「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 宝塚の『ブスの25箇条』は自分の特質を見直すきっかけになる。 


ココ・シャネルの言葉。
「二十歳の顔は自然から授かったもの。
   三十歳の顔は自分の生き様。
     だけど、五十歳の顔は自分の功績よ」

エイブラハム・リンカーンの言葉。
「四十過ぎたら、自分の顔に責任を持て」

この二人の言葉を併せると、人は二十歳の頃は番茶も出花で勝負できるが、三十
を過ぎたら自分の顔は許容範囲だろうと自分で忖度し、四十を過ぎたら美容整形
を勘案し、五十歳になったら、この顔だっていいじゃないか人間だものと居直る
方針で行こう―――などと思わなくていい。

なぜなら、顔は自分の“意識”次第でけっこう変えられるからだ。

テレビに出てくるセレブたちの顔も、その時々でけっこう違う場合が多く、
見る側の視点の違いも相まって、鋭い目つきが悪い目つきに見えることもある。

 gone4.jpg


では、自分の“意識”を変えるには、具体的にはどうしたらいいのか。
図書館で『宝塚式「美人」養成講座』が目に付いたので読んだら、著者の貴城たかしろけい
さんは元・宙組男役トップスターらしいが、なかなか有益なことが書かれていた。
 ※宝塚式「ブスの25箇条」に学ぶ「美人」養成講座 (講談社+α文庫)


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
宝塚ジェンヌはみな、士官学校に入ったような厳しい訓練を受ける。

宝塚音楽学校は「東の東大、西の宝塚」と称されるほどに受験難関。
(Wikipedia)
・昼間(午前9時~午後5時)は実技中心の授業で、夜は寮でのレッスンに励む。
・清く正しく美しくがモットーで、1年生は授業開始前に稽古場の掃除が日課。
・嬌声や笑い声をたてずに、姿勢を正して真っすぐ前を見つめて早足で登下校。
・私服は黒・白・グレーで、赤い物は着てはいけない。ブランド品は所有禁止。
・プライベートでの化粧厳禁。身分は阪急電鉄正社員なので、宝塚線と今津線
 に乗車する際は一番うしろの車両に乗らなければならず、車内では着座厳禁。

 takar1.jpg
  HPより

        _________________


この厳しい宝塚の舞台裏にかつて貼られていたという作者不詳の《教訓》がある。
自分に当てはめて考えてみれば、自分と自分の近辺のひと全員に益になりそうだ。

宝塚の『ブスの25箇条』 〇=はい  ×=いいえ  △=どちらでもない   
「×」が多いほうがいいのですが、自分は幾つあるかを考えるのはどうでしょう。
「×」と「△」の数を右手と左手で指折りすれば足し算が容易です。

《明るさ》  ※カッコ内は、バーソの場合をついでに添付。
1.笑顔がない (いつもニコニコして愛想を振りまくタイプではない ・・・・〇)
2.精気がない (沈んではいないが、元気いっぱいでもない ・・・・・・・・△)
3.目が輝いていない (目がキラキラしてると言われることがある ・・・・・×)
4.いつも口がへの字の形をしている (への字はしてないが、横一文字 ・・・△)
5.声が小さく、イジケている (イジケてはいないが、声は小さいほう ・・・〇)
6.グチをこぼす (心に溜めこむほうだが、こぼせる人にはこぼす ・・・・・〇)
7.悲観的に物事を考える (悪い結果は想像するが、成るように成ると思う ・×)
8.存在自体が周囲を暗くする (愛嬌は振りまかないが、駄洒落は多い ・・・△)

《謙遜さ》
9.自分がブスであることを知らない (いい男でないことは承知している ・・×)
10.自分が正しいと信じ込んでいる (常に真理を学びたいと思っている・・・×)
11.責任転嫁がうまい (ミスは自分で負う。時にはひとの失敗も抱え込む・・×)
12.他人にシットする (嫉妬心はあってもそれを表すことは絶対にしない・・×)
13.他人を信じない (まず疑ってかかるというようなことはしない・・・・・×)
14.謙虚さがなくゴウマンである (偉そうにして喜ぶ概念は微塵もない・・・×)
15.人のアドバイスや忠告を受け入れない (ひとの意見は尊重するほう・・・×)

《人間関係》
16.他人を恨む (イヤ味な人間は嫌いで避けるが、恨み続けることはない・・×)
17.いつも周囲が悪いと思っている (自分に原因がないかと考えるほう・・・×)
18.なんでもないことに傷つく (敏感なほうだが傷つくことはない・・・・・×)
19.問題意識を持っていない (問題意識は持つが、上には逆らわない・・・・△)

《気遣い》
20.お礼を言わない (ありがとうございますと必ず言う。レジでも礼を言う・×)
21.おいしいと言わない (おいしいと思った時とお呼ばれの席では言うが・・△)
22.他人に尽くさない (人間は崇めないが、人には親切でありたいと思う・・△)

《意欲》
23.自信がない (謙遜を旨としているので自信なさそうに見えるかも・・・・〇)
24.希望や信念がない (自分の生きる方向には自信はあるつもり・・・・・・×)
25.人生においても仕事においても意欲がない (サボるという概念はない・・×)
                 ※分類するためにオリジナルの順序を変えています。

 kigh5.jpg HPより


●どうでもいいだろうが、バーソの《ブス度》は?
私の《ブス度》を採点したら、×(良い特質)が15、〇(悪い特質)が4、△(どちら
でもない)が6。なので意外にも《二枚目半》ぐらいでしょうか。おお。

しかし△(どちらでもない)6を〇(はい)と見なせば、悪い特質は10もあります。
あらら、思っていたよりも改善すべき特質が多い《ブス男》でした。うーむ。

        _________________

ところで、『ブスの25箇条』の1番目の《笑顔》は案外難しくないですか。
煩悩の数は百八つ。問題があるときは笑顔になれないものですから。

2007年2月、樹木希林さんが乳がんの手術を行なった時に、こう語っています。
「嫌な話になったとしても、顔だけは笑うようにしているのよ。井戸のポンプで
も、動かしていれば、そのうち水が出てくるでしょう。同じように、面白くなく
ても、にっこり笑っていると、だんだん嬉しい感情が湧いてくる」

自分で意識して(無理してでも)笑顔を作れば、笑顔の感情に変わってくる―――
まあ、顔で笑って心で泣いて、ではない場合もあるんですね。

 kiki99.jpg

しかしこれは、自分で意識して表情を変えれば、
その変えようという意識が感情を変え、
感情が変われば、性格が変わり、顔が変わり、
そうして人は魅力的な美しい人になっていくことを示しています。

ここでイエスの言葉に注目です。(マタイ13章12節)
「持っている者は、さらに与えられて豊かになり、
  持たない者は、持っているものまでも取り上げられてしまうからです」


美しくなろうという意識がない人は、
それなりになるどころか、失ってしまうのですね。おお。



補足―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●『25箇条』を特質別に区分けすると、「明るさ8」「謙遜さ7」「人間関係4」「気遣い3」「意
欲3」となっている。ということは、宝塚音楽学校の方針は、優しさとか、女らしさ、可愛らしさよ
りも、もっぱら未来のプロの劇団員として、明るく元気に、他の劇団員とうまくやっていく資質を培
わせること考えている。したがって、自由な発想力や大胆な行動力、隣人愛は考慮に入れられてない。
私も非常に厳格な教団に長くいたので、上位者への従順や謙遜さ、辛抱強さは徹底的に教え込まれた。

●ブスは漢字で「附子」と書き、猛毒のトリカブトの塊根を意味する。口に含むと神経系の機能が麻
痺して無表情になり、転じてその醜い顔を「ブス」と言うようになった。ブスは狂言を語源とする説
もあるが、ブスの語は女性に対して用いられるため「不(ぶ)」と女性を指す隠語「助(すけ)」の略と
する説や「ぶすっと」や「不細工」から派生して「ブス」になったとする説もある。(語源由来辞典)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

いたって“ふつうのオバちゃん”

宝塚の『ブスの25箇条』トライしてみました。
良い特質…18
悪い特質……2
どちらでもない…2 でした。
性格は二枚目ですが、
顔は二枚目、ブスのどちらでもない。
“ふつうのオバちゃん”だと自覚しましたぁ。

だから……。
>感情が変われば、性格が変わり、顔が変わり……。
これはちと、ムリがあると思います。
美しい人はさらに美しく、そうでない人はそれなりの、
“それなり自然美”支持派ですし、この感覚は、
観る者の心しだいという側面が大きいように思います。
例えば恋すれば、痘痕もえくぼのような……。(^_^ ;)

漢字「附子」の由来、トリカブトが面白いです。
田舎暮らしの折、山歩きでよく見かけましたが、
その花の美しいこと。(山野に在っては怪しいまでに美ししい)
トリカブト、量を誤ると死に至り、微量だと心臓の薬にもなります。
その加減が、人生を物語っているようで……。(笑)

2018/11/24(土) |URL|風子 [edit]

そうなんだ

バーソ様
おはよう御座います。

宝塚歌劇団は阪急電鉄の社員だったのですね。知りませんでした。
そうならば社員リクルートの一翼もになっているのでしょう。
私だって阪急で働きたいです。(若い頃なら)

〇×△はほぼバーソ様と同じでした。頭は私の方がはるかに悪いと思いますが。

ここでイエスの言葉に注目です。(マタイ13章12節)
「持っている者は、さらに与えられて豊かになり、
  持たない者は、持っているものまでも取り上げられてしまうからです」

なるほどイエスはこれを金銭面にもあてはまると考えたのでしょうか?流石。

愛新覚羅

2018/11/24(土) |URL|aishinkakura [edit]

おはようございます。

自分の顔に責任を持つお年頃なのですが・・・
最近、輝いていない自分の顔に落ち込む日々です。


輝きと言うか、オーラなのでしょうか?
顔が美人とかブスなのではなく、

生き生きとしていらっしゃる方は、本当に美しいと感じることがあります。

人の顏の作りは変えられないのですが、笑顔のブスはいないと思います(*^▽^*)


笑顔の美人?を目指して・・・。?

少し、スローな時間も作って行きたいところです。

宝塚の『ブスの25箇条』面白いですね(^_-)-☆

密かにやりますね。

2018/11/24(土) |URL|Miyu [edit]

Re: いたって“ふつうのオバちゃん”

風子さん コメントありがとうございます^^)
 良いが18で、悪いが2で、どちらでもないが2ですか。さすが、かなり良いですね。全部が「良い」だと、これは自信過剰だなあと思ってしまいますが、そうじゃないので、真実味があります。(笑)

> >感情が変われば、性格が変わり、顔が変わり……。
これはちと、ムリがあると思います。

 文脈は「笑い顔」ですが、偽善的な作り笑いは別として、ふだん自分で意識して笑顔になるような心の状態にしていけば、それは表情に表れ、やがて自分の本当の個性になっていく、つまりもっと(性格)美人になれるということを言いたかったのですが、おかしいですかね。

 ニールさんもこういうことを言ってました。「人生は自分が何者であるかを思い出すため、創り直すためにある。どんなものにも制約はないし、限界はない。あなたはこうありたいと思うようになれる。なりたいと思うのではなく、自分が既にそうなったと思って行動すれば、そうなる」

 私のつたない経験でも、現在の人格は聖書と精神世界を知ったのちに、自分の意識で変えたものがけっこうありますね。例えば「神が造ったものはみな良し」という聖句を見てから、ひどかった食べ物の《好き嫌い》がすっかり直りました。そのほか、好みや考え方などで《こだわり》が直り、視野が広くなり、包容力も少しは拡がりました。「考え方はいろいろあって面白い」と思うようになったのもその一つです。

 ただ、樹木希林さんのコメントに対して、ちょっと茶化して書いたのが良くなかったなと思ったところがあったので修正しました。

 顔で笑って心で泣いて、まあ、女優業も苦労があるのですね。
         ↓      ↓
 まあ、顔で笑って心で泣いて、ではない場合もあるんですね。

 ついでに余計なことを言えば、1年半しか一緒に住んでおらず、相手は離れていったのに、自分のほうは好きだったから死ぬまで離婚のハンコを押さなかったというのはどうなのかと思いますね。私なら、好きだったら相手の好きなことをさせてあげたいと思います。

 でもまあ、生き方は人それぞれでいいのでしょう。だから顔も「それなり」の自然美もいいでしょう。反対はしません。
 ただし個人的な好みを言えば、まったくノーメイクで、着るものは「無印良品」の無彩色で、流行にも一切関係なしというような女性は、もっときれいになれるのに、もったいないと思いますね。もちろん素顔と才能で勝負できる風子さんのような人は別ですが。(^^ゞ

2018/11/24(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: そうなんだ

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)
 若かったら阪急で働きたいですか。私もです。(笑) この養成学校の厳しい訓練はいいですね。女性がみなこの学校で訓練されたら、もっと世の中が清く正しく美しくなると思いました。

 私は死ぬまでに観たいものがいろいろあって、宝塚もその一つなんです。どうもチケットを買うのに慣れてないので行動に移せていませんが、来年は行ってみたいと思っています。

 〇×△の数は、私とほぼ同じでしたか。それはそれは、似た者同士で良かったです。

「持っている者は、さらに与えられて豊かになり、持たない者は、持っているものまでも取り上げられてしまう」というイエスの言葉は、こういう文脈で語られました。

13:10 すると、弟子たちが近寄って来て、イエスに言った。「なぜ、彼ら(一般群衆)に例えでお話しになったのですか。」
13:11 イエスは答えて言われた。「あなたがたには、天の御国の奥義を知ることが許されているが、彼らには許されていません。
13:12 というのは、持っている者はさらに与えられて豊かになり、持たない者は持っているものまでも取り上げられてしまうからです。
13:13 わたしが彼らに例えで話すのは、彼ら(一般の群衆)は見てはいるが見ず、聞いてはいるが聞かず、また、悟ることもしないからです。


 イエスが「天の御国の奥義」を例えで話したワケは、その例えはどういう意味かと分かりたいと思う者は(イエスからさらに教えてもらい、自分でもよく考えるので)もっと分かるだろうが、分かりたいと思う気がない者はまったく分からない、ということを強調するためにイエスは誇張法を使って「持っているものも取り上げられる」と言ったのです。

 それで金銭面に当てはめて考える事も出来るかもしれないですね。よく考える者は経済的にもうまくやっていって成功できるが、適当に生きている者は持っているものもなくなってしまうかもしれないし、あまりにも貪欲になれば帝王の座から滑り堕ちることにもつながりかねない、と考えることもできますね。

2018/11/24(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: おはようございます。

Miyuさん コメントありがとうございます^^)
 最近、輝いてないですか。ということは以前は輝いていた。おお、やっぱり。(*^^)v
 でも今は違うのは、間違いなく、疲労です。働きすぎです。頑張りすぎです。

 でも、職場で、学校で、家で、人間にもニャンコたちにもモテるので、なかなか休んでいられませんね。いいんだか、悪いんだかと思いますが、Miyuさんがそうなので、野良のネコたちも憩いの場を求めて集まってくるのでしょう。

 くれぐれも体だけは壊さないようにしてくださいよ。精神が勝ってる人はどうしても無理しますからね。
 少しスローな時間は、自分で作らないと出来ないですからね。多少まわりに迷惑が掛かると思っても、自分のために生きたほうがいいと思ったほうがいいですよ。それは利己的な生き方では全然ないですから。
 
 それにしてもMiyuさんはオーラは発散しているのじゃないですか。ほら、いつも上司として、先生として、家庭の養い頭として、「おら、おら、おーら」と威張り散らしていませんか。あ、あー、これはいつもの冗談ですからね。(笑)
 

2018/11/24(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんにちは

誰が言ったか(私じゃないです(笑))、
美人とおブスとの相違点は、美人には限界があるとのことです。

ココ・シャネルの伝記を読んだことがありますが、30歳前後の
彼女は目を瞠るほど美しいですね。
その後も美しいことは美しいですが・・・。
宝塚の25か条
《明るさ》
私は悲観主義ですが、悲観しても悲観してもあまり
悪いことが起こらないので楽観主義に転向しようかなと
思っています。
《謙虚さ》
ジェファーソン大統領の言葉を座右の銘にしています。
「謙虚な人に対しては、絶対に不遜であってはならない。
不遜な人に対しては、絶対に謙虚であってはならない」
《人間関係》
ひとりで行動する、あるいはひとりでいることが好きなので、
ネットの友人がリアルより多いです。
《気遣い》
ありがとうと美味しいは連発します。減るもんじゃないし、
相手も喜びます。
でも嫌なことも・・・、銀行員がため口で話すようになったんですよ。(笑)
《意欲》
意欲の対象が目の前にある場合はけっこう突き進んでしまいます。

私のブス度はXが3個、〇が5個、△が17個で「平凡の中に
ブスが垣間見える」男とか、「平凡の皮を被ったブス」男とでも言いましょうか。

樹木希林の言葉もいいですがバーソ語録の
<自分で意識をして表情を変えれば・・・>いい言葉ですね。

2018/11/24(土) |URL|エリアンダー [edit]

Re: こんにちは

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)
 ココ・シャネルは特集番組を見たことがあります。単に美的センスがいいのではなく、女性の衣服は締め付けて窮屈だったのを緩やかなものにしたとか、ポケットを付けたとか、既成の概念を打ち破って新しいものを創ろうとしたのがたいしたものだと思います。
 若い頃はそんなにきれいでしたか。私はファッションのブランドには全然関心がないですが、デザインには関心があったので、大内順子さんが説明する「ファッション通信」という番組が好きでしたね。

 楽観主義に転向するのはいいですね。悲観しても良くならないどころか、かえって気を患うだけなので、私もかなり楽観的になりました。

 もっと早くにジェファーソンの言葉を知りたかったです。誰に対しても謙遜にするのは駄目ですね。横柄な人間は調子に乗って、さらに横柄な態度を取りだしますから。
 
 一人でいることが好きですか。私もそうですね。私も学生時代から、仲のいい人が一人いる程度で、友人は少ないほうでした。いまはパソコンやデジタル、音楽、読書などいろいろ面白いものが多いので退屈することはまずないですね。

 目下の人間からため口で話されると不快ですね。それは傲慢さの表れですから。私は怒って文句は言うことはしないですが、そういう人とは距離を置くことにしています。

 意欲の対象があるときは突っ走るほうですか。私もそうですね。神のためなら、もう死んでもいいと妄信して猛進したことがありますから。(笑)

 △が17と多いですね。自分の性格は、これは〇、これは×と単純に分けられないことが多いですから、これは問いを熟慮して自己をよく吟味している証拠じゃないでしょうか。なので形容は「非凡の皮を被った高邁な男」とか、あるいは「ぼん」の韻を踏むことにこだわれば「ぼんぼんの純心がいまだ残っている思慮深い紳士」あたりはどうでしょう。ああ、あんまり面白くなかったですね。でも褒め言葉でして、ええ、褒めるのは私も好きなんです。減るもんじゃないですし。(笑)

> バーソ語録の
<自分で意識をして表情を変えれば・・・>いい言葉ですね。

 ああ、ありがとうございます。エリアンダーさんからそう言われると安心します。(^J^)

2018/11/24(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

やってみました。

「○」が2個。
「△」が13個。
「×」が10個となりました。

「×」25個への道のりはなかなか遠いですね笑


確かに、
ぼくが出逢ってきた魅力的な人は、どの人も、
自分の中の「美意識」みたいなものが確立している方がほとんどでした。

とはいえ人間なので、どんなに確固たるものを持っている者でも、
誰しもが「醜い自分」とも向き合わなければならない機会があると思うのですが、
自分の中に確立したものを持っている方は、それが羅針盤となり、
「醜い自分」をも豊かさに変換しているように、ぼくには見えます。
希林さんにもまた、そういうものを感じますね。
昨夜見た映画「ボヘミアンラプソディ」のフレディマーキュリーにも。

そういうものを持たない者は、取り上げられていることにも気づかないまま、
醜い自分と同化していっていることにも気づかないまま、
他人や社会が決めた価値観に沿って、人生を歩み終えてしまうのかもしれないな。
なんてことを思いました。

2018/11/25(日) |URL|友資 [edit]

Re: やってみました。

友資さん コメントありがとうございます^^)
 おや、意外に△が多いですね。やはり単純にイエスかノーかを一刀両断するわけには行かない深い思索があるようですね。友資さんは、コメントもいつも思索的な内容なので、返コメを書くほうもちょっと気が引き締まります。

> 魅力的な人は、どの人も、
自分の中の「美意識」みたいなものが確立している

 倫理観とか正義感とかの善悪や正邪の規律心というよりは、美意識ですか。なるほど。美意識という規準はいいですね。アインシュタインだったでしょうか、宇宙を支配する法則はシンプルで美しいものだと言っていたような気がします。

 自分の中に美意識を確立している人は、醜いものと美しいものを見分ける能力を持っていて、心も思いも美しいものをひたすら見つめていて、美しい生きざまを全うすることこそが最高の善であるという信念をしっかりと持っているということですかね。善か悪かという基準で世の中を分けるよりも、美しいか醜いかで分けるほうがスマートで、それこそ美しいように感じます。

 人間は正直で謙遜で誠実であれば、まず自分の内部に醜いものがあることに気付くものです。そういう人は改善していこうと思うものです。聖書的に言えば「悔い改め」と「転向」ですが、その《思う》という意識がいいのですね。その意識があるからこそ美しい心を作っていけるのでしょうから。

 イエスは「滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多いが、狭い門から入りなさい。それを見出すものは少ないが、命に至る」と言いました。世間や他人が決めた価値観に盲目的に従っていく道は、広くて歩きやすいが、滅びに至る道。しかし自分の美意識に従っていく道は狭くて細い道ですが、心地よいものであり、最終的には命に至る善いものなのでしょう。

 人生の道はいろいろありますが、狭いながらも楽しい我が細い道を歩んでいきたいものですね。
 いつもコメントをありがとうございます。友資さんのブログにもコメントしようと思いつつ、哲学的な内容なので私にはどうも敷居が高いなあと感じていますが、ごめんなさいね。そのうち、感想を書かせてもらいますからね。

2018/11/25(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

反動でかそう

 成程、厳格過ぎる掟の中で躾けられた結果があの・・・悪趣味全開のケバケバしい不気味歌劇団な訳ですな(笑
 清く正しく美しく~♪ 裏でどんだけドロドロとした暗闘を繰り広げているのかを思えば、厳しい戒律で縛っとかんと取り返しのつかん事になるのも分かるが、その結果として没個性の量産タイプが使い捨てされていると考えると、とても肯定する気にもなれませんな。人間自然体が一番ですって。何事もやり過ぎたらあかん。わたくし、あの劇団は生理的に受け付けませんのやわぁ。見た目も仕草も理念もアレルギー反応起こします。え゛、そらあーたのヘソが曲がってるからだろうて?まあ、そら否定しませんがね。
 それはさておき・・・
 ふ、「ブスのナンチャラ」なんぞトライせずとも判ってますぜ。わたくし、内外共にかなりの不細工です。もんくある~?ただし、誰にも迷惑かけてないのが自慢です。え゛、たまたま見かけた人の迷惑を考えろ?賠償金請求しても良いレベル?・・・そこまでは知らんがな。

2018/11/25(日) |URL|miss.key [edit]

人は二十歳までに両親から受け継いだ遺産を使い果たす訳ですか。
いつまでも親のスネをかじったり、七光りに依存したりせずに自らの力で生きよ!
最近は独立心のない若者が増えてますからね…いい考え方だと思います(笑)

未来のタカラジェンヌの通学路を歩いた事がありますが、パーソさんが思われるほど慎ましやかではないです。
道の両側にケーキ屋さんやパン屋さん美容院など、乙女心を引く店が立ち並んでまるで繁華街そのものですよ。
スターさんは別の道を歩いて劇場入りするそうですが、それを知っているファンが待ち構えていて大変だとか。
宝塚は乙女の園?いいぇ、世俗と何一つ変わらぬ格差社会、階層社会…これから女になる女子の本性が見え隠れする戦場です。
夢を壊してしまってすみませんね~(笑)

2018/11/25(日) |URL|sado jo [edit]

Re: 反動でかそう

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
「悪趣味全開」「裏でドロドロの暗躍」「没個性の量産タイプ使い捨て」――― まあ、うまいこと形容しますねえ。そうなんでしょう。そもそも「清く正しく」というスローガンは、それが難しいからこそ標榜されているわけですから、そういう一面も確かにあるのでしょう。

 私もじつは演劇や舞台、俳優やタレントなど、そういう芸能界には全く関心がなく、テレビで宝塚の番組が放映されたときでも数分さえも見たことがないですよ。
 ですが他には劇団四季や人形浄瑠璃、能なども含めて、一回は観たいものの一つに入っているのです。なぜなら、ひと様が体験したことは自分も一応体験してから死にたいと思っているわけなんですね。それに何であれ、熱心に真摯に打ち込んでいる姿をナマで見るのは感動するものですから。

 で、miss.keyさんのご意見ですが、まあ、ごもっとも。多分そういう感想が出てくるだろうと思っていました。ですが、まあ、それはそれ、ほら、物事には《負》の部分もあれば、《正》の部分もあるでしょう。今回は《正》の部分を採り上げたと思ってくださいよ。
 私は、物事は暗い面より、明るい面を見たほうが楽しいと思うほうですし、何であれ夢を抱いて自分のやりたいことをするために真摯に突き進むのは麗しいことじゃないですかね。少年少女が大志を持たないで、ただただ時を過ごしていくというのが一番つまらない人生ですから。

> 人間自然体が一番ですって。何事もやり過ぎたらあかん。
 そうですね、これもごもっともなんですが、あえてその「自然体」の《負》の部分を言えば、「自然体」で生きて美しい生き方ができる人はいいですよ。でも、そうでない人もいませんかね。
 例えば組織のトップになれば、自然体であくどいことをするようになる事例も多々ありますし、普通の人でも「自然体」のままでいれば、自分の思考や性格を改善しようという気持ちがあまり生じず、自分の生来の性格をそのままにしているために、特に中年以降になると、さらにエゴイスティックで、さらに頑固で、さらに独善的なネガティブ人間になることもありそうです。大体が頑固な人は高齢になると、もっと頑固になりますね。
 
 私は二十代の終わりから非常に厳格な教団に所属しましたが、特に若いときは身体の訓練と同時に、親切で謙遜で秩序正しく礼儀正しいというような精神的レッスンをも受けるのは良いことだと思いますね。むろん思考が偏向したり狭小になるする恐れもありますが、とにかく自分を磨いていこうとするのは良いことだと思っています。
 
 世の中には、仕事でも身の回りでもだらしがない人、サボることを得だと考えている人、借りた金を返そうとしない人・・・そんな不真面目な人を今まで自分の近辺で何人も見てきましたが、裏でズルをして大金をかすめ取るような人を見ると、どこかに中村主水がいないかと思いますよ。(笑)

2018/11/26(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)

 家庭に財産があり、親の資質が良いために、あるいは生まれた時代が中流の上であるために、貧困や苦労とは無縁で、子どもの頃から習い事をしたりケータイや自転車を持てる今の子供たちは恵まれています。私の子供の頃と比べると、経済的には、そして考え方や行動の自由な点では本当に天地雲泥の差がありますね。

 昨日、テレビでちょっと見たのですが、片腕の若者が剣道で優勝するまでの努力を紹介していました。そのように身体的にハンディがあるのに、あるいは七光り族とは正反対の家庭環境で育ったのに、自分で人一倍努力して逆境を乗り越えた人が世の中にはいて、そういう人はたいしたものだと思います。

 長い目で見ればどちらが幸せなのかと思えますが、輪廻転生の視点で見れば、どちらも結局は幸せなように思えますね。そして、人生のどんな体験も貴重な体験であり、目の前の問題や障害を一つ一つクリアしていくのが人生ゲームの醍醐味だと思える人は《幸せ》というものをよく理解したひとだと思います。

 宝塚生徒の通学路に乙女チックの店が多いのは、商魂たくましい商人が通りに出店しているだけのことじゃないですか。神社仏閣がある土地では門前市を成すのと同じで、いわば当たり前のことです。それも経済効果を上げていて、地元では喜ばれているのじゃないですかね。

 確かにタカラヅカジェンヌの世界は女の世界ならではの醜いゴタゴタがありそうです。スーパーモデルの世界にもかなりあるそうですから。
 しかし、この記事中に載せた写真で、登下校中の二列縦隊で背筋を伸ばして歩いている姿は美しいと思いましたね。私は以前は制約だらけの窮屈な世界にどっぷり漬かっていたので、こんな制約のある軍隊のような歩き方をさせられるのは本当は大嫌いなんですが、しかしこれはこれで、街中を歩くときもひとの目を意識して規律正しくあれ、という宝塚養成学校ならではの意欲が表れていて、良いものだと思いましたよ。
 
 人が集まれば必ず組織ができ、組織が出来れば必ず序列ができ、そうなれば競争社会となり、勝ち組とか負け組とか呼ばれて、人間のレベルが種々区分されるようになります。
 もっと上に上がりたいという上昇意欲自体は良いものですが、他を蹴落としてまでそうしたいと思うならそれは嫌悪すべきものです。ですから、その辺のバランス感覚がいい人が、思慮深い人とか円熟した人と呼ばれるのじゃないですかね。

2018/11/26(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

確かに

人間の美醜は表情に大きく左右されると思います。
美しい人でも悪いことを考えてこすっからい表情をしたり、エロいことを考えていやらしい顔をすると、吃驚するほど印象が悪くなります。
反対に、そうでもない目鼻立ちの人でも、真剣な表情だったり、心からの笑顔だったりすれば、きれいだなあと思うことがあります。
それを考えると、この「ブスの二十五箇条」は理にかなっている気がします。

以前テレビ何組で、悩めるブスを整形手術やら美容アドバイスやらで美人に生まれ変わらせるというのがありました。
番組を見たことがある友人と話したのですが、使用前の登場人物が、自分で悩んでいるほど不細工に見えない。
あれは、テレビに出演する緊張と、がんばりたい真剣さが、不細工を凌駕したんじゃないかという気がします。

2018/11/26(月) |URL|しのぶもじずり [edit]

Re: 確かに

しのぶもじずりさん コメントありがとうございます^^)
> 人間の美醜は表情に大きく左右されると思います。
 分かりやすい事例ですね。美醜は表情に左右される。表情は感情に左右される。そして感情は自然に沸き起こることがありますが、何を考えているかにもけっこう左右されるのでしょう。人が下品な話題をしているときは口元が歪んだりして、せっかくのいい顔が悪くなることがありますね。確かに性格はかなりの程度、顔に出るようです。

 日本橋で「よさこい祭り」のパレードを見たことがあります。地元のおばさん連中は盆踊りをしているようにダラダラと面白くなさそうに踊り歩き、どこかからから来た若い踊り子たちは凄い意気込みで真剣な顔をして笑顔いっぱいに踊っているのですが、あの単純な踊りが踊り手たちのその真剣さによってカッコよく見えて、しばらく見入ったことがあります。

 ちょっとした大道芸でも実際にナマで見ると、パフォーマーの真剣さが伝わってきて感動したりします。だから多分、宝塚でも劇団四季でもナマの舞台を見ると感動するのではないかと思っています。
 だから、悩めるブスを美人にするそのテレビ番組の出演者も、がんばりたい真剣さが不細工を凌駕したのだと思います。

 そう考えると、ひとの真剣さを見て心が打たれる感情的な仕組みが、人間に備わっているのもなかなかいいものですね。

2018/11/26(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/29(木) || [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/401-9a91b205

back to TOP