「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 「は行」で言える幸せの秘訣と「普通が良い」とする人生志向。 


「シアワセ」を「シワアセ」と語順を入れ替えれば「皺汗」となります。
うーむ、こう書くと、幸せには長年の労苦が必須のように見えますね。

しかし幸せの秘訣は簡単で、『は行』で言えるとネットにありました。
(ははは、ひひひ、ふふふ、へへへ、ほほほ…と笑うことではないですよ)

検索したら、格助詞が一文字だけ違っている二種類の言い方がありました。
「普通でいい」と「普通がいい」です。

 au99.jpg


この二つのフレーズは、格助詞の「で」と「が」が違っています。
この一文字の違いが、人の幸福感を変えるのです。
.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「で」と「が」。それは妥協と納得、諦観と達観の違いのようだ。


A:『普通でいい』ヴァージョン。これが元々の言葉らしい。

 「は」=半分でいい
 「ひ」=人並みでいい
 「ふ」=普通でいい
 「へ」=平凡でいい
 「ほ」=程々でいい

これは欲を掻くとロクなことがない、分をわきまえよ、という小心堅実な生き方。
本当は栄光安楽な人生がいいが、自分はその器でないとする卑下や妥協が見える。
さほど不平不満はないものの、満足感を百パーセント感じていない無念さがある。

    --------------------------

B:『普通がいい』ヴァージョン。格助詞の「で」が「が」になっている。


 「は」=半分がいい
 「ひ」=人並みがいい
 「ふ」=普通がいい
 「へ」=平凡がいい
 「ほ」=程々がいい

こちらは、上も下も良くない、中庸がいいのだ、という鷹揚な居直り志向がある。
栄誉栄華の暮らしができないことは想定内で、無理に譲歩をしている虚勢がない。
今の生き方で十分満足だ、むしろ最善なのだと自慢をしているニュアンスがある。


 pexels-photo-145803.jpg


AもBも、いわゆる“普通"の生活を良いものとしていて、その点には違いはない。
しかし、普段の意識の奥底には、あるいは人生行路の最後には違いがありそうだ。

「普通でいい」なら、あれもすれば良かった、これもすれば良かったと悔いが残る。
「普通がいい」なら、しなかったことはしたくなかったからだとサバサバしている。


 re88jpg.jpg


なにを言いたいのかといえば、
ある考え方を正しいと信じて実践していても、
妥協し、我慢し、諦めて、あるいは悟っていると思い込んで、そうしているなら、
人生の日々は果たして本当に幸福だろうか・・・ということです。
それよりも、
自分のやりたいことを第一にして生きたほうがよくないか・・・ということです。

むろん私は、人は誰でも、自分の好きな生き方を選べばいいと思っていますが。


 w88.jpg


C:ちなみに、私バーソの生き方は、おおむねこんな「は行」でしたね。

 「は」=はみ出し者と言われてもいい
 「ひ」=冷やメシを食わされてもいい
 「ふ」=不満があっても我慢すればいい
 「へ」=下手な生き方だと笑われてもいい
 「ほ」=惚れられなくてもいい (あ、本当かな)


D:いや、こっちの「は行」もいいと思います。

 「は」=ハートで感じて
 「ひ」=ひとり内面に向かい
 「ふ」=ふり返って自己を戒め
 「へ」=へいわな生き方を求めて
 「ほ」=ほしぞらの彼方に神を想う (詩編8:4)


 ga880.jpg


それじゃ普通以下だろと言われそうですが、それいいのだと思っています。


★付録
 ついでに、ネットにあった、文章を面白く書く「は行」の秘訣。

 「は」=はっと驚くことを書く
 「ひ」=ひ~っと叫びたくなることを書く
 「ふ」=ふふふと笑いたくなることを書く
 「へ」=へえ~っと感心することを書く  
 「ほ」=ほっと温かい気持ちになることを書く


 余談ながら、バーソ流「は行」のコメント心得です。

 「は」=反論しないようにする
 「ひ」=批判をしないようにする
 「ふ」=不愛想にしないようにする
 「へ」=返信は長めに書くようにする
 「ほ」=褒めたい美点を書くようにする

  ※ たまに上記の設定条件から逸脱する場合もあります。
☆写真はイメージです。フリー画像を借用しています。

★特別付録
●北海道の友人「ばく」さんからいただいたコメントが秀逸でしたのでご紹介します。私には思いもよらぬ漢字の「は行」編でした。
    ____________________

ちなみに、私ばくの生き方は、おおむねこんな「は行」でしたね。

 「は」 =波瀾万丈
 「ひ」 =飛花落葉
 「ふ」 =夫唱婦随
 「へ」 =秉燭夜遊
 「ほ」 =奔放自由

関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

な~るほど・the・「で」と「が」

誰もが何気なく使っている“格助詞”に人生観を発見するって、
バーソさんならではの着眼ですねぇ。

『で』……。
>不平不満はないものの、
満足感を百パーセント感じていない無念さがある。

『が』……。
>今の生き方で十分満足だ、
むしろ最善なのだと自慢をしているニュアンスがある。

この解析力が、素晴らしいです。

>文章を面白く書く「は行」の秘訣

これも、ごもっともですが、

>バーソ流「は行」のコメント心得

これは傑作中の優秀心得だと思います。
バーソさんの返コメ……。
正にそのまんまで笑えるほどですが、
多くのファンから愛される秘訣でもあるのでしょうね。

★一文字の違いが、人の幸福感を変える。

な~るほど・the・「で」「が」……でしたぁ。(*^▽^*)

2017/12/02(土) |URL|風子 [edit]

同じ考えから

バーソ様
おはよう御座います。

「で」と「が」に通じるようなことをしています。
2年近く前から禁煙しているのですが、机の上にはタバコと灰皿とライターを置いています。
これには意味があります。
「吸えない」のではなく「吸わない」のだと自分に言いきかせているのです。
そうです自分の意思で吸わないのです。そう思うと寂しくありません。
普通は禁煙するときに喫煙に使用するものを全部捨ててしまうのですが逆をやってみました。効果ありです。
何回も禁煙したと自慢する人がいますが私は人生で禁煙したのは今回の一回だけです。(これも自慢ですね)

愛新覚羅

2017/12/02(土) |URL|aishinkakura [edit]

Re: な~るほど・the・「で」と「が」

風子さん ありがとうございます^^)
 この幸せの「は行」の秘訣は、浄土真宗や臨済宗の僧侶、企業人などが引用して解釈していました。あらゆることに感謝するというブッダの教えに近いのだと言っている人もいました。

 しかし生活レベルの話に絞れば、キリスト教の教えとは違いますね。新約聖書ではどちらかといえば「清く貧しく」が勧められ、「塵芥(チリ・アクタ)と世間からみなされても信仰があれば強くなれる」と言われていますから。旧約聖書も「生まれてきたときは裸だった、死ぬときは裸でかしこに帰ろう」と言っています。

 でも、この教えは「引き寄せの法則」とはまるで正反対だと思いませんか。こちらでは富を持つことを良しとし、そのためにはすでに持っているかのように思って、そのように振る舞えば、おのずと富が引き寄せられるという考え方ですから。
 まあ、富を我慢しようというのは、野心・出世・向上が難しい昔の時代の対処法なんでしょうか。現代は才能と何かのきっかけがあれば、上に上がっていけるのですから、引き寄せの法則が流行ったのもむべなるかなと思います。

 私の「は行のコメント心得」は、最近、ちょっと逸脱することがあります。というか、私は本当は議論好きなんですね。以前、ある人と神の存在について議論の場を設けるために専用のページを作ったこともありますよ。自分の見解に多少反論されても怒らないような冷静な人なら、いくらでも意見のやり取りはしたいのですが。

2017/12/02(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 同じ考えから

aishinkakuraさん コメントありがとうございます^^)
> 2年近く前から禁煙しているのですが、机の上にはタバコと灰皿とライターを置いています。・・・「吸えない」のではなく「吸わない」のだと自分に言いきかせているのです。
そうです自分の意思で吸わないのです。そう思うと寂しくありません。
 
 タバコは肺を汚す、ガンの元になる、健康を害す、空気も汚してまわりに迷惑を掛けてい…るというようなことが言われていても、禁煙をしようと思う人はなかなかいないほど禁煙とは難しいもののようですから、その教授の記事を読んだとき、たいしたものだと思いました。
 
 ひとから言われてすることと自分で決めてそうするのとでは、確かにだいぶ違いがあります。そう思うと、人間の「意思」というのはたいしたものですね。まず最初に意思があって、それから次に行動があるのですから。自分の意志を制御できるひとは、確かに「自慢」できると思います。

 マーク・トウェインが「禁煙なんて簡単さ。私はもう何千回もやめてきたのだから」と言った言葉が知られていますが、禁煙とは相当に覚悟がいることのようですね。
 じつは以前いた教団では喫煙すると排斥されました。なので信仰によってタバコをやめた男性がけっこういましたよ。信仰と意思とは近いものなのでしょうかね。私はタバコは吸ったことがないので、やめるつらさはわかりませんが。

2017/12/02(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

おいらの人生格助詞は「で」かも

おひさしです

ハ行でこれだけ盛れる師匠がうらやましくもあり、面白くもあり。

ちなみに、私ばくの生き方は、おおむねこんな「は行」でしたね。

「は」 =波瀾万丈
「ひ」 =飛花落葉
「ふ」 =夫唱婦随
「へ」 =秉燭夜遊
「ほ」 =奔放自由


ま、何だかんだ言いましても幸せになるために欠かせないのは笑いでありまして、ハ行+ア行で笑いを演出しております。

あはは (通常はこれです)
いひひ (エロ爺ですので・・)
うふふ (これは気持ち悪がられます)
えへへ (ずるいおいらはよくこの笑いが)
おほほ (これは奥方に任せております)


2017/12/02(土) |URL|ばく [edit]

Re: おいらの人生格助詞は「で」かも

ばくさん コメントありがとうございます^^)
 いやあ、恐れ入りました。すごいです。
 「ハ行ア行の笑い」編もカッコ内の注釈がばくさんらしくて面白かったですが、四字熟語の「は行」詩のほうにいたく感心させられました。
 「波乱万丈」と「夫唱婦随」は簡単に出てきますが、「飛花落葉」と、特に「秉燭夜遊」には驚きました。私は知らない言葉でしたよ。

 「秉燭夜遊」を検索したら「へいしょくやゆう」と読むのですね。
 “人生は短いので、夜遅くまで遊んで楽しもうという意味。「秉燭」は手に灯りを持つこと“
 「飛花落葉」は、“咲いた花もやがては散り、青葉も秋には色づいて枯れ落ちるということ。人生のはかなさや、世の無常であることのたとえにいう“

 なるほど、そうですか、ばくさんが社会の成功者として、「普通」以上の、いい人生を送ってきたことがうかがえます。「波乱万丈」とあるので、いろいろ苦労もあって、それを乗り越えてきたのでしょう。
 「奔放自由」の後半は私の今のモットーですが、「奔放」のほうは私はそうできずで、正反対の人生でしたね。

 まったくお世辞抜きに、素晴らしい!と、私は滅多に使わない感嘆符を付けて賞賛します。
 
 うーむ、あまりに感心したので、この部分、今回の記事の最後に付録で紹介させていただきますね。(^^♪

2017/12/02(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんにちは

誉め言葉?

は:は~・・・
ひ:・・・
ふ:・・・
へ:へ~・・・
ほ:ほ~・・・


好きなもの

は:花
ひ:人
ふ:麩
へ:平和(苦しみました 〇だったら笑える)
ほ:本

嫌いなこと

は:薄情
ひ:酷い嘘
ふ:不親切
へ:へラヘラすること
ほ:ほら吹き

指すもの

は:破天荒
ひ:非凡
ふ:不思議
へ:閉鎖
ほ:報復

現実

は:晴れやかな笑顔で
ひ:人を愛し
ふ:普通が一番と
へ:平和を貫き
ほ:ほっとする毎日

2017/12/02(土) |URL|Miyu [edit]

ははは…その昔、野心満々の覇王(多分、アレクサンダーの父フリッポス)は貪欲に領土を拡大しました。
それを見た家臣が言ったそうです。「王様は何をなさりたいのですか?」「わしは世界を征服したい」
「征服してどうなさるおつもりですか?」「世界の人々がわしの支配の下に幸せに暮らすのをみたい」
「けれども、王様は征服戦争を繰り返して、幸せにしたい人々を不幸にしているではありませんか」
世界を征服した所で全ての人を自分の自由にできる訳ではありません。まして心は支配できません。
千人の美女を囲った所で全て抱ける訳ではありません。儲けた子供が多ければ相続争いが起きるだけです。
世界を自分の庭にした所で全て散歩して楽しむ事はできません。寝られるのは自分のベッド一つだけです。
億万長者になった所で人生を百回生きられる訳でもない。入る墓穴は一つだけ…皆等しく塵に還ります。
生きる価値…幸せの価値とは何なんでしょうかね(笑)

2017/12/02(土) |URL|sado jo [edit]

Re: こんにちは

Miyuさん コメントありがとうございます^^)
 あははは、こういうのはMiyuさんの得意技。は行のコメントが入るかもしれないなあと思っていましたが、ずいぶんいっぱい考えていただき、ありがたい限りです。

 誉め言葉は、「ひ」は「ひえ~っ」か「ひどいっ」。「ふ」は「ふん?」というのはどうでしょう?
 いや、けなすのは良くないですか。しかし「は~」も「へ~」も、けなし系ですよね。日頃のMiyuさんの厳しさがうかがえます。ビール瓶で殴らないように、いや、殴られないように気を付けてくださいよ。(笑)

 麩が好きですか。どんな味にも染まる、やわらかい食べ物。従順さと素直さを物語る。あ、いや、「ふ」の付くものがあまりないせいですか。一字だと、服、笛、文、鱶、ぐらいしか思いつきません。「平和」で苦しんだとは人間関係のことですかね。「人」が好きだと言えるのはいいですね。

 「嫌いなこと」は、私もまったく同じです。

 「現実」のは行は、理想や目標じゃなく、Miyuさんの「現実」なんですね。非常にいいじゃないですか。完璧で、言うことなし。最後の「ほっとする毎日」に現実感があります。忙しい日々が見えるようです。からだを壊さないよう「程々」でお願いしますよ。

2017/12/02(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)
 そんな逸話があったのですか。ギリシア、ローマの時代にも詳しいですね。
 世界征服といえばアレキサンダー大王。その父親フィリッポス2世といえば、長い槍と吊り下げ式の盾を使って、密集方陣という隊形を作り出した人。息子が強かったのもうなずけます。
 戦国の動乱時代は戦いに勝つ指導者が偉大な君主。今の時代も相手を完璧にやっつけられる最終兵器を持つ者が偉大な君主である、という図式が続いているようです。
 あの時代の映画といえば『スリーハンドレッド』を二回テレビで観ました。このときの戦いは集団で戦うのではなく、一対一の戦い方で、自分たちの都市に対するスパルタ人の忠誠と勇気が、相手ペルシアの圧倒的な大軍を一時は撃退させたという愛国主義称揚の映画でした。映像効果が『シン・シティ』に似ていて、面白い映画でした。

 おっと、話がずれましたが、そうですね、支配者というのは「国のため、国民のため」と必ず大義名分を言います。代議士はみなそのように言います。国は貧しいのに、あるいは多くの人は普通以下の生活をしているのに、政治家は自分の選挙や保身のために多額な税金を無駄に私用で使ったりする場合があるので、困ったものです。立派な志を持っていた人も、偉くなると自分の栄誉をまず第一にし出し、そして失敗し、失脚するのが不思議です。

 イエスのこんな言葉があります。「たとい人が全世界を儲けても、自分の命を損したら、なんの得になろうか」。これは、だから神を信じよ、正しく生きよ、真の命を追い求めよ、という話になるのですが、確かに人は誰でも息がなくなったら一握りの灰になり、塵に還り、彼処に帰ります。起きて半畳、寝て一畳、天下取っても二合半。ひとから尊敬されない栄誉を欲しがる精神傾向は本当に愚かしいことですね。と、栄誉がないのに、そんなことを偉そうに言うのはちょっと苦しいものがありますが。(笑)

2017/12/02(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

で、いい

半分でいい・・・全部欲しいけど、まあ、半分有れば事足りるし、他の人の事もあるから我慢しておくか
人並みでいい・・・出世出来ればそれに越した事は無いが、まあ、人並みなら文句も言えない罠
普通でいい・・・普通より上が良いに決まってるけど、普通より下じゃないからとりあえず良しとしようか
平凡でいい・・・上に行きたいけど、とりあえず平凡をキープできればそのうち道も開けるさ
程々でいい・・・足りてるからとりあえず安心しとこうか

半分がいい、人並みがいい、普通がいい、平凡がいい、程々がいい・・・ふん、本来はもっと上なんだけど、自分からわざと普通にしてるんだからねっ!能ある鷹は爪を隠すのよ。べ、べつに上の人なんて羨ましくないんだから!!

 まあ、いいや。

は・・・馬歯徒増
ひ・・・悲憤慷慨
ふ・・・不平不満
へ・・・偏狭頑固
ほ・・・煩悩具足

orz

2017/12/03(日) |URL|miss.key [edit]

Re: で、いい

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
 おお、miss.keyさんにしては意外に、普通の意見であるように思いますね。もっと気宇壮大、天空海闊に夢と希望を熱く語る人のようでもありますから。

 「他の人の事もあるから我慢しておくか」とか「そのうち道も開けるさ」というのは、ずいぶん謙虚なことです。そして「足りてるからとりあえず安心しとこうか」ですか。自分は「足りてる」と思っているのですね。いいことです、と私は思いますね。野心とか功名心は、とかくギラギラして、他を蹴落とし、自分だけ上に昇ろうという利己的志向なりがちですから。

 「・・・がいい」のほうは、「べ、べつに上の人なんて羨ましくないんだから!!」というやせ我慢の精神状態が確かに若干ありますね。これを人前で言うような人は、自分の義を売り物にしているようで、ちょっといやらしい感じもします。

 で、miss.keyさんヴァージョンは、
  は・・・馬歯徒増
  ひ・・・悲憤慷慨
  ふ・・・不平不満
  へ・・・偏狭頑固
  ほ・・・煩悩具足

 ですか。なるほど、さすが、小説ブログ主宰者。こういうのは得意の分野ですね。私はこの「馬歯徒増」は知らなかったですよ。

 で、拙僧も節操なく真似しました。「馬」の字でまとめてみました。
 は・・・馬鹿果報(愚かな人は憎しみを受けない)
 ひ・・・非驢非馬(どちらとも言えず曖昧なこと)
 ふ・・・風檣陣馬(やる気に満ちている)
 へ・・・兵馬倥偬(戦争で日々せわしないこと)
 ほ・・・泛駕之馬(常識に従わず別の方法を取る)


 なお、以上のすべては検索し、いま知ったばかりの言葉です。「へ」の項は「戦争で」という設定を外せば私の志向と合います。

2017/12/03(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/05(火) || [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 そちらにメールしましたよ。^^)

2017/12/05(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/05(火) || [edit]

Re: こんばんは

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
なんと言ったらいいか、うーん、まずは、よかったです。
そして、うれしかったです。
では、また。(^^♪

2017/12/05(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/08(金) || [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 そちらにコメントを入れましたよ。(^^♪

2017/12/08(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

は・・話したい事、いっぱい。
ひ・・一人のときは物思い
ふ・・二人のときは語り、
へ・・変顔もして笑う
ほ・・ほら、食欲出るでしょ♪

2017/12/08(金) |URL|森須もりん [edit]

Re: タイトルなし

森須もりんさん コメントありがとうございます^^)
 おや、うれしいですね。「は行」の笑いの注解ですか。でも時間が少し掛かったでしょう。いや、森須さんなら言葉がさらっと出てきたのでしょうかね。得意の分野ですから。

「は」が起で、「ひ」と「ふ」が承、「へ」でガラッと転にしたのがいいですね、そして「ほ」でうまいこと結に持っていきました。ほ~、と思いましたよ。

 毎日忙しそうですが、以前と違って新鮮な精神で取り組んでいるようで、意欲が感じられます。人生には意欲や努力があるのはいいことです。それは充実感と達成感に結びつきますから。

 今は元気で意欲十分のようですから、当分は独りで暮らすのもいいかもしれないですね。

2017/12/09(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

は:反対されても意志を貫く
ひ;批判して先に進む
ふ;不可能なんて言わせない
へ;変人と思われても今は仕方ない
ほ;ほかの人と同じ生き方は嫌だ!!

ですね。僕は。

2018/01/10(水) |URL|田舎のヲタ [edit]

Re: タイトルなし

田舎のヲタさん コメントありがとうございます^^)
 あははは、うまい。しかも内容が正しい。どこが2級なんですか。けっこう心のゆとりがあるじゃないですか。(^_-)
 「は」から「ほ」まで全部ごもっともです。この通りに生きられたらいいですね。
 「意思を貫く」「先に進む」「不可能なんて言わせない」「今は仕方ない」「同じ生き方は嫌だ」。そうです。この調子で少しずつでも前進できるといいですね。

2018/01/10(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

「精神2級」は、
知的障害ではないので、
知的面では普通と同じかそれ以上です。

あ、今日、
桜井日奈子ちゃんがバッサリ切ってしまったという「悪いたより」(⇔良いたより)
があったので、
これを踏まえてもう1回。
は:はぁ?なんで

ひ;ひなこちゃんがボブにしなきゃいけないの??

ふ;不愉快だ!!

へ;変にショート女子多すぎ!!

ほ;本当に切るつもりのない女の子はどこにいる??

2018/01/11(木) |URL|田舎のヲタ [edit]

Re: タイトルなし

田舎のヲタさん コメントありがとうございます^^)
 あらら、すみませんでした。私の書き方が悪かったようですが、この前は「2級」の話をしたあとでこう書いたんですよ。「けっこう心のゆとりがあるじゃないですか」。
 ですから知性が劣ると書いたのではなく、冗談を書けるほど精神に余裕がありますね、という話のつもりでした。

 こういう「あいうえお」で語頭を書くような冗談話は、精神にゆとりのない人や知的に硬直思考な人にはなかなか書けないもので、発想が柔軟な人だけが書けると私は思っているのですがね。と書くと私バーソがそうなのだと言っているようですが。(^^ゞ 
 それにしても「普通かそれ以上」と自分で自分を分析できるのはいいですね。
 で、桜井ナントカさんに関する「は」行言葉ですが、なんといったらいいやら、私には全然興味のない、どうでもいい「たより」です。あはは、申し訳ないですね。でもジョークが好きなようで何よりです。(^_-)

2018/01/11(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

そうだっんですね。
実は僕も脱党前はネタ関連はダメでした。
ここまでは書けなかったような。
4、5年以上、地元の事業所で職業訓練しているからかな?

あと、僕は過度に他人を心配します。
ですから桜井さんの話が出てきました。
というより、
黒髪もしくは地色ロング女子が好きなだけなので、
ただのエゴです。

2018/01/11(木) |URL|田舎のヲタ [edit]

Re: タイトルなし

田舎のヲタさん コメントありがとうございます^^)
 じつは私も、その頃はジョークは言わなかったですよ。言っても通じません。全然笑ってもらえないだけじゃなく、不真面目だと思われるようでした。

 真面目なのはいいのですが。
 ひとを心配するのは悪いことじゃないですが、過度になるとちょっとね、となりますね。

2018/01/11(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

すいません。
人の人生に過度に干渉して。
JWの影響からか、
「日本改革欲」が止まらないのです・・・・。

2018/01/12(金) |URL|田舎のヲタ [edit]

Re: タイトルなし

田舎のヲタさん コメントありがとうございます^^)
> JWの影響からか、
「日本改革欲」が止まらないのです・・・・。

 私も以前は世界を良くしたい、そのためには聖書の教えを伝道せねばと思っていましたが、今は違う考えを持つようになりました。

 でも田舎のヲタさんが、暴力に一切関係のない、そういう平和運動をしたいという考えを持っているなら、悪いことではなく、むしろいいことでしょうね。

2018/01/12(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/349-ef877044

back to TOP