「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 人生の謎が解けたと思っている者は幸福か。虞美人草(前編) 


 人生観や生活信条は、ひとによりさまざまです。
 そんなことを考えるのは、賢いのか、愚かなのか、そもそも意味があるのか、
 といったようなことを夏目漱石の虞美人草から、軽く、浅めに考えました。

                 

「ちわー。おや、ご隠居。どうしたんです? 眉をしかめて、毛糸玉にじゃれて、
ネコみてえだ」
「お、熊さんかい。それを言うなら、眉をひそめてか、顔をしかめて、が正しい。
じつは余った紐を集めて丸めておいたのだが、あれこれ紐の先を引っ張っている
うちに、かえってきつく締まってしまってな。この謎解きが難しいのだよ。熊さ
ん、解けるかい」
「どれ、ご隠居、こりゃ誰がやっても無理ってえもんです。電動ドリルで一気に
ガーッとほじくったほうが早いですよ」
「そう言われて思い出したが、歴史上一人だけ謎を解いた者がいる。その逸話を
『ゴージアン・ノット』と言う。ノットとは結び目のことで、古代ギリシアの宮
殿に、ものすごく固く結んだ丈夫な紐があった。その結び目の謎を解いた者はア
ジアの王者になると予言されていたが、解いた者は誰一人いなかった。ところが
そこにアレキサンダーがやって来て、剣で結び目を一刀両断にしてバラバラにし
た」


 lsue0.jpg
.

「あれれ、ずいぶん短気なんですね。でもそれってルール違反じゃねえんですか。
謎を解いたんじゃなくて、結び目を切っただけだから、何の解決にもなってねえ
ような」
「うむ、そう思う人と、そう思わない人がいるな。漱石の『虞美人草』の中では、
アレキサンダーが結び目を剣で断ち斬った方法について、二人の若者が話し合っ
ている。一人は大学で哲学を学んで理論は得意だが、行動は伴わない甲野欽吾。
もう一人は外交官志望で、理論よりも行動志向の宗近一(むねちか はじめ)だ。先に
実践派の宗近がしゃべって、次に理論派の甲野が答えている。

「人間は、それならこうするばかりだと云う了見がなくっちゃ駄目だと思うんだね」  (註:それならこうする=狭義には、結び目がほどけないなら剣で切るの意)
「それもよかろう」
「それもよかろうじゃ張り合がないな。ゴージアン・ノットはいくら考えたって解けっこ無いんだもの」
「切れば解けるのかい」
「切れば―――解けなくっても、まあ都合がいいやね」
「都合か。世の中に都合ほど卑怯なものはない」

 宗近のほうは、紐は解けなくてもスパッと切るやり方は『都合がいい』、つま
り、そのほうが要領が良く、実際的だと言っている。だが甲野のほうは、都合を
優先するようなやり方は正しいやり方ではなく、『卑怯』だと言っている。熊さ
んと同じ考えのようだな」
「あっしは、そんな理論派じゃねえです」
「理論派の甲野が他のところで、こんな日記を書いている。

 宇宙は謎である。謎を解くは人々の勝手である。勝手に解いて、勝手に落ちつくものは幸福である。

 熊さん。ここでは、宇宙の謎を勝手に解いて、精神が『勝手に落ち着くものは
幸福である』と言っているが、これは褒めているのではないぞ。勝手に謎を解い
たつもりになり、勝手に平安を感じているような人間は能天気だと皮肉っている
のだ。続いてこんなことも日記に書いている。

 疑えば親さえ謎である。兄弟さえ謎である。妻も子も、かく観ずる自分さえも謎である。この世に生まれるのは解けぬ謎を、押しつけられて、白頭にせんかい(※)し、中夜に煩悶するために生まれるのである。(中略) 親も妻も宇宙も疑である。解けぬ謎である、苦痛である。

『せんかい』という漢字は当用漢字にはない。『せん』は、にんべんに亶と書く。
『かい』は、にんべんに回と書く。意味は、足が進まないで立ち止まることで、
まあ、停滞というような意味だ」
「停滞じゃ進歩がない」
「そうだ。甲野は物事を斜に見る。疑えば親だって兄弟・妻子だって自分だって
謎じゃないかと、したり顔で言っている。そして人間がこの世に生まれるワケは
解けぬ謎を『押し付けられて』停滞し、煩悶するためだと、これも皮肉で言って
いる。甲野は人生観なんかくだらないと思っている。そして『解けぬ謎は苦痛』
だと言っているが、実際に苦痛のようだな。甲野とは逆に、楽しみと感じる人も
いるのだが、まあ、人それぞれだ」
「ご隠居。甲野と宗近、どっちの考え方が賢いんですか」
「甲野の言う通りで、分からんことを追究しないのは賢い人間なのかもしれんよ。
その代わり、謎を解く幸福感は知らんがな」
「じゃあ不幸だ」
「うむ。一方、宗近のほうは、とにかく要領よくやっていければいいと考えてい
る。この宗近も謎解きの幸福感には遠いが、アレキサンダーと同じで、世では成
功する優等生タイプかもな」
「ご隠居。二人とも賢い男なんですね」
「そうだな。ところが面白いのは、世の中には人生を賢く生きたいとは思わん者
もいるのだよ」
「えっ、賢く生きたくない人なんているんですか」

 yogpeu.jpgpixabay

「いる。熊さんは『朝(あした)に道を聞かば夕べに死すとも可なり』という言葉を
知ってるか」
「ええと、スペイン語では、アシタマニアウーナだったかな?」
「アスタマニャーナは『明日は明日の風が吹く』という、いい加減な態度のこと
で、真逆だ。あたしはね、夕方に死んでもいいとまでは思わんが、しかし人とし
ての道はぜひとも知りたいなあ」
「うーん、しかしですよ、ご隠居。謎を解けたと思って幸福になっている人って、
勝手に自己満足してるだけの可能性もあるわけだから、じつは愚かで、哀れな人
なんじゃねえですかね」
「熊さんもたまには鋭いことを言うなあ。そうだな、その問題は少々高度だから、
電動サンダーであたしの良い頭に磨きをかけ、さらに頭脳明敏になってから答え
ようかね」
「へえへえ、エレキサンダーを持ち出しても、一刀両断にするほどの髪はねえの
が悲しい話でござんすがねえ」


(次週に続く)





関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

『謎』は進歩の入り口

( ̄~ ̄;) ウーン、面白い❢

絡んだ紐解きは苦手で、とどのつまりハサミ派です。
ただ、すぐに使いたいならハサミで切り、
急がないならそのままにします。
ってことは合理主義者であり、哲学的な側面もあるのかも……。

謎……とくに生命の不思議や宇宙だと、
ジレンマだとしても解けない方が面白いと思います。
絶世の美女も、ミステリアスな方が、さらに魅力的ですもんね。(^_^ ;)

2019/07/20(土) |URL|風子 [edit]

バーソ様
おはよう御座います。

私は
Take it easy.
です。

愛新覚羅

2019/07/20(土) |URL|aishinkakura [edit]

Re: 『謎』は進歩の入り口

風子さん コメントありがとうございます^^)

 ハサミ派ですか。風子さんは頭脳優秀で、物事はパッとやってしまわないと気が済まず、なんでも要領がいいほうなんでしょう。

 そういえば、子供の頃は「知恵の輪」というおもちゃがあって、学校に誰かが持ってきていました。「マス埋めゲーム」なんてのもありました。ちょっと昔でいえば「ルービックキューブ」でしょうか。私はコンピュータゲームは一度もしたことがないですよ。関心がなかったのは、そもそもゲームというものに関心がなく、なぜなら時間つぶしだけで、何の益もないと思っていたからだと思います。と言うと、頭の体操になると言われそうですが。

 そういう意味では、まあ合理派かもしれないですが、そんなことより本を読むほうが何らかの知識が得られて、それを面白がるほうでした。といって哲学的要素はなく、単にいろいろ知識を得られることを楽しいと思うほうです。

 謎は解けないほうが面白い。そうですね、まったく解けないと面白くないでしょうし、簡単に解けるとまた面白くない。ゴルフで毎回ホールインワンができたら面白くないのと同じで、たまに出来るのがいいのでしょう。スピリチュアルの謎も考えて考えて解けていくのも良さそうです。

 絶世の美女はミステリアスなほうがいいですか。そうですね。すべて分かってしまうと興ざめということもあるでしょうが、それよりそんなひとにたまには巡り会いたいものです。(笑)

2019/07/20(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)

 教授は、Take it easy.ですか。
 easy.―――ビートルズの『イエスタデイ』に“easy”が使われていました。ラブはサッチアンイージーゲームツープレイだったと。
 しかし“Take it easy.”ならイーグルス。このテイクイッツイーーーージーの繰り返しの部分がいいですね。私はメロディは『ホテル・カリフォルニア』が一番好きですが。

 Take it easy.は気楽にいこうぜ。そうです。なんでも深刻に考えるのは、真面目な人の特徴です。臆病な人の特徴かもしれません。慎重な人の特徴でもありそうです。しかし気楽に行こうと思えるような人は、自分に自信があるひとかもしれないですね。

2019/07/20(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんばんは

この二人の若者の問答はどこまで行っても着地点がないでしょうね。
一方は結び目を切ってしまえば謎が解けるかも知れない、
他方は切るのはご都合主義で卑怯であると主張する。
私は結び目を切って、謎が解決するか見てみたいです。
謎を解いたつもりで平安を感じているだけかも知れませんが。
私が検索するのが好きなのは、次々謎が解けていき、それに
快感を感ずるからです。
googleでは宇宙の謎とか人生の謎はなかなか解けませんが、生活上の
不具合ぐらいならgoogleとyoutubeでほとんど解決できます。
電動ドリルとか電動サンダーとかの語が出てくると言うことは
バーソさんは、DITがお好きのようですね。
あるとき、木箱を作ることになり、ドリル、サンダー、ノコ、接着剤などを
youtubeに教わって作りました。
それからモーニング娘。の「。」がなぜついているかの謎も調べました、
情けない。(笑)
私は内なる自分の事さえよく分かっていないので人生でも過つことが多いです。

すこし記事の趣旨から外れてしまいましたが来週の記事のオチはどんなかな?

2019/07/20(土) |URL|エリアンダー [edit]

Re: こんばんは

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)

> この二人の若者の問答はどこまで行っても着地点がないでしょうね。
 この岡野と宗近の二人と小野清三も帝大卒。当時の大卒ですから、この小説の登場人物はいわゆる富裕な人種で、「人生観」といっても口で論じるだけ。生活の苦労を知らないひとたちの甘い悩みが扱われているように感じます。
 自分は頭がさして良くないと自覚している人は、自分より頭のいい人の意見を素直に受け入れますが、それこそ勝手に自分の頭がいいと思いこんでいる人は、他者の意見に同意するのは自分の頭の悪さを認識させられることになるので、論理の是非や正邪の判断に関係なく、(無意識に)強い拒否反応が起きる場合があるようですね。聖書には「高ぶりは破滅に先立つ」という聖句があります。(箴言16:18)


> 私は結び目を切って、謎が解決するか見てみたいです。
 あ、なるほど、そういう意図でする切り方もありましたか。ちょっと気付かなかったです。不明死の場合は遺体解剖で死因を見付けるみたいなものですね。

> 私が検索するのが好きなのは、次々謎が解けていき、それに
快感を感ずるからです。

 それは私もそうですね。いきなり答えをポンと示されるのは面白くなく、自分で推論して仮定したりして熟慮したりして正解を見付ける、その過程が―――これは人生でもそうだと思いますが―――面白い訳で、ミステリー小説でも探偵が、密室なのだが、これこれこういう方法で殺人を行なったのだと少ない証拠から説明するとワトソン君も読者も納得するわけです。
 この小説の中では、こんなフレーズが何度か出てきます。「驚ろくうちは楽(たのしみ)がある。女は仕合せなものだ」
 人間、驚くこと、すなわち知的好奇心がなくなったら楽しみもなくなりそうです。ひとによっては知的好奇心や学術的興味などではなく、スリルやサスペンスやエンタテインメントかもしれないですが。

 私はDITは不得意ですが、DIYは好きですね。電動サンダーはエレキサンダーと言いたいがために出しただけで、その苦しい胸の内をお察しください。冒頭で電動ドリルを出したのは言うまでもなく、伏線のつもりです。
 素人大工では電動ドリルは乾電池式のほうがいいですね。充電式は使わないうちに電池が駄目になります。
 
 新海誠監督の『君の名は。』に句点が付いているのは、有名なラジオドラマの『君の名は』と区別するためだそうで、著作権法でもマルがあればいいそうですね。これも検索で知りました。(笑) 『天気の子』は観に行くつもりです。

 来週の分はもう書き終わりました。シリーズものは書きやすいですね。オチも一応つけましたが、たいしたオチじゃないので、夜もオチオチ眠れません。(笑)

2019/07/20(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

紐を解くよりも切る方が早い…ルール違反と言うよりは機転の鋭さ、或いは発想の転換の賜物だと思います。
アレクサンダー大王と言うと、大胆不敵な英雄と言う印象を世界史から受ける人が多いようです。
しかし、本当はとても繊細で緻密な考察をする性格で、若い頃、誰も御せなかった馬を手なずけたと言う逸話も伝わってます。
暴れ馬の背をわざと太陽に向けて影が地面に映る様にした…すると馬は暴れる自分の影に怯えて大人しくなったそうです。
その馬が、後のペルシャ遠征でアレクサンダー大王の愛馬として武勲を立てたブーケファラスと言う快速馬だったんです。
緻密な計算と鋭い観察眼を持ち、イノベーションに優れていたから、小国ながら大国ベルシャを相手にした戦争に勝てたんですね。
近代の人物で言うなら、マイクロソフトのビル・ゲイツやアップルのスティーブ・ジョブスの様な革新的な人だったのだろうと思います。

2019/07/21(日) |URL|sado jo [edit]

Re: タイトルなし

sado jo さん コメントありがとうございます^^)

> 紐を解くよりも切る方が早い…ルール違反と言うよりは機転の鋭さ、或いは発想の転換の賜物だと思います。
 はい、そうですね。普通はそう思われています。私も過去故事で扱ったことがあり、最後にこう書きました。

「考え方を変え、見方を変え、立場を変えてみれば、違う方法が見えてくる。ゴルディオンの結び目とはコロンブスの卵より思い切った解決法である。」

「ゴルディオンの結び目」は、大胆果敢な解決法を教えている」
https://barso.blog.fc2.com/blog-entry-155.html 2014年04月19日

 私が思うに、この「ゴルディオンの結び目」は、もし頭脳で解いたなら知力・策略でアジアの王になり、剣で解いたなら武力・軍隊でアジアの王になるということだったが、しかしその結び目が頭脳では誰も解けないほど固かったのは、当時の世界は武力と思い切った手法でしか世界を支配する方法がなかったことを示唆しているように思います。
 むろん、当時の世界ではというより、今の世界でも武力が優れている者(国)には誰も敵いません。正論や大義に関係なく、結局は国力のあるほうに負けてしまいます。そして口の巧い、しつこいほうに、口が下手で、おとなしいほうは負けてしまいます。

 歴史を見ると、アレクサンダーは、大勢に少数で戦っても負けたことがなかったそうで、ということは知力や策略も優れていたのでしょう。つまり、その結び目は剣で一刀両断に断ち斬るのが最善手だったのでしょう。

 アレクサンダー大王はマケドニア帝国を築き上げたものの、30代初めに死んでいます。次の世界大国であるローマ帝国は、支配の仕方が非常に近代的で知的で、戦いの仕方を見ると千年以上後の日本のなど到底敵わないような戦法と軍備を持っていて、映画でその戦い方を見ると感心させられます。
 しかしイエスは「剣を取る者は剣で滅びる」と言いましたが、みなその通りになって、やはり武力ではなく、知力と愛で、世界はまとめていかなくてはならないと思いますね。

2019/07/21(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

 大ナタでぶっつりが好みです。今は亡き大沢親分も言うておったではありませんか。ごちゃごちゃ言ってねーでお前も飲めよぉ。これですよ、これ。実務者は前に進まなならんのです。結び目を解くのは暇な人にでも任せておいて、問題は迅速に片付けよう。手を噛んでくる狂暴なチワワは蹴り飛ばし、難癖をつけてくる凶悪な民族には二度と息ができない位の制裁を。え゛、不穏な空気?いやいや、いくら解こうと努力しても其の傍から悪意を持ってこんがらかしてくるような輩と交わす言葉はありませんがな。

2019/07/22(月) |URL|団子結び堅結び塩結び [edit]

Re: タイトルなし

団子結び堅結び塩結び さん コメントありがとうございます^^)

> 大ナタでぶっつりが好みです。
 大ナタをふるう。さっぱりと男らしくて気持ちいい解決法ですね。大沢親分方式もいいですが、日本はおおむね高倉健、じゃなかった、三船敏郎の「男は黙ってサッポロビール」方式を取ってきました。しかし、もう少し声を大にして、してないことはしてないと(実際に確かな根拠があるのですから)もっとしっかり言い続けたほうが良かったのに、なぜそんなまっとうなことを政府はしてこなかったのかと不思議です。大体が25万人も強制連行とか30万人も大虐殺なんてことは、物理的にも出来得ず、歴史的な証拠もまったくないのですから。戦争という原罪はあっても、もう70年超の昔。政府は卑下と遠慮をし過ぎです。ある人の調べでは陛下や首相や大臣が計60回ぐらいは謝っているそうですが、まだ謝罪をしてない、誠実さを示せと言って、しつこくいつまでも金をせびられています。

 「四の五の言わず」は中国語では「不说四个中的五个」と言うそうで、まあ、そうできたら最善でしょうが、強固な結び目は話し合いでは解けないことがもうすっかり明瞭になりました。《争わずに話し合いをして穏やかに》は正論ですが、それが出来ない相手の場合には、正論法は空しいばかり。やはりアレキサンダー方式が良さそうです。しかし、事実は一つでも、視点や観点が違うと考え方は真逆になる場合もあるのが面白いことです。
 
 私はチワワより柴犬が好きですね。優しさやおとなしさが顔に出ていて、しかも賢いですからです。で、しょっちゅう吠えて噛みつく犬はどうしたらいいか。
 いつも人の悪口しか書かない嫌味なブログがあり、それがこちらの信念や人生観とは違う場合は、大抵の人はそのブログには訪問しません。批判的なコメントばかり書いてくる悪意のある人がいれば、その人のコメントは拒絶や削除をしたくなるでしょう。実際の近所付き合いでも、いつもこちらに歯を剥いて憎しみばかり表し、金をよこせよこせと言い続ける人がいれば、普通は、そのお隣さんとは無理してまで付き合いたいとは思わず、距離を置くはずです。
 ただし隣の国民全員が嫌味とわけでもなく、そういう政策をとり、国民を教育してきた政府が元凶ですから、そのトップは任期後には人気が失せて牢屋行きに決まっているとはいえ、条約や約束を気軽に破るような政府とは真面目に付き合わないほうがいいという意見のほうがどうみても正論でしょう。

 私は根本的には世界から軍備も撤廃すべきだと思う平和主義者ですが、そうなってない現在の状況では、自衛と正当防衛を拒絶すべきだと思う者ではありません。相手が責めて攻めてくる場合は男は黙ってアサヒビールじゃなく、サッポロかキリンでも飲んでストレートに対処ほうがいいと思います。ちなみに私は酒もビールも飲みませんが。(笑)

2019/07/22(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/24(水) || [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/25(木) || [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/437-5b2f5c77

back to TOP