「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 日大アメフト事件と、男の宗教心の危険性。 


このたびの日大アメフト事件の経緯をニュースで見ていたら、
危険な反則プレーが起きた《4つの原因》と、男の《宗教心》を思いました。

      qub22.jpgフリー画像


●原因の第4は、監督とコーチがプレッシャーを掛けたから
M選手を三日前から実戦練習で干し、「日本代表を辞退しろ」「相手のQBを1プ
レー目でつぶせば試合に出す」と繰り返し言い、精神的に追い込んだためだった。

反則は命じてないと監督は言い訳したが、『文春』に試合後の録音が公開された。
コーチはしどろもどろで、監督と選手の板挟みになっているのが表情に出ている。


●原因の第3は、人間は狭いところにいると思考も狭くなるため。※a
神もしくは神に等しい者である監督に対する従順は、狭い集団の中では絶対的だ。
今回の「坊主頭にしろ」という余計な命令は、M選手の忠誠心を試している。※b

オウムの優秀な幹部らも、外部から遮断された狭い施設内に住み、教祖の教えが
絶対だと洗脳されていたゆえに、弁護士を殺し、電車内でサリンを撒き散らした。


●原因の第2は、利己心、もしくは自己愛だ
監督とコーチは自分たちの名声を考え、M選手は自分が試合に出ることを考えた。
フェアプレイ遵守や相手選手の心配よりも、利己心が強かったので、危険タック
ルを行なった。相手に突っ込んでいく姿は戦争時の悲壮な特攻機のように見える。

日大問題の報道は2005年のJR福知山線脱線事故を思い出す。事件を起こした当人
より、指導者の意識や姿勢が間接的な主原因だと思われて問題にされているのは、
多くの人たちが、自分の近辺でも傲慢なパワハラに苦しめられているからだろう。


      ame11.jpgフリー画像


●原因の第1は、崇拝心、すなわち宗教心である
『トム・ソーヤーの冒険』を書いたマーク・トウェインがこう書いている。

  世の中には、
  地位を崇拝する人間もいるし、
  英雄を崇拝する人間もいる。
  また、権力を崇拝する人間もいるし、
  神を崇拝する人間もいる。
  そして、こうした架空のものを巡って、
  彼らは議論を戦わせている。
  しかし彼らの誰もが一様に崇拝しているのは、    だ。

最終行の空欄に入るのは、どんな言葉だろうか?
マーク・トウェインは、人間が一様に崇拝しているのは[ カネ ] だと考えた。
(正解は空欄をドラッグ)
カネや利得、保身、幸運やご利益の神など、いろいろ思いつくかもしれないが、
聖書は、自分の腹を、すなわち欲望を神としている人々のことを述べている。※c

他者を犠牲にしてまでも、崇拝に等しいほど最重要視しているものがあるなら、
それは個人的な宗教であり、その人は、その宗教の熱心な信者と言えるだろう。



補足――――――――――――――――――――――――――――――――――
※a:狭いところにいると狭い考えになりやすい傾向は、ネット社会でもあり得る。
別に宗教や政治などの組織に属していなくても、同じ傾向のサイトだけをいつも
好んで見ているなら視野が狭小になり、他の考え方が受け入れにくくなるだろう。
あの「狭き門を通って入れ」の勧めは、狭い思考に入り込む危険性を秘めている。

※b:聖書にも、神への絶対的な信仰ゆえに最愛の息子を殺そうとした事例がある。
古代イスラエルの族長アブラハムは、独り息子イサクを犠牲に捧げよと神から命
じられ、これは理不尽なと三日間悩んだものの、神の命令だからと考え、まさに
実行しようとした時に、おまえの信仰は実証されたのでもういいと言われている。

※c:新約聖書ピリピ人への手紙 3:19 「彼らの行き着くところは滅びです。彼ら
は腹を神とし、恥ずべきものを誇りとし、この世のことしか考えていません。」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

なるほど the 男の宗教

>他者を犠牲にしてまでも、崇拝に等しいほど最重要視しているものがあるなら、それは個人的な宗教であり、その人は、その宗教の熱心な信者と言える

これは名言です! 説得力に満ちていますねぇ。
監督より下位の学長の記者会見……なんの意味があるんでしょう。
『理事長、出てこいやぁ!』だと思うのですが……。

権力、忖度、自己犠牲……政界構造に酷似していて怖いですねぇ。
ですが、当人の宗教心を払拭することは難しいでしょう。
日大の加害者選手、どんな社会人になるのでしょうね。
意外にも『金と権力』に魅せられた人生やってたりして……。

2018/05/26(土) |URL|風子 [edit]

いやな事件ですね

バーソ様
おはよう御座います。

反則タックルをした選手の会見は清清しかったので怪我をさせたにもかかわらず好印象となっています。
彼が仕組んだのではなく親が気を利かせて演出しているのだと思います。
関西学院から刑事事件として犯人扱いされたら大変ですから親がお前会見をやって監督とコーチの全責任にしてこいと言ったのでしょう。
このたびの事件と同様なことは世間一般に多くあると思います。
上司が部下に対し冗談まじりに小言を言う。部下がくそまじめな人間の場合冗談を全く理解できない。
今回はその行き過ぎたケースだと思いますが大人の保身の汚さだけが目について残念です。

愛新覚羅

2018/05/26(土) |URL|aishinkakura [edit]

Re: なるほど the 男の宗教

風子さん コメントありがとうございます^^)
> 権力、忖度、自己犠牲……政界構造に酷似していて怖いですねぇ。
 権力は監督、忖度はコーチ、自己犠牲は当該選手でしょうか。
 政治でも企業でもスポーツでも、組織には序列構造があります。船は船長がいないと航海がしにくいので、階級制は無いといけないものですが、どうしても上になる者が威張り散らし、下にある者が不当に虐げられるということになりやすいですね。昔の軍隊を肯定する人は、上の立場にいた人じゃないでしょうか。

 日大の監督を見ていると、傲慢な権力者の典型の顔をしています。品性と謙遜さがまるでありません。ひとから責められたことがなく、弁明することに慣れてないので、だからすぐ病院に逃げたのでしょう。むろん弁解できない事情があるゆえもありそうですが。

 ローマカトリック教会は、法王を頂点とする位階制のピラミッド構造が非常に明確ですが、聖書はそれを認めているのですね。キリスト教の初期教会では基本的に、監督→執事→平信徒の序列があり、昔のユダヤ教には、大祭司→祭司→レビ人という序列がありました。
 大体が天上の世界でも、神→(神の子イエス)→天使長→天使となっていて、人間世界では、男(夫)→女(妻)という序列が定められています。
 なので序列が悪いということよりも、それはどうしても悪い状況を起こしやすいということでしょうか。

 イエスは「神とマモン(富や金銭)に同時に仕えることはできない」と言いましたが、金と権力は、この世の神ですね。

2018/05/26(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: いやな事件ですね

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)
 会見では選手は思ったより感情の揺れを見せなかったと思いました。淡々と述べた言葉には無駄がなく、嘘も虚飾もないように感じさせられ、あれはかなり有能な弁護士が指導したからだろうと思いました。聞かれても、監督・コーチに対する個人的批判を一切述べなかったのも好印象でした。

 それに引き換え、あのしどろもどろしたコーチの態度。おそらく事前に監督から、こう言えと口裏合わせをさせられていたのでしょう。保身の気持ちもあり、自らの良心との間で板挟みになっているように見えました。もし警察から聞かれたときには本当のことを話しそうです。

 あの「つぶせ」という言葉は、闘争心を発揮してプレー中に激しくぶつかれという意味で言ったのかもしれませんが、そうであれば、そんなことはアメフトに限らず、あのようなスポーツではごくごく当たり前のことです。
 なのに、M選手に「やります」と監督に言って来いとか、試合前の整列中にわざわざ近づいて耳打ちもしています。「丸坊主にしろ」とまで言ったのは、かなりの覚悟をさせた、つまりケガをさせてこいと感じるように言ったのではないかと思いましたね。コーチ自身は、自分ならどうするかと質問されたとき、そんなことは絶対にしないと言わず、わからないと答えていました。

 しかも試合直後には、監督はラフプレーを容認し、Mはよくやったと思うなんて言葉を記者連中に語った録音が公開されています。
 そうではないとしても、そう思わせるような言動を日頃から取っていたのではないでしょうか。むろん、だからといって選手の行動が許されるものではないのですが。

2018/05/26(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

私は物言わぬ貝になりたい

 上官の命令は絶対の軍隊に於いて、兵卒はそれがどんなに理不尽かつ非道であれ反抗は許されない。にも拘らず、東京裁判に於いて命令を拒否しなかった事が罪とされ、命令した側の上官が極刑を免れたと言うのに死刑に処されてしまった兵卒の無念と矛盾を描いたドラマである。架空の話ではあるが、それが人々の胸を打つのは多かれ少なかれ似たような話が巷にはゴロゴロしているからであろう。
 反則を犯した彼の立場について詳しく知る訳ではないが、大学の名門部活に於いて選手に選ばれる位だから、彼の中の競技の占める重さはその人生を左右する程のものであったと推測するのは易い。であるとすれば、そこから飛び出す選択肢はまずありえず、その世界に君臨する人物の言葉に抗う事など出来よう筈は無い。彼は命ぜられるがままに実行し、罪を犯した。命じた側がどんな積りであったかなど知らないが、その世界に長く身を置いている以上、言葉の重さを知らんかったとは言わせない。
 無論、選手にもそれなりのブレーンが付いていて、あの記者会見がある程度演出されたものであった可能性は否定できないが、だからと言って監督側の処分がなあなあになって良いものではない。責任者は、例え直接の原因が自分に無いとしても結果に責任を負うから責任者なのだ。増して原因に自分の命令が深く係わっていたというなら、責任の押し付けなど言語道断。処分が部下より軽くて良い筈は無い。
 耳の痛い方は世の中にごまんと居る筈だが、さて。

2018/05/26(土) |URL|miss.key [edit]

Re: 私は物言わぬ貝になりたい

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
『私は貝になりたい』はフランキー堺のテレビドラマを見ました。最後は絞首刑を受けるために暗い階段を昇っていくシーンだったのを覚えています。
 戦争の持つ悲惨さと軍隊上層部の非人間性、そして勝者の裁判の理不尽さを痛感させられ、いい映画でした。
 https://www.youtube.com/watch?v=3eoum9iEKEk
 
 私は、戦時中に、上官から、もし敵の捕虜や民間人を殺さないならおまえを死刑にするぞと言われても、そんなことは絶対しない良心は持っているつもりです。
 なので、まして戦争ではない平時に、もし会社(大学)のために不正をしなければおまえをクビにするぞと脅されても、たとえ大会社で、いい給料をもらっていて、いい地位にいたとしても、私なら、すぐそれをもっと上のほうに報告し、退社願いを出しますね。口幅ったいことながら、以前は、神に仕えるためにと考えて、一流会社を辞め、好きな職種を諦め、教団の仕事のために失業を長くしたこともありますから、それぐらいの気概は持っています。

 ですから、このM選手は大変に気の毒だったとは思いますが、彼がやった不正に対しては全面的に同情する気持ちはそれほどはないですね。たとえどんな事情があろうと、したらいけないことはしたらいけないのですから。いくら所属する教団の教祖の命令だとしても、人を殺したり、猛毒を撒いたり、人道にもとることは絶対にすべきではないのですから。
 
 上位にある者は、その立場を護るため、あるいは、もっと上位に上がるために、理不尽なことを部下にやらせようとするかもしれませんが、それを部下が良心の声に聴き従わずに実行するからこそ、企業や政治や官僚の不正問題が多々生じているのです。

 この日大アメフト事件の場合は、指導者がじつに劣悪です。大学は、指導と選手の受け取り方に乖離があったと発表しましたが、じつに無責任で、確かに「言葉の重さを知らん」と言っているようなものです。ただ、あのコーチは監督から日大に引っ張ってもらい世話になったそうで、いまは監督を護らないといけない立場にあるのでしょう。とすれば、こういうときには、いろいろと難しい事情や条件が絡んでくるのですね。

 つくづく思うのは、特にこういう時は率直に謙遜に謝るのが一番。山一證券の社長のように「みんな私らが悪いのであって、社員は悪くありませんから」を見倣い、それこそ涙を流して、みんな私の責任です、選手は悪くないんですと謝れば、日本人は優しいですから、こんな大騒動にはならなかったと思いますね。教訓:上に立つ者は、まず謝罪の練習をせよ。(笑)

2018/05/26(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんにちは

今回のアメフトタックル事件も少し前の女子レスリングの
パワハラも根は同じですね。
権力を持ったと過信した愚か者が陥るワナです。
「権力は腐敗しやすく、絶対的な権力は絶対に腐敗する」という
アストンの言葉を思い起こします。

日大は会見を開くたびに火に油を注ぐ問題を起こしてますね。
日大総長の会見時に、「日本を沸かせたこの一件」
とか「今回の事故」と 発言したとか。
言われるままにタックルする選手も問題です。
バーソさんの言われるように狭い空間に閉じ込められると
正常な判断ができなくなるんです。まあ加害選手も20歳
でまだ大人になりきれてないのでしょう。
>人間が一様に崇拝しているのは[   ] だと考えた。
私は[ 自分 ]と解答し外してしまいました。(笑)

2018/05/26(土) |URL|エリアンダー [edit]

日本語は、世界で最も相手(対象)に対する共感力と、言語そのものに対する読解力が不可欠な言語体系です。
例せば「はし」と言う単語は「橋」「箸」「端」など様々な対象を含みます…これは外国には存在しないものです。
従って、言語を発した相手の状況や前後の脈絡を推測しながら、正しく相手の意図する所を解釈しなければ使えません。
コーチの「つぶして来い」と言う言葉を額面通りに受けて、相手に怪我をさせた選手の日本語の読解力は問題があります。
現場にいないから憶測でしか言えませんが、スポーツや肉体労働の現場では、しばしば気合を入れる為に過激な言葉が発せられます。
そうだったのか、そうでなかったのかは分かりませんが、私なら多分コーチの言葉を気合を入れたと解釈するだろうと思います。
パーソさんがおっしゃる様に、選手を取り巻く環境が世知辛くなっている事もあるのでしょうが、ニュースやネットを見る限り、どうも中年から下の世代考え方が短絡的になって、日本語の読解力が随分低下している様に見受けられます。

2018/05/26(土) |URL|sado jo [edit]

Re: こんにちは

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)
 権力は腐敗しやすい。まったくそうですね。権力の座に長く君臨して、最後まで腐敗しなかった権力者なんて稀有なんじゃないですかね。最初は誠実な人でも、時が経つにつれ、横暴になり、まわりをイエスマンで固め、独裁を振るうようになります。隣りの大国では、国家主席の任期が撤廃となりましたが、ほぼ満場一致でそうなったというのが心配です。

 古代イスラエル王国は、ダビデの息子ソロモンの時代に壮麗なエルサレム神殿を建て、最隆盛を誇ったのですが、そのソロモンも晩年は酒池肉林状態で、700人の妻と300人の妾を持ち、それらの異邦人の女たちがイスラエルの神エホバへの忠実から離れさせ、その結果、神の怒りにより王国は南と北に分裂させられてしまいます。
 その北王国のほうがやがてアッシリアに滅ぼされ、「失われた十部族」と言われるようになり、その末裔が日本に来たので神道の祭事が彼らの祭事と似ているのだという説がありますが、実際よく似ています。

 と、話が脱線しましたが、読売テレビニュースによれば、関東学生連盟の規律委員会が、日大の内田前監督を除名処分にする方針を固めたと報道されていますが、実際にはそれはまだ検討中のようですね。
 関学も監督とディレクターが、M選手の言葉のほうが整合性が取れると述べていました。日大の監督は、あの試合後に記者たちに「相当(選手に)プレッシャー掛けてる。M選手はよくやったと思いますよ。法律的には良くないかもしれないけど」「あのぐらい、ラフプレーにならない」「何年か前の関学が一番汚いでしょ」と言っていたのが録音に残っており、それが決め手となるのじゃないかと思います。

『文春』は情報を入手してもすぐには出さないで、いい頃合いを見計らって出すのですね。偉い人は日頃の自分の言動に気を付けないと、昨今はすぐ録音や動画が出てきます。ともあれ、このたびの日大の関係者はモラル意識が低いこともありますが、みな頭が悪いと思いました。確かに、会見のたびに印象を悪くしています。

 人間が一様に崇拝しているのは「自分」だと考えましたか。そうでしたか。じつは私も最初は「自分」という言葉を選択肢の中に入れたのです。自分が一番という考えは、すなわち自分を神としていますよね。王権神授説という言葉がありますが、特に専制君主はそう思っているのじゃないでしょうか。

2018/05/26(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)
 そうですね。日本語ほど同音異義語が多い言葉は、そうはないでしょう。
 でも普段の生活でさほど問題にならないのは、「橋/箸/端」の例でも、大抵は文脈で、その違いが容易に分かるからです。一休さんの頓智話にあるように「このはしを渡ってはいけません」と看板があっても、大抵は危険だからとか修理中だからという理由が分かるようになっているはずで、そうなってなくても、大抵は常識で分かります。
 分かりにくい場合は、「科学/化学」は「ばけ学」と言い換え、「私立/市立」は「いち立」と言い換えたりしているので、同音異義語の問題はそれほど生じてないどころか、私などはダジャレを言うのに役立っています。(笑)

 「つぶせ」は確かに激しいスポーツではよく使う言葉だと思います。コーチは「それくらいの気持ちで」という意味で言ったと述べていました。

 しかし、だとすればM選手はあまりにも覇気がなかったということになりますが、ではそんなヤル気のない選手が日本代表に選ばれるのかという疑問が生じます。
 また、コーチはM選手とは高校時代からの付き合いだったわけで、指導と受け取る側の解釈の乖離とか齟齬が生じるはずもないと思われます。会見を見た限りではM選手はコーチより冷静で、頭は悪くないように感じました。

 そして何よりも試合後の監督の言葉が録音されていて、監督が反則を肯定し、指示したようであることがほぼ確定されています。(監督の話は上記のエリアンダーさん宛ての返コメに書きましたが、監督は「私がやった」と言っています)。

 監督は、その反則場面を見ておらず、三日後にネットで見たと言いましたが、試合中の映像では監督の顔の方向が選手を見ているように思えますし、見てないとしても、見たコーチがそんな大事件を監督にまったく報告しなかったというのもあり得ない話です。
 と、いろいろ監督側が嘘を言っているらしい客観的証拠が多いのと、試合後すぐに謝罪しなかったなどの状況もあるので、監督に対する心証はかなり悪いようですね。
 
 最近は「短絡的になって」いますか。そうですね、何かちよっとしたことがあると、みんなで寄ってたかって、義人面をして魔女狩りのように個人を叩く傾向があり、ちよっと怖ろしい風潮だと思っています。

2018/05/26(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんばんは(^_-)-☆

子供の高校野球時代を思い出しました。

監督は、絶対の存在であり、レギュラーを取るため、あらゆる手段が・・・。

嫌なことです。

狭い世界のたたかいです。

まるで、戦争のような・・・。

2018/05/26(土) |URL|Miyu [edit]

Re: こんばんは(^_-)-☆

miyuさん コメントありがとうございます^^)
 息子さんの学校でも似たようなことがありましたか。
 スポーツクラブも今は学校の宣伝材料になっている場合がありますからね。いろいろと本末転倒の話が多くて、困ったものです。
 あ、いや、「レギュラーを取るため、あらゆる手段」ですか。選手のほうの話でしたか。

 誰でもレギュラーになりたい気持ちがあるのはわかりますが、「あらゆる手段」というのが怖ろしいですね。足を引っ張るようなことを言ったり、したりするのでしょうか。そんな学生は、ろくなおとなにならないでしょうね。
 宝塚歌劇でもスーパーモデルでも陰では醜い争いがあるという話がありますが、高校野球でも選手同士でいらやしい駆け引きがあるなら困ったものです。

 私は高校時代は写真部だったので、そういう競争は一切なし。大学時代は自分の殻を破るべく野球部に入り、生まれて初めてグローブを持ちました、部では二番目に下手だったせいで、そんな争いとは無縁でした。公式試合には一度出ただけですが、二打席二安打でした。むろん、まぐれです。(笑)
 
 青春期の学生時代というのは、同級生と仲良く、争いなく付き合っていけるのがいいのですから、レギュラーの人選も、監督が本当に技術のみで選んでくれるといいのですがね。

2018/05/26(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/29(火) || [edit]

僕も年々、思考の偏向と視野が狭くなってきていますが・・・

 視野は緑内障のせいで本当に狭くなってしまいました。

2018/05/30(水) |URL|Anthony [edit]

Re: タイトルなし

Anthonyさん コメントありがとうございます^^)
 あらら、緑内障は40歳を過ぎたら20人に一人なりやすいそうですが、痛みがひどい痛風もあって、大変ですね。見た目は頑強そうですが、意外に弱いところがあるのは、遺伝的なものでしょうか。もし体質なら食生活の改善と規則正しい日常生活で体調を整えていくのがいいかもしれませんね。

 年々、思考の偏向と視野の狭窄がありますか。まあ、これは謙遜だと思いますが、一般に人間は二種類あるのじゃないですか。つまり年を経るにつれ、ますます頑固でひとの言うことを聞かなくなる人と、ますます角が取れて当たりが柔らかくなる人がいそうです。
 男は好々爺といって概ね後者のほうになる人が多そうですが、しかし社長とか上司とか、組織内で権限を振るえる立場にいると前者になる場合が多いような気がします。
 
 今回の日大の監督などがその事例の一つで、だからあまり偉くならないほうが人に好かれる人になりやすい、と私は自己を顧みて安心しているのですが、しかし私の場合は単に偉くないだけで、人に好かれるかどうかはまた別問題のようです。(笑)

2018/05/30(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

食生活は、かなり改善できましたが、

 酒量がコントロールできないダメおやじです。

 といっても、お酒は弱いほうなのですが。。。


 さて、好々爺は僕の目指すところでありますが、まだまだその域には到達できません。(笑)

2018/06/02(土) |URL|Anthony [edit]

Re: タイトルなし

Anthony さん コメントありがとうございます^^)
 電磁波や化学物質にも過敏だとは、相当に感覚が鋭敏みたいですね。写真では、かなりの長髪で、アコーディオンを持つ姿を見ても、感性鋭い芸術家タイプのように思えますが。
 でも酒量はノーコンですか。ひょっとしてそれが体調不具合の最大原因じゃないでしょうかね。(笑) 酒はほどほどにすれば、人生が愉しくなり、いい薬になるかもしれないですよ。なーんて、飲まない私が言っても説得力がないですが。

> 好々爺は僕の目指すところであります
 世の中、偉そうにしたがる人が多いのですから、好々爺を目指すだけでも人間として大いにけっこうじゃないですかね。どんなことでも目指せば必ずその目標か、あるいはその近辺に行けますし、好々爺を目指すような人は、いい友達も多いので、よい人生を送れるのじゃないでしょうかね。^^)

2018/06/02(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/375-2aada4d4

back to TOP