「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 今日一日だけヤル気を出して生きる意味。 


人間は飽きる動物である。
飽きても別に悪くはないが、人はどのぐらいの期間で飽きるのだろうか。

中国では「三分鐘熱度」といって、熱心さは三分程度しか保てないとか。
日本では「三日坊主」といって、四日目には元の木阿弥に戻ってしまう。
隣国では「七年目の浮気」とかいうが、千年経っても飽きない人もいる。

 7nene.jpg 
 1955年アメリカ映画『七年目の浮気(The Seven Year Itch)』 (※Itchとはムズムズするの意)


しかし、“たった一日だけやれば良い” という容易な自己啓発法がある。

それを手軽に読めるよう、《3コース速読法》を考えました。
 (a) さっと読みたい方は《短い聖句》をどーぞ。
 (b) 読むより聞くほうがいい方は《YouTube》はいかが。
 (c) 読むのが苦でない方は《十箇条の励まし》もごゆるりと。

もしくは、初回は(a)を、二回目は(b)を、三回目は(c)の分割読みでも可。(笑)


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
(a) イエスの簡潔な助言。「思い悩むなら今日一日だけ」

かつてマハトマ・ガンジーは「キリストが山上の垂訓の中で述べた教えについて
インドと英国が意見の一致を見るなら、両国の問題のみならず全世界の問題も解
決することになるでしょう」と述べたが、これはその垂訓の中にある教えの一つ。

 「明日のことまで思い悩むな。
   明日のことは明日自らが思い悩む。
     その日の苦労は、その日だけで十分である」
                ―――――マタイ6:34 新共同訳

1行目の「明日のことまで思い悩むな」は、他訳ではこう訳されている。
「明日のことは明日が面倒を見ます」―――新英訳聖書

2行目の「明日のことは明日自らが思い悩む」は、他訳ではこう訳されている。
「その日その日の悩み事を増やす必要はありません」―――今日の英語訳

人の心配事のほとんどは、取り越し苦労と、考えてもどうにもならないこと。明
日起きるか分からない事柄を過度に思い煩えば、今日の問題を増やすことになる。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
(b) ジョージ・ハリソンの曲。『ただ 今日だけのためなら』

ギネスブックに「世界一長い間ヒットを飛ばし続けた男」と認定されたミュージ
シャンの最後のオリジナルアルバム『クラウド・ナイン (Cloud Nine)』に収録。



Just for today

Just for today   
I could try to live through this day only  
Not deal with all life's problems   
Just for today   

  ただ 今日だけのためなら
  人生を乗り越えることができただろう
  人生のあらゆる悩みに関わることなく
  ただ 今日だけのためなら


If just for one night   
I could feel not sad and lonely   
Not be my own life's problem   
Just for one night 
  
  もし ある夜だけのためなら
  悲しみや寂しさを感じずにいられただろう
  自分自身の生活の問題に悩まされることなく
  ただ ひと晩だけのためなら

If just (for) today   
I could try to live through this day only  
Not deal with all life's problems   
Just for today   

  もし 今日だけのためなら
  人生を乗り越えることができただろう
  人生のすべての問題に悩まされることもなく
  ただ 今日だけのためなら


今日だけのために生きるなら、悲しみも悩みもなく、生きていけると歌っている。
ケセラセラ、成るようになる、明日は明日の風が吹く、と居直るのがいいようだ。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
(c) シビル・F・パートリッジの名言。『今日だけは』10箇条。

デール・カーネギーは著書『道は開ける』のなかで、この10の励ましの言葉から
生きる歓びを得たので、多く人々にギフトとして配ってきたと述べているそうだ。

1.今日だけは、幸福でいよう。
リンカーンが述べた「大抵の人々は、自分で決めた程度だけ幸福になれる」とい
う言葉は真実です。幸福は外部にあるのではなく、内部から生じるのです。

2.今日だけは、自分をその場の状況に順応させよう。
自分の欲望のために、すべてを順応させようとするのは控えましょう。どんなこ
とも、巡っている運命をそのままに受け入れて、自分をそれに合わせましょう。

3.今日だけは、身体に気をつけよう。
運動をし、体を大切にし、必要な栄養を取りましょう。肉体を酷使したり、軽視
することは慎みましょう。そうすれば体は意のままに動く完全な機械になります。

4.今日だけは、自分の精神を強化しよう。
何か有益なことを学びましょう。精神的な怠け者にはならないようにしましょう。
努力と思考と集中力を必要とするような本を読みましょう。

5.今日だけは、魂の訓練のために3つのことをしよう。
誰かに親切をしましょう。相手が気づいたら数には入れません。少なくとも2つ
の自分のしたくないことをして、傷ついてもひとには見せないようにしましょう。

6.今日だけは、愛想よくしよう。
できるだけ晴れやかな顔で、穏やかに話し、礼儀正しくし、惜しみなく人を褒め
ましょう。批判やアラ探しをせず、他者を改めさせようとするのをやめましょう。

7.今日だけは、今日一日だけを生きることにしよう。
人生の全て問題をいっぺんに片付けようとすることもやめましょう。一生続けな
ければいけないと思うと嫌気がさすようなことでも、12時間ならやっていけます。

8.今日だけは、一日の計画を立てよう。
予定通りにはいかないかもしれませんが、今日一日だけのプランを考えましょう。
そうすれば、性急さと優柔不断と縁が切れるかもしれません。

9.今日だけは、静かな30分を独りで持とう。
30分間だけでいいから、一人で静かになる時間を作り、時には神について考えま
しょう。そうすれば人生に対する良い認識が得られるかもしれません。

10.今日だけは、恐れないようにしよう。
とりわけ美しいものを楽しむことを恐れないようにしましよう。そして私が世界
に与えれば、世界も私に与えてくれると信じることを恐れないようにしましょう。

 sepiea.jpg
 Ruth Jacobi - Promenade, New York, 1928.      

       ____________________


老後だけを考えて一心に生きれば、“今”を楽しまないで年老いたアリになる。
毎日をぞんざいに、けだるく生きれば、いつかは物乞いのキリギリスになる。
今日をびしっと生きれば、日々充実して満足できるアリとキリギリスになる。

私、すぐ動くアリのほうですが、計画を立てることはナシのほうでして。 (^^ゞ



補足―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※シビル・F・パートリッジ(Sybyl F. Partridge/1856-1917)は、英国ロンドン生まれの女性。
ノートルダム修道院に住んでいたこともあるようで、讃美歌を作っていたらしいが、詳細は不明。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

難しいですね

バーソ様
おはよう御座います。

今日だけという問題は少ないのではないかと思います。その問題が明日に、1週間後に、1年後につながっていることの方がはるかに多いような気がします。
明日で地球が終わるというような状況があれば今日だけというのも通用しそうな気もしますが。
難しい会議があって今日だけ乗り切ればなんとかなるということもありますが実際はなんとかなりません。その場での非難を避けるのが精一杯です。それを乗り切ると称するのであればそうなのでしょうが。

愛新覚羅

2018/12/08(土) |URL|aishinkakura [edit]

そうは言っても『取り越し苦労』

>人の心配事のほとんどは、取り越し苦労と、考えてもどうにもならないこと。

まったくもって、その通りですよねぇ。
で……『わかっちゃいるけど』と思考を巡らす。

『今日だけは』10箇条。
幸福、順応、健康、精神、魂の訓練、愛想、問題、
計画、静寂な30分、恐れない……。
これらを意識するだけで、一日が大忙し。
けっこうハードル高いですね。(^_^ ;)

心打たれるのは、
①『明日のことまで思い悩むな』と、
追加して、
②『今日が最後と思えば…』かな?

大抵のことは取り越し苦労ですよね。
けど、自らに言い聞かせても、々、
思考が止むことはないような……。
で、切り替えて……。
『今日が最後と思えば全てが愛しい』
個人的には、そんなふうに生きてきた気がします。

2018/12/08(土) |URL|風子 [edit]

Re: 難しいですね

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)
> 今日だけという問題は少ないのではないかと思います。その問題が明日に、1週間後に、1年後につながっていることの方がはるかに多いような気がします。
 あ、確かに、そういうこともありますね。長く続いて解決ができそうもない問題など、単に思い悩むだけでは片付けられないような問題も沢山あります。会社の難題、体調の問題、金銭的な問題・・・と数えきれないほどありますね。

 このイエスの言葉の文脈は、日々何を食べて、どう生きていくか、という一般庶民の思い煩いです。当時のユダヤでは毎日がその日暮らしのようなもので、庶民の生活は大変でした。現代でも安定した職業に就いてないひとは大変で、同様の悩みはあると思います。

 イエスは「明日のことを思い煩うな」と言いました。逆に言えば、今日のことは思い煩ってもいいし、思い煩ったほうがいいかもしれません。
 要点は、今日の問題をよく考えて、でき得るその対策をしたら、あとは天に任せて生きなさい。明日はどうなるか、明後日はどうなるか、その次はどうなるかと不必要に未来を心配し続けても、心配した分だけ良くなることはない。だから不必要に考えすぎて、今日の生活上の問題は増やさないほうがいい、ということが言われています。

 私も以前は、何か個人的な問題が起きると、最悪の状態の場合を考えてグズグズ思い悩むほうでしたね。なぜかと言えば、最悪の状況を予期していれば、大抵は最悪にはならないので、問題が実際に起きたときに、思っていたよりも軽くて良かったなあと思えて、気持ちの上でより対処しやすいと思ったからです。

 でも今は、ある程度考えたら、あとはどうにでもなるようになるだろうと精神的に居直ることができるようになりました。そしてそのほうが楽になりましたよ。

2018/12/08(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: そうは言っても『取り越し苦労』

風子さん コメントありがとうございます^^)
 10箇条とは幸福、順応、健康、精神、魂の訓練、愛想、問題、計画、静寂な30分、恐れない……ですか。よくまとめましたね。〇を、いや、◎を差し上げましょう。(笑)

 全部意識したらやっていけないので、一日に一つでもいいような気がしますね。それを毎日欠かさずやっていったら、あるいは時々でもやっていったら、やらない場合に比べると、はるかにいいのでしょう。人間は習慣の奴隷。良い習慣は良い人間性を作りそうです。

 それにしても、風子さんは『今日が最後と思えば全てが愛しい』と思って生きてきたのですか。中年以降になってから思うようになったのなら分からないでもないですが、今まで、ずうーっとそう生きてきたなら、たいしたものですね。

 私は教団を辞めて、精神世界を知ってから、そういう気持ちが芽生えてきましたね。路傍に咲いている花や鳥の鳴き声などの自然界で起きているごく普通のことや、日常のうっかりすると見逃してしまうような些細なことが、じつに有難いことだと思えるようになりました。以前はあまりに年中無休で忙しすぎたのと、自分以外のことに気を配らなければいけないことが沢山あって、そんな自分の近辺のことことには全然目が行かなかったですから。
 
 でもまあ確かに、今日が最後と思えば、そして今こうして呼吸をして、画面を見てキーボードを叩けていることだけでも、本当に恵まれていることだなあと思いますね。

2018/12/08(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんにちは

「たった一日だけやればいい」
今日何とかやり抜いて明日になれば、また「今日」になるから、
結局ずっとやらなくてはいけない・・・騙されているような気が・・・(笑)

イエスの簡潔な助言は「風と共に去りぬ」のスカーレットの思考と
似ていますね。
スカーレットは自己中で、客観的な思考ができず何か問題が起きると
先送りにします。
バトラーに去られて階段で泣きながらも楽観的で自信満々。
「明日になれば全部よくなってるよ」っていう思考です。
私、この思考方法嫌いではありません。
こう考えないと乗り切れないことがあります。

パートリッジの5番目、誰かに気づかれないで親切をする、
自分のしたくないことを2つはやる。
これはなんだか難しい。
3つまとめてやってみましょう。
アキレス腱を切って治療中の友人の膝と頭を叩く。
したくないけど、2つ叩く。親切にも痛いアキレス腱を避けて
膝と頭を叩く。この親切は相手に気づかれないかも。
いかん、あほらしくなってきました。(笑)

2018/12/08(土) |URL|エリアンダー [edit]

着想の宝庫

バーソさんの記事を目にすると、
ふざけすぎず、それでいて真面目すぎないバランスの、
ユーモアの大切さを、いつも感じさせられます。
そして、様々な着想をいただきます。


明日のことは明日自らが思い悩む。


この訳がぼくには一番しっくりきます。
この言葉から、
ひとつ記事を書かせてもらえそうです。



キリギリスのような遊び心と、
アリのような生真面目さを、
バランスよく使い分けられる人生を送りたい。

といった主旨の記事も書きたくなってしまいました。


いつもありがとうございます^^

2018/12/08(土) |URL|友資 [edit]

最後だとわかっていたなら

こんばんは。バーソさん
kenichi2409です。

宗教は兎角、将来の希望ばかり強調しますが。。。
イエス=キリストさんの言葉を見つける辺りは流石と
思いました。

既に投稿してるかも知れませんが、このユーチューブを思い出しました。

9.11の関係かな?

『最後だとわかっていたなら イラスト版』

https://www.youtube.com/watch?v=iOpBXRxe1Qk

2018/12/08(土) |URL|kenichi2409 [edit]

Re: こんにちは

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)
 そうですね、確かに。「今日」という日は毎日来るので、結局ずーっとやることになりそうで、そうするとこの10箇条はじつはうまく騙される仕組みになっていそうです。自己啓発とは、結局は自分でいいと思った考えを、自分で自分に言い聞かせて、いわば洗脳していくのでしょうから、なるべく自分にもひと様にも益となるような良い教えに騙されたいものです。

 スカーレットの「明日になれば全部よくなっている」という思考。言われて思い出しましたが、「Tommorow is another day」というフレーズでしたか。裕次郎さんも明日は明日の風が吹かぁと歌いましたが、オハラさんも朝寝朝酒朝湯が大好きな楽観思想なんでしょうかね。(笑) 

 自分に自信がない人はとかく守りに入りたがりますが、自信のある人は楽観的な思考になるのでしょうか。私は将棋だと攻め一方なので、攻めるときは速いのですが、守ることをしないので、いったん攻められたらあっという間に落とされ、まるで自分の人生観のようです。

 誰かに気付かれないで親切をする。これ、気づくようにしてさらに宣伝もすれば、聖書では「自分のためにラッパを吹く」と言われます。イエスの言葉です。
 私も誰かにそうするときは、ひとが見てない所で、相手が受けやすいようにそっとさり気なくしますが、でも相手のほうも黙っているほうがいいと思うのか、何も感謝の言葉を述べてこないときが多く、ちょっと物足りなさを感じますね。(笑) イエスも十人のらい病人を癒したとき、一人だけしか感謝の言葉を述べなかったので、他の九人はどうしたのかと言っています。

 アキレス腱を切って治療中の友人のアキレス腱は避けて、膝と頭を叩く。うーむ、なんでそんなことを思いついたのか。ははあ、分かりました。もし叩いても気付かれなかったら、これは不感症ですなあと診断するんでしょう。あ、これ、ドリフの長さんの真似です。(笑)

2018/12/08(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 着想の宝庫

友資さん コメントありがとうございます^^)
 ふざけすぎず、真面目過ぎないバランスですか。これはこれはうれしいお褒めの言葉をいただき、ありがたき幸せです。じつは毎回つい駄洒落を入れたくなる性向を抑えるのがちょっと大変なんです。(笑)

> 明日のことは明日自らが思い悩む。
この訳がぼくには一番しっくりきます。
この言葉から、
ひとつ記事を書かせてもらえそうです。

 おおー、そうですか。イエスが述べたことを思い出しましたよ。
「私が与える水を飲む者は、その人の中で、永遠の命のためにわき上がる水の泉となる」(ヨハネ4:14)。
 この「わき上がる」は英語で言えばbubbleで、静かにコンコンと湧いているのではなく、泡だって煮えたぎるように勢いよく沸いているという言葉です。霊的な水が心の中に満ちあふれているような人は、絶えず泉からその霊的な水がわき上がっているのでしょう。ちょっとした文章を見て、すぐインスピレーションが湧いたというのはいいですね。

 アリとキリギリスの話も書きたくなりましたか。これもいいですね。
 この両者が合体して名前はアリ・キリギリスとなり、よく遊んでよく働いてよく寝て最後はピンピンコロリとなればいいと思っているのですが、でも私の場合は、よく遊んでというのがなかったので、それが残念と言いたいところですが、でもそれほど残念でもないんです。
 生来的に遊びにはさほど関心がなく、だからゲームとかコミックとかには全く無縁で生きてきたのですが、いや、遊びといっても趣味なら多少あって、いまではインターネットが趣味になりましたね。いろいろな人のいろいろな考え方を知るのは、特に文章のうまい人のブログを見るのはなかなか面白いもので、有難い時代になったものです。

2018/12/08(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 最後だとわかっていたなら

kenichi2409さん コメントありがとうございます^^)
> 宗教は兎角、将来の希望ばかり強調しますが。。。
 ああ、そうですね。天国や極楽についての希望は、おそらく太古の昔からあるでしょうが、いまだにその存在は一度も物理的に証明されていません。
 地上の楽園については、ある一つの教団が述べている独自の音信でしたが、これは物理的に、また論理的にあり得ないと思ったほうが良さそうです。
 そのように、ある宗教の教えが不確かなのに、信者がなかなか減らないで一定数あるのは面白いものです。

 それは多分、日常の暮らしでも益があり、効果があり、ご利益があるので、それゆえに特定の教団に所属しているのでしょうか。もし全然そういうものがなければ信者となって寄付をしようとは思わないはずですから、気持ちだけでもなにか良いものを感じているのでしょう。或る場合には教理や教えには関係なく、単に交友関係が好きで、気分が落ち着くという場合もありそうです。

 YouTube「最後だとわかっていたなら」、見ました。
 911でも311でも突然の病気でも、これで最後だと分かっていたら、もっと大事にしたらよかった、もっとあれもこれもしたらよかったと思ったでしょう。
 ところが日常の時間はいつものようにルーティーンで流れていくので、日常の一コマ一コマの出来事が特別なものだとは感じないのですね。
 であれば自分の意識を今の瞬間に置くように変えれば、もっとひとに親切になれ、もっと自分の時間を大事に出来そうです。といってもこれは相当意識しないと難しそうですね。 

2018/12/08(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

地球上には無数の生物がいますが、どの生物も明日を思い悩んだりはしないと思います。
だだ人間だけが明日を思い悩みます。それはあらゆる生物の中で唯一死を知っている生き物だからです。
死を知るから、忙しく働き、富を蓄え、美味しい物を食べ、楽しみを追いかけ、生に執着するのだと思います。
人間がせかせかと忙しないのは、あらかじめ死ぬ事が分かっていて有限の時を惜しんでいるせいなのでしょう。
動物ならばお腹一杯になれば欲望は満たされるのに、幾ら富や力を得ても人間の欲望は満たされませんしね。
富や力を得れば得たで、今度は失う事を恐れて明日を思い煩う…いやはや、死を知る人間は厄介な生き物です。

2018/12/09(日) |URL|sado jo [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)
 確かに、動物は仲間の死を悼むことはするものの、自らの死を認識しているとは実証されていないようです。人間だけが考える葦で、自分の生と死とその意味も考える稀有な生き物なんでしょう。

 こんな聖句を思い出しました。
「良い名声は良い香油にまさり、死の日は生まれる日にまさる。祝宴の家に行くよりは、喪中の家に行くほうがよい。そこには、すべての人の終わりがあり、生きている者がそれを心に留めるようになるからだ」(伝道の書7:1,2)

 人の「名声」が決まるのは、誕生の時ではなく、生涯の全過程であり、最終的に死ぬときに評価が定まります。喪中の家に心を留めている人とは、自分が死ぬまでの生き方について深く考える人のことで、そのような人は自分の人生を貴重なものとみなします。

 ところが、世の中には死のことなど全然考えてないかのように、刹那的に生きる人がいます。くうねるあそぶが楽しい、そのために金がもっと欲しい、もっと金銭や名誉などが欲しい、わたしゃも少し背が欲しいとかいう人もいますが、そんな人たちはじつはこんな意識を持っているようです。
「さあ、食べたり飲んだりしようではないか。どうせ明日は死ぬ身ではないか」(コリント第一15:32、イザヤ22:13)
 一見エピクロス派のスローガンに似て、この「明日は死ぬのだから」というのは単なる言い訳のようですが、じつは潜在意識では、つまり心の奥深い所ではしっかり認識しているので、だからこそ生きているときに自分の短い命を精一杯楽しもうと思うのでしょう。
 人間の生き方は、そのひとが死をどう思っているかに、かなりの程度影響されていそうですね。

2018/12/09(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

明日で良い事は明日やろう

 宝くじ当選金の使い道
 道端の千両箱の分配方法
 狸の皮の売り上げ見込み
 miss.keyのデートの予定表

 今やってどーする。そんなもんは明日以降に考える事である。

 宝くじ必勝法を考える
 目を皿の様にして道を歩く
 狸捕獲の為に狐と共闘する
 彼女を探・・・アキラメロ

 今日やる事は以上である。え゛、異常?

2018/12/10(月) |URL|miss.key [edit]

Re: 明日で良い事は明日やろう

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
 ほほう、今日やることと明日やることを無理やりてんでばらばらに考え出し、4点×2種類ほど列挙したのはいいものの、miss.keyさんにしてはちょっと全体数が物足りない。特に、デートとか彼女を探すというような、もうさんざ聞き飽きた話しか思いつかなかったのは、どうやらじつはmiss.keyさんが普段はなんでも今日すぐやるタイプであることをいみじくも示唆しているようです。

 性格的にはおそらく、頭の回転が速いために、ちょっと考えたらすぐその解決策を思いついて、すぐさま行動にさっと移すほうなんでしょう。食べるのだって風呂に入るのだって〇〇に手を出すのも速いほうなんでしょう。

 しかしながら「明日で良い事は明日やろう」という考えも、なかなかいいじゃないですか。というのは、とかく凡人は今日はやらず、明日もやらず、明後日もやらないで、ずっとやらずぶったくりになりがちなものですが、この「明日タマニャーナ」志向は、今日バタバタあわててやると失敗の原因になるので、それゆえやるべき事を明日の日に委譲することにしている人生志向でしょうから、まあその用意周到な思考力と実行力とその効力はたいしたものだと思います。はい。

2018/12/10(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/12/14(金) || [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/403-ffe34144

back to TOP