「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 じつはリルケの『秋』は、枯葉が落ちてはいない。 

 え~、またまた、落ちるはなしにお付き合いを願います。

 落語は結末に「落ち」や「下げ」が来るのは先刻ご承知の通りでございますが、
これは話し手が「下げる」と客が「落ちる」という因果関係になっておりますな。
            _________
 
「ご隠居、たまには、くだらねえ話じゃあなくて、げる話が聞きてえもんだ」
「げっ」
「いや、落ちる話じゃなくって」
「おや、下げるの漢字 “下” を “げ” と音読みしただけだがな」
「ったく、おちおち聞いてられねえ」
「じゃあ、こうしょう。高尚な話だ。八っつあんは、リルケというオーストリア
の詩人を知らないだろうな」
「おうおう、こちとら、自慢じゃねえが、知るけ」
「やはりな。このリルケがドイツ語で『秋』という題の詩を書いている。英語で
秋をオータム(autumn)とかフォール(fall)と言うが、フォールとは落ちることで、
つまり秋とは葉が落ちる季節という意味だ」

lrie3.jpg

「ええ、あっしも秋は恋に落ちて・・・」
「ドブに落ちる顔をして何を言う。リルケはだな、木の葉が落ちているのを見て
いるうちに、万物はみな落ちることを思いついて、極めて非常に寂しくなったな。
だが他のことも思いついて、すこぶるとても安堵した。この詩を見なさい」
  
  
  Herbst(秋)  ライナー・マリア・リルケ(1875-1926)

   木の葉が落ちている はるか彼方から落ちている
   天上の庭が枯れてしまったかのように
   いやいやをしながら 舞い落ちている

   夜ごとに 重い地球が落ちている
   無数の星々の中から 虚空の中へ

   われらはみな落ちている この手も落ちている
   まわりを見てごらん すべては落ちている

   しかし ただ一つのものが在る 
   それらの落下を 両手で 
   限りなく優しく受け止めているものが

 

「八っつあんよ。人間の手のような形をしたカエデとかの枯葉がヒラヒラ落ちる
のを見たことがあるだろう。それがリルケには、葉っぱが手を振ってイヤイヤを
しながら落ちているように見えたんだろな。枯葉は落ちて、その枯葉を受け止め
るはずの大地も、我々人間も、すべては色即是空、一切は空(くう)の中に落ちる」
「分かります分かります。くう、ねる、あそぶだ」
「そのくうとは違うがな。まあ、とにかく万物はみな落ちて、死を免れ得ない定
めのように見える。だが宇宙には、その落ちるものすべてを優しく受け止めてい
るものが一つある、とリルケは思いついた。その一つのものとは何だと思う?」
「神様、仏様ですか」
「そうだ。だが、神といっても、人によってイメージが違う。宗教を信じる人は、
神とは白いヒゲを生やした愛あるおじいさんのように思って、信じて仕えれば救
われると信じている。しかし宗教を嫌う人は、見えない神なんか信じて頼るのは
非科学的で、愚かしいと思っている」

lw08.jpg

「へえ、神様を信じるヤツは頭が悪い」
「いや、そうとも言えんぞ。勧善懲悪の人格神は信じてはいないが、宇宙全体を
(す)べ治めている偉大な知性や秩序、法則のようなもがあるはずだ と考える科
学者や哲学者がいて、ニュートンやアインシュタインもそうだったようだな」
「ご隠居は、どっちを信じているんですか」
「うむ、宇宙はなんかの拍子にひょいと偶然に出来て、そのあと勝手に進化した
ものではないな。もしそうなら、万物はあまりにも絶妙かつ奇(くす)しく出来すぎ
ている。だから、この宇宙の美しい構造と仕組みを始めさせ、命ある者を作り、
人間にいろんな体験と感情を味わえるようにしてくれるようにした、一つの偉大
な原因があるはずだと思っているのだよ」
「そうなら、ありがてえけどなあ」

lhg1yy.jpg

「そんな万物の原因のことを『根源』とか『神』とか、ここでは『いつなる者』と
呼んでいる。それは偉大な叡智でもあるはずだから、万物をただ落としているだ
けのはずがない」
「はずがないって、どうしてですか」
「それは、まあ、道理と信仰とそして希望だなあ。マイナスがあればプラスもあ
るはず。だから万物はみな落ちているようでも、じつは長い目で見れば、また昇
るようになっているはず。なので宇宙は、そして人生は、愛ある叡智を軸にして、
ぐるぐると回り巡り続けている、と私は考えているのだよ。おや、八っつあんや、
眼が回ってるぞ」
「へい、宇宙の仕組みは、ぐるぐると終わりなく回っている。神様のおかげで世
の中はよく出来てるなあと驚いてるんです」
「それを世間ではこう言っているな。・・・回る世間に鬼は無し」




関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

陽はまた昇る

>宇宙の仕組みは、ぐるぐると終わりなく回っている。

( ̄~ ̄;)フムフム、万物は巡り巡って転生する。
枯れ葉は死んだのではなく、形を変えて存在する。 
落ち葉は微生物によって分解され、高品質の腐葉土に生まれ変わる。
コガネムシやカブトムシの幼虫が越冬するための、保温ベッドにもなる。
木は種(どんぐりなど)を落とし、それが動物に運ばれることを願い、
自らは落ち葉を栄養にしてエネルギーを温存する。

まさに“宇宙全体を統(す)べ治めている偉大な知性や秩序、法則のようなもの” = 神 でしょうね。
部分であり全体、瞬間であり永遠、ミクロでありマクロみたいな……(^_^ ;) 

リルケの『夜ごとに 重い地球が落ちている
   無数の星々の中から 虚空の中へ』 

この感性は超越していると感じます。
さすが詩人ですねぇ。

2018/05/19(土) |URL|風子 [edit]

陰陽道

バーソ様
おはよう御座います。

ご隠居さんは勿論ですが八っあんもところどころ理解しているようで哲学者の長屋ですね。
作用があれば反作用がある。陰があれば陽がある。
陰陽道と似たような考え方ですね。宇宙からきているスケールの大きな話です。
この長屋に興味があります。ほかには誰が住んでいますか?

愛新覚羅

2018/05/19(土) |URL|aishinkakura [edit]

Re: 陽はまた昇る

風子さん コメントありがとうございます^^)
> 枯れ葉は死んだのではなく、形を変えて存在する。 
落ち葉は微生物によって分解され、高品質の腐葉土に生まれ変わる。
コガネムシやカブトムシの幼虫が越冬するための、保温ベッドにもなる。
木は種(どんぐりなど)を落とし、それが動物に運ばれることを願い、
自らは落ち葉を栄養にしてエネルギーを温存する。


「さすが、科学の目を持つ風子さんの言葉ですねえ。ご隠居」
「そうだな。私は万物一切が輪廻していると思える根拠を一応、道理とか信仰と控えめに言ったが、科学的にも物証はあるのだ。木の葉は枯れて地上に落ち、やがて大地の一部となる。それを、一切はああ無常だと達観すれば、それは仏教的な人生観だろうな。しかし枯葉は微生物に分解され、虫から鳥から動物に関係し、そして人間に益を与えるまでエネルギーが保存され循環しているというのはスピリチュアル的な宇宙観だろうなあ」
「微生物まで働いているというのが凄いですね」

> まさに“宇宙全体を統(す)べ治めている偉大な知性や秩序、法則のようなもの” = 神 でしょうね。
部分であり全体、瞬間であり永遠、ミクロでありマクロみたいな……


「うむ、この世界は、極小の原子も極大の宇宙も、同じような構造と仕組みで機能している。すべてはエネルギーが形を変えたものだ。とすれば同一の誰かがその仕組みを作ったのだよ、八っつあん」
「へえへえ、そういうもんですか」
「リルケの詩で面白いのは、重い地球が落ちていると言ってることだ。リルケは1900年頃から詩を発表しているが、ニュートンの万有引力の法則は1665年に気づいたそうだから、重い地球も落ちているとは科学的な知識で言っているな」
「地球はどこへ落ちているのですか」
「そのドイツ語は Einsamkeit といって孤独とか寂寥という意味だが、私は、あえて虚空と訳したのだよ」
「虚空も、さみしそうですね」
「そう、じつは孤独というのも意味があると思うのだが、ま、それは置いておいて、『神』とか『根源』『一者』の話をすれば、これを『空』と表現する人もいる。この『空』とは、ミクロでありマクロであり、無であり有である一切のもの、根源の神のようなものなんだよ」
「なんか聞いていると、だいぶ神様のイメージが変わりますね」
「そう。ただ、このリルケは『限りなく優しく受け止めている』なんて言い方をしているので、キリスト教的な愛の神をイメージしているようだがな、しかし究極的にはそう考えてもいいと思うなあ」
「なんでも長い目で見なけりゃ駄目なんですね」
「八っつあん、長い目と言っても、目を細めても駄目だぞ」

2018/05/19(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 陰陽道

aishinkakuraさん コメントありがとうございます^^)
> 作用があれば反作用がある。陰があれば陽がある。
陰陽道と似たような考え方ですね。宇宙からきているスケールの大きな話です。

 陰陽道といえば占術と呪術をもって災異を回避するものとして、また朝廷や幕府の政治にまで関係してきたものとして、現代では何となく胡散臭く思われていますが、本来は国が管理する公式な職業だったそうですね。そしてもっと本来は、宇宙の仕組みを解こうとして生じた学問体系なのでしょう。

 この世は確かに陰と陽、作用と反作用、男と女、表と裏、光と影、ポジとネガ、明と暗、良い面と悪い面がありますね。与党と野党、左翼と右翼も似たような2極化の例でしょうか。金持ちと貧乏人と分けると、貧富の格差となって、ちよっと問題が出てきますが。(笑)

 アインシュタインが「神はサイコロを振らない」と述べたように、自然界には定まった法則なり秩序というものがあります。それを基本的に、まず2つに分けて考えたものが陰陽道の始まりなんでしょう。そして万物は「火、水、木、土、金」の5つから構成されていると考えました。西洋では「火、水、空気、土」の4元素でしたが、似たような分類法なんでしょう。
 
 この長屋で、大家のご隠居宅に遊びに来るのは、八っつあんが多いですね。一度だけ熊さんが遊びに来ましたが、あいつは人があまり良くなく、ご隠居をからかいすぎるので、出番がなくなっています、他に住んでいる人は、コメントを書いてくださる方々で、いろんな立場の方がいますね。至極有難いことです。まあ、この長屋は本当は漫画集団のトキワ荘のようになればいいと思っているのですが。(笑)」

2018/05/19(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんにちは

リルケで始まり神の話にいきつきました。
落語話、いいオチでした。
宇宙の創成、人類の進化に神の介在があったかというテーマは
興味が尽きないです。
ある説では隕石が有機物を地球にもたらし生物が生まれ人類に
進化した。またある説では人類の進化のある過程である知性が
介入した。またある説では宇宙も人類も神が創成したものであると。
「神よ、日本は海に囲まれ他国から侵入を受けにくく、四季があり、
食べ物が豊富で天国のよう。神はなぜ日本だけをこのように優遇
なさるのですか」
「そのかわり不公平にならないよう周りに騒がしい隣人たちを配置しといた」

2018/05/19(土) |URL|エリアンダー [edit]

Re: こんにちは

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)
 ゴーギャンも関心を抱きましたが、古来、宇宙や人間の始まりを知りたいと思うのは、知性ある人間ならではの至極まっとうな疑問だと思います。自分がなぜ生きているのかを知らなければ、目的地を知らないで電車に乗っているようなもので、席に座っていても居心地が悪いと思いますね。

 創世の原因についてはエリアンダーさんが挙げた説のように、いろんな考え方があります。
まず①宇宙も人間も神が創成した=創造論があり、
②生命は自然に発生し進化して多様に増えた=進化論があります。
 そして、この他に折衷説がありますね。
③人類の進化のある過程である知性が介入した=この「ある知性」とは神か、あるいは知的高レベルにある宇宙人ということでしょう。
④隕石が有機物を地球にもたらし生物が生まれ人類に進化した=これは生命が自然(偶然)には発生しにくいので他の星で発生したのだろうと考える説ですが、ではその他の星ではどのように生命が発生したのかという疑問が生じ、それが解決できていない弱点があります。

 進化論の欠点は、(1)進化の途中段階の化石が一つも発見されてない(始祖鳥は違うそうです)。(2)進化は、ものみな単純化するという自然界のエントロピーの法則に反する。(3)現代でもいまだ進化されてないいわゆる原始状態の微生物が存在している。(4)いまだ「論」であって、証明されておらず、証明でき得ない説です。

 ①創造論については、根拠が無いようで、じつはけっこうあります。人間の眼の構造を見れば、人間製の最新全自動カラー動画撮影カメラよりはるかに優れている。人間の脳は、人間製の最新スーパーコンピューターよりはるかに優れている。心臓は最高の技術者でも模倣できない能力を持ったポンプである。生物の複雑さや仕組みはDNA分子によく見られる。なので原子の構造を見ても人体の造りを見ても、それが偶然に出来て勝手に進化したと思うのは、古代神話を信じる信仰と同レベルのように感じますね。ロケット学者のウエルナー・フォン・ブラウン博士は「宇宙の自然法則は極めて精確であるために我々は難なく宇宙船を造って月に飛ばし、その飛行時間を1秒の何分の1もの精度で設定できる。これらの法則は誰かによって定められたに違いない」と言っています。

 新約聖書では、創造論の理屈がこう書かれています。ヘブライ3:4「いうまでもなく家は誰かによって造られるのであり、すべてを造ったのは神です」

 隣人たちが騒がしいのをやめないのは、不公平にならないために設定されたものでしたか。そうすると日本がよほど落ち込まない限り、騒ぎ立てることはやめないのでしょうかね。とすれば、恨み憎しみの他に妬みとコンプレックスもありそうです。困ったもんですね。(笑)

2018/05/19(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

宇宙が誕生したのは、数多の物理現象が偶然に重なった為…と言う科学者の説には根拠があります。
確かに一人の人の子が生まれるのも、父と母が幾つもの偶然に導かれて出会わなければありませんから。
しかし、一つの卵細胞から心臓が、肺が、肝臓が、手や足が…まるであらかじめ折り畳まれていた様に展開して人になる。
同じく宇宙も、たった一つの水素から、ヘリウム、窒素、酸素、鉄などの元素を次々に生み出して今の形に展開しました。
誕生の切っ掛けは偶然かも知れないが、その後に起きたプロセスを見る限りあらかじめ設計図に描かれていたとしか思えません。
いつでもどこでもその様になる…と言う万物の設計図があるとしたら、宇宙も生命も決して偶然の産物ではないと思います

2018/05/20(日) |URL|sado jo [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/20(日) || [edit]

Re: タイトルなし

sado jo さん コメントありがとうございます^^)
 幾多の偶然が重なった結果、宇宙がそして生命が誕生したが、その科学的な根拠はあると考える人が多数派ですね。でもそれは大きな勘違いだと思っています。なぜなら偶然は叡智ある作品を作り出すことはないからです。

 たとえば地球上の人類と猿類が全員集まってキーボードをランダムに休みなく1000億年叩けば「ハムレット」に匹敵する一冊の文学作品ができるかと言えば、まったくあり得ません。
 世界中の鉄や金や銅やゴムやその他ありとあらゆるものを混ぜて1000億年かき混ぜればスーパーコンピュータができるかと言えば、それもまったくあり得ません。
 その逆は、あり得ます。新型自動車を100年放置すれば錆びだらけの物体になり、1000年、2000年放置すれば粉末になり、みな元の鉄や銅などに戻っているでしょう。モノはシンプルになるほうが安定する自然法則があるのです。

 今この現代に「ハムレット」を書けるレベルの作家や、スーパーコンピュータを作れる学者が何万人集まっても、何種かの元素をくっつけて、アミノ酸を造り、それを生ける細胞に作りあげることはできません。
 人間の卵子と精子が結合して生命の細胞となり、それが分裂を繰り返して、体の各部になっていくことなんてことは、現代最高に知恵を持つ人間でも成し得ないことです。DNA一つを人間が作ることは現代科学の粋を集めても到底無理というより、不可能なことです。まして放っておいたら偶然が積み重なって自然に進化して出来あがるなんてことはあり得ないのです。

 ところが男と女が子供を産むことは、電話や自動車どころか鉛筆や紙さえない大昔から行われてきているのです。それは知性の劣る動物でさえ、ごく普通に行ってきています。

 つまり単なる偶然がいくら集まっても、とてつもない叡智を作ることは、理論的にも物理的にも確率的にもあり得ないのです。
 ゆえに偶然が宇宙を造り生命を造ったという考えは、根拠のまるでない信仰であり、偶然という神を信じる原始宗教のようなものだと思いますね。

> 誕生の切っ掛けは偶然かも知れないが、その後に起きたプロセスを見る限りあらかじめ設計図に描かれていたとしか思えません。
 旧約聖書では、詩編作者がその設計図のことを書いています。


「それはあなた(神)が私の内臓を造り、母の胎のうちで私を組み立てられたからです。私は感謝します。あなたは私に、奇しいことをなさって恐ろしいほどです。私のたましいは、それをよく知っています。私がひそかに造られ、地の深い所で仕組まれたとき、私の骨組みはあなたに隠れてはいませんでした。あなたの目は胎児の私を見られ、あなたの書物にすべてが、書きしるされました。私のために作られた日々が、しかも、その一日もないうちに。」(詩篇139:13-16)

 なので、sado joさんの「あらかじめ設計図に描かれていたとしか思えません」という後半の部分はまさに真実だと思います。が、sado joさんは進化論を信じていたのじゃなかったのですか。(@_@)

2018/05/20(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

木の根は岩の隙間に合わせて延びる

 古い神社などで見かける岩を抱き込んだ古木の根。何か重々しくて歴史を感じます。奇妙な曲がり具合に、がっちりとぴったりと隙間なくはまり込んだ姿は正に自然の造形美。素晴らしい。
 しかし、岩は何も木の根をそんな風にしたくて配置されていた訳ではなく、木の根もそんな風に育ちたくて岩を選んだ訳じゃない。ただ、岩の隙間以上には伸びられなくて、岩の形に制限されながら辿り着いたのがその形なのですな。
 つまり、人間とそれを取り巻く世界をして、良くできていると思うのはそもそもが間違いなのであります。そこにある制限の中であれこれと起きた現象の末に辿り着いたのが今我々が住む世界なのでありますの事よ。ですから世界に良く当てはまって当然。インテリジェントデザインなどと言うものは、考える事を放棄した、極めて無責任な逃げの理屈なのです。
 と期待通りの毒を吐いておこう。

2018/05/20(日) |URL|miss.key [edit]

Re: 木の根は岩の隙間に合わせて延びる

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
 いえいえ、毒なんかではありませんよ。それは単に視点と感覚と思考の違いにすぎません。反対意見、大いに結構です。考え方はいろいろあるから面白いのですから。ただし自分と違った意見を他の誰かが持っているからといって不快になり争いになるなら、それは知恵のない、愚かしいことです。

 古刹の日本庭園。これを美しく見えるように配置したのも、美しいと思うのも、人間の感性という英知の一部です。おそらく昆虫が美しいと思うはずはないでしょう。
 木の根が岩の隙間を通って辿り着いたデザインを美しいと思うのも、同じく人間の感性です。たぶん鳥はそうは思わないでしょう。

 しかし木の根が岩の隙間を通って生えるのは、これは偶然にそうなった自然的な産物ですか。いいえ、一般には、こういうことは“自然の知恵”と言われます。すなわち木が持っている英知です。動物の場合には“本能”と呼ばれます。

 根が地中の窒素などの元素を吸収して木質の成分に変え、木自身が成長するエネルギーに変える。木の葉が日光を吸収して光合成を行なう。これらはすべて木が本質的に内蔵している知恵です。これを科学者が真似しようとしても、いまだ真似できていません。

 ではこういう知恵は偶然の産物により備えられていったのか。いいえ、ここがポイントです。Windows10が世界を席巻しているのは、Windows OSを考え出したMicrosoft社の知恵があるゆえです。元素が偶然にPCを作り出し、PCが勝手にOSを作り出して、勝手にバージョンアップして出来たのではありません。知性あるモノには必ず知性の原因があるゆえに、知性ある結果があるのです。

 自然界のモノには、たとえアメーバなどの微生物でさえ、人間が真似できない知恵がありますね。原子核を中心に絶え間なく電子が回る仕組み。その位置は人間が観察すると影響を受ける不思議。物体は99.9999999%が隙間なのに、人間にはモノがあるように見える不思議。世界は人間には不思議だらけです。

 といって宗教がすべて正確なことを教えているわけではありません。アダムが人類の最初だった、エヴァがアダムの肋骨から造られたというような話は比喩として読んだほうがいいでしょう。神が悪事をした人間を地獄に落とすなんて話も宗教教団が考え出した虚偽です。寄付を多くすれば懸命に願えばご利益があるなんて話も詐欺です。愛を教えていながら宗教戦争をし、人種差別をし、よい道徳を実行できるようにしてこなかったのは、その教団とその信者たちが悪いのです。宇宙の根源たる叡智が悪いのではありません。人間に与えられた知恵を賢明かつ適切に用いてこなかった人間が悪いのですね。

 いま私たちが呼吸をして、日光を浴びて、初夏の風を受けて、食物を食べて、好きな人と会話して、それらを心地いいと感じるのは、単なる偶然の産物を要領よく享受しているに過ぎないと思うか、あるいは偉大なる叡智のおかげだと思うか。これはどちらが正しいかということよりも、感覚の違いだと思いますね。^^)

2018/05/21(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/24(木) || [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/374-baa41d92

back to TOP