「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 身近なものに恋をすれば、人生はバラ色。 


恋は、一方通行、出口なし。
恋は、見返りを考えず、ただ想うだけ。
恋は、自己主体の愛、一人だけでも完結する。

今回は、何かに熱く恋をすれば、視界が自動的にバラ色の世界になる話です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
La Vie en rose ~バラ色の人生~


まずはエディット・ピアフの『ラ・ヴィ・アン・ローズ』 を聴きながらどうぞ。



ピアフ(1915-1963)はフランスの国民的象徴とも言われるシャンソン歌手ですが、
幾多の歌手を育てたことでも知られます。シャルル・アズナヴールや、ジルベー
ル・ベコー、ジョルジュ・ムスタキなどの才能を発掘し、デビューさせています。

28歳のときは、売れないウエスタン歌手イヴ・モンタンの才能を見い出し、すぐ
に恋に落ち、同棲を始めます。彼をシャンソン歌手として育てあげ、俳優として
も売り出すことに成功したあと、ピアフは静かにモンタンのもとを去っています。
            mon6.jpg
そのモンタンを想って作った曲が『La vie en rose』。世界的ヒットになったの
は英語詞が付けられ、1950年にルイ・アームストロング録音盤が出されてから。


     
(日産自動車のコマーシャルソングで聞いたことがあるでしょう)

(英詞版)
Hold me close and hold me fast  私をしっかりきつく抱き締めてね
This magic spell you cast     そうすれば魔法のことばとなって
This is la vie en rose        人生をバラ色にしてくれる

When you kiss me, heaven sighs  あなたにキスされると天でため息がする
And though I close my eyes    目を閉じると 
I see la vie en rose         バラ色の人生が見えるわ

When you press me to your heart  あなたの胸に押し付けられると
I'm in a world apart         もう別の世界の中にいるみたい
A world where roses bloom      そこにはバラが咲き乱れている

And when you speak, angels sing from above 
Everyday words seem to turn   あなたが話すと天上で天使たちが歌う
Into love songs          日常の言葉がみなラヴソングに変わる

Give your heart and soul to me  あなたの心と魂で私を愛してね
And life will always be       そうすれば人生はいつも
La vie en rose             ラ・ヴィ・アン・ローズ



この歌詞の理屈は、恋のマジックです。すなわち、恋するひとの存在、感触、声、
すべてがすごく素晴らしいと感じたとき、人生は「バラ色」に見えてくるのです。



   
(私は『La Vie en rose』の曲は、このブレンダ・リーの声に聴き慣れていますね)


じつは最初に思いついた詞は「彼が私を抱くと、私にはいろんなものがバラ色に
見える」というものでしたが、友人の歌手に「いろんなもの」より「人生」に変
えたほうがいいと助言され、そうして『バラ色の人生』の歌詞ができたそうです。

最初の歌詞のまま、逆に考えればどうなるでしょう。すなわち「いろんなもの」
がバラ色に見えれば、普通の彼だって普通の人生だって恋人のようになるのです。



   
(1954年映画『麗しのサブリナ』ではオードリー・ヘップバーンが歌っています)


例えば明るい陽の光、鮮やかな緑の葉、路傍に咲く可憐な花々、小鳥たちのさえ
ずり、無心に遊ぶ子供たちの元気な声、自分の体の中で休むことなく脈打ってい
る心臓とその血液の流れ、そうしたことはじつに素晴らしいことだ、有難いこと
だとよく認識できれば、自分の人生が恋人のように愛おしく感じてくるでしょう。



     
(別府葉子さんの『ばら色の人生』は明るくて、いいですよ)


世の中の悪い点だけを見れば、世界はカオス病態のように見えるかもしれません。
でも良い点を探せば、この地球には素晴らしい事象が沢山あることに気づきます。
好きな音楽を聴くだけで、一輪のバラを見るだけで、
ああ、生きていてよかった、と感じることが私はよくありますね。


          po35g.jpg
          CANON EOS M3 EF-M18-150mm (150mm F6.3)
関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

お礼

こんばんは。
いつもご声援をいただきまして、そして今回も動画のご紹介をいただきまして、本当にありがとうございます。
「バラ色の人生」
個人的には、そこで表れているのはシンプルに愛する人に抱かれる喜び、ストレートなものだと理解しています。
もちろん人生はそれで解決できるほど簡単ではないでしょうが…

2018/05/05(土) |URL|別府葉子 [edit]

なるほど the 『バラ色の人生』

ワ~ォ!別府葉子さん直々のコメント。
バーソさんにとって、これぞ『バラ色の人生』かも。
良かったですねぇ。ヽ(*´v‘*)

わたし、恋する対象は男ではなかったような……。
男女は、あまりにも先が見えすぎる。
相手に、というより、早い段階から、
恋に恋する自分が見えていて……(^_^ ;)

というのも、物語はいつもハッピイエンドで終わる。
その後の2人は?……物語にならない。(^_^ ;)
『恋の病』とは、よく言ったもの。
魔法にかかったようなものですよねぇ。

ですが、人間以外への恋は素晴らしい!
天井がなく、深淵で永遠とも思えます。
生物、植物……森羅万象の全てが愛おしいです。

だから、というのも変ですが、ある意味、
永遠の青年とも思える、ロマンチストのバーソさんが眩しいです。

2018/05/05(土) |URL|風子 [edit]

健康あってこそ

バーソ様
おはよう御座います。

いくら仕事が忙しくて時間がなくても恋愛は別物で、
恋をすることは出来ますね。
お金がなくても恋をしていれば人生はバラ色です。
ただし、それは健康あってのことです。
病気をしていては楽しいものも楽しくなくなります。
最近そう感じるようになりました。

愛新覚羅

2018/05/05(土) |URL|aishinkakura [edit]

Re: お礼

別府葉子さん コメントありがとうございます^^)
 またご丁寧に感想をいただいて、うれしいです。はい、私にとっては「バラ色のコメント」です。(*^^)v

> そこで表れているのはシンプルに愛する人に抱かれる喜び、ストレートなものだと理解しています。
 『愛の賛歌』の作曲家マグリット・モノーは、この「人生がばら色」という比喩に否定的だったそうですが、このフレーズは最高だと私は思いますね。フランス語の原語でも「シンプルに愛するひとに抱かれる喜びをストレートに表している」のでしょうかね。英詩のほうは読んで、私もそう感じましたが。

 別府さんの「シンプル」とか「ストレート」という言い方はいいですね。ジャニス・イアン『恋は盲目』と言われますが、やはり邪念や下心があってはいけません。それは恋ではなく、相手が与えてくれるものを愛する自己愛ですから。恋は、ただ、ひたすら相手のことを想う。その一途な感情が恋だと思いますね。だからこの記事の冒頭の三行では、そう書いたつもりです。むろん両方通行になれば一番いいのでしょうが、一方通行でも十分いいような気が私はしますね。

 別府さんはシャンソンに恋をしているのでしょう。シャンソンを歌えば人生はバラ色。いいですね。すごくいいです。この世に生まれてきて、自分が心から恋せるものがあるひとは幸せです。誰かから愛されるのもうれしいですが、自分のほうは冷めていることもあるわけで、たとえ相手のほうはどう思おうと、自分はひたすら恋をしている状態が持続しているというのは、多分それ以上の幸せはないのではないかと思いますね。できれば私は、これからそういう目にたくさん遭いたいものです。(笑)

2018/05/05(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: なるほど the 『バラ色の人生』

風子さん コメントありがとうございます^^)
> 男女は、あまりにも先が見えすぎる。
相手に、というより、早い段階から、
恋に恋する自分が見えていて

 おおー、そうですか。それはそれは、なんと言ったらいいやら。さすがというべきか。そして「魔法にかかったようなもの」ですか。ということは風子さんは燃えるときは人一倍燃える。しかし燃えている自分もちゃんと見えているのですね。どんなときでも自分を客観的に物事が見えている人は、すごいです。
 で、「物語はいつもハッピイエンドで終わる」んですか。なんとなんと、これもすごいですよ。私とは正反対。(笑)

 で、「ですが、人間以外への恋は素晴らしい!天井がなく、深淵で永遠とも思えます。生物、植物……森羅万象の全てが愛おしいです」か。ここまでの領域になるのは、やはり人生でいろいろ体験を重ねてきたからでしょう。そしていろんなものに知的好奇心がいっぱいで、それを調べることに考えることにまた楽しさを味わってきたのでしょう。今ままでの波乱万丈と言っていいような人生体験がみな、風子さんの人生観にプラスになっていると感じます。

 私も無我夢中で必死にいつも走り続けて今まで人生を生きてきたつもりですが、そして大変なことばかりあったような気がしますが、いま思うと、そのすべてがいい経験だったように思います。苦しい経験もつらい経験も、その時を過ぎてしまえば有益な経験ばかり。人生とは面白いものです。こんな喜怒哀楽のすべてが味わえることって地球上にしか無いでしょうから、有難いことです。

 私は永遠の青年ですか。風子さんはひとを褒めるのが上手ですね。誉め言葉として受け取りましたが、そうですね、私は精神がいまだに十七八のときのままです。大人としては成熟してないですし、別に成熟してないでもいいように思っています。子供の頃から、大人にはなりたくないと思っていて、いまだにそれが続いていますよ。(笑)

2018/05/05(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 健康あってこそ

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)
> いくら仕事が忙しくて時間がなくても恋愛は別物で、
恋をすることは出来ますね。
お金がなくても恋をしていれば人生はバラ色です。

 そうですか、なんだか実際の人生経験からの言葉のようですね。
 教授のイメージは二つありますね。一つはリゲインのキャッチフレーズにある通り「24時間戦って」仕事に打ち込んできたこと。もっとも昭和の男はみなそうですが。もう一つは、そうは言いながらも教授の場合は、フェアレディを乗りまわし、高級オーディオに凝り、ギターも弾くのですから、遊びのほうも相当エンジョイしてきたのでしょう。なかなか両立できた人はいないと思いますね。私は遊びのほうはほとんどゼロのようなものでしたよ。

 しかし教授は配偶者への愛情が強くて、その愛情の深さをいまだにブログに書くぐらいですから、他のひとには目が行かなかったのでしょう。とすれば仕事に恋をし、趣味に恋をし、奥様にも恋をし、そのように非常に恋多き人生を送ってきたわけで、最高の人生だったんじゃないですか。そう感じます。

 でも、そういうことも、健康があってこそ。最近はそう感じるようになりましたか。そうですね、最近、手術も二度しましたからね。人間は、だんだん加齢とともに体のほうにガタが来ますよね。車も大事に使えばタクシーは40万キロは走るみたいですから、あとは精々体をいたわって、故障個所があればその都度直し、安全運転で、長くいかせたいものですね。

2018/05/05(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

恋をバラ(の花)に例えるのは、本当はかなり淫靡な表現になります。
聖職者がよくそんな例え方を許可したものだと思いますが、彼ら自身も教会にバラを植えて愛でていましたからね(笑)
思えば、人が性器を露出して交配しているバラを美しく感じるのは、そこに萌え盛る命の息吹を感じるからなのでしょう。
新しい命が萌え出ずる予感を感じさせる恋は、やはり人にとって世界をバラ色にしてくれる素晴らしいものだと思います。
恋はバラ色…と言うモチーフは古今東西を問わず、文学や音楽、絵画など芸術全般を美しく飾って人々を喜ばせています。

2018/05/05(土) |URL|sado jo [edit]

Re: タイトルなし

sado jo さん コメントありがとうございます^^)
 恋はバラ色というモチーフは、古今東西にそんなに多いのですか。西洋に多いだろうというのは何となく分かりますが、東洋の中国や日本では、特に昔の時代は、ちよっと違う花のほうが合っているような気がします。インドだと、恋は蓮華色ですか。中国だと、恋は牡丹色とか夜来香。日本の万葉の時代なら、恋は梅色とか桜色だとすると、ちよっと地味な恋みたいですね。それから桃の花はどうですか。「恋は桃色」、まあ、桃色は、いいですかね。(笑)
 
 フリーメーソンの前身だかに「薔薇十字団」という秘密結社がありました。漢字で「薔薇」と書くと、とたんに秘密っぽいというか神秘的にな怪しげな雰囲気になりますね。これが同じような他の花、たとえばダリアとか牡丹とか芍薬とかと違う点のようです。女優で言えば吉永小百合とかオードリー・ヘップバーンじゃなく、もっと色っぽいセクシー女優。そんなイメージが薔薇の花にはありますね。
 
 口語訳聖書と新共同訳聖書には「シャロンのバラ」と雅歌2:1に出てきますが、新改訳聖書では「シャロンのサフラン」と訳されています。昔の教会ではバラの花は人を惑わす花としてタブー視されていたようですが、百万本のバラを一度もらってみたいものです。(笑)

2018/05/05(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんにちは

シャンソン好きなバーソさん、「サクランボ・・」「聞かせてよ・・」
「パリの空の下」」「百万本の・・」などありましたねえ。
<災害とバーソさんのシャンソンは忘れたころにやってくる>(笑)
今日のは名曲中の名曲です。
この曲っていろんな歌手が音をずらしたり、テンポを変えたりします。
私は女性歌手の方が絶対いいですね、男のはいかん。(笑)
ブレンダ・リーの情感豊かな歌い方もヘプバーンの素直な歌い方も
いいですね。でもヘプバーンのは吹き替えですね、きっと。
シャンソンでは「聞かせてよ・・」と「おお、シャンゼリゼ」が好きです。
https://youtu.be/4kBWXLuSExA

2018/05/06(日) |URL|エリアンダー [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/06(日) || [edit]

Re: こんにちは

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)
 やはり女性ヴォーカルのほうがいいですか。私も女声ヴォーカルだと、その美しい声にうっとり聞き惚れることができますが、男の声で、しかも二枚目だと、うっとりの精神状態にはなかなかなれないです。(笑) ただルイ・アームストロングとかスティーヴィー・ワンダーだと聴いていて、いい声だなあと聞き惚れられます。味のある声を持っている人は羨ましいです。

 往年の名曲は、シャンソンもそうですが、特にジャズの場合は、そのままストレートに歌わないで、かなり大胆にアレンジして歌う人がいますね。名曲は大勢の歌手がカヴァーしているので、ちよっと変えないといけないような気になるのでしょうか。あまりメロディやテンポを大幅に変えないでオリジナルの歌い方に近いほうが私は好きですね。曲というのは最初のイメージが固着しているせいもあるのでしょうが。

 この映画のヘップバーンの声は吹き替えですか。エリアンダーさんがそう思うのならそうなんでしょう。私には声の違いが分からなかったです。あらためてYouTubeを探したら、キャサリン・ヘップバーンのがありました。
 https://www.youtube.com/watch?v=4tNrhHMzpGk

でも顔はキャサリンより、こっちのほうがいいです。(^-^; ウクレレはこういうふうにしっとりとした伴奏にも使えるのですね。
 https://www.youtube.com/watch?v=pyFXtZ4fDfQ

 「聞かせてよ・・」と「おお、シャンゼリゼ」が好きですか。私も好きですね。特に「聞かせてよ」のほうはリュシエンヌ・ボワイエに限ります。このひとのCD(SPレコードの針のこすれるノイズがピチピチ言う録音盤)を我が家のアメリカ製のアンティーク復刻ラジオに入れて聴くと最高で、こよなくやるせない思いになります。(笑)

2018/05/06(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

『愛しなさい』

こんにちは^^
私は変わっていて、人を本気で好きになることがありません(〃ω〃)
なので私の恋愛は、すべて妄想ですね(笑)
どうも幼い頃のトラウマなのか、恋愛(不倫)はまわりの人間を不幸にすると。
滅多に人を好きにならない私ですが、好きになる人は、大切なものを気づかせてくれる尊敬出来る人が好きですね。
でも期待と依存は人間関係をダメにしますね。期待せずに、ただあるがままの対象を愛するですね。

ピアノの映画のラストシーンでインタビューの場面があって「愛しなさい」と何度も答えて『水に流して』が流れます♪
『私は何一つ後悔しない。私に起きた良いことも悪いことも、私には同じこと』
私はグズグズした性格なので、そうスッキリとはいきませんが、バーソさんの言われた、自分の落ち着く場所の方向に一歩、足を踏み出す決心は出来ています。

2018/05/06(日) |URL|めぐみ [edit]

訂正

ムフッ‼︎ 大事なそこを間違えちゃったらダメでしょう(笑)
ピアノじゃなくて、エディット・ピアフですね(*´∀`*)
バーソさんと一緒に銀巴里でシャンソンを聴きたかったな♪( ´▽`)

2018/05/06(日) |URL|めぐみ [edit]

Re: 『愛しなさい』

めぐみさん コメントありがとうございます^^)
> どうも幼い頃のトラウマなのか、恋愛(不倫)はまわりの人間を不幸にすると。
 そうですか。恋愛はまわりの人間を不幸にするって、そういうことが身近にあったのか、あるいは、そういうことを見たことが多かったのか、それゆえに恋愛はしたくないと思うようになったのでしょうかね。

 ここを言葉通り採ると、まわりの人のことを考えすぎのような気もします。恋は盲目と言われる通りで、とかく恋はまわりの人なんか気にしないものですから、めぐみさんは自分のことよりも、まわりの人のほうに気を使いすぎということがないですか。ひとに迷惑を掛けたらよくないですが、あまりひとのことを気にして自分を抑えるのも、せっかくの人生がもったいないと思いますね。

 人生は人それぞれ、みな違います。幸福そのものに見える人生を送る人もいれば、波乱万丈の人生を送る定めになっているように見える人もいます。ピアフも父親が大道芸人で、母親はしがない歌手。ピアフは家庭環境が酷いので売春宿の親戚に養われ、貧困のストリートシンガー生活を経験しますが、天性の声を見出されたあとは著名な大歌手にまで階段を駆け上がります。恋多き人生を送り、47歳のときに胃がんだったかで亡くなります。時代は第二次大戦のときで、フランスはドイツの占領下。レジスタンス活動もおこなったようです。身長約142cm。ちなみにブレンダ・リーは145cm。小柄な体でも、人一倍大きな人生を送りました。

「私は何一つ後悔しない」というのはいいですね。ありがままを受け入れれば、そして自分の人生は自分に課せられた課題なんだと思えれば、過去を悔やんだりせず、前向きに生きられそうです。めぐみさんは一歩足を踏み出す決心ができているのですか。それはいいと思いますね。一歩進めば景色がかなり変わると思いますよ。
 銀巴里は一度行ってみたかったです。私、行ってない所がいっぱいあるのです。

2018/05/06(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/07(月) || [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/07(月) || [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/07(月) || [edit]

薔薇は薔薇でも黒薔薇かもしんない

 え゛ー、突然ですが、バーソ様におかれましては薔薇ってかけますか?あ゛、バーソ画伯なら薔薇の絵なんてちょいの間ですな。書家バーソ師だと薔薇と言う難しい漢字も得意中の得意。植物学者バーソ博士なら新品種の開発などお手の物。・・・何言ってるのか判らなくなってまいりました。
 え゛ー、バラ色とは何色なんでやんしょ。人によっては赤かもしれません。ピンクってのも捨てがたい。蒼い薔薇の開発に執念を燃やしている人なら勿論青でしょう。純な人なら白かもしんない。お金大好きなら金の薔薇。しかーし、人の心には闇がつき物。誰の心の中にも黒い何かが潜んでいるかもしれません。人の不幸は蜜の味。火事と喧嘩は江戸の華。あら嬉し隣りの蔵が売られてく。さて、あなたのバラ色が黒で無いと言い切れますかな。ケケケ

2018/05/07(月) |URL|miss.key [edit]

Re: 薔薇は薔薇でも黒薔薇かもしんない

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)

危ない言葉など使っておらず、しかも禁止ワードフィルターの設定をしてないのに、「禁止ワードが含まれています」と何度も言われ、言い回しをいろいろ変えてみても投稿ができないので、明日また別の文章を考えて、トライしますね。あるいは、心の闇が邪魔しているのかも。(笑)

2018/05/07(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 薔薇は薔薇でも黒薔薇かもしんない

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
 黒は、きれいな色というよりは、色の無い状態をいうわけでしょう。光の三原色と言って、三色揃うと白になりますから。蜂だって花に色がないと、色気が無いゆえに意欲が湧かなくなりそうで、ゆえに花の花粉は他所へ行かないで、受粉ができず、花は咲かなくなりそうで、ゆえに黒い花というのは自然界では異端児なんでしょうかね。

 でも検索すると自然界には黒い花が若干あるのですね。しかし黒の花だと黒のチョウチョがちよっと似合いそうな、そんな夜の雰囲気がありますが、でも黒の花に黒の鳥カラスは似合わないでしょう。やはり花には蝶が良さそうです。

 黒薔薇というのは調べたらありました。ただし漆黒の黒ではなく、黒っぽい濃い赤で、この色もあぶなそうな感じがありますね。

 宝石も黒いのがありますね。ブラックオパールは私が知っている唯一の黒の宝石。個人的にはあまり欲しくなる色じゃないです。

 そういえば黒のダイヤもありました。別名は石炭。赤いダイヤもあって、別名はアズキ。白いダイヤはシ.ラ.ス.ウ.ナ.ギ。黄色いダイヤはカズノコ。子供の頃は正月だけ食べましたが、おいしいと思ったことがありません。海のダイヤはいうまでもなくクロマグロ。

 とまあ、だんだんとバラから遠ざかって、話題が多岐に拡大していますが、それでもいいのですよ。バラの話は必ずバラ.バラになることになっているのですから。(笑)。

 ★禁止ワードがやっとわかりました。シ.ラ.ス.ウ.ナ.ギでしたよ。理由は分かりません。

2018/05/08(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

おはようございます!

薔薇の季節ですね!
まだ蕾ですが、これから一斉に開花します。
朝早くに露を宿した薔薇も好きなんです。
(私って意外にロマンチスト!)

昔、エディット・ピアフの映画の中で
(タイトル失念、済みません)

彼女はストリート・ガールで
(ビートルズの方たちのように)

赤ちゃんを抱えながら、
アパートに囲まれた狭い路地で歌うと
窓からお金を投げてくれる。
後年の活躍よりも、
その場面が印象に残っています。

彼女の原点、出発点でした。
愛を客観視、昇華できるところが
彼女の大きさでした。
(ように思います)

別府葉子さんの歌を、
こちらに2度お邪魔して聴かせて頂きました。
美しいお声、
明るくて清々しいジャズ調で、
微風の中で匂う薔薇のようですね!



2018/05/10(木) |URL|ミルティリおばさん [edit]

Re: おはようございます!

ミルティリおばさん コメントありがとうございます^^)
> 朝早くに露を宿した薔薇も好きなんです。
 ああ、朝露に濡れて紅い薔薇の花びらの上に出来た水滴が朝日を受けて宝石のように光っている・・・。いや、薄いピンクのバラでも、真っ白の薔薇でもいいですが、想像するだけで、爽やかな浪漫チックですね。

 ピアフは貧困ゆえに、娼館を経営している親戚に預けられたこともあるそうで、母親もピアフもストリートミュージシャン。家庭環境が貧しいながらも芸術一家だったのですね。私の見た映画は、10年ぐらい前にテレビで観たのですが、モノクローム映像だったような気がします。十代のピアフと若い恋人とそして妹も三人一緒に一つのベッドに寝ているシーンがありました。調べたら、1974年と1983年と2007年に、ピアフの伝記映画が作られたそうです。

> 愛を客観視、昇華できるところが
彼女の大きさでした。

 そうですか。モンタンと恋に落ちても、彼に制限を掛けなかった点などにそういうところを感じますね。
 ジャン・コクトーがこんなことを言っています。「ピアフはフランスの夜空の孤独の中で自らを焼き尽くす一つの星である」。そしてピアフの死に衝撃を受け、寝室に入ってそのまま心臓発作で息を引き取ったのだとか。一度ナマのステージで本人を見たかったものです。

 確かに、別府葉子さんは声がいいですね。このYouTubeのシャンソンはちよっと珍しくジャズ調で軽やかに歌っています。「微風の中で匂う薔薇のようです」か。まあ、ご本人が知ったら喜ぶと思います。^^)

2018/05/10(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/10(木) || [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/372-2174cb49

back to TOP