「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 2017年も訪問ありがとうございました。 


突然ですが、今年最後のクエスチョンです。

質問:ナパキャベジ(Napa cabbage)とは何のことでしょうか?

ヒント:結球様の形状は、キャベツがやや横に扁平なのに対し、これは縦に長い。
草丈は約40cm。葉は結球外側は緑色をしているが、結球内部に行くほど黄白色に
なる。栄養価は外側ほど高い傾向がある。旬は冬。霜に当たると甘みが出て美味。


正解は以下のカッコ内をドラッグしてください。
答え:(キャベツに似ている白い菜っ葉の「白菜」のこと。)


    _______________________

冬の野菜として好まれていますね。キャベツと同じアブラナ科の「白菜はくさい」。
というわけで、
わたしゃ 九十九歳まで、あなた はくさい・・・・まで、
人生は百年時代だそうですが、本年の終わる前に最後のご挨拶です。
(と、これを言いたいがためのマクラでして、相済みません)

ご挨拶

いまさら言うのはナンですが、わたくし、姓はパブロ、名はバーソ。
人呼んでフーテンの寅、いや、そうでなく、
ええと、汚点の、減点の、脳天の、仰天の、特異点の、いやいや、不退転の
(いぬ)と、このたびは申しておきましょう。

今はネオン、ジャンズ高鳴る大東京に、仮の住居(じょうきょ)まかりあります。
不思議な縁持ちまして、皆様共々、粉骨砕身、倍に励もうと思っております。
西に行きましても、東に行きましても、
とかく土地土地の紳士淑女の方々に、ご厄介かけがちなる野郎でございます。

月日の去るのは速いもの。
サルは引っかくもの、ザルは掬(すく)うもの。
こうして年の瀬に皆様にお会いしますと、
何やら この胸の奥がぽっぽと火照(ほて)ってくるような気が致します。

この一年、この見苦しきブログに訪問して下さり、
誠に有難き幸せでございました。
来年も向後万端引き立てて宜しくお頼(たの)申します。

suk7.jpg


では、皆様、どうぞよいお年をお過ごしくださいませ。^^)

次は元旦の午前零時に新しい記事をアップいたしますのでね。


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

恐れ多いバーソ・パブロさまへ

見識豊かなバーソさまのおかげで、少しは国語力が増したような、
すぐ忘れるような……(。・?_?・。)

今年1年、お世話になりましたぁ‥‥が、
2018年も、バーソ・パブロ・金田一さまの
『面白言葉解析ゲーム』に参加したいと願っています。

>元旦の午前零時に新しい記事を……。

同じく、ですぅ。(^_^ ;)

2017/12/30(土) |URL|風子 [edit]

白菜

バーソ様
おはよう御座います。

昨日は心温まるコメントを戴きましてありがとう御座います。
さて白菜ですが私にとっては豆腐とともに主食であります。糖尿病の糖質制限にはなくてはならないものです。煮て良し、漬けて良し、焼くことはありませんが重宝しております。

今年も一年大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願い致します。
(最後の写真は来年もウンがつきますようにという意味でしょうか?)

愛新覚羅

2017/12/30(土) |URL|aishinkakura [edit]

もう二つ寝ると・・

光陰矢のごとし、歳月人を待たずなんて申しますがあっという間の一年、本来なら歳を重ねるところですが、おいらは又一つ歳をとりましてだんだん若くなっております。
いつ覗いても心地の良い語り口とそれを飾る意味深げな絵や写真、ここにお邪魔いたしますと、おいらには無い知性教養と感性に触れちょっぴりおりこうさんになった様な気がしています。
楽しい隠居生活の必須は健康な体と心、来年も老体にビシビシ鞭打って頑張りましょう。
よいお年をお迎えください、白銀と冬眠を忘れたクマさん達がうろつく大北海道より愛をこめて・・♡。

2017/12/30(土) |URL|ばく [edit]

おはようございます。

この一年間、バーソさんのブログで楽しませていただきました。
「週刊文春」、「週刊新潮」、「バーソは自由に」は毎週欠かせません。
言葉遊び、日本文学の紹介、人生の指針、キリストの教え、音楽
(特にシャンソン)などなど・・・おかげで知識が増えました。
バーソさんの記事から次々謙作・・・、じゃなかった検索でいろんな世界に
飛んで遊べましたし。
今年もとうとう押し迫ってきました。
来年も1.5倍増量した縦横無尽の(笑)記事を読ませてください。
では、では。

2017/12/30(土) |URL|エリアンダー [edit]

Re: 恐れ多いバーソ・パブロさまへ

風子さん コメントありがとうございます^^)

> 見識豊かなバーソさまのおかげで、少しは国語力が増したような、
すぐ忘れるような

 あはは、私の場合は見識というよりは検索と言ったほうがよく、風子さんの場合は阿頼耶識で、すぐ忘れるというよりは覚えきれないほど知識が多いと言ったほうがいいのでしょう。科学から文学、見えない世界の話まで、なんでもござれの博識には、恐れ入谷の鬼子母神であります。ゴリゴリ。(^_-)

> 『面白言葉解析ゲーム』に参加したいと願っています。
 あ、ありがとうございます。私のブログは本来、言葉のエンタテインメント系ですので、相変わらず駄洒落が多いと思いますが、どうかご辛抱のほど、お願い申しますね。

 同じく、元旦午前零時ですか。私は予約設定を 0時0分2秒 に設定してあるのですが、ひょっとして、その時間は起きていて、ナマ放送でしょうか。新年の記事はどんなものになるのでしょう。楽しみです。
 
 今年も毎回有意義なコメントをありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2017/12/30(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 白菜

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)
 白菜と豆腐が主食ですか。肉好き系なのかなと思っていましたが、そうではないようですね。
 ベジタリアンのほうが健康に良く、長生きしそうです。旧約聖書ではダニエルという預言者が野菜だけ食べるように心に決めて、かえって顔の色つやがよくなったという記述があります。

 白菜は私も好きですね。一番好きなのは、白菜と人参などのあり合わせの野菜と豚肉少々の油炒めです。豚肉は入れなくても、甘くておいしいです。お新香も白菜が一番いいですね。あ、「漬けて良し」とは自分で漬物を作っているのですか。たいしたものです。我が家はスーパーで買ってくるだけです。

 来年もウンがつくようにの意味か。
 あー、なるほど、そこまでは気付きませんでした。そういえば最近の教授の記事にありましたね。これはうちの奥さんの撮ったものですが、昭和の寅さんに合わせて、ちょっと色調を私がいじっています。

 今年も毎回コメントをありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。お大事にしてください。

2017/12/30(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: もう二つ寝ると・・

ばくさん コメントありがとうございます^^)
> 本来なら歳を重ねるところですが、おいらは又一つ歳をとりましてだんだん若くなっております。
 おやあ、そうですか。それはいいですね。会社を息子さんにまかせ、責任が軽くなり、好きなことが前より出来るようになったからでしょうか。精神と肉体は直結しています。日本人の「平均寿命」と言われるものは、いま生まれた赤ちゃんに対するもので、中高年の人はそれよりも5歳以上は長寿になるのだそうです。なので、あまり年取ったと思わないほうがよさそうですね。

 人間は自分のために生きる。これが本当だと思っています。聖書でも、自分を愛せる人が、その愛で他者を愛せるのだと言われていますから。

 「心地の良い語り口」ですか。そんな褒め方をしていただくと、うれしいですね。内容は拙ブログですが、言い回しは気を付けているつもりなんです。ただ私のクセで、なるべく一行36文字で収めるようにしているので、ちょっと説明不足で意味不明だったり、フレーズ全体を読んだときにリズムが悪いときがあると思いますが、どうぞご勘弁願います。

 はい、楽しい隠居生活ですか。いいですね。老体でもビシビシ強く鞭打てば、ますます老体になりそうですが。(笑) でもこれは精神的に鞭打つ話なんでしょう。

> 白銀と冬眠を忘れたクマさん達がうろつく大北海道より愛をこめて・・?
 あはは、うれしい挨拶をありがとうございます。ばくさんは詩人ですね。でっかいどうには、一度は行ってみたいものです。
 来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2017/12/30(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: おはようございます。

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)
> 「週刊文春」、「週刊新潮」、「バーソは自由に」は毎週欠かせません。

 ありがとうございます。この誉め言葉はうれしいです。というより、好きです。毎週土曜が発売日で~す、と言いたくなります。
 「dマガジン」は安くて便利ですね。おかげで、以前はほとんど読まなかった、いろんな週刊誌や雑誌をペラペラめくって見るようになりました。

> 言葉遊び、日本文学の紹介、人生の指針、キリストの教え、音楽
(特にシャンソン)などなど・・・おかげで知識が増えました。

 おお、なるほど、そう言われると、分野が広いような気がしてきました。自分では、その時々に思い付いたことを雑多に書き散らしているので、そうは思っていなかったですが。

 エリアンダーさんは検索が好きみたいですね。知的好奇心があるというのは、頭がいい証拠、品性が高い証拠です。大体、ブログを見て関連語彙を検索する人なんて、あまりいないような気がします。コメントもずいぶん気を使って書いていただいているようで、有難い限りです。

「1.5倍増量した」ですか。これは寅さんの「売に励もう」を私が「倍に励もう」と書いた箇所を意識した言葉ですね。さすが、よく気付いてくださいました。なお、「フーテンの寅」のくだり、三行目と四行目は修正して書き直しました。ちょっと夢路いとし喜味こいし風になっていますが。(笑)

 今年も毎回よく考えられたコメントをありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017/12/30(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんにちは。

お久しぶりです。
こんにちは、バーソさん。

今年は、コメントを7回もして頂き、
すごくうれしかったです。
わたしの方は、今年もコメントは、
あまりしていなかったのですが、
今年もバーソさんのブログには、
毎日のように訪問させて頂きました。

バーソさんのコメントを見ていますと、
強さと優しさを持っている人は、
やはり強いなって思います。
そういうかたには、きちんと
なにかしらあるのかなって思いました。

以前は、バーソさんの記事は、
何かわたしには難しいなって思っていて、
コメントのほうをよく読んでいたのですが、
最近は、記事もきちんと読むようになりました。

バーソさんや皆さんのコメントを読むと、
その記事の内容が大体理解できるような
気がするからです。

わたしは、野菜は、ほうれん草を良く食べ、
野菜ジュースを良く飲みます。
白菜は、あまり気にしたことがないのですけど、
鍋料理を食べたときに、
白菜を食べていたような気がします。

ふと、コメントを書いている最中に思って、
冷蔵庫に入っているキムチの原材料名などが
書かれている所を見てみたら、
品名が、はくさいキムチになっていました。
気づかないところで食べているのですね(笑)
食べてみたら、やっぱりうまいですね。

今年もお世話になりました。
ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
良いお年をお迎えください。

2017/12/30(土) |URL|真 [edit]

Re: こんにちは。

真さん コメントありがとうございます^^)
> 今年は、コメントを7回もして頂き、
すごくうれしかったです。

 あ、そうでしたか。真さんにそう言っていただけると私もうれしいです。毎日訪問していただいて、ありがとうございます。
 
> バーソさんのコメントを見ていますと、
強さと優しさを持っている人は、
やはり強いなって思います。
 
 これもうれしいお言葉です。私は普段は口数が少なく、ひとから何か厳しいことを言われても、自分の思っていることはほとんど言わない、かなりおとなしい人間です。
 でもブログだと饒舌気味になりますね。書いているうちに言葉が次々に出てきて、つい長めのコメントになります。書き直しもできますし、文章というのは口から出る言葉よりも、いい場合がありますね。
 そういう意味では、コメント欄のほうが私的な内容になりやすく、私の考えがほぼストレートに出やすいということもありそうです。
 ただ、こちらは冗談半分で軽く書いているつもりが、相手にはその意図が伝わらない場合があって、あとで悔やむこともあります。要反省です。

 ほうれん草が好きですか。ひょっとしてポパイさんに影響されたとか。(笑)
 キムチは白菜がメインでしょうね。体が暖まる唐辛子とあいまって、特に冬は健康に良さそうです。白菜はアブラナ科で、バラ類だそうですが、アブラナ科の野菜には抗がん効果があるそうですよ。
 
 今年もありがとうございました。
 来年もどうぞよろしくお願いしますね。

2017/12/30(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんばんは(^_-)-☆

今年は、お付き合いしていただきありがとうございます。

来年も賢くなる記事を拝読させていただき、賢くなりたいと思います(#^.^#)

仕事で脳みそが疲弊して、なかなかコメントできません。
バーソさんに、軽口は恐れ多いと・・・。

あ?軽口は、毎回でしたね('◇')ゞ

良いお年をお迎えくださいませ。

2017/12/30(土) |URL|Miyu [edit]

菜っ葉と言えばそのまんまですが、白菜と聞くとなぜか「北斎」を連想してしまいます。
えぇ、あの海外でも有名な版画「海女と蛸」です…あの変態的な絵が、なぜ信心深いキリスト教徒に人気があるのか?
もしや、男と女なら姦淫の罪になるが、蛸が相手ならば姦淫の罪には問われないからかな?(笑)
その昔、キリスト教の牧師がアジアやアフリカで布教に当っていた頃、現地の人々がバックで致しているのを見て「それは神の教えに反する変態行為である。正面を向き合ってしなさい」と教えたそうです。
そこから「正常位」と言う名前がついたのだと聞いた事があります。
戒律に反するものは変態だが、戒律外のものは変態に当らない…と言う解釈にはなぜか疑問を感じてしまいます(笑)
それでは、良いお年をお迎え下さい^^

2017/12/30(土) |URL|sado jo [edit]

Re: こんばんは(^_-)-☆

Miyuさん コメントありがとうございます^^)
 えーッ、それ以上賢くなってどうするんですか。メッ!
と、お世辞半分で返します。(笑)
 
 あー、そうですか。軽口は毎回でしたね。メッ!
なんちゃって。

 でも軽口のほうが私も軽口で返しやすいので、いいですよ。面白いし。
 むろん重口でも多口でも、コメントは一口から受け付けていますから。

 なお、一口当たりの寄付額は最低、聖徳太子からとなっておりますからね。十円玉やご十円玉ではご利益はありませんよ~。(笑)
 今年もありがとうございました。来年もお見捨てなく。(^_-)

2017/12/30(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)
 はくさいときたら北斎ですか。アートの香りがする、いい連想です。が、その後の話は、あーと驚くような意外な話ですね。(笑)

 私、北斎は古今東西でナンバーワンの画家だと思っています。とりわけ「神奈川沖浪裏」は世界最高の絵だと思っています。当時の西洋人とは世界観がまるで違いますから、彼らが仰天し、浮世絵に憧れたのもうなずけます。

 この人が凄いのは大胆な構図の発想ですが、画家としての心構えも凄いと思います。こんなことを言っています。「七十歳までに描いたものは本当に取るに足らぬものばかりである。ゆえに、八十六歳になればますます腕は上達し、九十歳ともなると奥義を極め、百歳を超えて描く一点は一つの命を得たかのように生きたものとなろう。長寿の神には、このような私の言葉が世迷い言などではないことをご覧いただきたく願いたいものだ」
 
 頭脳や技術を要することは、人間老いる一方ですが、芸術はそうではないようで、その種の才能がある人は、ますます感性が鋭くなっていくようです。
 北斎は享年九十。この数パーセントの才能でもあればなあ、とよく思います。
 それにしても当時は著名な画家が春画を描いていたようで、金になるからでしょうかね。

 joさんもよく啓蒙小説を書くジョー熱が続いて、たいしたものです。来年もどうぞよろしくお願いしますね。

2017/12/30(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/30(土) || [edit]

Re: はくさい食って百歳まで

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 白菜の薄い色の部分は免疫力アップにとても貢献しているのですか。
 http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20120222/118247/
 この紹介していただいたサイトを見ると、免疫力ランキング(白血球の活性化によるTNF-α産生量)は、
1位:レタス
2位:白菜
3位:小松菜
4位:ブロッコリー
5位:アマニ
と、一件あまり栄養価のなさそうな野菜が健康に良いというのは面白いですね。 
 アマニとは何だろうと調べたら、亜麻仁油のアマニでしたか。名前は知っていましたが、食べたことはないと思います。少量なら市販のドレッシングオイルに入っているのかもしれませんが。

 大地に自然に出来ているものが人間の健康にいい。しかも、いろいろ味も香りも舌触りの異なっているわけで、様々な味覚を楽しみながら生きていけるというのも人間ならではの特権で、有難いことだと思います。
 
 食生活の変化が日本人の健康を衰えさせた。やはり「おふくろの味」がいいのですかね。

 寒さがだんだん厳しくなっていますが、そちらのほうは暖かそうですね。
 では、良いお年をお過ごしください。

2017/12/30(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

今年もたくさん、楽しませていただき
感謝です。

ああ、白菜、大好き!!
よく食べます。

訪問ヘルパーをしていたとき、調理支援で利用者さん宅にいくと、白菜はどこの家にもありました。

白い部分が固いから食べにくかったと
クレームがきたことが数回。
私はちょっと、ムッとしてその後は、
白菜を調理するときは、白い部分は使わないようにしました。
葉っぱ部分だけを使いました。

今となっては懐かしい思い出です。

最後のお写真、「運」につなげていますね。
私も「運」いただきます。
来年もよろしくお願いします。

2017/12/30(土) |URL|森須もりん [edit]

Re: タイトルなし

森須もりんさん コメントありがとうございます^^)
 訪問ヘルパーをしているときはずいぶん苦労しましたね。人間のイヤなところを集中して見たような気持ちだったでしょうか。

 歳を取るとかたい物が食べられなくなります。そういうことは、たぶん自分がその年にならないと普通はなかなかわからないものなんでしょう。
 でもヘルパーの仕事をしたおかげでというか、いろいろ体験をして、考え方や感じ方の点で、状況というものをちょっと距離を置いて客観的に見ることができるようになったのではないですか。

 その時の体験が今の職場に役立っているような気がします。その証拠に、何かあっても一喜一憂しないで、分析して、軽く受け流して対処できるようになったのじゃないですか。そうなら、必要な体験をしたと言えるかもしれないですね。
 と、そのように何でも良い方向に考えられるようになるのはいいことだと思いますね。「今となっては懐かしい思い出です」という言葉も、そのことを表す一つの証拠のように思えます。
 
 「運」とは、たぶんその大小はあるとしても、おおむね人に公平にあるのじゃないでしょうか。その運を見つけて活かせる人のことを”運がいい”とかいうんじゃないですかね。そんな感じがします。今の調子で頑張ってくださいね。

 では今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いしますね。^^)

2017/12/30(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

今年一年励ましと和みをありがとう!
また来年も色々なことに挑戦して、
知らないことを知っていきたい!
と思っております。

良いお年を!

2017/12/31(日) |URL|宝香 [edit]

Re: タイトルなし

宝香さん コメントありがとうございます^^)
「和み」ですか。近ごろちょっと珍しい日本語ですね。田中康夫の「しなやかに」を思い出しました。居酒屋の店名にもあったような気もします。いや、「和民」と勘違いしているのかもしれません。
「励まし」は、はげ増しを思い出します。え? 違うだろって。(笑)

 来年もチャレンジですか。いいですね。
 あれこれ新しいことをやってみるというのは、人間が生まれてきた目的だと思います。人が何にもしないで一生を終わるなら、この自分として生まれてきた意味がないですから。
 宝香さんは和洋両刀遣いだが、和のほうに関心あり。なので「和み」の言葉が出てきたのでしょうかね。

 良いお年をお過ごしくださいませ。正月は着物姿を見たいものです。^^)

2017/12/31(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

白菜はクリームソースで煮る

 白菜を輪切りにしてそのまま鍋にはめ込みます。水をひたひたになるまで入れましたらコンソメを少々、鳥のもも肉とマッシュルーム、人参をいれてぐつぐつと。とどめにクリームシチューの素を入れて溶けたらミルクを投入。煮立ったら出来上がりであります。こればっかりはキャベツでは代用がききません。玉ねぎでは別物に。やっぱり白菜ですよ、白菜(レタスならいけるんですけどね(笑))
 それはそうと、来年もよろしくお願いします

2017/12/31(日) |URL|miss.key [edit]

Re: 白菜はクリームソースで煮る

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
 この白菜のクリームシチュー、ですか、おいしそう。白菜は色が白いので、色的にも白いミルクが合いそうです。クリームを入れない白菜なんて、というフレーズがありましたっけね。
 ミルクはコーヒー牛乳じゃだめでしょうね。いや、豆乳でも良さそうな気がしますが。マッシュルームが入るとちょっとお洒落な感じがしますべ。やはり豚肉より、白菜は鶏肉のほうが似合うのですかね。牛肉だと駄目でしょうね。なぜなんでしょう。

 それはそうと、今年も駄文に毎回お付き合いいただいて、中にはちょっと思考が合わないのもあったでしょうが、でもなんとか調子を合わして、けっこう時間を掛けて長文を書いていただき、ありがとうございました。
 来年はもっと時間を掛けていただいても全然かまいませんから、どうぞよしなにお願いします。あ、この「よしな」は「止しな」ではないですから、「良しな」ですから、念のため。年のため。(笑)

2017/12/31(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/355-0a909108

back to TOP