「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 「戦」の字は、たたかい、おののき、そよいでいる。 


op90.jpg


海驢あしかの戦

わたしは 遠い海の彼方から
のこのこ都会にやってきた おのぼりさんです
東京の初夏は空がきれいだよ
と海獺(らっこ)が教えてくれたのです
街全体がきらきら輝いてるらしいよ
と海豚(いるか)も言うので たまらなくなったのです

岸から上がって 白っぽい 硬い地面を歩きました
通りでは おしゃれな花たちが愛嬌を振りまいています
青々とした葉っぱが風に戦(そよ)ぎながら手を振っています

はじめして こんにちは
わたしは海から来た海驢(あしか)です

街角では赤黄青のまあるい花が光ったり消えたりしています
大勢の人間が いっせいに ぞろぞろ せかせかと
真面目くさった顔をして道を渡っています
陸地では生きるための戦(たたか)いが厳しいのでしょうか

海は ゆったり のんびり 日が暮れていきます
でも 人の世では お天道様の回るのが何倍も速そうです
わたしは 街はずれに置いてけぼりにされそうで
ちょっと戦(おのの)いてしまいました
夕べに道を聞かば 朝(あした)に行動しなければ不可なり
と思うものだけが この街に暮らせるのしょうか

入道雲のように高くそびえる建物の曲がり角に来ました
曲がった先には 何があるか分かりません
でも きっと良いものがあるに違いありません
風がわたしの両頬を優しくなでて
耳をくすぐりながら そっと去っていきます
春の名残は わたしのふるさとにも伝わっていそうです

群衆のざわめきは 波と波とがぶつかる音に似ています
ああ 生きているとは なんと素敵なことでしょう
わたしは かすかに混じる潮の匂いを感じながら
人の国をずっと歩き続けたくなりました


sea89.jpg


      ____________________



この後書きは以下、A面とB面の二段階仕立てになっています。

まずA面は、「戦」の字には“読み”と“意味”の違いが複数あるという話です。

戰の字の右側は、先端に刃が付いた武器の「戈(ほこ)」の形です。
左側の字は、先端部が両股になっていて弾丸を飛ばす「弾(はじ)き弓」か、
あるいは「ハエたたき」や「扇子のようなもの」だという説があります。※
共通点が“薄くて平たい”なら、地をはらって平らにするという意になります。

あるいは扇子はバタバタあおぐので、“振動する”という解釈もあるそうです。
そうなら、
1) 刃と刃が触れ合って振動するのが「戦う=たたかう」で、
2) 恐ろしくて手や足が振動するのが「戦く=おののく」で、
3) 木の葉が風で静かに振動するのが「戦ぐ=そよぐ」です。

      ____________________


B面は、この三つの型を人の“生き方”に適用させました。
つまり人生で困難に遭ったときにどう対処するかという話です。
1)「たたかう」型なら、相手をやっつけて問題を解決しようと強く対応します。
2)「おののく」型なら、これ以上やられたら怖ろしいと萎縮して逃げ回ります。
3)「そよぐ」型ならば、起きた事は受け入れて感情を乱さず柔軟に対応します。

野生の動物は、大雑把に言えば、生まれつき、この3つの型になっていませんか。
しかしシェークスピアは「人生は選択の連続である」と言いました。
人間は、毎瞬毎瞬、こうしようか、ああしようか、と絶えず考えているはずです。


中には、刹那的また自動的に、自分の欲望だけに従っているひともいるでしょう。
でも大抵は、信念や良心などの知性を働かせ、世間的常識や先人の知恵も考慮し、
自分の経験や好みや感情とも相談して、次の行動を選択しているはずです。

この自由意思による選択こそが“人生の醍醐味”だと思うのですが、どうでしょう。
そうでないなら、近未来に登場する超AIロボットに戦き、従うだけになります。





補足―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
世界的ベストセラー『サピエンス全史』の著者ユヴァル・ノア・ハラリ氏は、続編『ホモ・デウス』
下巻104-107ページで「人には自由意思というものはない」と主張しています。すなわち「人は欲望
を感じ、それに従って行動するに過ぎない。ある人が何かをするのは、脳内の電気化学的プロセスの
のせいであり、それは特定の遺伝的素質によって決まり、その素質自体は太古の進化圧と偶然の変異
の組み合わせを反映している」と進化論をベースに説明しています。その証拠に、被験者が自分の意
思を両手でスイッチを押して示す脳スキャナーの実験では「その人の決定を示す脳内の活動は、本人
がこの選択を自覚する数百ミリ秒から数秒前に始まっている」と述べています。しかし本人が自分の
意志をスイッチを押して示そうと思ってから実際に押すまでには、数百ミリ秒から数秒の遅延がある
はずです。この記事は、ハラリ氏のその考えに触発され、とりあえず軽いジャブとして書いています。

※『kanjicafe』日本漢字能力検定協会https://www.kanjicafe.jp/detail/7053.html
※『漢字/漢和/語源辞典』https://okjiten.jp/kanji701.html
※写真はフリー画像サイト『pizabay』から借用しました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

な~るほど❢

戦う、戦く、戦ぐ……へぇ、絶対に読めない自信あります(笑)

>『人が何かをするのは、脳内の電気化学的プロセスのせいであり、それは特定の遺伝的素質によって決まり、その素質自体は太古の進化圧と偶然の変異の組み合わせを反映している』

ハラリ氏の、ここんところは確かに驚きました。
身も蓋もない感じで、軽いジャブどころか
パンチしたい思いに駆られました。(笑)

脳内の電気信号がどうあれ、
“人には自由意思がある”と思いますねぇ。
そうでなければ、こんなユニークな記事は書けまへん。
とてもじゃないけど“太古の進化圧と偶然の変異
の組み合わせを反映している”とは思えない。

その証拠に、三つの型を人の“生き方”についても、
TPOに合わせて1、2、3を使い分けているような。(^_^ ;)

2019/05/11(土) |URL|風子 [edit]

なるほど

バーソ様
おはよう御座います。

北朝鮮のあの方も3つの方法で試行錯誤しているのですね。
でも目的が国民の幸せより自分の保身のような気がしてなりません。

愛新覚羅

2019/05/11(土) |URL|aishinkakura [edit]

おののき

さあ戦いの幕が上がる

戦う相手は僕自身である

緑に覆われた戦場に隠された罠

その罠に戦きながらも僕は前に進む

ぽっかりと開いた穴の底には白砂

さらさらと涼し気な音を響かせながら流れる小川

これもクリークと言われる罠だ

白杭の奥には枯れ葦が戦ぐ

僕は絶体絶命のその罠に戦き、空を見上げる

眼下の泉に、胸中、戦戦兢兢たるものがあったが

戦くことなく対岸に矢を放つ

緑の丘にたどり着いた僕

見渡せば、若草色の木の葉が戦ぎ

僕は束の間の戦きから解放され、大きく息を吸う

清々しく戦ぐ風に、桜の花びらが躍る

さあ本当の戦はこれからだ


ま、そんな事で、欲張ってみても10年+α、残りの人生は「そよぐ」型的な感じで過ごせればなぁなどと思っております、もちろんゴルフも家庭も町内会もです。

2019/05/11(土) |URL|ばく [edit]

Re: な~るほど❢

風子さん コメントありがとうございます^^)

 ハラリ氏はかなり頭がよくて感心するほどなのですが、実証された科学と実証されていない科学との見極めがされておらず、瞑想をしているという話の割には、その種の思考が全然ない人だと感じます。説明するときの言い回しや比喩は非常にうまいのですが、見える世界のデータだけを信じる人のようです。ついでにいえば、彼の本は訳者が非常に優れています。邦訳は完璧だと感じます。

 『人が何かをするのは、脳内の電気化学的プロセスのせいであり』というのは、話の順序が逆なんじゃないでしょうか。人が何かをしようと思ったり、何かをした時には、ほぼ瞬時に電気化学的信号が身体を流れるだけの話で、その信号のほうが意識より先になることはあり得ないように思います。

 むろん膝頭の真下を叩いたら下肢が突然はね上がるとか、熱いものを手で触ったら瞬時に手が離れるとか、人の意識活動なしに反射的に肉体が反応することはありますが、通常の生活では、まずは意識ありきだと断言できると思いますね。 
 人間が遺伝子と偶然の変異の組み合わせで適者生存の原理で生きているのであれば、人間は炭素や窒素などの元素がなぜか不思議に進化してこれほどの知能を持った生物であり、超うまくできた超AI生体ロボットに過ぎません。また、そうであれば、人間は「考える葦」ではなくなり、ジイドさんが困ります。

2019/05/11(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: なるほど

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)
 
> 北朝鮮のあの方も3つの方法で試行錯誤しているのですね。
 なるほど、三つの方法をトライしているのですね。今までは貧乏な独裁国家として対外的にはひたすら我慢していたのが、核を保有したとたんに強気になっておまえの国が亡ぶまで戦うぞとアメリカを脅して会談したものの、どうもうまくいかないので、今はしばし飛翔体などを打ち上げて、ちょっと戦(そよ)いでいるような状態ですかね。してみると、なかなか頭がいい政治家のようにも思えます。

 しかし確かに「目的が国民の幸せより自分の保身のよう」に見えますから、あの人が死なない限り、南北統一は絶対無理なような気がします。ですが、死んだら高額な武器が日本と韓国に売れなくなるので、アメリカは喜ばないような気もします。困ったものですね。

2019/05/11(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: おののき

ばくさん コメントありがとうございます^^)

 いやあ、すごい。課題が全部、しかも沢山入っています。詩人ばくさんの真骨頂を見たようです。

 まずは「戦う相手は僕自身である」と印象的なイントロで始まり、「たたかう」が2回に、「戦い」と「戦場」と「戦々恐々」も入り、さらにと「いくさ」が1回に、「おののく」が4回、「そよぐ」は3回も入っていて、しかも「桜の花びらが躍る」と北海道ならではの今の季節感も混入し、「さあ本当の戦はこれからだ」と飽くなき意欲も見せてエネルギッシュに終わっています。

 これがわずか何十分ぐらいですか、多く見ても1時間以下でしょう。よく書いてくださいました。朝ごはんはちゃん食べましたか。いや、食べながら考えたのでしょうかね。消化に悪そうです。あ、いや、書き終わったら気分爽快になり、今日も朝からゴルフでも“しょうか”の気分になったのじゃないですか。(笑) 

 しかし「欲張って見ても10年+α」ですか。ばくさんのその意欲があれば、そんなことないですよ。青空の下、ゴルフの他に植物や動物の世話にも精出していれば健康にも精神にも良く、さらに残りの人生は「そよぐ」で柔軟にいこうと決めていれば、人生にクリークは無し。間違いなくあと数十年はいけますよ。がんばってくださいな。

2019/05/11(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんばんは

「戦」の読み方と意味の違いの巧みな寓話化ですね。
アシカ、オットセイ、ラッコ、アザラシは人に乱獲されて
いじめられてきたのに恨みのないさわやかな寓話です。
「そよぐ風」と「戦ぐ風」では「戦ぐ風」のほうが強い風の
イメージがあります。
メンデルゾーンの無言歌に「そよぐ風」がありますが曲想はそよそよ
した風ではなく周りを震わせるような戦ぐ風です。
B面の「生き方の選択」はハラリ氏へのジャブですか。
最近、人の知的なふるまいは脳内の電気化学的プロセスに
によるものではないか、との説をよく見かけます。
ハラリ氏もAIは、いつか人間の脳を凌駕するようになると
断じてます。
医学でも画像診断や病理診断や治療法の選択でAIがスピードや
正確性の面で人を凌駕しています。
ただそのAIは人がアルゴリズムを作っているわけでAIが人より
優れているわけではないのです。
いつかAIが意思や感情を持ち人間に脅威を与える日が来るのか、
何十年も前のアシモフのロボットの世界が現実になるのか。
私も意思決定のプロセスがすべて電気化学的プロセスによるもの
とは思えません。それだと寂しすぎる。(笑)

2019/05/11(土) |URL|エリアンダー [edit]

Re: こんばんは

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)

 アシカとオットセイはヒレが違うそうですが、顔は見分けがつきません。アザラシも顔がよく似ています。鴨川シーワールドでたぶんアシカの笑い顔を見たことがありますが、『夏への扉』で比較的最近見たワンちゃんの笑い顔よりも、精一杯いい顔をした愛想笑いの顔に見えました。彼らは芸をうまくこなすので、知性がかなり優れていそうです。
 
 メンデルスゾーンの無言歌集に『そよぐ風』なんてあるのですね。言われて検索しましたが、私の見たYouTubeは奏者がピアノを強く弾いていたせいか、確かに風が強くそよいでいるように聴こえました。でも「そよかぜ」で変換すると「微風」になるのが面白いと思います。 

 ひらがなは子供っぽいと思いがちですが、しゃれて見える場合もありますね。擬音語も「ノコノコ」「キラキラ」よりも「のこのこ」「きらきら」のほうがやわらかな感じになるので、私は最近は、前後にひらがなばかりが連続しない場合は、オノマトペはひらがなで書くほうが多いと思います。「洒落て」も「しゃれて」と書くほうが多いと思います。よく迷うのは「心」と「こころ」で、心理状態の微妙な違いがありそうに感じます。

> 人の知的なふるまいは脳内の電気化学的プロセスに
によるものではないか、との説をよく見かけます。

 そうなんですか。これは逆に、人間の知的なふるまいをすると体内では電気化学的プロセスとしての信号が流れるようになっているのではないかと思うのですが、でも学者が言うことですので、そのあたりの順序をどう考えているのかが気になります。
 
 将棋でもチェスでも、いまやAIのほうが強いのは当たり前のような気がします。コンピュータは計算とメモリーが人間より優れていて、過去の膨大なデータを全部持つことが出来て、しかも未来の差し手も膨大に計算できるのですから、データと予想が関係するゲームでは人間が勝つのはなかなか難しそうです。

 旧約聖書の『コヘレトの言葉』の中には「日の下には新しいものはない」と書かれています。人間がする発明で、全く新しいものはほとんどなく、大抵は既成の異なる分野のものの意外な組み合わせだそうですので、AIなら無数に多彩に組み合わせを考えて、その場合どうなるかのシミュレーションも容易にできるでしょうから、発明発見の分野もAIの得意分野になりそうです。

 スピルバーグの映画『AI』は、ロボットの少年デイビッドが母親の愛情を欲しがるという映画でした。結末がかわいそうで涙が出ましたが、しかし一つだけ断言できるのは、ロボットが自由意思と感情を持つことは絶対にないと思いますね。自由意思とはランダムな偶然適当な選択ではなく、適者生存の遺伝子による最善の選択でもなく、あらかじめ設定した考え方によるものでもないですし、感情についても同じことが言えます。
 しかしあのあどけない顔のハーレイ・ジョエル・オスメントも、今は太ってしまって中年のおっさんになってしまいました。年は取りたくないものです。顔はできれば最先端科学の恩恵を受けて、いつまでも若さとみずみずしさを保ちたいものです。(笑)

2019/05/11(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/05/12(日) || [edit]

生きる事は戦いであります

 何も牙を向いて立ち向かうばかりが「戦」じゃない。三十六計逃げるに如かず、逃げるが勝ちよとけつ捲るのも有りっちゃあり。相手が強くて頼りになるって言うなら、寄らば大樹の陰。あっちが優勢ならあっち、こっちが優勢ならこっちってのもありかも知らん。ま、うまく立ち回らないと追い詰められるし、信用も失って両方から責められるけどね。
 しかし、「戦」にそんな読み方があったとは知らなんだ。つまり、戦うと言う事は怖くておっかないから優勢な方に付いて相手をぶちのめすって事なんですね。正義感が強くて何時でも弱いの者の身方の勇気ある私には向いてません(舌)。とりあえず、日本だけでも平和な時代で良かった。

2019/05/12(日) |URL|miss.key [edit]

Re: 生きる事は戦いであります

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)

 塚原卜伝だったかの著名な剣豪が、なるべく戦わないで危険は避けることにしていたという話があります。miss.keyさんは、どういうタイプでしょうかね。こいつは悪い相手だなと透視すると闘志が湧くほうか、それとも寄らば大樹だとばかりに精神面で投資するほうですかね。どうも反骨精神が強そうなので前者のような気がしますが、そのために損をしていることはないですか。

 私は腕力が全然ないのと口下手なせいで、日常生活では喧嘩はしませんね。負ける喧嘩はしないほうがいいと思っているのと、まあ我慢さえしていればそれ以上争いが発展しないので安全だと思う消極的かつ気弱な性向のせいもあります。

 相手が偉そうにする嫌味な上司だと、決して不従順な態度はとりませんが、しかし内心では軽蔑し、嫌っているので、たぶんそれが顔に出ていて、態度にも表れているだろうと思います。
 子供の頃、大久保彦左衛門の本を読んで、自分もそんな人間になろうと思ったせいで、いまでも上に立つ人間が尊大に権威を振るうのが大嫌いです。だから会社やスポーツクラブや宗教教団など、階級意識が強い「組織」というものが嫌いで、自分が上の立場の者になりたいという意識はかなり弱く、縁の下の力持ちが好きですね。

> 戦うと言う事は怖くておっかないから優勢な方に付いて相手をぶちのめすって事なんですね。
 なるほど。関ヶ原の戦いを思い出します。いつの世も男の世界は厳しいものですね。しかし勝てば官軍ですから、自分の命や立身出世がかかると大義とか信念とかは二の次になるのですかね。さみしいものです。

2019/05/13(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

最近、ハラリ博士を始めイスラエル出身の各部門の学者さん達が注目を集めるのは斬新な理論を展開しているからでしょうね。
例えば…誰もが正しいと考えている民主主義は、多数派の思惑次第で少数の者の自由が奪われる間違った政治思想であるとか。
確かに権力を狙う輩が、民衆を扇動したり敵対勢力を恫喝したり、時には暴力を使って多数派工作をする悪の政治システムになる。
欧米人から見れば驚きでしょうが、ユダヤ人から見れば絶対的民主主義の否定は近年に実際に体験した事実に裏打ちされています。
現にヨーロッパ諸国では再び反ユダヤ極右が台頭しているし、アメリカでもトランプを支持する白人がユダヤ教会を襲撃してます。
なので、仮にユダヤ人が多数を占めて少数派の白人を迫害したとしても、それは民意に基づいた民主主義な訳で、現実に多数派のユダヤ人が少数派のパレスチナ人を弾圧するイスラエルでは、国民の民意に従った民主主義が行われている事になる訳です(笑)
まさに民意を獲得する戦いの裏には、戦きの真実が隠れており「民衆には自由意思というものはない」のが民主主義なのです。
民意は多数派工作によって形成されますが、それが正しいか間違っているか?は時の権力に委ねられるので国家は過ちを犯します。
しかし、政治が民主主義システムに則って運営されている以上、政治が過ちを犯した場合は、国民がその責任を負わなければなりませんね。

2019/05/13(月) |URL|sado jo [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)

 なんにせよ、視点が違う独自の意見というのは面白いものです。はっとさせられ、目からウロコが落ちるときもあります。ハラリ氏の本には、そういう話が幾つかありました。民主主義についての話もそうですが、いまの中国の政治はうまくいっているのだという話も興味深く感じましたね。まあ、経済という切り口で考えれば、経済大国になりましたから、そう言えるかもしれません。

 共産主義は一見、理想のように思えますが、何でも平等にするのは道理にかなっていないように思えますし、人間にはどうしてもサボる人と搾取する人がいるので、まずは公正や善意や真面目さなどの特質を国民に徹底的に教育して、全体の意識や倫理観を変えてからでないと、うまくいかないのでしょう。そしてそれは無理のようです。

 その点、問題が多々あっても、多数決が多数者の幸福を決定するという民主主義の考えは、独裁政権や全体主義よりはかなりマシで、公平度という点では、まあベターというか適切で無難な方法なんでしょう。一部の富裕層や権力者に全体が支配されないような改良民主主義のようなシステムがあればいいのですが、それはあったとしても、権力者や支配者層からつぶされそうです。

 なので私は以前は、みんなが聖書の精神にのっとって生きるようにならなければ絶対に正しい国家は無理だと思っていましたね。つまりキリストが再来して、キリスト自身が治める独裁国家でなければ、本当に幸福な国はできないと思っていました。そういう意味でも聖書が約束する「神の国」の実現を待ち望んでいました。

 それにしてもイギリスのEU離脱もそうでしたが、民意というのは風に吹かれる葦のようなもので、ちょっとした著名人の意見やマスコミの影響で簡単に変わり得ますね。最近はどの新聞がどんな傾向かということも一般に知られてきましたが、マスコミやネットも自分の思想に合わせて情報を作為的に操作する場合もけっこうあるので、気を付けないといけないと思います。
 しかし万事カネカネカネの経済至上主義というのも、進化論の悪影響の一つのように思うのですがね。

2019/05/13(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんな読みかた!
興味深いです。

おののいて、そよぐしか
私はできないかもしれません。

ほんとにヘタレなので。

でも、戦に、これだけのニュアンスがあると
ちょっと嬉しい。
誰にでも存在価値があるようで。

2019/06/09(日) |URL|森須もりん [edit]

Re: タイトルなし

森須もりんさん コメントありがとうございます^^)

 戦いとは、そよぐことなり。なんて戦国時代の名将の格言がありそうですね。
 強い敵に攻められても柳のように軽く受け流せれば、精神的には負けることはないと解釈できるでしょうか。

 私は腕力的にも言葉的にも争いには弱いほうなので、誰かからケンカをふっかけられたら、ひたすら我慢するほうですが、自分さえ我慢できればそれで済むのなら、それも聖書的な一つの良い方法論であると長年思ってきました。

 でも我慢して我慢してストレスがひどすぎる場合には、それ以上は我慢しないほうがいいかもしれないですね。要は自分がどこまで忍耐できるかがポイントで、まあまあ忍耐できるなら、あるいはそれほど気にならないなら、我慢しておいたほうがいい場合も多いと思います。短気は損気につながりますからね。

 なので、しっかりと戦うのもいいし、知らんぷりしてそよぐのもまたいいと思っていますが、人生は波あり嵐あり。なかなか平穏には生きられない人もいますね。私は、それも自分の定めだろう、自分の訓練だろうと思って受け止めていますが。

2019/06/09(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/426-254a1c53

back to TOP