「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 キャベツ(cabbage)の語源と、頭が重要である話。 

  ブタの夫婦

  ブタの夫婦がのんびりと 畑で昼寝をしてたとさ。
  夫のブタが目を覚まし、女房のブタに言ったとさ。

  いま見た夢は、こわい夢。
  オレとおまえが殺されて、こんがり カツに揚げられて、
  みんなに食われた夢を見た。

  女房のブタが驚いて、あたりの様子を見るならば、
  今まで寝ていた その場所は、
  キャベツ畑であったとさ。
  
              ―――――三代目三遊亭歌笑


先日、トンカツ屋の『和幸』に行きました。
何を食べても満足できる店です。
なんとなく店内を見まわしていたら、きれいに化粧をした三十代の女性が一人で
座っていて、最初に箸でキャベツを大量につかみ上げ、口を大きく開けて放り込
んだので、あれじゃキャベツがすぐなくなると心配していたら、その後キャベツ
の大盛を二度も追加注文。さても心温まる情景でした。キャベツのお替りはタダ。

ポークカツにキャベツ千切りを組み合わせたのは、銀座の洋食店・煉瓦亭の発明。
ポークカツレツの名を「とんかつ」に変えたのは、東京上野の洋食店・ポンチ軒。
キャベツはキャベジン入りですので、まあ、絶妙のコラボを思い付いたものです。


久しぶりにヘタニカルアートを描きました。キャベツにバターのフライ添えです。
czcy118.jpg
あとで細い鉛筆線で調子を付けたら余計に汚くなりました。失敗作ですが、直す根気が無し。

      ____________________


英語のcabbage(キャベッジeは、語源は「頭」という意味の言葉だったそうです。
 ラテン語のcaput(頭)が、
 古期フランス語方言のcaboche(頭)になり、
 それが英語に入ったときにcabacheに変わり、cabbageとなったようです。

つまり、cab・bageの cabは、元はcap
このcap(頭)から、頭に関連した言葉が派生してきています。
 ・cap(キャップ)は、頭にかぶる帽子。※フランス語はchapeau(シャポー)
 ・captain(キャプテン)は、チームの頭(かしら)。
 ・capital(キャピタル)は、国の頭、つまり首都。
 ・capital letter(キャピタルレター)は、文頭に来る大文字。
 ・cape(ケープ)は、頭の形に似ている岬。→ケープタウン

cabbageは、1.キャベツの他に、こんな意味もあります。
 2.[米俗語] 紙幣、お札。(アメリカ紙幣は緑色だからとか)
 3.[英口語] 無気力[無関心]な人、ぐうたら、植物状態の患者。


年中お金ピーピーの無気力人間になったら大変。
精いっぱい頭を使い、何でも意欲的に生きていきたいものです。


cabbb11cjpg.jpg
写真編集アプリのPicsArtで画像加工してみました。


宿題
――――――――――――――――――――――――――――――――――
「豚とキャベツの両方に気を配らねばならぬ」
ボートを使って豚とキャベツとオオカミを対岸に渡らせるにはどうしたらいいか。
※人間がいないと、オオカミは豚を食い、豚はキャベツを食う。
※ボートは狭く、人間一人の他に、動物1頭かキャベツ1箱しか載せられない。
さあ、自分ならどうするかの問題。頭と気力が必要です。(笑)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

こんばんは

こんばんは、バーソさん。

バーソさんの絵を楽しみにしていましたよ。

こういう絵を描くのですね。
バーソさんの線が出ていますね。

タッチ的には、わたしが描く線と似ています。
素直にうまいなと思いましたよ。

正直にいいますと、
キャベツからは温かみを感じて、
蝶の体もいい感じですが、
蝶の羽がいまいちかなって
思いました。
全体的には整っていると思います。

わたしの普段食べているものの
話しをしますと、
わたしは、草、虫、魚、獣の中で、
虫と獣は食べないです。
草と魚を食べます。
宿題の話しと合わせると、
川では、魚が釣れるかもしれないので、
キャベツがあれば満足ですよ。

宿題の答えは、すぐに出ましたよ。

まず、豚をボートに乗せて対岸に渡り、
少し、ボートを付けるところから
離して置いてきて、ボートで戻って、
次に、キャベツをボートに乗せて渡り、
ボートを付けたところに置いてきて、
また、ボートで戻って、
最後にオオカミを乗せて渡り、
ボートを付けて、キャベツを持って
豚のところに行く。
気力がいるというか、
わたしなら、そうしますよ。

2018/01/06(土) |URL|真 [edit]

おお、ヘタニカルアートの斬新さ

写実性に富んだ……それでいてどこかファンタジーっぽい、
優しいイラストですねぇ。
下部の開いた数枚の葉が、目を惹きます。
揺らぐことのない、バーソさんの根が、
大地に繋がっているようで……(^_^ ;)

この作品を見て、バーソさんがアップしてきた絵の好みが腑に落ちました。
淡い自然光に包まれた風景、人間、動物たちともに。
だから、加工画像の濃淡メリハリ……。
それはそれでインパクトありながら、やっぱ、原画が好きです。

宿題は、真さんにお任せです。
なんとも、素晴らしい答えじゃないですかぁ。

cabbage……これを炒めて多めに毎日食すると、
胃酸過多や、逆流性食道炎に効果的です。(私の場合)
少なくても薬は卒業できます。
さすが“キャベジン” (*^▽^*)

2018/01/06(土) |URL|風子 [edit]

お上手ですね

バーソ様
おはよう御座います。

絵がお上手なのですね。日本画のようにみえます。私は小学校のときは絵が得意で絵画教室にも通っていましたが大人になるにつれて下手になってきました。
最近では描く気が全く出てきません。
和幸は昔良く食べに行きました。昔は肉も良く食べました。
和幸の揚げたてトンカツは大好きでした。キャベツも柄杓でソースをかけて食べるのですよね。お代りをしていました。
今はトンカツを食べる気になれませんがキャベツなら食欲が出ます。
店に入ってキャベツだけ下さいと言ったら無料にならないでしょうね。(笑)

愛新覚羅

2018/01/06(土) |URL|aishinkakura [edit]

「キャベツにバターのフライ添え」に拍手です。
以前にキャベツが高くなった際、揚げ物屋でキャベツを食べまくる人達がいたことを思い出しました。

cabbageの語源が「頭」という話は、インパール作戦で捕虜になった父が、イギリス将校の小番をしている時に聞いたとやらで、私に言っていました。
ですから、映画などでキャベツを破壊することにはそのような意味があるのだと言ってましたっけ

2018/01/06(土) |URL|呑兵衛あな [edit]

Re: こんばんは

真さん コメントありがとうございます^^)

 自分の描いたものを絵の専門家に見られるというのは、ちょっと恥ずかしいですね。自分でもよく出来たと思えるものじゃなくて、なんだこれはと思えるものなので、特に恥ずかしく感じますが、この絵で一つ記事が出来るので、あえて載せました。(笑)

 あとで思うと、蝶が飛んでるように見えない、翅の広げ方が良くないとか、キャベツに蝶の影を落としたほうがよかったとか、仕上げに鉛筆線は入れないほうがよかった、もう少し時間を掛けて葉の色のグラデーションをなだらかに描けばよかった、もう少し大きく描けばよかった(原画はこれの95%ぐらいのサイズ)とか、反省ばかりです。

 獣は食べないのですか。完全なベジタリアンというわけではなく、魚は食べるのですね。私も滅多に肉は食べないですよ。ほぼ野菜と魚オンリーの食生活です。特に『アミ・小さな宇宙人』の本を読んでからは、「人間は死肉を食べるのか」と言われて、肉が苦手になりました。『和幸』店も滅多に行かないのですよ。

 宿題の答え。ああ、なるほど、そういう方法がありましたか。
 「豚をボートに乗せて対岸に渡り、少し、ボートを付けるところから離して置いて」。なるほど、確かに少し離せば大丈夫かもしれません。豚に紐を付けて木に縛れば完璧でしょうし、簡単で要領のいい方法だと思いました。
 Wikipediaの正解は、最後の行の下線を引いた「問題」をクリックしてみてくださいね。^^)

2018/01/06(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: おお、ヘタニカルアートの斬新さ

風子さん コメントありがとうございます^^)

 私の描く絵はどうもコントラストが付く傾向があるみたいで、暗部が暗くなります。根が暗いせいでしょうか。(笑)
 数年前に久しぶりに描いたイチジクも暗部が黒くなり過ぎて、ひとからコメントで指摘されたことがありますよ。

 この透明水彩はペリカン社製24色入りで、私が二十代の時に買ったものです。今は完全乾燥してコチコチのミイラ状態になっていて、ちびっと底の方に残っているだけですが、筆で表面をなぜればまた発色して使えるようになります。人が水をちょっとやるだけで絵の具の命がよみがえるのもまた面白いことだと思います。

 絵の好みは、泰西名画のような写実的なものはあまり関心がないですね。それよりも構図が大胆であったり、描き方がユニークであったり、色遣いがきれいなものが好きです。大体が創意工夫のある斬新なもののほうが好きですね。

 ボタニカルアートは、玉村豊男さんの美術館やワイナリーに何度か行って、お皿などを買ったことがあります。巧い人の絵は見ごたえがあります。
 私のこのたびの絵は、一本ブログ記事を作るために、年末の白菜(Napa cabbage)の話でキャベツを思い出して描いただけでしてね、その辺の事情をどうぞお汲み取りくださいませ。^^)

2018/01/06(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: お上手ですね

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)
 絵が得意で絵画教室に通っていたのですか。ギターの弾き語りもして、音楽も得意で、文科系。なのに今はパソコンも得意で、ホームページ開設の仕事もしている。両刀づかいなんですね。

 私も絵は観るのは好きで、美術館には割合よく行きます。でも描くのは、三十代になってからはほとんど筆をとっていません。長年非常に忙しい毎日を過ごしてきたので、今でもその影響が残り、すっかり心の余裕というか、根気がなくなっていますね。
 
 教授は、音楽は高価なギターを何台も買い込んだり、動画をアップしたりして、ずいぶん余裕がありますね。
 肉はほとんど食べないで、魚はまったく食べないで、キャベツなら食欲が出ますか。でもそのほうが健康に良さそうです。

 『和幸』店はキャベツも味噌汁もご飯もお替り自由。店の人がまったくイヤな顔などせず、お替りをいつでもすぐ持ってくるので、男性はけっこうお替りを頼んでいますね。私は、おなかの出てくるのが困るので、お替りは控えていますが、控えると損をしているような気になるのが生来の貧乏性で困ったものです。(笑)

2018/01/06(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

呑兵衛あなさん コメントありがとうございます^^)
> 「キャベツにバターのフライ添え」に拍手です。
 あはは、よく気付いてくださって。うれしいです。これがもしハンバーガーの絵だと「蝶」ではなく、「蛾」を添えて、お店はモス(moth)でどうぞ、とか言いたくなるのですが。(笑)

 あの頃のアジア方面の戦争は、日本軍の勢いがあった頃を描いたウィリアム・ホールデンやアレック・ギネス主演の『戦場へ架ける橋』という映画でしか知りませんが、クリント・イーストウッドの『硫黄島からの手紙』など、日本が負けたシーンを描く昨今のアメリカ映画はあまり見たいとは思いません。
 
インパール作戦は相当過酷で無理な戦線だったようで、捕虜になったというのは生きて帰れたわけで、よかったですね。

 昔の日本軍は立派な大将もいれば、そうでない愚かしい人もいたようで、軍隊でも会社でも相撲でも何でも、組織というのはトップの頭がいいかどうかで決まりますね。
 世界は、もっといい指導者を得て、いい方向に向かってほしいものです。それには選ぶ人の意識改革も必要のようですが。^^)

2018/01/06(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

お笑いにすると「人(豚)の不幸は蜜の味」になりますね(笑)
人が転ぶと笑うのは、自己の優位性を誇示する人のエゴの為せる業ですが、元々人の生は誰かの(何かの)犠牲の上に成り立っているものです。
なので、我が身を供養して人間を養った豚さんを、ありがたく思っていただくのがよろしいかと(笑)
そう言えば、イエスや釈迦などの聖人様は、我が身を犠牲にして人を幸せにしようとした方々でした。
十字架のイエスを「蜜の味」にしたユダヤ人達は、その後報いを受けて大変不幸な境遇になりました。
案外、幸不幸の根源と言うのは心の有り方にあるのかも知れません…それがキャベツの味だと思います。

2018/01/06(土) |URL|sado jo [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)
> 人が転ぶと笑うのは、自己の優位性を誇示する人のエゴの為せる業
 笑いとは、人の失敗を笑うことから始まりそうです。漫才師にしてもコメディアンにしても、かっこいい人でなく、おかしな顔をして、おかしな仕草をする人が多いのは、そのせいでしょう。自分のことを「破壊された顔の持ち主」だと紹介する噺家もいました。
 しかしアメリカのミステリー小説などの名探偵は、知的な頭の冴えや意外な発想や言葉のしゃれを駆使して、洒落た会話をするのがひとつの特長で、そういう笑いをウイットとかユーモアと言います。
 人間も他者の劣等性を笑って喜ぶ安易な愉快精神ではなく、他者の優位性を笑って愉しく面白がれるようになると、もっと上質な世の中になりそうです。

 他者のために自らを犠牲にする愛。これほど大きな愛はない、とイエスは言いました。そしてイエスの自己犠牲の場合は人類の罪を救う「贖い」と言われ、それゆえに信者らから敬愛され、ほとんど神様扱いをされています。

 しかし考えてみれば、すべての人は他者のためにも生きているとも言えそうです。この世の中は持ちつ持たれつ、回り持ち。自分が携わっていること(仕事など)は、収入を得て自分が生活するためのものでもありますが、その仕事は必ず他者のためにもなっています。
 ところが豚や牛などの家畜は人間の役に立つだけ。かわいそうなものですが、聖書では使徒パウロがそれらの家畜を「捕らえられ屠られるために生まれてきた」と言ってますから、牧羊民族はやはり生きものに対する考え方が違うようで、そこらへんにも世界の人が仲良くなれない理由もありそうです。

2018/01/06(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/06(土) || [edit]

Re: 脳トレ問題に感謝

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 川渡り問題、面白かったですか。いっぺん向こう岸に渡らせたものをまた舟に戻らせるという発想を思い付けばいいようで、その固定観念の打破ができるかどうかがポイントのようですね。オオカミと山羊とキャベツの問題は私もできました。

 宣教師と先住民の問題。最初、原住民二人だけを向こう岸に残していいのだろうかと迷ったり、途中で誰がどこにいるのかが分からなくなり、すぐにギブアップ。正解を見たものの、どうも頭の中では人間の移動を覚えにくいので、6枚カードを作って、答えの通りにやってみたら割合簡単で、なんだかこの種の問題の解き方のコツを会得したような気分になりました。
 が、他の応用問題を出されたら、できるかどうか。(笑)

 私は記憶力減少で、将棋の三手先も読めないぐらいなので、こういう頭の中だけで考える問題はちょっと苦手ですね。(^-^;

2018/01/06(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

もともとCabbege は頭という意味があるというのは知りませんでした。
英語でキャベツ頭と言ったら、バカ、ということだけれど・・・。
キャベツや、ブロッコリー、ポテト、カブなど
1Head とかぞえるものは、Cabbege Head キャベツ頭
なんて使い方をしたら、バカとかノータリンという意味なんですって。
キャベツって、しいたげられた存在なんだ・・
おいしいのにねー。www。

2018/01/06(土) |URL|宝香 [edit]

Re: タイトルなし

宝香さん コメントありがとうございます^^)
 所変われば野菜や果物の意味も変わるのですね。
 ”banana-head ”も「バカ」の意。
 ところが、”top banana”は「主役」。
 ”sour grapesはすっぱいブドウで、「負け惜しみ」の意。イソップ物語から来ているそうです。
 イエスが刑柱に架けられてだいぶ時間が経った頃、誰かが痛み止めとして没薬を混ぜた酸っぱいブドウ酒を飲ませようかと言ったら、イエスは断っています。(マルコ15:23)
 酸っぱいぶどう酒とは発酵し過ぎて酸っぱくなったもので、現代のサワーのような飲み物や醸造酢の代わりに使われていました。
 しかしイエスは息を引き取る直前、何も混ぜてない酸いぶどう酒を海綿に吸わせたものを出されたときは、それに口をつけています。喉の渇きがあったようです。
 刑柱のあった丘の名はゴルゴタ(ドクロの場所)、またはカルバリ(頭蓋骨)。
 ボーンヘッドとは生まれたばかりの頭ではなく、骨の頭。
 うーむ、ヘッドは何かと重要なもののようですね。その点、宝香さんはえらい優秀でよろしいでんなあ。”polish the apple”ですけど。(^_-)

2018/01/07(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

加工前の画の方が絶対に良い

お題
ボートを使って豚とキャベツとオオカミを対岸に渡らせるにはどうしたらいいか。

先ずは豚を連れて行く。
次にキャベツを運んで豚を連れ帰る
狼を連れて行く
最後に豚を連れて行く
しかしこれは凡夫の陥る罠である!!

先ずは豚を殺して解体する。そしてトンカツを作り・・・まあ別にトンカツである必要は無いのだが、ここは敢てトンカツを選択する。そしてキャベツの千切りを添える。食べましょう。狼?知らん。毛皮引っぺがして売ればビール位付くかもよ~(棒

流用失礼>>>以前にキャベツが高くなった際、揚げ物屋でキャベツを食べまくる人達がいたことを思い出しました

 今スーパーでキャベツ一個が400円もしすまからねぇ。それはナイスアイデア!!
 キャベツ一個を丸ごと食える腹があるなら1000円のトンカツランチなんて安いもんですよ、安いもん・・・。キャベツ買って帰ろうっと。

2018/01/07(日) |URL|miss.key [edit]

こんにちは

ヘタニアル・アート? 立派なボタニアル・アートですね。
バーソさんはすごい才能を持ってたんですね。
10年も前に、ドイツ人女性のメーリアンという昆虫・植物学者
の追っかけをしていたことがあります。この学者は植物と昆虫を
一枚の画のなかに同時に描いて、まさにバーソさんのよう
な画風でした。
https://tinyurl.com/y9qr24nc

「豚とキャベツの両方に気を配らねばならぬ」は、
論理問題で、あれとこれを先に対岸に渡らせ・・・・って
やるんでした。もう忘れてしまいました。解答をみてこようっと。(笑)

今日の記事は大サービスでしたね、楽しめました。
あと、コメントありがとうございます。

2018/01/07(日) |URL|エリアンダー [edit]

Re: 加工前の画の方が絶対に良い

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
 ええ、加工前のほうがいいですか。画家のmiss.keyさんに誉め言葉を言われるとは、ちょっと思わなかったですよ。あ、新年なので、ほんのお愛想でしたかね。(笑) ま、お世辞でも何でも有難いことです。

 問題の件。いったん運んだものを連れ帰るというのは、ちょっと思い付き難いですが、これを解くのはmiss.keyさんには簡単だったようですね。こういうのは得意のほうでしょう。しかし凡夫の業ですか。

 で、解体して豚カツを作って食べる。狼も解体して毛皮を売る。あははは、これはコロンブスの卵より利得が多い実利的発想。おおー、なるほどなるほど、これは思い付かなんだですよ。さすがに並のことは考えない人ですね。

 そういう発想なら、狼と豚に猿ぐつわを噛ませる。もしくは頭にストッキングをかぶせる。あるいは川を渡る前に騙くらかして一杯飲ませてグデングデンに酔わせる。または狼に豚を丸ごと食わせて、豚は腹の中に入れたままの狼を連れて川を渡るとか。キャベジンの元を丸ごと1個も食べれば消化も全然問題なし、というのはどうでしょう。^^)

2018/01/07(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: こんにちは

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)
 あらー、「すごい」と言われると、うれしいです。が、恥ずかしいです。気合を入れず、時間を掛けず、小さなサイズで描いたので、細部の描写や彩色は、かなりいい加減です。こういう細密画は相当時間を掛けて、根気よく丁寧に描かないとダメですね。
 
 メーリアンというひとの追っかけをしていたとは、ちょっと驚きました。エリアンダーさんがいろいろ趣味範囲が広いのは知ってますが、こんなボタニカルアートも趣味の一つでしたか。

 このひとの画像を見たら、色調がいいですね。いわゆるアンティーク調で、色づかいが独特です。これは普通の水彩絵の具では出ない色じゃないでしょうか。このひとの絵と比べると、私の絵なんか、まあ、天地雲泥の差、月とスッポン、提灯に釣鐘、天国と地獄、美女と野獣で、まことにお恥ずかしい限りです。でもブログが一本出来るメリットの前には、おのれの恥なんぞにかまっておれなかったのです。(笑) 


 https://barso.blog.fc2.com/blog-entry-60.html
 若い頃に描いた空冷式ポルシェ911ですが、エアブラシを使わず、筆だけで描いたものです。これは今回のキャベツの5倍くらいの時間を掛けたと思います。むろん、たいしたことはない絵なのですが。(^-^; 

2018/01/07(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/08(月) || [edit]

Re: こんにちは

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 あー、わざわざご丁寧におそれいります。そして、いつもありがとうございます。うれしいです。(^^♪
 本は図書館にありました。予約しました。楽しみです。

2018/01/08(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/09(火) || [edit]

Re: こんにちは

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 あら、わざわざすみません。私は偶然の所産です。
しばらく、飛びます飛びます、いや、飛び飛びにしますね。(笑)

2018/01/09(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/10(水) || [edit]

Re: こんにちは

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 あははは、人生いろいろ。体験いろいろ。買い物も面白いものですね。

 最近、イオンに入っているショップで、読書用のメガネを1万円弱の値段で買いました。デザイン重視で結果的にメタルフレームを選んだのですが、ちょっと重く感じられ、そのために百円ショップのセルロイドもどきフレームのネガネのほうを常用しています。見え方も、そのあつらえ品と変わりありません。
 
 マウスも趣味のように時々買いますが、なかなかしっくりくるものがないですね。こればかりは安いだけの中国製は避けています。といいながら、今まで一番気に入っているのは698円の安物です。Amazonベーシック USBマウス MSU0939 で、有線ですが、なかなか使い勝手がいいですよ。ワイヤレスタイプは電源を切るのが面倒で。といって電源を切らないと電池代がもったいなくて。百円で単三アルカリが4本買えるのですが、なんせ貧乏性なもんで。(笑)

2018/01/10(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/353-c28c83bb

back to TOP