「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 「とても」は、とてもじゃないが、とっても面白い。 


この字はなんと読むのでしょう?


「迚も」


「中」と「二点しんにょう」。なかなか読めないですか。

とても読めないと思った方、正解です。
そうです。「とても」以外には読めない字です。(笑)

字源は「途中までは良いが、最後までは行き着かない様子」を表すそうです。
なので、
(1)最初は、「どうしても」「とうてい」の意で否定的に用いられました。
 例→「とてもそんなに食べられない」
 
(2)後になり、「非常に」「大変」の意で肯定的に用いられるようになりました。
 例→「とてもきれいな花だ」

 ※芥川龍之介は、大正13(1924)年に書いた『澄江堂雑記』の中で、
「とても」が東京で肯定的に使われだしたのは数年以前のことだと述べています。
 
  111j.jpg

最近の世の中は「とても」想定外の出来事がたくさん起きるようになりました。
そういうわけで、「とても」の類語を集めました。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スコブル雨ニモマケズ ――――バーソ・モジリアーニ・ミヤザワ

(有名な宮沢賢治の詩をもじりましたシリーズの第六弾です。「とても」の類義語を計68個使用)


とびきり最たる雨にもこよなく負けず
大変めっちゃ風にも殊のほか負けず
思いっきり雪にもやたら夏の暑さにもとんと負けぬ
非常にめっきり丈夫な体を持ち

根っから欲は滅法なく
決して心からごっつう怒らず
いつもいとも全然静かに過度に笑っている

ものすごく一日にどっさり玄米四合と
痛いほど味噌と至極少しの野菜をずいぶん食べ

極めて文句なしにあらゆることを
むやみに自分を勘定にてんで入れずに
とびっきりよく見聞きし著しく桁外れに分かり
そしてまったくいささかも忘れず

べらぼうに野原のすこぶる松の林のまことに蔭の
はなはだ小さな萓ぶきの言うに言われぬ小屋にいて

東にひときわ途方もなく病気の子供あれば
行ってやけにうんといたく看病してやり

西にひとかたならず疲れた母あれば
行ってその稲の束を心ゆくまでたっぷり負い

南にたとえようもなく死にそうな人あれば
行ってたいそう怖がらなくてもいいと大いに言い

北にとてつもない喧嘩や訴訟がぎょうさんあれば
神もって
つまらないからやめろと衷心から言い

至って異常に日照りのときははなはだ涙をえらく流し
この上なく寒さの夏は途方もなくオロオロ歩き

みんなにさんざデクノボーと呼ばれ
とうていひとつも褒められもせず
さらさら苦にもされず
ひどくそういうものに
わたしはとても馬鹿にたまらなくなりたい


                    
※「神(しん)もって」:(1)神かけて、決して。(下に打ち消しの言葉を伴う)。(2)まことに、じつに。


                 

私は「とても」を使う際は、「素敵」の語と同じく女性用語じゃないかと感じて
若干逡巡します。といって類語の「非常に」「大変」だと緊急異常時のイメージ
があり、「すごく」は漢字が「凄く」なので恐ろし気で、「すこぶる」だとかな
り好きな言葉なんですが、今どき古いんじゃないかという意識が頭をよぎります。

まあ、副詞とか形容詞の使い方は、とてもじゃないがとっても面白いものですね。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『週刊バーソ』社よりお知らせとお詫び。

話題の『リキル博士とバイド氏の奇妙な出来事』の連載は一時休止、再開未定とさせていただきます。
理由は、競合週刊誌が小説の粗筋をバラしちまったためで、弊社は詳細を精査し、対応を検討中です。

これが問題の『週刊ジーソ』中吊り広告だ!※霊性評論家スピル・フーコー氏が市営地下鉄線で撮影。
qu3kk.gif

ネタばれしてドキドキがない小説は炭酸の抜けたコーラのようなもの。諸般の事情をお察しください。
尻切れトンボ小説になったことを衷心よりお詫びいたすと共に、皆様の短いご愛読に感謝いたします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

とてもじゃないですが……。

「迚も」?‥‥とてもじゃないですが読めません。
こんな漢字、見たこともありませんでしたぁ。

>バーソ・モジリアーニ・ミヤザワ

どんどん長くなる『雨ニモマケズ』ペンネーム。
(((ʘ ʘ;)))類義語を計69個って……驚異の思考ですねぇ。
言葉を操らせたら、バーソさんの右にでる者はいない。
絶対に戦ってはいけないお人だと確信しやした。
くわばら、くわばら……。

『リキル博士とバイド氏』連載は休止?
再開未定?……残念!
それにしても中吊り広告は秀作と思いきや、
>霊性評論家スピル・フーコー氏
(*′☉.̫☉)えっ?‥‥誰?‥‥This is me?
競合週刊誌が小説の粗筋をバラしちまった?
けしからん!
言っときますが……、
“ふつうのオバちゃん風子”には、
縁もゆかりもない評論家なんでしょうねぇ。(笑)

2018/04/28(土) |URL|風子 [edit]

とても

バーソ様
おはよう御座います。

とてもは肯定的にも否定的にも自然に使っています。
ヤバイを肯定的に使うのに違和感を感じていますが、多分なれてしまうのでしょうね。

リキル博士とバイド氏の連載中止は残念です。生涯で初の読んだことのある小説になるはずでしたのに。

週間ジーソという週刊誌は珍しく色気記事がないのですね。ヘアヌードの掲載も無いようです。
これでは売れないでしょう。

愛新覚羅

2018/04/28(土) |URL|aishinkakura [edit]

Re: とてもじゃないですが……。

風子さん コメントありがとうございます^^)
 「とても」は《「とてもかくても」の略》だそうです。「迚も」なんて字は読めないですよね。ただ、「途中までは良いが、最後までは行き着かない様子」という意味を覚えると、この字も覚えられます。中間まではしんにゅう(侵入)できると、こじつければいいのです。(笑)
 
 小説のほうはあのライバル誌『週刊ジーソ』が『週刊文春』と『週刊新潮』の前に暴露してしまったので、やむなく休止にします。
 まあ、内容がはかばかしくなく、ひとによっては、ばかばかしくないかと思った人もいるのではないかと思うくらいでしたから、かえってよかったかと思います。一応なんとなく最後までストーリーは作ったのですが。でも休止であり、廃止ではなく、再開未定とさせてください。
 
 霊性評論家スピル・フーコー氏。こんなとてつもなくすごい人が関西方面にいるという噂が東京にも届いていまして、なにやらひとの思考や人格、個性までがぴたりと分かるスピリチュアル各社、あ、間違えました、ええと、覚者でもあり、科学評論家でもあり、医療から人生相談まで、いろいろ達者で、こういうひとと喧嘩でもしたら大変です。こっぴどく打ちのめされそうです。くわばらくわばら。(笑)

2018/04/28(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: とても

aishinkakura さま コメントありがとうございます^^)
 ああ、そうですね。最初「ヤバい」は若い人が使っているのを聞いたとき、かなり違和感を感じましたが、今では気にならなくなりました。90年代から「凄い」の意味が派生し、肯定・否定を問わず用いられるようになったそうですよ。
 
 「ヤバい」の語源を調べました。「具合の悪いさま」「不都合」を意味する形容動詞「やば」を形容詞化した語で、元は盗人や香具師などの隠語。戦前、囚人が看守を「やば」と呼んだことを語源とする説もあるが、「やば」は江戸後期には既に使われているため、形容詞化の由来としては考慮できるが、「やば」の語源としては誤りで、「彌危ない(いやあぶない)」「あやぶい」と同じ語系と考えられるそうです。
 
> 生涯で初の読んだことのある小説になるはずでしたのに。
 ああ、すみませんね。中止することを決める際に、教授のことをちらりと思い出したのですが、これで一応未完の完成ということにさせてください。後世になれば、あの未完成交響曲のように、未完成小説として有名になるかもしれませんから。(笑)
 
『週刊ジーソ』は色気記事がない。ははーっ、まったく気づきませんでした。なるほど、言われてみると、そうですね。なんせ編集者と編集員全員がジーソなもんですから、そっちのほうはもうとんと縁がなくなっているようでして。(笑)

2018/04/28(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんにちは

おお、たくさんの「とても」ですね。
女子高生や関西弁の「とても」も入ってます。
私が育った地では「がいに」を使っていました。
「がいに(ひどく)殴られた」とか使います。
「とても」を使うのは、とても気恥ずかしいですが
「とっても」を使うのはとっても気恥ずかしいです。
宮沢賢治もびっくりです。天国で安らかに眠っているのに
バーソさんに「涙」や「気」やらの件でたびたび起こされるんですから。
芥川龍之介の「とても」の歴史、なるほど勉強になりました。
ふ~ん、1924年前後から肯定的な意味にもなったんだ。
そうですか、小説は中止ですか。中刷り、ネタバレ・・・
文春よりすごい週刊誌があったんですね。
ネタバレはいけませんね、ネタバレは。
ある人が図書館でミステリを借りて、表紙裏を
見たら犯人の名前が鉛筆で書いてあったそうです。
図書館員に何度も「し~~~っ」って言われて恨みに思ったとか。(笑)

2018/04/28(土) |URL|エリアンダー [edit]

Re: こんにちは

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)
 高校生のは「めっちゃ」で、関西弁のは「ごっつう」「ぎょうさん」ですかね。そういう意味では、「とんと」「べらぼうに」「さんざ」は江戸っ子弁で、「たいそう」「いささかも」なんかは昭和の戦前戦後の時代のようです。と見直していたら「まことに」がダブっていたので削除しまして、計68個になりました。ちなみに、以前は「チョー」の使用が気になっていたのですが、私は「超」なら時々使います。カタカナと感じだとニュアンスが違うのも面白いものですね。

 これで「雨ニモマケズ」シリーズは第六弾になりましたが、エリアンダーさんにおかれましては過去記事もよく覚えていてくださり、まことに衷心より神以ってこよなくやたら桁外れにえらく激ありがたく思っております。あ、この「激」も入れればよかった。

 小説のほうは、まあ、慣れないことをするもんじゃないですね。ストーリにドキドキハラハラするどころか、小説ふうに書くことにハラハラドキドキし、ここは「救心」でも飲まないといけないか、「ニトロ」の舌下錠じゃだめかと思ったほどでした。じつは医師に処方されて何錠かもらったのがあって冷蔵庫に入れてあるのですが、だいぶ前のですから気が抜けていると思われます。(笑)

 そうそう、ネタバレがテーマのジョークも幾つかありました。本屋の店員が嫌味な客に本のカバーをしたり、いろいろサービスの最後に犯人の名も教えるというのもありました。あと、お母さんが息子に、この本は読んだらいけないと戒めたら、お母さん、作者はボクだよというのもありました。ええと、あとは思い出せません。というより、あまりここでネタをばらしたらいけませんね。(^-^;

2018/04/28(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

わはは…文才のなさを嘆きながら、やたら形容詞で誤魔化そうとする自分の文章傾向を見た思いです(笑)
元々形容詞を用いる目的は、動詞などにインパクトを与える為だと思いますが、これを自分がやっていた映像に直すと、急激なアップとか煽りになると思います。
実際そんなカメラワークは、よほど強調したいシーンでない限り使わないのですが、最近の…特にSFやアクション映画は多用し過ぎるきらいがありますね。
息もつかせないショックの連続…を表現したつもりなんでしょうが、観客は却って衝撃に慣れてしまってあくびをしていたりします(笑)
どんなに異常に見えても、それが常態化すれば普通にしかならない…ナチスは異常な事を普通に見せ掛ける術を心得ていました。
大日本帝国も同様の事をしましたが、誰も異常だとは気づかなかった…人の心は恐いものですね。

2018/04/28(土) |URL|sado jo [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)

 文章とは形容詞なり、比喩なり、言葉選びなり。と私は思っていますが、それが巧みな人が筆達者とか呼ばれるのじゃないですかね。
 話は何を話すかが一番重要であることは間違いないのですが、でもそれをありきたりの語彙で語ると全然印象に残りません。でも、ちよっと変わった言い方で語るとくっきりと記憶に残るということが多々ありそうです。
 といって言葉を飾った美文調が最高というわけではなく、第一にメッセージに力があり、その要点が簡潔に率直に語られているなら、それもまた名文の範疇に入りそうです。

 古い映画と新しい映画の違いは、カットの編集を見るだけでも分かりますね。昔はのんびりした長いカットで撮っていますが、今はやたら短いカットでポンポンつないでいます。画面が次のシーンに切り替わる前に、音声だけ次のシーンの会話などが数秒ほど先に入るのがあり、見るほうもそのほうが話が早くて気持ちいい場合もあります。だんだん生活のスピードが速くなってきています。ひと頃、極めてゆっくりしゃべる戦場カメラマンがいましたが、私はちよっと合わなかったですね。(笑)

 帝国主義による他国支配というのは、軍事力と国力のある国が皆してきたことで、昔の世界地図を見ると、イギリス領、フランス領、オランダ領の多いこと多いこと。アジアなんて、ほとんどが欧米人に占領されていました。もっとも日本もいまだにオキュパイドジャパン状態だという人もいますが、いつの世も泣く子と地頭には勝てないものです。それにしても今の日本ほどおとなしい国は、ちよっと他にはないんじゃないですか。

2018/04/28(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

諦めません読むまでは

こんばんは~

バーソ・モジリアーニ・ミヤザワ、スコブル雨ニモマケズ、このシリーズ大のお気に入りです、おいらもたまに賢ちゃんを引き合いに出しますが名乗るとしたら、バク・パクリーノ・ミヤザワとでも申しましょうか、でもとてもとてもバーソ師匠のようなキレのあるお話にはまとまりませんが。

ところで小説なんですが、すでに15作まで予約を入れてあったのですが、この件に関しましては如何為されるお積りでしょうか、ま、まだ入金はしていませんでしたので「どうしてくれるんじゃ~」と、ごろつくわけにもいかず、さりとて憤懣やるかたなく、とてもとても承服できなく、それに袋とじの無い週刊ジーソには面白記事満載ではありますが購入意欲にいまいちかけまして、格致日新であられなおかつ下筆成章な師匠の小説を拝読させて頂く機会を逸しましたことは、迚も残念なことであり、わが身の損失でもありまする。

ということでまたの機会を首を長くして待っております、が、キリンさんになってしまわぬうちの御執筆よろしくお願い申し上げます。

2018/04/28(土) |URL|ばく [edit]

Re: 諦めません読むまでは

ばくさん コメントありがとうございます^^)
 ああー、それほどまでに褒めたたえていただくと、一週間は、いえ、二週間、いや、三四週間は気分よく過ごせそうです。「下筆成章」と「格致日新」ですか。ばくさんはこういう難しい言葉に詳しいですね。西洋のロマンチックな本も哲学っぽい本も中国の漢字だらけの本も日本の文豪の本も、相当いろいろ読んでいるようですね。いつも感心します。
 
 で、バク・パクリーノ・ミヤザワですか。なるほど、パクリーノという言い方がありましたか。ちよっと気づかなかったです。これは、バクとパクと韻を踏んでいて、面白いですね。さすが、幕天席地、意気軒高、感奮興起、闊達自在、勇往邁進、抜山蓋世、回山倒海のばくさんにぴったりです。ええ、もちろん辞書を引きましたとも。引かないと書けません。(笑)

 小説は予約を入れてあったんですか。それはそれは申し訳のないことでした。小説もどきは3回まで書きましたが、その感想については、楽しみだというような声は二三人だけ、その他はまったく話題にもならず。なので、まあ、無理もない、やはりなあと深い嘆息と悲嘆と後悔と悔恨と無念の思いで忸怩たる思いから、さらに斬鬼の念に浸り、おのが文才のないことに地団太し、切歯扼腕し、ほぞを噛み、汗顔の至りで、そのあとは汗だらけの顔を石鹸でよく洗いました。洗っても、水の滴るイイ男にはならなかったです。ハイ。

 ところで誰も指摘していただけないので私のほうから書きますが、冒頭のムンクの絵。合成で男を二人にして、very=とてもとし、遠くの二人にはso=tooと同義語のセリフを入れたのですが、この合成はJTrimというフリーソフトを使ったら簡単にでき、これが挿絵としてはちよっとうまくいったと思っているのですが。(笑)

2018/04/29(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

狙ってましたな

 仕掛師刃阿蘇氏、どうやら狙ってましたな。実は打ち切りまでが既定路線で、トテモのネタに引っかけて「道中ば」と落ちに使う。これはエル・コポス裁判官が見聞きした極めて奇妙な出来事と言う事にして、森寺阿仁刃阿蘇氏により初めから仕組まれた極めて巧妙な罠であったと断言します。
 で、善良無垢な読者miss.keyといたしましては、これに厳重に抗議すると共に・・・

 抗議文は何故か此処で途絶えていた。謎を秘めたまま、事件は闇から闇へと葬り去られたのである。---終---

2018/04/29(日) |URL|miss.key [edit]

Re: 狙ってましたな

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
 ああああ、なんという鋭い指摘でありましょう。名探偵金田一京助もびっくりの透徹なる推理力。名探偵明智光秀もおどろきの鋭敏なる洞察力。書いたバーソ自身がいたくはなはだしくとてもたいへんそれはもうごっつうとんでもなくひどくばかに有無を言わさず感銘を受けました。それで 断言しますって。まあ、そんなふうに読みましたか。うーむ、昨今の世の中は何百年に一度とかの意外な想定外のことが多くて、とてもじゃないがとっても面白いことが多いですからねえええ。じつは冒頭の呆れた顔をしているムンクの絵は、もんくを言わないで!を言外に示唆したつもりでありました。はい。

 人の生きざま 夢芝居
 男と女が あやつりつられ
 わずかばかりの運の悪さを恨んだり憎んだり
 人は人と細い赤い糸で結ばれて
 心の鏡 のぞきのぞかれ
 ああ 人生とは不思議なものですね、

 文才のない私めとしましては、小説もどきを始めると宣言したはいいものの、羊頭狗肉、針小棒大、宣伝過多、看板倒れ、荒唐無稽、事実無根、不発隠蔽、実体暴露、崩壊過程、馬脚表明、線香花火、不当表示といろいろ小難しい四字熟語が頭の中にちらつき、どうやったらうまく休止できるかを日夜頭を絞って考えた結果が『週刊ジーソ』の中吊り広告でしたが、いま思うと内容は世間一般のよくある話にせず、ブログ仲間の話題にすれば面白かったかもしれないなあと少々悔やんでおる次第であります。そうすれば、あんパンに食らいついているつちのこの顔も紙面に出てきたでしょうし、エイリアンダー氏の文芸と音楽・ジョークコーナーや、暇人教授の時事放談など、他にもいろいろ面白い見出しを付けられたのに、ああ残念です。(笑)

2018/04/29(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/30(月) || [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/03(木) || [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/371-f1455104

back to TOP