「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 ブログは主張と存在のPR広告。創作のコツは『AIDACの法則』だ。 


先日、三井住友銀行から安全のため暗証番号を更新せよとメールが来た。

しかし見たこともない漢字の二字熟語が一つ使われていて、これが致命傷。
中国製らしき偽メールと即断し、削除した。

宛先も変で、私のとはと違うメルアドが他に二つ同時に出ていた。
機械的に英字列をランダムに作り、たまたま合致したものが来たようだ。

”下手なメルアド、かず打ちゃ当たる” 時代である。

450.jpg
●スパムメール(無差別大量悪質メール)は、
1日あたり配信数が約1750億通。
(マカフィー社による2010年4~6月の調査)
返信率が0.001%(10万通に1通)を超えると
採算が取れるとか。
●スパム(SPAM)の語源は、
アメリカのホーメルフーズが販売する
ランチョンミートの缶詰の名から。
モンティ・パイソンからという説もある。

 
で、話題は広告のアドにadvertising転移し、ブログは数打たなくても当たる話に帰着します。


.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
広告は、まず人の関心を引き、興味を持たせることが重要である。


■現存する世界最古の広告らしいエフェソスの娼館案内。

下の絵の解釈は、左上はハートで、中央は足、右上は娼婦、右下の長方形は金箱。
つまり心を込めてサービスする美女がいるので、お金を持っていらっしゃいの意。

足は店の方向を指すのだとか、この足型より小さい男はお断り、との解釈もある。

ad99.jpg
http://turkeying.zening.info/efesos/koukoku.htm

しかし、ハートとされる絵には点々があり、キラキラのラメ入りパンツに見える。
何の絵に見えるか?とロールシャッハ式の性格分析テストをされているようだが。

    ___________________________


■アメリカの学生新聞に載った尋ね人広告。

「親切な老婦人。身長180センチ、茶色の眼、J・D・Bという頭文字の
大学生と文通を求めています。------彼の母親」
(友人のエリアンダーさんの破顔感動教養活力ブログ夏への扉2012/09/13「広告欄2」より)

息子も面白いと思うだろうが、息子の同級生が面白がって知らせてくれそうだ。

    ___________________________


■若い女性向け雑誌『hanako』に載った西武プリンスホテルの広告。

この広告は見開きページの片側で、片側はホテルがある苗場などのスキー場情報。
”空いている平日宿泊なら、スキー場が混んでないので楽に遊べる”がコンセプト。

週末の宿泊は混むので、ギャル(女性)はしますよ、と”地口”(ダジャレ)で訴求。
(コム・デ・ギャルソンは川久保玲が設立したプレタポルテブランド)

com33.jpg

西武のオーナーが面白がったそうだが、
このファッションブランド名シリーズは他に5本あり、
・ミナ・リッチ編(ゆっくり遊べるので、皆リッチな気持ちになる)
・イッセイ・ニヤケ編(思う存分に滑れるので、皆の顔が一斉にニヤける)
・ヨージ・ヤマホド編(用事が山ほどある人は、賢明に平日を選ぶ)などがある。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ブログは、面白さに少しユーモアを加えたい(バーソの場合)。

できればブログはこのように書きたいなあ、という
バーソ流『AIDAC(アイダック)の法則』。覚え方は”愛と駄句”です。

  1.Attention ・・タイトルとイントロ部分で注目させる
  2.Interest・・・どんな内容かと興味を持たせる
  3.Desire・・・・では、本文を読もうと欲求を起こさせる
  4.Action・・・・最後まで読む行動をとらせる
  5.Comment ・・コメントしてもらう (^^ゞ


ブログのタイトルは、広告で言えばキャッチフレーズ。
ただ、広告と違うのは、キーワードを含めないと検索に引っ掛かりません。

私は、本文には少しく ”ひねり”を入れたいと思っているのですが、難しいですね。
せめて、おひねりでも飛んでくれば励みになるのですが。(笑)

では、自戒も、いや、次回も、バーソのブログにアテンション・プリーズ。



※おひねりとは、ご贔屓の役者が登場したり見得を決めた時に客席から投げられる、紙に包んだ小銭。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

おはようございます!

『混む・で・ギャル損』……傑作ですねぇ。
かつてコピーライターに憧れましたが…(^_^ ;)
この業界ほどセンスを問われる世界はないかもです。

ブログを書く法則ですかぁ。
考えると、何もないと自覚しました。
ただ…『閃き』を待つ、って感じかも。

法則はないですが、コンセプトはあります。
“なにかの、誰かの役に立つ”
もちろん、愛をこめて、もあるかな……(*^▽^*)

2017/12/09(土) |URL|風子 [edit]

広告

バーソ様
おはよう御座います。

バーソ様は元広告業界におられたのではなかったでしたっけ?
難しいですよね。人をひきつけるだけではなく商品も売りたい、企業イメージも上げたい、センスのいい広告にしたい。すべてを満足させるものはなかなか出来ないと思います。
ブログはアフィリエイトが目的なら集客を真剣にやらないといけませんがタダの日記的ブログであれば気が楽です。気に入らなければ来てもらわなくていい訳ですから。

愛新覚羅

2017/12/09(土) |URL|aishinkakura [edit]

Re: おはようございます!

風子さん コメントありがとうございます^^)

 「混む・で・ギャル損」、面白かったですか。これは1本だけなら簡単なんですが、シリーズで6本作るのがちょっと大変でした。ちなみに他のも紹介すると「冷えーる・軽だん(ピエール・カルダン)」と「アル・マーネー」(アル・マーニ)なんです。くだらないでしょう。(笑) この作品は堤義明さんにはウケたんですがね。

 ブログを書く法則というのは、文章作法みたいなもので、構成上のテクニックです。むろん本でもブログでも、本質は《内容》が第一ですから、何を書くかで、いい悪いが決まります。
 で、「閃き」ですか。うーん、閃きで書いているというのはちょっとレベルが凄いじゃないですか。閃きイコール思い付きとすれば誰にでもありますが。

> 「法則はないですが、コンセプトはあります。
“なにかの、誰かの役に立つ”
もちろん、愛をこめて、

 これは非常に素晴らしい。これに優るものはないでしょう。
 私は、そこまでは考えてないですね。訪れてくださる方がなにかしら息抜きが出来ればいい、そしてちょっと私バーソの考えを知っていただければいい、たいしたことは言ってませんし、とまあ、そのぐらいに思っています。

2017/12/09(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 広告

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)
 広告宣伝とは商品を売り、企業イメージを上げるためにするものです。購入意欲をそそり、消費行動を促し、そのようにして人間の心理に訴えようとするものですから、単にキャッチフレーズが面白ければいいわけではなく、市場背景や世間の動向、流行、ニーズなどを勘案して、なにをどう言えばいいかを考えるわけで、けっこう面白い仕事なんですね。ジョーク的なキャッチフレーズがいい場合もあれば、感情に訴える詩的な言い回し、知的な論証説得がいい場合もあります。
 
 いい広告は、当たるとCM一本で世間に認知されます。「やめられない、とまらない、かっぱえびせん」なんてのは、スナックを食べる時の人間心理をうまくとらえていて、じつにうまいものだと思います。このCM1本で広島の小さな会社が全国レベルの会社になりました。

 タイトルで、ブログはPR広告だと書きましたが、ブログは別に自己の宣伝が目的というわけではなく、文章の書き方は広告手法と同じにしたらいいというぐらいの気持ちで書きました。
 一般の広告はぜひユーザーに見てほしいものですが、ブログは見たい人だけが見る、見たくない人は見ない、そういうものですから、気が楽ですね。

2017/12/09(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

映画界を退いた後、映像を見る目を生かして広告代理店の仕事をしました。
言わば、自分はフォトショップを日本で最初に使ったであろう人間の部類に入ります。
ところが、バージョンがどんどんアップされるにつれて、どんな写真修正も可能になりました。
ブスを絶世の美女に…マズそうな食品をさも美味しく…そうして自分は罪悪感に駆られていきました。
「もしや、自分はこの世を嘘で塗り固めようとしているのではなかろうか?」…気が咎めて仕事を辞めました。
と、言うのは冗談で辞めた理由は別にありますが、広告写真と言うものは芸能人や政治家同様、信用ならぬものです(笑)

2017/12/10(日) |URL|sado jo [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)
 広告代理店にいたことがあればお分かりでしょうが、広告の「出来」のいい悪いは、代理店のコピーライターやデザイナーに責任がありますが、じつはクライアントのほうにもかなり問題があると思っています。

 広告物を作るほうは、面白いフレーズ、もしくは美しい映像を生み出すことが面白いのでやっているわけですが、しかし企業は一流でも、その宣伝部(あるいは力を持つ営業部長など)が二流三流だと、大体が広告の「質」とは何かを理解しておらず、時には最上級の形容詞を使って誇張したり虚偽を言ったりしてもいいとしたり、あるいは逆に無難なものがいいとする傾向があります。
 
 私は昔の『スモカ歯磨』の新聞広告が面白いと思います。コピーを書いた人は片岡敏郎という人ですが、まあ、うまいもので、感心させられます。そしてスモカ歯磨きの宣伝部と社長の頭も良かったのだろうと思えます。

 この片岡さんは「広告というものは真実を表現する以外にない」と言っていたそうですが、まったくその通りで、広告とは「真実」をうまく表現するテクニックなんですね。嘘を真実そうに示すテクニックじゃないのですが、この違いを分かってない人が案外多くいると思いますね。

 確かに今の広告写真、特に女性モデルの容姿は、ちょっと信用しがたいものがありますね。YouTubeを見ると修正もマウス一つで簡単に出来るようで、修正前と修正後の比較写真を見ると、同じ人物とは思えないほど変わっています。お見合い写真も要注意ですね。(笑)

2017/12/10(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

武士の居場所は既に無し(何のこっちゃ

「混む・で・ギャル損」を作ったのはバーソ殿でござったか、おみそれいたした。そこでそれがしも考えてみたで御座候。
大食い大会「飲み込むでギャル曽根」
豪華寄せ鍋「煮なリッチ」
鉄板焼の「一斉に焼け」
食べ終わったら「楊枝山ほど」
お泊りは「此処じゃ、寝る」
 うーむ、これでは誰も来てくれそうにござらん。おたなを潰す気かと店の主からお𠮟りを受けそうでござる。やはりそれがしは用心棒として働くしかありもうさん。なになに、腕が立っても役に立たんとな。無礼な、それがしがいれば店の警備は万全。ごろつきの一人や二人・・・な、なんと、ペンは剣より強しとな・・・。そうでござったか。むむむ、コピーライター、侮りがたし。

2017/12/10(日) |URL|miss.key [edit]

Re: 武士の居場所は既に無し(何のこっちゃ

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
 うあははは……あ行と は行で大笑い。さすが、物語作家&漫画家。うまいもんです。私には思いもよらない駄洒落シリーズでした。
 前回の食べものパズル作品にシンクロさせて、飲食店にテーマを絞っているところなんざぁ、たいしたものです。
 特に気に入ったのは、「飲み込むでギャル曽根」と「此処じゃ、寝る」。
 うーむ、日頃、いろいろ多岐にわたって思考が拡がっていることがうかがえます。

「ドレドレ」、私も追加せねば、
まずは「プラスワン」。
店の主人が「遠方ヨリはるばるマーニ」と挨拶し、
おなかが「減るムートラング」でやってきた客。
肉を「乱バン」持ってきてくれ。
ああ、「バラ肉食ータ」。
「ベネ豚」も食った食った。
いや、「ダックス」でしたか、
あ、「地バンシィ」の「フェラガモ」ですか。
骨が「ガリアーノ」でしたがね。
ご飯のかわりに「ランパン」。
麺類は「ラベラサルトリアナポリターン」、ふむふむ。

しかし値段が「高キュー」
「タケエヨ・キクチ」で、
「ゼニア」払えねえよ、
と「愚ッチ」を言ったりして。

しかし迷作は「ザラ」にはできないもんですねえ。
「変ディ」なものしか出来ません。
やっぱり「アトキン損ズ」だねえ。

「バーバリ」に働き、
かつ「プレイボーイ」のmiss.key氏とは
だいぶ頭脳の「ギャップ」がありそう。
知性の冴えが「アラミス」なのだから
脳みそを「ラコ捨て」ないで、
どうか「借ルバン・くれイン」。
というわけで全部で25「件ゾー」ぞな、もし。(笑)

2017/12/11(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

第九の追記をしました。20年も前の映像で失礼しました。(テヘ)
私にとって、戦略的に書くってのは照れる行為ですね。

2017/12/12(火) |URL|宝香 [edit]

Re: タイトルなし

宝香さん コメントありがとうございます^^)
 じつはバーソがクラシックは強くないというのが分かってしまったですね。(テヘ)
 でもそのうち生出演の動画を見せてください。

> 私にとって、戦略的に書くってのは照れる行為ですね。
 自分の書く文章に意図が混じると正直ではないような気持ちがするのでしょうかね。その感覚はいいことだと思います。宝香さんが書くエッセイのような文章だと、自分の感性のままに書いていったほうがいいかもしれませんね。特に文章の言い回しが巧みで、視点がいいと、それだけで読ませるものがありますから。

 広告の場合には、どうしても対象者がどう思うか、どう感じるかを意識して書きますから、そこがブログとは全然違う点なんでしょう。

 ただ、何かを書く場合には基本的な文章構造として、
(1)まず《興味を引く紹介の言葉》を書き、
(2)それから《話の要点》を簡潔に論じ、
(3)最後は結論として要点を短くまとめて、できれば何らかの《行動を促す》
という流れを意識しているなら、同じことを書くにしても印象が違ってくると思いますね。と言いながら自分自身はたいしたことを書いてないですが。(^^ゞ

2017/12/12(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ばーそ様、おはようです

二度寝してました、、、ああ幸せ^^
混むでギャル損は大笑いというかこういう広告もありのだなあと痛み入りました
AIDC成程
薫子は、一番欲しいのはコメントだったりして
コメントは、その記事に納得して何か書きたいと思ってくれる人達だし、ありがたいと思うし、お友達感覚になってしまいます
来年でブログ開設10周年の薫子ですがね

2017/12/14(木) |URL|薫子 [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/14(木) || [edit]

Re: タイトルなし

薫子さん コメントありがとうございます^^)
 二度寝して幸せ感を感じましたか。私の祖母が寝るときにいつも、極楽極楽、寝るより楽はなかりけりと言っていたのを思い出しましたよ。
 私は寝つきが悪いほうで、なかなか眠れないのが困ります。横になると頭が働き出し、いろいろ考えを巡らすのが楽しいせいで、なかなか脳が眠るモードにならないのです。

 コメントは、うれしいし、ありがたいし、お友達感覚になりますね。
 薫子さんの文章は、いつもエネルギーがいっぱいに感じます。なにしろ、ピシピシピシーッですからね。なんだか。あおられて、ほら、もっと走れ走れ!とムチ打たれているような気分になります。そうですか、二度寝して、力を貯めているのですね。(笑) 

 ブログは10年選手でしたか。私より3年ほど先輩です。ずいぶん続いていて、偉いですね。その活動力は並の「風」じゃないですね、あ、そうか、「嵐」でしたか。(笑)

2017/12/14(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 あー、すみません。気を使っていただいて、申し訳ないです。そちらにコメントを入れましたからね。^^)

2017/12/14(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/14(木) || [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 わざわざありがとうございます。いつもすみません。^^)

2017/12/15(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/350-993af6d9

back to TOP