「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 2019年。新年のごあいさつ。 



平成三十一年元旦
sinn66.jpg   


やすらかなる家、満ちよ、こころざし天に。

万葉のいにしえの言の葉にて、
謹んで新年のお慶びを申し上げます。

はい、いつもより余計に回しております。(笑)

平成最後の年を迎えました。
変化の大きい世の中になりそうです。
しっかりと明るい夢を見ていたいものですね。

本年も、バーソこと、バーソロミューのブログを
どうぞよろしくお願いいたします。

羽阿曾





関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

(y^ω^)yあけましておめでとうございます~☆

(y^ω^)y ついに平成も終わりですね!

(y^ω^)y 新しい年号が楽しみです~☆

(y^ω^)y 最初は違和感が凄いと思いますがw

(y^ω^)y 今年も宜しくお願いします~☆

2019/01/01(火) |URL| 匠石 戒丘 [edit]

あけまして、おめでとうございます^^  
バーソさんにとって良い年でありますように   
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます

2019/01/01(火) |URL|すずめ四季 [edit]

どひゃあ!

>万葉のいにしえの言の葉にて、

って、(((ʘ ʘ;))) こんな文字ですかぁ。
しかも『安家満志天』って、バーソさんの造語ですか?
羽阿曾 これも大したもんです。
仏典のサンスクリット語を和訳したみたいで……。

まったくもう!
言の葉を操らせたら天才なんだからぁ‥‥(笑)

ますます饒舌……もとい、
洗練された論者に進化するバーソさんにとって、
大躍進の年になりますように!
今年も、お手柔らかにお願いいたしますよ。(*´ェ`*)

2019/01/01(火) |URL|風子 [edit]

おめでとう

>いつもより余計に回しております。

この言葉を聞くかないとお正月の気分がしないです。

「安家満志天」で今年最初のgoogle検索。
な~んもなかった。(笑)

P1000を買ったことも忘れるほど、いろいろありました。
今日改めて手に取っていろいろテストしてみました。
いかん、これ犯罪に使われる!(笑)

2019/01/01(火) |URL|エリアンダー [edit]

謹賀新年 2019

新年明けましておめでとうございます!

今年は、虎の威を借るじゃなくて、、、 亥の衣を借りて...猪の皮を被って猪突猛進して参りますの予定です。

2019/01/01(火) |URL|Anthony [edit]

Re: (y^ω^)yあけましておめでとうございます~☆

匠石 戒丘さん コメントありがとうございます^^)

(y^ω^)y新年、おめでとうございます。
(y^ω^)y元号は西暦とごっちゃになって面倒だと思うことがありますが、
(y^ω^)yなければないで、さみしいものなんでしょう。
(y^ω^)y元号と社会の特徴は結びついているものですから。
(y^ω^)y今年もよろしくお願いしますね。

2019/01/01(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

すずめ四季さん コメントありがとうございます^^)
明けましておめでとうございます。
すずめさんは冬休みはないのでしょうか。
渡り鳥ではないのでいつもの宿に居るのでしょう。
東京・渋谷の繁華街に「すずめのお宿」という飲み店があって、
以前は、昼食のランチを食べによく寄ったものです。
安くておいしい店ですよ。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

2019/01/01(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: どひゃあ!

風子さん コメントありがとうございます^^)

 Wikipediaの万葉仮名一覧表を見ると、同じ「あ」音でも幾つか別の字があるので、その中から意味を成すように選んだものが『安家満志天』なんです。

 まんなかの「満」の字が「志天」の前にあるので、形容詞ではなく、動詞の命令形あるいは願望形とみなして「満ちよ」としました。
 それから「安家=やすらかな家」としましたが、本当は語順が逆に「家安」になっていれば「家やすらかに」と読めたと思うのですが、まあ、なんとか読み下し文にするのにちょっと苦労しました。

 こちらこそお手柔らかめにお願いしますね。(^^ゞ

2019/01/01(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: おめでとう

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)
 本年もどうぞよろしくお願いします。
 さすがに海老一 染之助・染太郎の得意ことばに注目していただき、うれしい限りです。ほんと、以前はこれを聞かないと正月気分になれなかったです。

 で、やっぱり「安家満志天」で検索しましたか。あはは、これバーソの造語ですから、世界広しといえども、どこにもないでしょう、と偉そうに言うほどのことではないですが、ただ、これは真実本当の万葉仮名を使用していますのでね。

 P1000は犯罪に使われる。気を付けないと犯罪者だと思われるかもしれないですね。うかつに部屋から外を見られません。迷彩柄のシールを貼ったらどうでしょう。あ、ジャングルじゃないのだから、かえって目立ちますか。

 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2019/01/01(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 謹賀新年 2019

Anthonyさん コメントありがとうございます^^)
 
 明けましておめでとうございます。
 お、「謹賀新年」とおカタくきましたね。

 虎の威を借りる狐。狼の皮を被った羊。両者を合わせて「猪の皮を被って猪突猛進」ですか。いいですね。
 そうですそうです、とにかく前を向いて突っ走る。突っ走れば、そのうち何かにぶつかる。石ころにぶつかる。電柱にぶつかる。おっと、そうじゃなく、福にぶつかる、で行きましょう。

 今年もよろしくお願いしますね。

2019/01/01(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

あけましておめでたうございます

 あけましておめでたうございます。
 何か気の利いた言葉を並べようと寝過ごして・・・い、いや散々考えた挙句、何も思い浮かびませんでした。
 今年もネタ枯れと戦ってまいりたいと思います。そこでバーソ様に於かれましてはわたくしの創作意欲を掻き立てるようなコメント(つまりネタ)をばよろしくお願いいたします。

2019/01/01(火) |URL|miss.key [edit]

Re: あけましておめでたうございます

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)

 明けましておめでとうございます。じゃなく「おめでたう」ですか。
 はて、「たう」の深い意味はと考えたれば、
(1)「耐ふ」または「堪ふ」の意。発想が浮かばなくても耐えるべし。
(2)「田植」の意ゆえ、ネタを水田に植えてアイデアの成長を待つべし。
(3)「多雨」は恵みの雨多し。待てば天からの水を得て苗は実るだべ。
(4)「多宇」なれば、発想の八艘飛びで視界は宇宙に拡がるでせう。
(5)「タウΤ/τ/tau」ゆえにタウ蛋白質の意。お肉で体力つけませう。
(6)「りん」を付けて「タウリン」飲めば肝臓にもあのよろし。
(7)「あた・う【与ふ】」とすれば、愛は惜しみなく与えられます。
(8)「賜ぶ」となって、天から良いアイデアを賜るでせう。
(9)「たゆたふ」となれば、心がただ酔い動揺するやもしれませんが、
(10)そこはmiss.key殿の類稀なる知性により自分で何とかして下さい。
 と、軽く突き放して、今年も面白いコメントを待ってます。

2019/01/01(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

あけましておめでとうございます

素敵な画像と記事で、
楽しい気持ちになりますね^^

お名前の由来は、海賊だったのですね。

バーソさんを船長に航海したなら、
きっと毎日楽しいだろうなあ♪

2019/01/01(火) |URL|友資 [edit]

Re: あけましておめでとうございます

友資さん コメントありがとうございます^^)

 明けましておめでとうございます。

 バーソの名だと、ネットを検索すれば、
1.バーソは自由に
2.トヨタ・ヴァーソというミニバンタイプの自動車。が出てきます。

 バーソロミューだと、
1.バーソロミュー・ロバーツ。18世紀のイギリスの海賊。
2. 漫画『ONE PIECE』に登場する架空の海賊。くま。
3.イエスの十二使徒の一人であるバルトロマイの英語名。
4.聖バーソロミューの虐殺。1572年8月24日にフランスのカトリックがプロテスタントを大量虐殺した事件。聖バルテルミーの虐殺と同じ。
5. バーソロミューという名の高次元の意識体。メアリー・マーガレット・ムーアという女性を通じて語った言葉を記録したのが『大いなる叡智が語る愛と覚醒のメッセージ』というチャネリング本で、『神との対話』と並んで私の好きな本の一つです。

 というわけで5番の精神世界的な名から採ったのですが、あまり知られてないので3番の聖書的な十二使徒の名ということにしています。
 でもジョニー・デップのようなカリブの海賊イメージも面白そうですね。友資さんはちょっと濃いメイクをすれば、そんな感じになれそうじゃないですか。(笑)

 本年もどうぞよろしくお願いしますね。(^^)/

2019/01/01(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

明けましておめでとうございます
昨年はご無礼の段、お許しくださいませ
小生のブログへのコメント有り難うございました
貴兄こそ、よくいろいろな話題を次々に書けるものだと敬服いたしております
今年もこのブログ、毎週楽しみにしております
末筆ながらバーソ様のご健康をお祈りいたしております

2019/01/01(火) |URL|薬屋のおやじ [edit]

Re: タイトルなし

薬屋のおやじさん コメントありがとうございます^^)
 明けましておめでとうございます。
 こちらこそ失礼をいたしました。しかし懲りずによくコメントをくださいました。その心の広さと包容力をみならいたいものです。

 今年もどうぞよろしくお願いします。
 鍵コメでなく、どうぞ自由に感想をお書きくださいませね。

2019/01/01(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

おめでとう御座います。

バーソ様
あけましておめでとう御座います。
今年もよろしくお願い致します。

以前から気になっていたのですが、バーソ様
は初詣という儀式はやっているのでしょうか?
私は以前行っていましたが家内が亡くなった時から行っていません。
神も仏もあるものかと思うようになりました。

愛新覚羅

2019/01/01(火) |URL|aishinkakiura [edit]

Re: おめでとう御座います。

aishinkakiuraさん コメントありがとうございます^^)
 明けましておめでとうございます。
 なんだかもう新年の挨拶は一番最初に終わった気になっていましたが、まだだったのですね。

 初詣は、クリスチャン時代は宗教が違うので、神道の神社には一度も行ったことがないですね。
 教団を辞めてから人並みに普通に生活するようになったので、初詣をしことがあります。
 明治神宮に3,4回行きましたが、理由は、木が多くてうっそうとして雰囲気がいいのと、車が駐車できるからです。
 お賽銭も入れ、手も合わせましたが、ご利益があるとは期待していないですね。お賽銭は私の場合、千円から百円程度ですから、神社の管理費用などを差し引くと、ご利益があるとしても精々その5分の1もないだろうと思っています。

 大体が神社が祀っているのは、死んだ人間(明治神宮は明治天皇、天満神社は菅原道真)、伝説上の人間、狐や猿などの動物、木や石などですから、そんな神ではない対象に商売繁盛・家内安全の願いをしても意味がないという考えを持っています。

 ですが、「気は心」と言います。利己的な我欲ではない世界平和や家族の健康などの願いをして、それで正月から爽やかになり気分が良くなれば、それが精神的なご利益と言えるだろうと思っています。だから新聞では、正月に初詣に行く人たちを「善男善女」なんて呼ぶのでしょう。

 人は平均寿命より早く死ぬことがありますが、それは病気や事故、災害、公害、遺伝、殺人、戦争のせいです。ほとんどが人為的なもので、神や仏には何の関係もないことです。悪い奴ほど長生きすることがありますが、それも神や仏に何の関係もなく、ただ、よく眠っているせいかもしれません。

 また、悪いことをしたので神罰が当たったのだなんて言う人がいますが、神や仏はまったくそんな意地悪はしません。
 宗教がそう教えているのは完璧に嘘であり、偽りであり、それはひとえに金儲けのためです。ひとを脅かせば寄付金が沢山いただける、また高い葬儀代や戒名代をいただければ利益がある、と考えているからです。キリスト教も仏教も、本来は葬式宗教やご利益宗教ではなく、どのように平安に幸せに生きたらいいかを教える実践的な宗教なんですね。
 
 愛する人が亡くなると神や仏もあるものか、と思うのは無理もないことです。それをきっかけにして宗教に熱心だった人が信仰から外れたという事例も少なくないようです。
 
 ここからの話は信じがたいかもしれないですが、私はいつもブログで言っている通り、人は死んだらみな至福の世界(天国、極楽)に行っていると思っています。
 浄土真宗の親鸞は、阿弥陀仏は悪人を救うために存在しているのだと言っています。イエスは、神は悪人にも善人にも公平に愛を注いでいると述べています。

 神や仏がいるなら、その愛(慈悲)は無条件の愛であり、誰をも公平に愛す博愛のはずです。だから、人間の死後の状態については心配しないでも大丈夫です。

 人間の体は精神の影響を非常に強く受けます。断崖絶壁のテレビ映像を見ただけで足が震えてくることがあるのは、その証拠です。ホラー映画を見ても心臓がどきどきして鼓動が速くなったりしたりします。ということは、体の状態は自分の精神次第で良くもなり悪くもなり得るということです。

 人は生きているときが大事です。今が一番大事です。教授もますます健康に気を付けて、命を大切に使って、できるだけ長生きをしてください。そのほうが天に先に行っている方からも喜ばれると思いますよ。

2019/01/01(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

あけましておめでとうございます。

今年も楽しいお話を聞かせて下さい
パーソさんにとって良い年でありますように。

本年も宜しくお願い致します。

2019/01/01(火) |URL|ベーヤン [edit]

Re: タイトルなし

ベーヤンさん コメントありがとうございます^^)

 明けましておめでとうございます。
 ジャンルが違うのに訪問いただいてありがたい限りです。
 今年も良い写真を見せてください。
 本年もよろしくお願いいたしますね。

2019/01/02(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

おめでとうございます

明けましておめでとうございます。

日本は平成最後の年となりましたね。
変化の多い年となりそうですが、
こちら韓国もまた激動の1年になりそうな予感です。今年もよろしく。

2019/01/02(水) |URL|天安 [edit]

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

天の志→天ノ志
満ちて→満地手
家安心→家安心
とも読めます。
どうしても
わたしは
逆様からも
読む癖が出来てしまっています。
いつも描くわたしの
デザイン自体が
角度を変えてみると
違った感じで
見えることが
良くあるからかもしれないです。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

2019/01/02(水) |URL|真 [edit]

Re: おめでとうございます

天安さん コメントありがとうございます^^)
 明けましておめでとうございます。
 なんにせよ無事に年を越せるのは当たり前とはいえ、うれしいことです。
 この穏やかさがこのまま続けばいいのですが、昨今は思わぬことが起きることが多く、予断を許しません。
 どうぞ天からの安心が地上に来ますよう。
 今年もどうぞよろしくお願いします。

2019/01/02(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: あけましておめでとうございます

真さん コメントありがとうございます^^)

 あ、なるほど、逆に読めば、天の志満ちて家安らか。分かりやすいですし、そのほうが天から好意が地上の家々に降りてくるというように読めます。
 人間が必死に平安を願わなくても、天の恩寵のおかげでそうなれば、それに越したことはありません。

> いつも描くわたしのデザイン自体が角度を変えてみると違った感じで見えることが良くある
 確かに真さんの絵は、写実的なデッサンに基づく絵じゃないようなので、上下をひっくり返しても通じるようなところがありますね。
 出来上がってから視点を変えて眺めることがあるのですね。角度を変えると見え方は違ってくるでしょうが、絵から何か伝えたいテーマのようなものも違って見えてくるのでしょうかね。抽象画というのはそういう意味で、解釈がいろいろできて面白いですね。

 今年もどうぞごひいきに、どうぞよろしくお願いしますね。

2019/01/02(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

明けまして おめでとうございます。

大手のお店で、正月休みをするところがでてきたようです。
静かでのんびりしたお正月よ、帰っておいで。
みんな、お正月くらいはのんびりしようよ。
 ーーーいつものんびりしているしのぶもじずりーーー

2019/01/02(水) |URL|しのぶもじずり [edit]

Re: タイトルなし

しのぶもじずりさん コメントありがとうございます^^)
 明けましておめでとうございます。

 正月はおこたに入ってミカンを剥いてテレビをのんびり見るという生活がなくなったのでしょうか。今日は二日ですが、もう高速道路ではUターンラッシュが始まったそうで、まあ、年々世の中はスピードがアップしてきます。

 人間は年を取ると時間の過ぎるのが速いと感じますが、世の中にも同じ原理が働いているのでしょうかね。
 ―――いつもせっかちであわただしくしているバーソ―――(笑)

 今年もよろしくお願いしますね。(^^)

2019/01/02(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

本年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます、
安家満志天於目手戸宇古左伊馬須

当て字というのか造語というのか、
素晴らしい。
意味合いも素晴らしい。

今年も学びの窓辺に伺いますので、
よろしくお願い申し上げます。

2019/01/03(木) |URL|ミルティリおばさん [edit]

Re: 本年もよろしくお願いいたします。

ミルティリおばさんさん コメントありがとうございます^^)
 
 明けましておめでとうございます。

 この漢字は、万葉集で実際に使われた万葉仮名です。万葉仮名は必ずしも一音は一字しかないのではないのですね。たとえば、「ア」は「阿 安 英 足」の四文字があります。

 この中の「英」をどうして「ア」と読んだのかと現代人は思ってしまいますが、辞書を引くと、「平安時代に『英多』の表記で記録のある地名。石川県河北郡津幡町ではアナタ」とありますから「ア(ナ)」と読んでいたことが分かります。訓読みは「はなぶさ、はな、ひい(でる)」ですが、人名訓として「あきら、あや」というのもありました。

 古事記も当て字の漢字を使っていて、たとえば「夏樫」は「なつかし」ですが、「多陀用弊流」は「ただよえる」と読むそうで、まあ、こんな漢字を後の時代の人はよく読めたものだと感心します。

 これはよく知られている歌です。
「東 野炎 立所見而 反見為者 月西渡」
 読みは「東(ひむがし)の野に 炎(かぎろひ)の立つ見えて かへり見すれば 月傾(かたぶ)きぬ」ですが、最後の「西渡」を「かたぶきぬ」とよく読んだものだと思いますが、しかしこれは意訳の読みのようにも思えます。

 今年もよろしくお願いしますね。(^_^)

2019/01/03(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

明けましておめでとうございます^^
本年もかわりませずどうぞよろしくお願いいたします。
何やら後ろにはサーカス小屋のテントが並んでいますね。
まぁ、人生はサーカスによく似ていると思えば納得できますよね。
飛んだり跳ねたり転んで泣いたり…その都度一喜一憂する人はピエロの様なものです(笑)

2019/01/03(木) |URL|sado jo [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)

 明けましておめでとうございます。
 この言葉、お互いに二度めですね。(笑) 体調が良くないときにすみません。

> 人生はサーカスによく似ている
 ははあ、sado jo版の侏儒の言葉ですか。飛んだり跳ねたり転んで泣いたりで一喜一憂するひとはピエロのようなもの。そうですね。些細なことで一喜一憂するなら滑稽で、哀れだということでしょう。

 しかし人生のひとコマひとコマは基本的に山あり谷ありで一喜一憂するようになっていて、まったく無表情じゃないところが面白く、それが人生なのだとも言えそうじゃないですか。
 何にも変化のない人生はクリープを入れないコーヒーみたいで味気ないでしょうし、コーヒー豆の粒粒から甘さと苦さと酸っぱさと微妙なコクと香りをうまく引き出して愉しむのが、人生の味わいでもありそうです。

 芥川は「人生は狂人の主催に成ったオリムピック大会に似たものである」と書いていました。その文脈は「我我は人生と闘いながら、人生と闘うことを学ばねばならぬ」でした。
 まあそれはそうだと思いますが、しかしそのオリンピック大会を観る人は、それは自分の人生に彩を添えるひとつだと思えば、戦うというより、楽しむものとも言えそうです。サーカス団の演技を楽しいものと見るか、かわいそうな人たちの集団と見るかで、ずいぶん受ける印象と感情は変わってくるでしょうが。

2019/01/03(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

バーソさん。
新年おめでとうございます。

いつも多岐にわたって多彩な記事をお書きになるバーソさんのお心のありようの軽やかさ。
あたしも見習って、せめてこの多事多難な世の中でも、それも人生の味わいだと思ってこころ楽しく渡っていきたいです。
病は気から、ってほんとうだとしみじみ思いますもの。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年がバーソさんにとってさらに実り多い年でありますよう。

2019/01/04(金) |URL|彼岸花さん [edit]

Re: タイトルなし

彼岸花さん コメントありがとうございます^^)
 
 新年おめでとうございます。
 またお褒めの言葉をいただいて、そしてご丁寧に、ありがとうございます。

 そうですね、自分に降りかかった多難はなんとか切り抜けていかなくてはならないですが、ああ災難だ不幸だ悲しいとばかり思うよりは、これは自分を向上させるための試練だ意地を見せてやろう頑張ろうと思えれば少しは心の慰めになるかもしれないですね。

 社会に降りかかった多難に関しては、それを引き起こした原因があるわけで、人為的なものなら人為的になんとかできるはずだと思います。それをしかるべき相手にはっきり指摘して、なんとか改善してもらうために、市井から声を上げたくなるのも正義感の強い人なら当然のことでしょう。
 
 それにしても、まずは自分自身の健康が第一。病は気から。精神力が体に与える影響はかなりあると思います。

 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 彼岸花さんもどうぞ頑張ってくださいね。

2019/01/05(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

遅ればせながら明けましておめでとうございます。
昨年は当ブログに足をお運び頂きありがとうございました。
今年は波乱のスタートとなってしまいましたが、本年もよろしくお願いいたします。

2019/01/10(木) |URL|俊樹 [edit]

Re: タイトルなし

俊樹さん コメントありがとうございます^^)

新年おめでとうございます。
今年もご丁寧にありがとうございます。
今年は良い方向に上向きに行くといいですね。
本年もよろしくお願いいたします。

2019/01/10(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/407-33347f33

back to TOP