「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 わずか1cmのベニクラゲに不老不死の仕組みを見る。 


人間の永遠の願いは"不老不死"だろう。
何かを祝いたいときに両手を挙げて「万歳!」と唱えるのが、その根拠の一つ。

不労薄志の有閑老人が試みた、人様に言えない回春法については前回書いたが、
他にも、古来いろいろな延命術があった。

・秦の始皇帝は、不老不死が叶う仙薬の話を信じて、徐福を蓬莱山に遣わした。
・錬金術は、卑金属を貴金属に変える霊薬を創り、人間を不老不死にすること。
・エデンの園にある命の木の実を食べれば、アダムは永遠に生きるはずだった。
・かぐや姫は不死の薬を勅使に渡したが、帝はふじの山で薬を焚いてしまった。
・寿限無寿限無(中略)長久命の長助という名前を子供に付けるのもいいらしい。
・健康食品や健康グッズとやらが「一生現役」とか「豊かな老い」と喧伝している。


wpoi.jpg
「アバター」ハイテク研究を計画した企業家ドミトリー・ツィコフ氏は、科学者が10年以内に人間
の意識をロボットにダウンロードできるようになり、人は「不老長寿」を入手できると発表した。



現在、世界一の存命中の長寿者は、日本人の田島ナビさん117歳(鹿児島県在住)。
世界記録保持者は、1875年生まれフランス人 ジャンヌ・カルマン122歳164日。

現時点では、人間は不老不死の実現については万歳状態、すなわちお手上げ状態。
というわけで、まずは人間以外の、地球上で一番長寿の生き物の話になりますよ。

.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
人間以外で、一番長寿の生き物は何か?

3位はアイスランド貝で、最長寿の記録は8.6cmの個体507歳。
 (貝殻は木の年輪に相当する模様が生じるので、本数を数えれば分かる)

2位は海綿動物で、冷たい南極海では1550年以上も生きているものがある。
 (体内には大量の微生物が共生しており、体積の40%を占めるものもある)

1位はベニクラゲ。理論上では5億年以上生きた個体もあるとされている。

 
3kbeni.jpg
直径4-10mm。胃は赤か黄色で大きく、横断面は十字型。若い個体は8本の触手を持つが、成熟体
は最多で数百本もある。触手の内側に鮮やかな赤色の眼点がある。 (photo:Takashi Murai) ※ 



ベニクラゲは不老不死の生きものである。

ベニクラゲ類とはヒドロ虫綱に属するクラゲの一種で、温帯・熱帯の海域にいる。

普通のクラゲの場合は、有性生殖を行なって子供を作ると溶けて消滅するのだが、
ベニクラゲの場合は死なずに、再び幼生のポリプに戻って成長をし直すのが特徴。

成体→ポリプ→成体をループで繰り返し、同じ遺伝子を持った個体に若返るので
不老不死と言える。自身の力で「iPS細胞」のようなものを作り出しているのだ。

この現象は地中海産のチチュウカイベニクラゲ(T. dohrnii)で発見され、1991年
に学会発表された。動物界では大変稀なことであり、センセーションを起こした。

若返り回数の世界記録は、京都大学瀬戸臨海実験所の久保田信准教授による9回
(2011年)だが、その翌年には「若返らせることに10回成功した」と発表された。
ベニクラゲと人間の遺伝子構成は似ており、人間にも応用される可能性がある。



または、https://www.youtube.com/watch?v=BhN_yPb6xQw


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ベニクラゲの生態は、人の“不老不死"の仕組みを示唆していないか。


植物も生まれ変わりを続けているようだ。「一粒の麦は、地に落ちて(いわば)死
ななければ、一粒のままである。だが死ねば多くの実を結ぶ」とイエスは言った。

動植物に生命のループ式再生があるなら、人間の場合もあり得ると推論できる。

肉体は老化して死ぬが、人間の本質の生命(魂)は死ぬことがなく、宇宙全体の大
きな生命(魂)に戻り、またそこから個々の人間として地球上に再び生まれてくる。

つまり、人間は死んでもまた甦るという「輪廻転生」の教義はあり得る話になる。


beni4.jpg 
フリー画像(写真AC)

ベニクラゲはわずか10ミリほどの小生物なのに、すごいことをやっている――。

人間が彼らに敵わないように出来ているなら、ちょっとおかしくないだろうか。




補足――――――――――――――――――――――――――――――――――

●田島ナビさんは1900年(明治33年8月4日~)は、世界最後の19世紀生まれの人物。1日3回の食事
は欠かさず、粥や味噌汁など5品をミキサーにかけたものを摂る。元気の良い日はシマ唄に合わせて
手踊りをするという。2017年(平成29年)9月の時点では、約160人の子孫がいる。
●ジャンヌ・カルマンの口癖は「どうにもならないことで、くよくよ悩まない」。喫煙は117歳ま
で続けた。赤ワインとチョコレート(共にポリフェノール含有)が好物だったそうだ。13歳のときに、
当時アルルに来ていて父親の店に絵の具と鉛筆を買いに来たゴッホ(2年後に没)に出会ったという。
※http://www.nytimes.com/2012/12/02/magazine/can-a-jellyfish-unlock-the-secret-of-immortality.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

びっくりポン!

>成体→ポリプ→成体をループで繰り返し、
 同じ遺伝子 を持った個体に若返るので不老不死と言える。
 自身の力で「iPS細胞」のようなものを作り出しているのだ。

5億年以上生きた個体も、って……。
“ベニクラゲ”((ʘ ʘ;)))すごぉ!
ふんわり、ふわふわ、超エコな動き……。
ベニクラゲ動画、確かに癒されますねぇ。

何百年も経って芽を出した古代米とか、
何十年後に孵化した魚卵とか、
命は不思議に満ちていますよね。
人類の輪廻転生システムなんて、ごく自然に感じます。

アバター……“意識のダウンロード”
ストーリー、映像美ともに斬新で、度肝を抜かれました。
信仰の対象を持ち、小さなコミュニティとして暮らすアバターたちに、
“生きざま”を学んだように思います。

2017/11/18(土) |URL|風子 [edit]

ベニクラゲ恐るべし

バーソ様
おはよう御座います。

ベニクラゲって凄いのですね。
始皇帝が知っていたら中華料理の材料にしていたでしょうね。(笑)
それにしても脳が5億年も記憶していたらパンクして死んでしまうでしょう。
特効薬はアルツハイマー病になることではないかと思います。
ベニクラゲ界ではアリツハイマー病になる脳外科手術が発達しているのかも
知れません。
人間の輪廻転生も記憶が残っていたら世の中、知人だらけになってしまう
でしょう。犯罪者なんか絶対に逃げ切れませんね。

愛新覚羅

2017/11/18(土) |URL|aishinkakura [edit]

Re: びっくりポン!

風子さん コメントありがとうございます^^)
 進化論が言うように、タンパク質が単純な原始生物に進化し、知恵を働かせたり、環境に影響されたりして、長い年月の間に進化していったとするなら、万物の霊長とされる人間がこんなちっちゃなクラゲに生命の“基本性能“で劣るのはおかしいということになります。

 ベニクラゲ自身も普通に生殖をして子孫を増やすのもいるし、ポリプに退行して種を保存しようというのもいて、その選択はどういう気持ちでしているのか、ちょっと面白いものです。
 生殖法だとメスを奪うためのオス同士の熾烈な戦いが合ったりして、クラゲ君は自分の性格が“暗げ"になるのがイヤなんでしょうか。(笑)

 ともあれ偶然に生まれてきて勝手バラバラに適当に生きているのではなく、個々の意識あるいは本能がどう生きるかを選択しているのでしょうから、そうであれば、生物はみな“自分の人生"を生きているのでしょうね。

「輪廻転生」のことを「教義」と書きましたが、「信仰」でもあり、確かに“自然な“論理的思考の一つでもあると思いますね。

2017/11/18(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: ベニクラゲ恐るべし

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)
 ベニクラゲ恐るべし。本当にそうですね。
 始皇帝は知らなかったかもしれないですが、私もベニクラゲを乾燥して中華料理に使いたいと思います。キクラゲよりも良さそうです。ただ、気分よく泳いでいる映像を見ていると、食べるのがちょっとかわいそうです。

 科学者は人間の脳の記憶容量が途方もなく大きいことを知るようになりました。ある研究者の推定によれば、人の脳は「およそ2,000万冊、すなわち世界最大の図書館に収められているものに匹敵する数の本を満たすほどの」情報を蓄えることができるそうです。人は平均寿命の間に脳の潜在能力の0.01%(0.0001)しか使っていない、と見る神経科学者もいます。なので人間の脳も物凄い能力を持っているのですが、今はその本来の力を使えていないということのようです。

 アルツハイマーは、自分の悲惨な状態は認知していないほうがいい、だから本人にとってはそれほど不幸ではないという考え方もあるようです。そばにいる人は見ていると、気の毒だと思うものですが。

> 犯罪者なんか絶対に逃げ切れませんね。
 そうですね。大体が故意による凶悪無惨な犯罪を犯しても、ある年数がたてば帳消しになるというのはおかしくないでしょうか。警察が捜査をしなくなる期限を決めるのはいいと思いますが、凶悪な罪が消えてしまうというのは変だと思いますね。

2017/11/18(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

人間がこれほど個体の寿命に拘るのは、自意識の賜物だと思います(笑)
生物それぞれの寿命は、その種の繁殖サイクルに合わせて作られている様です。
一日で寿命を全うする昆虫もあれば、千年以上生きて子孫を為す植物もあります。
問題は種そのものの寿命ですが、何億年も掛けて徐々に進化しながら生き続けてる種があるのには驚かされます。
その点で言えば、我々ホモサピエンスと言う猿の亜種は、そんなに長くは地球上に生存できないだろうと思います。
身体能力が他の動物に比べて低く、環境への適応力が狭くて、ご自慢の脳もこれ以上の進化が望めない所もあります。
今は人工的な生存環境を作って生きてますが、多分長くても150万年程度で地球上から消え去るでしょうね。
何十億年と言う地質年代から見れば、ほんの1ミリほどの地層に埋もれる失敗生物なのかも知れません。
「我こそは万物の霊長」…などと驕り高ぶっていられるのも今の間だけです(笑)

2017/11/18(土) |URL|sado jo [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)
> 人間がこれほど個体の寿命に拘るのは、自意識の賜物だと思います(笑)
 そうですね。人間から自意識を取れば、本能のままに行動する動物か、あるいは決められたことや最善手しか行わないAIロボットと同じになります。
 失敗し成功し挫折し突破し倒れて起き上がり、あれこれ試行錯誤して、自分の定めた目標に進んでいくのが人生であり、それが面白いのだと思いますね。

 スポーツの分野でも科学の分野でも芸術の分野でも、すべて熟知し、すべて会得し、すべて解決してしまったとしたら、人間として生きていく理由や目的がなくなりそうです。そういう意味では、完全無欠な楽園は望みようもないし、在りようもないと言えるかもしれないですね。

 地質年代から見ればホンの1ミリほどの地層に住んでいるとしても、自分の観点から考えれば、この自分の存在ほど貴重なものは宇宙にはないわけで、もし自意識というものがなくなれば、果たして自分は生きていく必要性があるのだろうかとかなり悩むか、あるいは悩みなどせずに、150万年後ですか、地球環境が生存に適している限り、ただただ命ある限り本能のままに生きていくのでしょうかね。
 
 生きものの寿命とは面白いものです。セミは地中に何年もいて、地上では一か月ぐらいで死んでします。何のために地中の暗い生活があるのかと思いますが、たぶん何かもっともな理由があるのでしょう。

 人間は進化論的に万物の霊長だから偉いのではなく、“考える“ことをする葦だから宇宙よりたいしたものなんでしょう。意識と思考が、人間を他の生物とは異ならせている最大の特長なんでしょう。造物主とは言ってみれば、大いなる意識と思考の塊りのようなものなんじゃないですかね。

2017/11/18(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

長寿がどんどん迫ってきている社会ですが
ベニクラゲは、そんなに長く生きているのですか。

死んだらどうなるのでしょう。
魂も安らかに消えて欲しいなあ。

長寿が、どんどん社会を変えていってます。
私の職場のオーナーは78歳で
バリバリ現役です。
一番の働き手、稼ぎ頭。
死なないのではないかと密かに思っています。

このパワフルなオーナーは甘党でいつも
美味しいスイーツを食べています。
そしてバリバリ働いています。

本当の意味の長寿を間近にみています。

2017/11/19(日) |URL|森須もりん [edit]

Re: タイトルなし

森須もりんさん コメントありがとうございます^^)
 死んだらどうなるか。はっきりとしたことはよく分からないし、分かっても何百年も生き延びるわけにはいかないので、だったら諦めて、居直って、今の命を精々活用していくしかありません。自分の人生は自分で切り開いていくものなので、いまできることを精一杯やりながら、さらに他の道も気を配って模索していると、自然に良い道が拓けていくと思いますね。

 魂の問題にしても、ひとつ確かなことは、自分がさほど信じても居ない仏教のお経を、他者に唱えてもらったら、仏教をさほど信じてもいなかった死人が喜ぶことはないということです。大体が死人が苦しんでいるとか成仏してないとか地獄に居ると思う根拠は全然なく、そういう教えは大元の仏教にはない教えです。
 なので、とにかく死人は完全なる無の状態になって苦しみゼロか、あるいは煩悩から開放されて至福の状態になっているかのどちらかだ、と思ったほうがいいと思いますね。

 オーナーは78歳でバリバリの現役ですか。元気で仕事熱心なのはいいですが、社員全員がかなりのサービス残業をしていて、それが社風として当たり前になっていて、それをオーナーが是正しようとしてないのが、私は気になりますね。事情を知りもしないで勝手な感想を言って申し訳ないですが、森須さんはなるべくマイペースで無理をしないようにして、からだを壊さないようにしてくださいよ。

2017/11/19(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

性を得る事で死を得た

 生まれると言う事は増えると言う事。ところがパイは決っているのだから無限に増え続ける事はできません。しかしそれでも新しく生まれてくるからには席を用意しなければならないのであります。役目を終えたらさっさと退いてね。悲しいけれどそれが自然の掟であった訳であります。
 某作品にこんな話がありました。若返りの技術で誰も彼も若返ったは良いけれど、仕事が無くて政情不安。結局世界規模の殺し合いが始まって・・・。
 閑話休題
 性とは子を残すためのシステムではありますが、見方を変えると実は若返りのシステムであります。日に日に傷つきポンコツ化する遺伝子。修復するったって継ぎ接ぎだらけでもう無理!新しく作り直した方が早くねっ?ってな訳で採用されたシステムなんですなぁ。残念ながら記憶を継承できないので本人に自覚はありませんが、遺伝子はしっかり継続中。つまりアダムとイブは命の実を食べてしっかり永遠の命を手にしていたのであります。
 ちなみにバクテリアは不老不死であります。生まれて以来代替わりなんてしていない。分裂して増えてもどちらが親でも子でもない。分身した瞬間に固体は別になっても、前の固体を更新した訳ではないのであります。つまり彼らの年齢は何十億歳・・・。
 人間、永久に生きたいのは権力者かお金持ちだけなんじゃなかろうか。終末思想が未だに後を絶たないのを見ると一般の人は終りを望んでるんじゃなかろうか。一生どころか永遠に働くなんて、考えただけでぞっとする罠。まあ、来世を望む人はそうじゃないんだろうけど、俗物のわたしゃ今だけ派なもんで。
捨てるだに この世のほかは なきものを
いずくか終の すみかなりけむ

2017/11/19(日) |URL|miss.key [edit]

Re: 性を得る事で死を得た

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
 ずいぶん忙しそうなのに毎度すみませんね。
 この斉藤道三の句にデジャブがあると思ってGoogle検索してみたら、最初のページの上から6番目の某ブログに、或る人のコメントが出てましたよ。
 https://barso.blog.fc2.com/blog-entry-253.html
 生まれ変わりがあろうとなかろうと、誰にとっても、この人生は一度だけ。今はこの時しかない。「だから全力で生きろ」と思う人生志向は、真面目で健全だと思いますね。

 で、このたびは「性とは子を残すためのシステムであり、役目を終えたらさっさと退いてね」ですか。なるほど、そういう見方もあると思います。ちなみに私の場合は子供がいないので役に立っていないようですが、たいした人間じゃないので、別に自分の子孫など残さなくてもいいと思っています。

 もし人間が子どもを産むために生まれてきたのであれば、人はわずかばかりの運の悪さを恨んだりして、人は哀しい 哀しいものですね。
 いや、そういう話じゃなくて、愛 燦々とこの身に降って心密かなうれし涙を流せる人生だって、なかなかいいものじゃないですか、ほんと。

 永遠に生きたら楽しいと思う人は、今現在が面白いか、やりたいことが沢山あるかのどちらかではないでしょうか。たとえやりたいことが特に無く、毎日が特に楽しくなくても、人間は毎日三度のご飯に飽きることは無いという話もあり、私はこの意見に納得しています。

 人が不老不死のバクテリアになりたいとは思わないのは、彼らの人生が面白そうで有意義だとは思えないからじゃないですか。
 でも、たぶん人間には分からないが、彼らには彼らなりの有意義な人生目標と存在理由があると思いますね。世界には存在する理由がないものは存在しないと私は思っています。

> 若返りの技術で誰も彼も若返ったは良いけれど、仕事が無くて政情不安
 それほど技術が進歩して、みんなが健康な世の中なら、土地改革をして土地を国民全員に均等に分ける。そして一人ひとりが自給自足の生活スタイルをする。山が好きな人は畑を耕す。海が好きな人は釣りをする。貨幣は廃止して物々交換というのはどうでしょう?
 そうすれば生きるために働く仕事が誰にも出来ます。そして絵を描いたり本を書いたり背中を掻いたり、何でも自由に好き放題。そうなれば、ああ、未来たちは人待ち顔して微笑む。人生ってうれしいものですね、と歌いたくなりませんかね。

2017/11/19(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/347-1d3a5dae

back to TOP