「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 「夜目遠目笠の内」のことわざがなかなか面白い。 


 さぁさ、ご用とお急ぎでないお方は、ゆっくりと聞ぃてらっしゃい。
 夜目遠目笠の内、物の文目(あやめ=模様)がよく分からんように、私の口上
も聞ぃてもらわぬと、何のことやらさっぱり分からぬ道理になってござる。
 で、お立合い、手前持ちいだしたる『バーソ冗級ことわざ辞典』。よくよく読
めば、その効能は知恵と才覚が目から耳に抜けること間違いなしは幸水、長十郎。

         utag5.jpg 歌川国芳『金魚づくし』



      バーソ冗級ことわざ辞典 
                    ※ご注意:青字部分はあまり信用してはいけません。


夜目 遠目 笠の内(よめ とおめ かさのうち)

【通釈】
女性の容貌は、夜暗い状況や、遠くから見たり、笠をかぶっている時は
はっきり見えないために、美しい方は、より美しく見え、そうでない方は身の丈
に合わせて頑張ってほしいという意味。昨今、夜は街が明るくなり、ハズキルー
ペが売られ、三度笠は売られてないせいか、美女がおらんとお嘆きの貴兄もいる。

【注釈】
笠については、造りが良く、デザインがお洒落で、本人に品格があれば、
女性はすこぶる美しい。そうでない女性が百円ショップの笠をかぶって、どうし
て美しく見えようか。なお、高級傘をあれこれ買う女性には、「君の瞳に乾杯!
荷物、カサバランカ?」と言うとよい。ブランド物を着て厚化粧をすれば美しく
なると思っている奥方には、「あれから40年!」と言うとよい。聞き分けのない
女性の頬を時の流れのままに一つ二つ張り倒す男は、笠ブランカダンディという。

【由来】雨で蓑笠を借りに来た太田道灌に、その家の嫁が「七重八重花は咲けど
も山吹の実の一つだになきぞ悲しき」と言った話は誤報であり、「よめ(嫁)は、
とおめん(当面)、は貸せんどす、うち」と、はっきり断った故事から来て
いる。この「うち」とは、「私」という意の京都弁と、「家」という意の二重の
意味が掛けられており、さすがに古歌に通じた女性の台詞だと同感する人も多い。

【反語】朝目近目坂の外 (美人が朝っぱらから坂の外に転落すれば 顔は壊れる)

【類語】夜目遠目すっぴんぴん (素顔が美しいなら どこから見ても天女である)

【類語】色目流目すっぽんぽん (このような状況で 顔だけ見続ける男はいない)

【類語】駄目涙目すってんてん (鼻の下を伸ばしていると 身ぐるみ剥がされる)

【歌詞】女は夜目遠目がいい。笠は深めにかぶったほうがいい。女は無口なひと
がいい。時々むせび泣くほうがいい。夜ふけてさびしくなったら、ぼんやりいれ
ばいい。さかさにあぶったらイカん。しみじみ飲めば、想い出だけが行き過ぎる。


          simo2.jpg 下村観山 『春雨図屏風』


【作例】公園のベンチに座っている女性に、「座る姿は牡丹のように美しいです
ね」と声を掛けたら、すっと立ち上がったので、「立ち姿は芍薬のようです」と
追い打ちを掛けたら、「どう? 百合の花みたいでしょう」と言って、さっさと
歩き去ったので、「あはは、夜目遠目笠の内だった」と憎まれ口をきいてやった。

【注意】「笠」を「傘」と書くのは誤り。頭部に直接かぶって使う雨具を「笠」
と言い、柄(え)を手に持って頭上に差して使う雨具を「傘」と言って区別する。

【参考】アンブレラ(umbrella)は「陰」を意味する “umbra” に指小辞がつい
た語で、「日よけ・日陰」を意味するイタリア語から英語に入った。「陰」が語
源となっているのは、元々アンブレラ(洋傘)は雨用ではなく、日傘として用い
られたため。古代エジプトでは国王を陽差しから守る小道具として用いられ、欧
州に渡来後も、長らく傘は富と権威の象徴であった。アンブレラに油を引いた雨
傘が考案されたのは18世紀中頃であるが、普及し始めたのはその半世紀後である。


          kiht4.jpg J.Carlos(1884-1950)

【文学(概略)】
■『墨東奇譚』(永井 荷風) 六月末の夕方、58歳の独身作家「わたくし」大江
匡が玉の井の私娼窟を歩いていたら夕立に遭った。常に持って歩いていた傘をひ
ろげると、「旦那、そこまで入れてってよ」と、傘の下に真白な首を突っ込んで
きた女がいた
。女はお雪という26歳の娼婦。「ここがお前の家か」「拭いて上げ
るから、寄っていらっしゃい」「洋服だからいいよ」「拭いて上げるっていうの
にさ。わたしだってお礼がしたいわよ」「どんなお礼だ」「だから、まアお這入
んなさい」。というわけで、「わたくし」は、お雪との関係を三か月ほど続けた。

■『メアリー・ポピンズ』(パメラ・L・トラヴァース)1910年のロンドン。バ
ンクス夫妻は4人の子供のために保母兼教育係を募集した。東風の吹く日、右手
でこうもり傘を差し、左手に鞄を持ち、メアリー・ポピンズが空から舞い降りて
きた
。彼女は、ちょっと風変わりで、子供たちを世話し、不思議な冒険の世界へ
導き、家族を一致させ、役目が終わったら次の子供たちのために旅立っていった。

■『西鶴諸国ばなし』巻1-4「傘(からかさ)の御託宣」(井原西鶴) 世の人の
お役に立つように、と紀州の掛作(かけづくり)の観音には二十本の傘があった

慶安二年春、玉津島のほうから風が吹いて、傘を一本さらっていき、肥後の山奥
の穴里という所に落とした。村人は誰も傘というものを見たことがなかったので
不思議がったが、小賢しい男が「畏れ多くも、これは名高い天照大神のご神体で
あろう」と言ったので、一同恐れをなし、里じゅう総出で社殿を造って安置した。

■『ロビンソン・クルーソー』(ダニエル・デフォー)無人島に漂着した主人公
が最初に行なった文明的な作業の一つは、傘を作ることだった
。傘はブラジルで
見て、暑さの中では非常に役立つと知っていた。その島も同じほど暑いので、多
大な時間と労力を費やして作った。傘はペントハウスのように雨を振り払い、陽
射しをうまく遮ったので、暑い気候の中でもかつてないほど涼しくなった。必要
がないときは閉じて脇に抱えて運んだ。「かくして私は、神のご意志に身を委ね、
神の御恵みに全面的に身を委ねることで、心はすっかり落ち着くことができた
」。


             ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 さて、終わる前にちょっとお断りしておくぞ。これをやって見せると、お立ち
会いの中で投げ銭や放り銭をなさる方があるが、断固お断りをする。ネットにて
未熟なる都政、否、渡世を致すとも、いやしくも天下のバーソ。はいはい、押す
ではない。分かった分かった。お札なら幾らでも好きなだけ置いておくんなさい。






参考―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「夏への扉/映画カサブランカ」https://elleander.blog.fc2.com/blog-entry-1509.html
「語源由来辞典/アンブレラ」http://gogen-allguide.com/a/umbrella.html
「Wikipedia/傘」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%82%98
「Weblio辞書/傘」https://www.weblio.jp/content/%E5%82%98?dictCode=MNGTR
「青空文庫/墨東奇譚」https://www.aozora.gr.jp/cards/001341/files/52016_42178.html
「洋がさタイムズ/傘は文明の利器」https://www.kasaya.com/times/025.htm
「ロビンソン・クルーソー/原文」http://www.gutenberg.org/files/521/521-h/521-h.htm
「座敷浪人の壺蔵/神様ぼろぼろ」http://home.att.ne.jp/red/sronin/_koten/0055kamiboro.htm
「舟歌」阿久悠/詞、浜圭介/曲、八代亜紀/歌 https://www.youtube.com/watch?v=_hO22b2gcYY
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

バーソ様
おはよう御座います。

今回も駄洒落が冴え渡っていますね。
カサだけでこれだけ話が出来るのですから
凄いです。
バーソ様は色々な世界をお持ちですがこのような落語的な世界が大好きです。
作家に対する皮肉もきいていて最高です。

愛新覚羅

2019/11/16(土) |URL|aishinkakura [edit]

夜目遠目 妄想源?

まっこと、夜目遠目は美しき妄想でしょうね。

その典型的な例が映画『エマニエル夫人』。
装い、所作、流し目の全てが美しく観えるのですが、
いざスッポンポンになると、なんだかなぁ(笑う)
お雪との関係をものにした永井荷風だって、三ヶ月ですもんね。
loveはプラトニックが美しい。

>頭部に直接かぶって使う雨具を「笠」
と言い、柄(え)を手に持って頭上に差して使う雨具を
「傘」と言って区別する。

(*′☉.̫☉)ほぉ! 
またしても“お利口”になりました。

2019/11/16(土) |URL|風子 [edit]

Re: タイトルなし

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)

 おほめにあずかり、うれしいです。
 このところカタい話ばかり続いたので、駄洒落話にしました。こちらのほうが性に合っていて書きやすいですね。(笑)
 
 じつはもう一つ傘の話で入れようかと思ったのが、スプリング式折り畳み傘のキャッチフレーズ「なんである、アイデアル」の話です。このCMは昭和38(1963)年からオンエアされていたそうですね。でも植木等は「お呼びでない」の人なので、今回はこの話を入れるをやめました。(笑)

 傘はスプリング式は重いので、私は以前は、そうでないのを買っていました。
 折り畳み式はかっこよくないのと持ちにくいので、あまり使わなかったですね。
 欲しかったのはイギリス紳士が持っているような布製の高級傘で、昔、一度だけ新宿伊勢丹で「PLAYBOY」ブランドのを1万円ぐらいで買ったことがあります。でもこれが重くて水切れが良くなくて使いにくかったです。細く巻けるのを買えばよかったのでしょうが、当時はそんなのは売ってなかったと思います。

 今はもっぱら透明のビニール傘で、スプリング式です。百円ショップやコンビニに売っているのは小さいので、大きめのを使っていますが、安くて軽くて水切れが良くて前方が見えて、案外“今”風で気に入っています。

2019/11/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 夜目遠目 妄想源?

風子さん コメントありがとうございます^^)

「夜目遠目笠のうち」の反語を考えていたら、「すっぴんぴん」を類語として思いつき、そうしたら「すっぽんぽん」をすぐ思いつきました。
 でも「すっぽんぽん」じゃ、ちょっと品性が落ちて私のイメージが落ちるのではないか、いや元々ないではないかなどと思い、これは外したほうがいいかなあとと思いながら、しばらく考えていたら「すってんてん」を思いつき、そうしたら「すっぽんぽん」の持つ衝撃度(というほどのことはないですが)が薄められるだろうから、やはり「すっぽんぽん」は載せておこうということになりました。

『エマニエル夫人』は一度テレビの「日曜映画劇場」かなんかで見たことがありますが、きれいな体だったという印象は残っていません。ボカシのほうが気になったせいでしょうか。(笑)

 エマニエルはヘブライ語では「インマヌエル」。「神はわれらと共にいます」という意味で、じつは「乙女が身ごもって子(メシヤ)を産み、その名はインマヌエルと呼ばれるであろう」とイスラエルの預言者イザヤに言われ、イエスに適用されています。他に有名な人ではイマヌエル・カントがいますね。

> loveはプラトニックが美しい。
 これはそう思います。私なんか、夜目遠目でそっと遠慮がちに心ひそかに見て想っているだけのことが多かったですから、風子嬢と違って。

2019/11/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

トリビア、諧謔、ユーモアが縦横無尽に飛び交って大笑い、
「女は夜目遠目がいい」、「・・・すっぽんぽん」には、
涙が出るほど笑ったりして。
「美人とそうでない人との違いは美人には限界がある」
などと人は(私ではありません)言いますが、「一皮剥けば
美人も髑髏」とか「女は所詮、皮一枚」とかも言われます。
それなのに最近、アメリカのネットアイドルが自分が入った風呂の
水をペットボトルに詰めて1本30ドルで売り出したそうです。
売れ行き好調で間に合わなくなってボーイフレンドのお湯を混ぜて
いるとかいないとか。
あっ、そうだ! 昨日の残り湯がある! って、そんなもん誰が買うか。(笑)

2019/11/16(土) |URL|エリアンダー [edit]

Re: タイトルなし

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)

 あ、ありがとうございます。このところどうしたのだろうか?といぶかるほど、エリアンダーさんにはお褒めいただいて、舞い上がっています。おかげで、これから40年は幸福感が・・・あ、ちょっとオーバーでしたね。(笑)

 「すっぽんぽん」、面白かったですか。内容的にどうかな?とちょっと気になっていたのですが、削除処分にしなくて良かったです。
 お気づきの通り、これは『夏への扉』が元ネタです。キーワードが思い出せなかったので検索しなかったのですが、確かストーリーは、一人の男がショーか何かで、女性の水着(だったかスカート)が脱げたよと言ったら、もう一人の男が「ほう、顔はどんなだった?」と言うのですが、その答えが「そんなときに顔なんか見るもんか」というような話だったと思います。
 ちなみに他のですぐ思い出せるのは「キャロルのです」という話ですが、「荷物、カサバランカ?」のほうは拙ブログでは今回で二度目の登場で、最初は2014年03月29日(土)の 柳瀬尚紀氏の本についての記事の中に引用させていただきました。

 美女もひと皮むけばしゃれこうべとか言われますが、そのひと皮が大事で、その皮の表面にあるものの配置や形状の違いで、女性の場合は大幅に人生が変わります。しかし女性の場合は化粧というツールがありますから得ですね。メイク一つでずいぶん印象が変わります。
 女性モデルが撮影のためにスタジオに来るときはすっぴんで来るので、こんな素っ気ない顔をしたひとがモデルかと思うのですが、メイクで大変身するので驚かされます。顔のパーツ一つ一つに難がなく、顔の形が卵型の人が、化粧映えがして、写真写りのいい人に成れるみたいです。沢尻エリカタイプのような人がそうですが、今日のニュースでは、まあ馬鹿なことをしてしまったようです。

 しかし真面目なことを言えば、本当はその皮の内奥にあるものが一番大事で、内部にある感情や感性を見通せる男性は、円熟した見方を持っている人間です。聖書がこう述べています。「麗しさはいつわり。美しさはむなしい。しかし、主を恐れる女はほめたたえられる」(箴言31:30)でも若いときはそれが分からず、表面だけを見てしまうのですね。

 風呂の水を売るなんて麻原彰晃を思い出します。アイドルとは偶像の意。芸能界でも宗教界でも、アイドル崇拝をするファンや信者は、そんなものでも有難がるのですね。アバタもエクボの憧憬の気持ちを通り過ぎていて、その精神思考は不思議なものです。

2019/11/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/18(月) || [edit]

駄洒落みたいな話になりますが、知り合いが夜目に嫁の後姿を見て声をかけたら別人だったそうです(笑)
まぁ、桜見物の会を催して大恥をかいたどこかの首相に比べれば、人違いをした位の恥はさほどの大事にはなりません。
いっそ、くだんの首相も夜桜見物としゃれ込んでいたら、夜目に見る桜ばかりか自民党の年増の御歴々もさぞ美しく見えたのに残念です。
その昔、酒場を経営していた頃、夜目には大変な美人に見える女性客と昼間に出くわし、嫌と言うほどの絶望感を味わった経験も多々あります。
げに恐ろしきは夜目に見間違う男の錯覚ですが、これ以上の話をするとセクハラになるばかりか、余計に腎臓病が悪化しそうなのでここまでにいたします(笑)

2019/11/19(火) |URL|sado jo [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)

 世間には反対者も多いようですが、安倍さんが歴代総理の最長期間記録を作ったのは、与党には安倍さんに代わるひとがいないからでしょう。自民党政権が長く続いているのは、野党には人材がいないせいでしょう。
 いま「桜を見る会」のことが国会で問題になっていますが、問題なのは、いつもそんなことしか言えない野党です。スキャンダルをあげつらうことだけが専業のように見え、かえって評価を落しています。
 それで国会は「政策論議をする場」に限定する内規を作って、政策のみを論じることに徹底し、個人的な問題や党の運営の問題は、別の弾劾委員会や議員資格委員会を設けて、そちらで徹底追及したらいいと思っています。
 むろん、気軽に税金を使って飲み食いをするのはやめてほしいものです。国会議員の実質年収は約3388万円で世界一。偉い人の会合もなんで高級料亭でする必要があるのでしょう。会議は会議室でするのに決まってるじゃないですか。とにかく与党も野党も、もっと真面目に政治をやってほしいものです。 
 時代劇でよく侍が「片腹痛いわ」と言うのは「身のほど知らずで滑稽だ」「おかしくて見ていられない」という意味ですが、joさんの腎臓がなかなか良くならないのはそのせいですかね。(笑)

 検索をしていたら「傘」に関して、こんな情報がありました。

 イギリスの作家・言語学者であるジョージ・ボロー(1803~81)は、「雨の時の傘は、男たちにとっての良き友であり、それ以上に何かといろんな役に立つ」と傘を讃美して、次のようなご利益を挙げている。
●暴れ雄牛とか凶暴な犬が自分を襲ってくる恐れがある時、そいつらの顔面へぱっと傘を広げると、びっくりして向きを変え、逃げさってしまう。
●追剥がお金を要求してきたような場合、傘を備えていれば、悪漢の目の前に石突きをさっと向けて脅かす。そうすると男はだじろぎながら、「だんな、アッシは、危害を加える気なんかありませんぜ。ちょっと悪ふざけしてみただけなんで・・・・・・」と言って、尻込みする。
●傘を携帯していれば、誰もが貴方を尊敬すべき人物であることを疑わない。例えば、あなたが居酒屋や入ってビールを注文する。すると酒場の主人は、一方の手で代金を請求しながら、ビールを出すような無礼をしない。酒場の主人は、傘を携帯しているあなたを資産家であると判断するから。また、傘を持つような身分のあなたは尊敬すべき人物とみなされるから、不意に話し掛けても、あなたとの会話を拒絶するようなことはない。
https://www.kasaya.com/times/025.htm

2019/11/20(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/454-7132f69c

back to TOP