのは愛に溢れた思い出だけ」
貯金はほどほどにして亡くなるときに全財産を使い切りたいです。
全財産とは大きく出ましたが(笑)。
一生懸命に貯めても半分は税金に持っていかれますから。

ひとつだけ心配なのは亡くなる前に貯金を使い切ったらどうしよう。

主計頭氏は事あるごとに貯金できたのだから、まあ生活上に
余裕があったのでしょう。
くしゃみする度とか妻と致す度に500円玉を箱に入れる人が
いましたが、全然貯まらなかったそうです(笑)。
しかし、「貨殖工夫の事」よくもまあこんな話を見つけ出しました。
「貨殖工夫の事」をgoogle検索してもたったの7件しか出てこない。
で、そのうち1件はバーソさんのブログだもの。

2019/11/30(土) |URL|エリアンダー [edit]

Re: こんにちは

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)

 やはり、ジョブスの至言がいいと思いましたか。この箇所は有名人の辞世の句サイトを見ながら考えたのですが、このジョブスのコメントを見たとき、エリアンダーさん好みだろうなと思いながら、ピックアップしたんですよ。

> 貯金はほどほどにして亡くなるときに全財産を使い切りたいです。
 私の場合は、長年の貧乏暮らしが身についてしまって、少しでも良いものではなく、少しでも安くてまあまあのものをよく迷って選んで買う癖がついているために、貯えに多少余裕があっても、なかなか大胆にパッと使うことができません。それに、ブランドものとか一流品をいいと思うより、同じ程度のもので値段が安いなら中華製でもマレーシア製でもいいと思う、マイナー好きのせいもあります。(笑)。

 江戸っ子は宵越しの金を持たないが、上方はケチが当たり前なので、ケチの落語は上方には少ないそうです。隣りの家に定吉が金槌を借りに行くと、竹の釘じゃなく、金(かね)の釘を打つのなら金槌が減るから貸さねえ、と言われて帰って来た。それを聞いた旦那が、まあ、しみったれだねえ、うちのを出して使いなさい、という話を思い出しますが、あまりケチだと人には好かれないようですね。

 で、例によってまた検索したんですか。7件もあって、バーソのもありましたか。私が検索したときは2件だけだったのですが、そんなに沢山あるのかと思って、いま「貨殖工夫の事」で検索したら、やはり2件だけで、バーソブログも見つからずでした。エリアンダーさんのはGoogleのスーパーヴァージョンなんでしょうかね。(笑) なお、ここに載せた現代訳は、他のサイトを読みはしましたが、一応、私が訳したものです。

『耳袋』は正しくは『耳嚢』と書き、拙ブログでは過去3本ほど記事にしています。この本は全3巻で岩波文庫から出ており、話題に困ったときのためにネタ本として買ってあるのです。読むとなかなか面白いのですが、そのまま引用して注釈を加えるだけだと、他の人と同じになって面白くないので、ちょっと見せ方の工夫を思いついたときに使っています。

2019/11/30(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんばんは

貨殖工夫の事で検索するとあいまいないろんな情報も
検索され総数35800件も検索されてしまいます。
完全一致検索はダブルクオーテーションで囲んで検索
するのです。”貨殖工夫の事”で検索すると7件しか検索されません。
ダブルクオーテーションは半角文字でね。
京都、家人の入院で結局行けませんでした。
新幹線のキップもヘリもホテル代も全額キャンセル出来て
得したような損したような。(笑)

2019/11/30(土) |URL|エリアンダー [edit]

Re: こんばんは

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)
 検索の件、ありがとうございました。そういえばダブルクオテーションマークのことは読んだことはありますが、利用したことはなかったですね。で、いま、試してみたら、見事に7件出てきて、目からウロコ。こんなにピタッと出てくると気持ちいいですね。おかげさまで、これからずいぶん検索がやりやすくなりました。

 ちなみに私は「“」と「 ”」は、それぞれ「k1」と「k2」で単語登録してあるのですが、このたび両方をまとめて「だく」と「け1」で登録しました。「だく」はダブルクオテーションの略。「け1」は検索一番の略です。2種で登録したのは忘れてしまうおそれがあるからです。

 ちなみにエリアンダーさんの名前は、長年頻繁に打ち込んでいるのに単語登録はしてありません。なぜかというと、もう指が慣れてしまってスラスラと容易に打てるからです。かえって単語登録すると、一瞬ですが、どの言葉で登録したかなあと思い出す手間がかかります。

 家人の入院ですか。大変ですね。そして京都行き、キャンセル。残念でした。でもお金は返ってきた点はよかったです。
 いま「きょうといき」と打ち込んだら、「京都生き」と出てきました。
 ダブルパンチのようですが、いや、こういうことは、なるべくしてなっているのかもしれないと思えば、なにかプラスの出来事のためにあったのかもしれないと思うこともできます。むろん、大筋は自分の自由意思で道を定めているのですが、人生全体は見えない糸で動いている。そして長い目で見れば、良い方向に引っ張られている、と私は、そう思っています。
 早く治ることを祈っています。
 いつもありがとうございます。

2019/12/01(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

この世には実に多種多様の商品があり、上は企業から下は個人に至るまで人は様々な商いをしています。
しかし、物には時代による流行り廃れがあり、文明の進化と共に必要性を失ってしまう商品もあります。
未来ではトヨタの車はなくなって、代わりに人は瞬間移動システムを使うだろうし、アップルのスマホも身体に埋め込んだ量子チップに取って替わられる事でしょう。
もし人類が存続する限り、未来永劫に変わらないただ唯一の商品があるとしたら、それは「お金」です。
お金と言う元手がなければ、どんな物も手に入れられないし、どんな会社を興す事もできません。
様々な商売から細々とスタートしたユダヤ人が、最後にたどり着いた商売は金貸し(金融業)でした。
何の為に商売をし、質素倹約して蓄財などするのか?他人にお金を貸して利子を取る為にするのです。
藪主計頭さんは正解です。人類社会が続く限りユダヤ商人がたどり着いたお金を商いする銀行業は最強です。
但し、マネーゲームに熱中して、物作りを疎かにするとバブルとその破綻を招いて社会を危機に陥れます(笑)

2019/12/01(日) |URL|sado jo [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)

 確かに金は一番の力でしょう。だから金に目が晦まされて人生を誤ってきた人が大勢います。イエスは「人は神と富とに兼ね仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛し、あるいは、一方に親しんで他方を疎んじるからである」と言っています。金はいい面とそうでない面があり、気を付けないと貴重な人生を失敗しそうです。

 ユダヤ人に頭のいい学者や政治家や経済に強い人が多いのは、西暦70年にローマに滅ぼされてから1948年の建国の以前は、国もなく、土地もなく、外国に住んでいるので、何よりも生き抜くために知識と知恵を大事にしたことと、そして仕事の上ではその土地に地盤や人脈がないために学問と金に関わる仕事が一番やりやすかったのだ、と「ユダヤ三千年の歴史」といったような本で読んだことがあります。
 長年、ユダヤ人は非ユダヤ人から妬まれ憎まれてきた歴史があり、「ヴェニスの商人」が書かれたせいでユダヤ人は狡猾な人種だ、金に汚く貪欲だとのイメージが拡大し、定着したそうで、著名人による書物の宣伝力と洗脳力はおそろしいものです。

「銀行業は最強です」か。私は経済のことはよく分かりませんが、資金を回して儲ける仕事、つまり株の売り買いもハイリスクながらリターンが大きいのじゃないですかね。資金を殖やすためには紛争やテロさえも起こして兵器を売ろうとする、そんな闇の仕事も儲けが大きく、そんな金の守銭奴が世界の経済を牛耳っているように思えます。

 この藪主計頭も金が有用なので子孫に残そうとしたのでしょうが、自分自身では金を使わなかったので、その点では子思いというか、自己犠牲というか、この人の人生は哀れなものです。しかし当時はお家第一の世の中。お家を永く続けていくのが侍の務めみたいなものですから、現代の規準で正邪を判断しないほうが良さそうです。

 しかしそれほどまでに「個」ではなく、「家」を代々続けていかねばならないという固着思考は、一体どこからきているのかと思いますね。人は何か大事なことや上の人間に仕えるべきだというのは儒教精神が根底にあるような気がしますが、その血が日本人の中に脈々と受け継がれている気もします。それゆえの良い点もあれば悪い点もありそうですが、まあ、なんにしても、経済第一の思考にならず、あまり極端な生き方にならないほうが良さそうですね。

2019/12/01(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/01(日) || [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/02(月) || [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/03(火) || [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/05(木) || [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/457-147ee93b

back to TOP