「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 目は口ほどに物を言い、心の中に罪をはらませる。 


「目を白黒させる」という慣用句がありますが、
白目があるのは、霊長類ではヒトだけだそうです。
※1

どうしてかというと、
もし肉食動物に、ヒトのような白黒がはっきりした目があれば、
どこを見ているのか分かりやすいので、獲物に気付かれやすくなります。
草食動物も、どこを見ているのかが分かると、捕食者に狙われやすくなります。
(だから米国大統領のそばにいる警護員は黒メガネを掛けているのですね)

なので、人間に白目があるのは、
目のコミュニケーション能力を強化するためと言われています。

Taylorro.jpg
※2

というわけで、今回は、目の視力以外の社会的な付加機能の話です。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
問:「眼」は、ものを見る視覚器官ですが、
では「目」と書けば、どんな器官と言えるでしょう?


答a:目は、男を惑わす必殺器官である
頼山陽が起承転結の用例として採り上げたとされる俗謡があります。
「大阪本町糸屋の娘 姉は十六 妹が十四
  諸国大名は弓矢で殺す 糸屋の娘は目で殺す
つまり、糸屋の美人姉妹は目力が物凄く、色目を使って男どもを悩殺したのです。


答b:目は、思いを語る表現器官である。
目を細める、目を丸くする、目を見張る、目を剥く、目を回す、目じりを下げる、
目を伏せる、目を光らす、目を注ぐ、目を離す、目を盗む、目を皿にする、目の
色を変える、目に角を立てる、目に物見せる、目が据わる、目移りがする、目が
離せない、目が肥える、目から鼻に抜ける、目じゃない、目に余る、目もくれな
い、目の黒い内、目の上の瘤・・・と、目は感情や動作をうまく表現しています。


答c:目は、人に罪を犯させる誘惑器官である
今は昔、エデンの園に、神が「食べたら死ぬ」と強く禁じた木の実がありました。
アダムの妻がその禁断の木の実を食べたのですが、どうしてでしょう?

(エバ)がその木を見ると、それは食べるに良く、目には美しく、賢くなるには好ましいと思われたから、その実を取って食べ、また共にいた夫(アダム)にも与えたので、彼も食べた。 ――――旧約聖書 創世記3:6

目で見たら美しく見えたからです。そして食べたら賢くなるとも思えたからです。
夫のアダムも楽しい想像をして、彼らの罪が全人類に入ってきたと言われます。
原罪とは、目から侵入してきた、致命的なバグ付きのDNAなのですね。


同じく今日でも、ある人たちは目で見て欲望を感じ、その欲望を行動に移します。

こんなハクいスケは生まれてはじめてよ! 目の毒ってもんさ! どうしてもいただくぜ! ――――P・J・ファーマー『地球の壁の裏に』

ハクいとは”良い・素晴らしい・美しい”の意。男は目で見て、そう感じたのです。
それを「目の毒」と言ったのは、「いただく」行為は罪悪だと知っているのです。
しかし人は「分かっちゃいるけど、やめられない、止まらない」となるのですね。


qq1.jpg

                

目がよこしまな欲望を心に引き起こすときは、どうしたらいいでしょう?


「もし、右の目があなたに罪を犯させるなら、えぐり出して捨ててしまいなさい。体の一部がなくなっても、全身がゲヘナに投げ込まれない方がましである」 ―――――イエスの言葉 新約聖書マタイ5:29
「ゲヘナ」は「ヒンノムの谷」、すなわちエルサレム市のゴミや死骸の処理場で、神の裁きの意。※3

自ら針で両目を突いて盲目になった佐助は、男の覚悟のほどを見せました。
※4
人の欲望は、目をえぐり出すほどの覚悟をすれば抑えられるということでしょう。


xa2jpg.jpg


こうしてカメラ目線で美女軍団に見つめられると、ある種の風圧を感じませんか。
こんな小さな写真であっても、一人ひとりの目からは熱い視線が発せられており、
人間の目には、かなりの思念、感情、エネルギーがあることが分かるでしょう。

魅惑の眼差しで目配せされたら、目を奪われ、目を凝らし、目が眩み、目が冴え、
私なら目が点になり、目を逸らせ、目を瞑ります。そうしないと駄目です。(笑)


補足―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※1:『マイナビ学生の窓口』https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/18897
※2:このひとが誰だか分かりにくいときは、アイメイク中の動画をどうぞ。→ クリック
※3:イエスは神を ”人をゲヘナで裁く方だ” と言っているが、神が無条件の愛ならそれは矛盾する。
 しかし人間は ”悪行を行なうと全身を滅ぼされる” とまで言われないと、なかなか欲望を抑えない。
※4:谷崎潤一郎『春琴抄』の佐助は、愛する春琴の火傷の顔が見えないよう、自分も盲目になった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

28対の瞳に見つめられて

『二十四の瞳』どころか、28対の魅惑的な目に見つめられると、
同性でもトリハダもんですねぇ。
やはり白人の目は透明感があって魅惑的だと、つくづく思いました。
ここに一人、東洋系が混ざると、地味な印象が際立つような……(^_^ ;)

個人的に、目からは特殊な“ビーム”が出ていると思っています。
癒し系の視線、殺気を帯びた視線、妬み、誹りなど感情のビームが……。

東洋医学で“肝臓は目に開口する”と捉えます。(望診)
黄疸は白目にに反映しますし、肝機能の低下は白目が青がかったり……。
肺の状態は背中のうぶ毛、腎臓の状態は皮膚の色に、なんてね。(^_^ ;)

https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/18897
なぁ~るほどぉ、目から鱗でした。
確かに馬ちゃん、大きな瞳ですが、焦点がいまいち不明瞭ですよね。
おかげで、またひとつ、お利巧さんになりましたぁ。

ところで、バーソさんのお好みは?(*^▽^*)

2018/03/17(土) |URL|風子 [edit]

そういえば

バーソ様
おはよう御座います。

そういえばいい役者さんは目で演技していますね。仲代達也など恐ろしいほどの眼力があります。しかし渥美清のような細い目でもちゃんと演技が出来ているのですね。
それは舞台役者か映画役者かの違いなのでしょう。
映画であればいくらでも表情アップができますから。
女性のことを書くつもりだったのですが気づいたら男性のことを書いていました。(笑)

愛新覚羅

2018/03/17(土) |URL|aishinkakura [edit]

おはようございます

目を目いっぱい詰め込みましたね。
こんなに目の用法があるとは目が眩むみそうです。
「目は人間のまなこなり」と言って、相方に突っ込まれていた
岡八郎を思い出しました。
外国人で羨ましいのは目の色です。緑、青、茶、美しいです。
エリザベスティラーの化粧、見ました。目の周り、やりすぎで
パンダみたいになっています。でもこの目で男性たちを魅了
したんですよね。10回ぐらい結婚しています。
彼女は眠れないとき別れた男の数を数えたとか。(笑)

2018/03/17(土) |URL|エリアンダー [edit]

結構色目で見られておりました。

昔100個ほど目がついておりました。
それがどうしたものか、右目左目で罪を犯すこと10回、ムンムンの女子に目を奪われる事38回、挙げ句の果てには潤一郎先生の小説で目にした、琴ちゃんのような盲目のS女にはまり、気に入られたいがため、両目を針で突き、かろうじて現在二つまなこで暮らしております。

欧米の美女たちの目に、こんだけ見つめられますと、男根的にも厳しいものがありましてもう起き上がる事すらできません、せめて上下のまなこ集団に登場されていますアン・ハサウェイちゃんだけならもうちょっと頑張れるのですが・・

崇高な貴ブログに目に余るような書きコメ、どうぞ大目に見てやってください。

2018/03/17(土) |URL|ばく [edit]

Re: 28対の瞳に見つめられて

風子さん コメントありがとうございます^^)
> ここに一人、東洋系が混ざると、地味な印象が際立つような
 じつは「美人な洋画女優一覧!」というサイトがあり、そこに出ている名前で検索して目の正面アップの大きいサイズのものを選んで載せたのです。日本人も入れようと思ったのですが、白人と並べると到底敵わないのでやめました。日本美人は、やはり清楚&かわいい系が多いですね。採食農耕民族と肉食牧羊民族の嗜好の違いを見るようです。

> 個人的に、目からは特殊な“ビーム”が出ていると思っています。
癒し系の視線、殺気を帯びた視線、妬み、誹りなど感情のビームが……。

 なるほど、ビーム。ピタリの言葉ですね。「視線」よりいいです。じつは最初は「目線」と「視線」の違いについて書いていたので「視線」と書いたのです。でも途中で気が変わって、その話は違う機会にアップすることにしました。
 それにしてもこんなにいろいろの感情を感じるとは、さすがです。私は、「さあ私を見てよ」と語っている、自信たっぷりの感情しか感じませんよ。
 
 外人は目がブラウン、ブルー、グリーン、ヴァイオレットの人もいて、いいなあと思いますが、「黒い瞳の若者が私の心をとりこにした」と歌うロシヤ民謡もあって、まあ人の好みはいろいろです。

 私の好みですか。この28人は全部私の好みで選びました。こうして並べると殺気を帯びていて、ちょっと怖いぐらいなので、この中なら怖くないひとを選びたくなりますが、そうすると第二群の左上の若干グリーンアイのひとが清純そうで、いいです、と勝手なことを言ってます。(笑)

2018/03/17(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: そういえば

aishinkakura さま コメントありがとうございます^^)
> そういえばいい役者さんは目で演技していますね。仲代達也など恐ろしいほどの眼力があります。
 そういえば男優を載せることは全然思ってもみなかったです。イイ男を載せるのはなんとなく気分悪いですし。(笑) 

 仲代達也ですか。確かに目の迫力では日本人ナンバーワンかもしれません。黒澤映画『用心棒』に出ていたときの妖気漂うギョロッとした目を思い出します。
 最近の男優には、目のパワーで仲代に敵う人はいないのじゃないですかね。幕末の風雲児のようないわゆる男らしいタイプより、今は、おっとりした甘い目をしているイケメンが好まれているような気がします。

 昔、 平幹二朗とすれ違って互いに数秒ほど目を合わせたことがあります。テレビで見ていた時は、ヌボッとした平坦な目をしている人かと思っていたのですが、全然そうではなく、ひとの心を見抜くような鋭さがあってちょっと驚いたことがあります。俳優は役柄によって表情や目の印象がけっこう変わるのでしょう。二枚目は顔がいいだけですが、三枚目役の男優は頭がいいはずなので、目にも普段それが表れるときがありそうです。

> それは舞台役者か映画役者かの違いなのでしょう。
 その分野はあまり詳しくないのですが、表情や身振りなどの演技は舞台俳優のほうが誇張気味に演出されるのじゃないですかね。声の出し方ひとつとっても映画とはだいぶ違うように思います。

2018/03/17(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: おはようございます

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)
「目は人間のまなこなり」岡八朗。言われて思い出しました。確かにそうです。その答弁には虚偽は全然なく、まったくの真実を物語っています。(笑)
 まあ、普通は「目は人間の心の窓」とか言われるのでしょうが、ごくごく当たり前のことを格言のように言われると、その意外性ゆえに逆に面白いですね。

 岡八朗の顔を思い出せなかったので検索してみました。もっと面白い顔をしている人だと思っていましたが、あ、こんな顔だったのかと思いました。画像検索のページが年取った頃の写真もたくさん載せているせいかもしれません。
 人間、みんな歳を取って老人になるのですねぇと、これはごく当たり前のことですが、全然面白くないです。(笑)

 昔、アメリカ人じゃない女優で緑の目をしているセクシーな女優がいて、胸ときめかしたことがありますが、それほど有名な女優じゃなかったせいもあり、名前を思い出せません。この写真一覧では、第一群の左上から3枚目のMilla Jovovichのような目の人でした。

 リズ・テイラーのメイク画像は『クレオパトラ』のときじゃないですかね。0:00-0:05では目尻にアイラインを強く入れて跳ね上げていますから。面白いのは0:35秒時で、自分の顔を見て、ほんの一瞬ですがニコッとしています。

 彼女は眠れないときに別れた男の数を数えたのですか。男はみな、一匹二匹三匹・・・と、百匹ぐらいまで数えられて、羊扱いされ、犠牲にされたのですね。(笑)

2018/03/17(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 結構色目で見られておりました。

ばくさん コメントありがとうございます^^)
 こういう話題のときは、どうもかなりの”色男”と思われるばくさんが登場してきますね。本当は名前も百人ぐらいは覚えているぞと言いたくて、心がムズムズするのでしょう。「結構色目で見られておりました」か。まあ、憎らしいことで。(笑)

「盲目のS女」って本当の話ですか。春琴の「S」じゃなく、本当に頭文字が「さ行」だったのですか。そうならかなりの美人だったのでしょう。ばくさんは、きっと事業のほうも多彩に手を拡げているのでしょう。

「昔取った杵柄」って書こうとして、「昔」と言ったら失礼かと思いましたが、この言葉は”若い頃の腕前”という意味というよりは、それが”いまだ衰えない”という意味なんですよね。
 でも現在は「二つまなこ」で暮らしている。いいことです。家庭不和の問題が起きません。聖書的に言うと「シングルアイ」ということです。イエスは「目を純一に保ちなさい」と言ってますから。

 アン・ハサウェイが好きですか。欧米の女優の中でも目が大きいほうのトップか、ベストスリーに入りそうな人ですね。この写真群の中の第一群の左の一番下にありますが、こうして比べて見ると、大きさは他の人とそんなには変わらないので、彼女は目の奥に迫力があるということですかね。私は、映画は『プラダを着た悪魔』をテレビで二度観ましたが、お洒落で、はまり役でしたね。劇場で観た『アリス・イン・ワンダーランド』よりも印象に残っています。

2018/03/17(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

私はプチ難聴です。
そのかわり嗅覚が逆に鋭くなっています。
(のような、気がしています)

合わせて目力も強くなっているような気がします。
さらにコトバ力も。

プチ難聴をカバーしようと
ほかの器官や機能を駆使しようと本能的に
足らないものを補っている感じ。
(気持ちだけですが)

ふっと鏡を見ると、疲れた目をしていましたー(笑)
キャー、困った困った!!

2018/03/17(土) |URL|森須もりん [edit]

Re: タイトルなし

森須もりんさん コメントありがとうございます^^)
 プチ難聴なために職場の電話でちょっと難儀をしているようですね。
 大体がひとはしゃべるときにハッキリと発音するように気を付けない人が多いので、ちょっと珍しい名前だとか聞き間違いしやすい名前だと、正確に聞き取るのが難しいですね。

 私はちょっと重要な電話をするときは相手の名前を聞くことにしていますが、たまに自分の名前を何々ですと言ってから、その漢字を説明してくれる丁寧な人がいます。初対面の場合は、すべての人にそうしてもらいたいものだと思います。
 私は知らない人に電話で名前を名乗るときは、自分の姓名だけは意識してゆっくりめに一語一語区切って発音するようにしていますよ。

 さて、聴覚をカバーしようとして嗅覚と視覚、じゃなかった目力が強くなっているのですか。森須さんは目力のほうは元々強そうですが、いまは職場で気が張っているので余計そうなっているのじゃないですか。それだけみんなに気を使っていると、受け入れないという人はいないでしょう。
 気を使うというのは性格がいい証拠。あまり気を使い過ぎず、適当に気を使って、うまくやっていければいいですね。^^)

2018/03/17(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

「目を合わせる」と言う言葉がありますが、どうも、目と言うのは人間や動物の器官の中でも特異な能力を備えている様です。
戦地に行った父の話では、米兵を撃とうと照準を合わせると、100メートル以上向こうにいる怯える敵の顔(目)が眼前に迫る様に見えたとか。
また空襲の際に、米軍機に機銃掃射され「もうダメだ」と観念して振り返ったら、150メートル以上離れたパイロットの顔(目)が見えたと言う人もいました。
人間の視力からは考えられない話ですが、人は極限状態に陥ると時空を超えたアイ・コンタクト能力を発揮するのかも知れません。

2018/03/17(土) |URL|sado jo [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)
 100メートル以上先の人間の目が見えた話。
 戦時中、ゼロ戦乗りのエースとして名を馳せた坂井三郎の視力を思い出しました。視力3.5ぐらいを維持するために、昼間の空でも星を見る練習をしたとか、夜更かしはしないようにしたとか、いろいろ努力した結果の話のようでした。
 アフリカのジャングルに住む人々は視力が10.0ぐらいあるそうで、人間の目は現代人が想像以上に優れた性能を持っているようです。なにしろ人間の目は、総天然色、3D立体映像、オートフォーカス、超ワイドのマクロレンズ、各種収差なし、フィルム半永久不要ですから、自然の進化のメカニズム(もしくは造物主の智慧)はたいしたものです。

 私もワープロを使い始める前はずっと視力1.5でした。前々回だったかの免許更新時には、もういよいよ眼鏡着用じゃないとだめかと思ったのですが、ネットで目の簡単な運動法を知り、少しやってみたら、それが視力改善にけっこう役に立ちましたね。去年秋の免許更新時も、眼鏡は掛けずに通りました。他の身体機能はあちこち衰えていますが。
 
 人間は極限状態時には通常を超えた能力を発揮する。
 アドレナリンやβエンドルフィンの分泌により、火事場の馬鹿力が出るそうですが、臨死体験などではあの世の次元を目を使わずに見ることも出来る人がいますから、人体とはじつに不思議なものですね。

2018/03/17(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/17(土) || [edit]

相手を見る

バーソさん、お早うございます。
小生は直接 直接 目を見て話をする方が居たら
少々ビビりましたね。
見透かされている気がします。
ヤマシイ事もまましていましたから。
これ位なら許してくれるだろう。
そんな感じで無いと生きて行けない世界でした。
だから、
相手と話をする時は若干 目を逸らしながら、話す
訳です。まぁ、悪事はバレマスね。

2018/03/18(日) |URL|kenichi2409 [edit]

Re: 相手を見る

kenichi2409 さん コメントありがとうございます^^)
 あまり目を合わせるのが得意じゃなかった。やましいこともあった。えっ、そうですか。でも謙遜なんでしょう。いつも良心が機能していたという意味なんでしょう。

 目をピシッと合わせてしゃべる人は相当に自信があるのでしょう。逆に、目を合わせない人は気が弱いということもありそうです。

 菅官房長官がいつも下を向いてしゃべっているのは、気が弱いせいというよりは、そのほうが都合がいいという戦略もあるのじゃないかと思ったりします。ああいうしゃべり方は、北朝鮮や中国の自信満々のスポークスマンと違って、当たりが柔らかくていい場合もありそうです。いつもああいう話し方をしていると、なにか政府に都合が悪いときでも普段と変わらず同じ口調で話せるからです。

 私はどうかと考えてみましたが、喫茶店などで男同士でも女性相手でも、二人だけのとき相手の真正面に座るのがちょっと苦手です。
 
 欧米の映画やドラマを見ていると、ほとんど顔がくっつきそうな至近距離で対面して会話をする場面があって、あれじゃ近すぎてピントが合わないだろうと思ってしまいます。適度に見ながら話すのは案外難しいものですね。

2018/03/18(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/18(日) || [edit]

個人的には

 上段右一番上と下段右上から二番目が好きかなぁ。
 逆に下段右一番上は意思が薄弱そうで嫌。上段左上から三番目は怖い。ビビアン・リーの上目遣い三白眼もちとどーかと。
 しかしカラーの目ってのは憧れますな。特に紫と緑の目は綺麗だなと思います。紫は青目+血管が透けるという稀な条件をクリアしないといけないので非常に珍しいとか。リズさん恐るべし。緑の目はポイズングリーンってな位なので人によっては嫌がられるとか。でも好きだなぁ。ちなみにうちの物語の主要人物の目の色は緑、紫、黒であります。そう、本当の黒ならとっても綺麗なんですよ。ちなみにあっしの目は濃いめのヘーゼルでやんす。
 目力なんて言いますね。風子様曰くビームが出てるとか。なるほど、X麵では怪光線がびびびー。マジンガーZでは光子力ビーム。ウルトラマンもやってましたっけ。ですが、某FSSでは目玉にレーザーなんか仕込むなボケ、ファッキンだそうです。ま、カメラにレーザーなんて焼付け起こしますから妥当な意見でございます(笑
 脱線失礼。
 いずれにせよ目は特別な力を持っていると思われている様です。確かに意志の強い人の目の輝きは素晴らしい。恋してる娘の目も輝いてます。わたくし、それに弱いんでしょう。好きになった人の半分以上が結婚間近でした。がぁぁぁぁぁぁぁ。
 え゛、わたくしの目??そらもう、死んだ鰯も真っ青な澄んだ目をしてますよ(ナンヤソレ

2018/03/18(日) |URL|miss.key [edit]

Re: 個人的には

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
 上段右一番上Taylor Cole Louraと下段右上から二番目rachael leigh cookがいいですか。上段左上から三番目のMilla Jovovichは『バイオハザード』の女優ですが、目が怖い。どうやらmiss.keyさんの好みは内面で、美人プラス優しさのようですね。
 言われてもう一度見直したら、テイラーでもレイチェルの二人でも、私はいいです。むろん先方は意見が全く違うでしょうが。(笑)。
 このたびはバルドーが入ってないのですが、目がいいアップ写真が見つからなかったのです。B.B.はあの唇と併せてちょっと小悪魔的な雰囲気がいいのですから、こういう美女のオンパレの目に並べるのはちょっと難しいですね。

 miss.keyさんは、長身で、目はつちのこのようなかわいいヘーゼルのナッツですか。うーん、かっこよさと優しさが同居したイイ男じゃないですか。この色は米国やヨーロッパの人々に多く、日本では九州地方に偏在して見られるものの、基本的にはアフリカ、中東、アジア圏ではほとんど見られないとか。ならば欧米の血が混じっているのか、前世はヨーロッパ人だったか。ちなみに私はチャーリーのブラウン。ピーナッツです。

 で、好きになった人の半分以上が結婚間近でしたか。やはり好きな女性のタイプは、内面を見て判断していることがわかりますよ。そうです、短く付き合うなら外見、長く付き合おうと思ったら内面が一番重要ですから。
 でもまあ、世の中、理想通りには行きません。蓼食う虫もなんとやら。いろいろ好みが違っていても、それはそれでいいのでしょう。

2018/03/19(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/19(月) || [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/20(火) || [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/21(水) || [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/22(木) || [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/23(金) || [edit]

わ~、きれいきれい!
最初のいちばん大きな写真は、エリザベス・テイラーで、…一群左右上はマリリン・モンローで、その二人下がミラ・ジョコビッチかな。この写真の目に似ている緑色の目をした昔の女優さんというと、マリー・ラフォレじゃないでしょうか?でも、清純派で、色っぽいひとではなかったな。
緑色の目というと彼女のことを思い出すなあ。
https://youtu.be/5EHe1s5VIkc
(2:30くらいのところから)
実際は、ミラ・ジョコビッチの目とは似てないかな。
その下は、モニカ・べルッチかな。違うかな。

二群右上は、エマ・ワトソン?
…わからないものですねえ…

自信あるのは、二群右下の二人。
キム・ノヴァクとヴィヴィアン・リーだな。
ヴィヴィアン・リーの隣は、クリスチーヌ・カウフマンに似ている気がするけど自信ありません。クリスチーヌ・カウフマンは『美しい灰色』の目。

二群左上から3人目はえ~と、名前を思い出せないな…『裸足の伯爵夫人』に出ていた…そうだ!エヴァ・ガードナーですね。
(知ってるのは昔の女優さんばかりだ。笑)

私が目の印象的だったと思うのは、シャーリー・マクレーンでしたね。いたずらっぽい目。ソフィア・ローレン、ローレン・バコールなど個性的な目をした女優さんが多かったなあ…

女は化粧で変わるからなあ!(笑)とりわけ今は、みんなお化粧上手だから。

エリザベス・テーラーの目はとびっきり美しい菫色。あの長くて濃いまつげなども自前だったようですよ。子役の頃から美しい目。

2018/03/25(日) |URL|彼岸花さん [edit]

Re: タイトルなし

彼岸花さん コメントありがとうございます^^)
 ああ、うれしい。
 でも今日は出かけるので、返コメはちょっと待ってくださいね。
 今夜8時頃までには書きますから。^^)

2018/03/25(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

彼岸花さん コメントありがとうございます^^)
 はい、目立つのはやはり、リズテイラーとモンローとミラ・ジョコビッチですね。マリー・ラフォレ。そういえば似てますね。こちらのほうがかわいいですが。『太陽がいっぱい』のドロンの相手役でした。ニーノ・ロータ作のそのテーマ音楽を聴くと切なくなります。でも彼女の歌といえばサントロッペ~♪と歌う「赤と青のブルース」を思い出しますね。
 https://www.youtube.com/watch?v=iu4Qlre91gQ

 で、女優の名について答えられるように名前を入れて写真を保存してあったのですが、うっかりフォルダを削除してしまったようで、残念です。私は顔は知っていても名前は知らないひとのほうがはるかに多いのです。

 シャーリー・マクレーン。映画『アパートの鍵貸します』が面白かったです。晩年は『赤毛のアン』にも出ていました。私はなぜか江利チエミを思い出しますね。顔は似てないのですが。

 この中で抜けていると思えるのは、バルドーとオードリーヘップバーンですね。でもカメラ目線の正面写真がちょっと見つからなかったのです。
 昔の美人は素顔でも美人でしたが、いまはメイクでずいぶん変わるのと、レタッチでも修正できるのと、整形も出来るので、おんなのひとが羨ましいです。(笑)

2018/03/25(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/365-ad188968

back to TOP