「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 ラーメンは、こまかな工夫が得意な日本人の創作料理だ。 


中華麺を使い、カタカナで表記される、日本発の世界的料理は”ラーメン”だ。

オックスフォード英語辞典には "ramen、Japanese" と説明されている。
中国や台湾では、日式拉麺とか日本拉麺と表記され、日本の麺とされている。


 日本人の誰かが、この"ramen"を "lamen"と書いた。

 それを見たアメリカ人が言った。
 「日本人は "r"と "l"が区別できないのだろう」

 それを聞いた日本人が言った。
 「"ramen"と"lamen"は味が違うのだが、アメリカ人は区別できないだろう」

    yko4.jpg
     丼のデザインは横尾忠則。『美濃のラーメンどんぶり展』出品作。

   
今回は、ラーメン屋と日本蕎麦屋の、そもそもの心構えの違いに関わる話と、
ラーメン丼の絵柄は中華っぽくないほうがいいという個人的な好みの話です。

 


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ラーメンは"試行提案"の文化で、日本蕎麦は"思考停止"の文化では?

日本蕎麦は伝統的な方法にのっとって作られており、味の基本は似たようなもの。
ところがラーメンはルールなど無しで、大げさに言えば味や食材は店ごとに違う。

特に激戦区や著名なラーメン屋は大人気で、若い人たちが列を作って並んでいる。
しかし昔ながらの街の蕎麦屋はワビサビの雰囲気を表し、来ているのは閑古鳥だ。


老兵は死なず、ただ消え去るのみ。
(Old soldiers never die, but fade away.)
これは日本を統治したマッカーサーが、のちに退官させられたときに述べた言葉。
フェードアウトとは姿が見えなくなること。若い人に道を譲るということの他に、
姿は見えなくなっても、老兵の魂とその業績は死なないという意味もあるようだ。

日本蕎麦も、ただ"手打ち"にこだわっている程度なら、やがて姿は消え去るのみ。
伝統の技を活かし、たぬきやきつね以外の新メニューを生み出してほしいものだ。


    aapoid_.jpg
      「波唐草」1,010円。 今回紹介した丼の中では私の一番の好みですね。


ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。
これは"無常転変"を語った『方丈記』の冒頭の言葉。
川の水は常に流れているが、それでいて、その瞬間の水は元の水とは違っている。

もし世界が変化しないものなら、時間は何のためにあるのか、ということになる。
思考に変化がないなら、ひとは新しい自分を創れず、新しい人生の道も拓けない。

つまり、世界は"変化する"ことが自然の理法であり、宇宙の摂理であると言える。


    kuro18_.jpg
        ステンレス 真空断熱 保温「カルドン」3,250円


そうであれば、人は失敗を恐れず、絶えずトライを続けたほうがよさそうですね。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ラーメン丼も、中華の“しがらみ"がないほうが美しいのでは?

紹介のラーメン丼は通販で売られているもの。著名人デザインのものもあります。


        (下から2点の非売品を除き、価格は千円以下のものです)

    adork.jpg
    adsfou.jpg
    lkhsik.jpg


    下の2つは2016『美濃のラーメンどんぶり展』(代官山蔦屋書店)の出品作品。       
    2gizi1.jpg
    上はグラフィックデザイナーの佐野研二郎作。下は料理研究家の土井善靖作。



さて、ラーメンと日本蕎麦。どちらが好みでしょう? 味や器のことではなく。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

        私はこういう柄が好きですが、ラーメン丼には合わないでしょうかね。
        lkF2302.jpg
             (最近買ったイギリス1980年製コーヒーカップ)

補足―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
伝統的なラーメン丼の模様は、中国古来の縁起を担いでいる。
ooqqwkk_1.jpg1.「雷文」:四角い渦巻きの唐草模様。中国で自然界の驚異
の象徴である雷をかたどったラーメン丼のトレードマーク。
2.「龍」:古くから崇められていた空想上の動物。「甘露の
雨を降らし、五穀を成就せしめる」とされる。天帝の使者
を表し、中国では、皇帝だけが使った紋章。
3.「鳳凰」:古代中国で、最も高貴で、幸運を招く空想上
の鳥。「鳳」が雄で皇帝の紋章、「凰」が雌で皇后の紋章。
4.「双喜文」:「喜」の字を二つ並べてデザインしたもの。
新郎新婦が並んで喜んでいる姿を表す。本来は結婚式の時
のみに使われたおめでたい字。
(参考:西山製麺 http://www.ramen.jp/wonderland/tsu/4.html )
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


変更とお願い。そして訂正とおわび。
                    
ブログをSSL(保護された通信)化したので、URLが変わっています。
私の勘違いが一部ありましたが、下記が正確なURLです。

 (旧) http://barso.blog134.fc2.com/        
 (新) https://barso.blog.fc2.com/

ブックマークからの閲覧はリダイレクト(自動的に新URLに転送)されるようですが、できればお手数ながら新しいURLに変えていただけると幸いです。





    
関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

ラーメン派

好みは、縮れ太面のラーメン派です。
器の好みは 「波唐草」1,010円。
色合いはシンプルでゴージャスな柄。
形状もいいですねぇ。
下二つは主張が強すぎて、
肝心なラーメンの存在が薄れるような……(^_^ ;)

伝統的なラーメン丼の模様。
とくに四角い渦巻きの唐草模様が
『雷』だなんて驚きです。
このデザイン、練り物なんかにもありますよね。

>ラーメンは"試行提案"の文化で、日本蕎麦は"思考停止"の文化では?

(((ʘ ʘ;)))う、上手~い! 同感です。

2017/10/21(土) |URL|風子 [edit]

ラーメン

バーソ様
おはよう御座います。

今回はバーソ様らしからぬ身近なテーマですね。嬉しいです。
しかし、ラーメンそのものではなく器でくるところが一筋縄ではおさまらないバーソ様たるゆえんでしょうね。(笑)
私は器は何でも無地の白が好きです。
しかし無地はあまり売っていません。
ですからヤマザキパンの春のパン祭りのときは必死でパンを食べて白いお皿をもらっています。
ラーメン丼も白無地がいいのですがなかなか売っていません。
陶芸でもやって自分で作るしかないかも知れませんね。(笑)
味の方は最近はやりの魚介系は駄目です。
一番上の写真のようなトリガラの昔ながらのタイプが好物です。

愛新覚羅

2017/10/21(土) |URL|aishinkakura [edit]

バーソ様、おはようです

薫子は、ラーメンはあまり好きじゃありませんけど
どちらかと言うと蕎麦、うどん派ですがバーソ様の理論を読んで行くうち薫子は、ラーメン派だと気付きました
ing系のラーメンになれ
器がどれもして気です
実は、薫子陶器大好きなんです

2017/10/21(土) |URL|薫子 [edit]

Re: ラーメン派

風子さん コメントありがとうございます^^)
 器の好みは「波唐草」1,010円ですか。私と同じですね。でも風子さんは、もっと派手目の高級感のあるものか、逆に真っ白なものが好みかと思っていましたよ。
 
 ここに出したのは、おおむね私の好みの安いものばかりです。一番高い「カルドン」3,250円については、こういう黒い器はあまり食べ物がおいしくなさそうに見えると思っているのですが、この赤色がちょっと洒落ているのと保温機能がいいと思って選びました。

 ラーメン店を見るたびに思います。もっと日本蕎麦屋はもっと意欲を出さないといけない、と。手打ち蕎麦と銘打っている店だと千何百円もして、高すぎると思いますね。あれでは富裕な高齢者しかやって来ないでしょう。宅配ピザも材料を考えるとかなり高すぎると思いますが。

 蕎麦屋も、もっと意識を活性化して作らないと、そのうちシャッター通り店になりますね。人生では何事もそうだと思いますが、ではいまのお前はどうなんだと言われると、困りますが。(^_-)

2017/10/21(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: ラーメン

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)

 それほどラーメンの大ファンというわけでもないのと、食器が案外好きなのと、セオリー通りにするのが面白くない厄介なタチなので、こういうまとめにしました。(笑)

 教授は、食器は無地の白がいいのですか。混じりけのない純粋なものが好きで、食べ物自体の良さを活かしたいのでしょうかね。
 ヤマザキの白い皿を必死にもらっていると読んで、あははと笑ってしまいました。我が家にも景品のお皿が二枚あります。あまり安っぽくなく、シンプルなので、けっこう使いやすいですね。

 ラーメン丼はネットに白いのがありましたよ。例えば、この美濃焼ならamazonで1,616円です。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%B6%E3%82%8A-%E3%83%AA%E3%83%A0%E9%AB%98%E5%8F%B0-8-0%E4%B8%BC-%E7%89%B9%E5%A4%A7-%E7%99%BD%E4%B8%AD%E8%8F%AF/dp/B06WRNQJG8/ref=sr_1_36?s=home&ie=UTF8&qid=1508548049&sr=1-36&keywords=%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E4%B8%BC

 こちらは有田焼で1,779円です。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3-%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%B6%E3%82%8A-%E7%99%BD%E7%A3%81-%E3%81%93%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E9%89%A2-%E6%9C%89%E7%94%B0%E7%84%BC/dp/B00LE70XHS/ref=sr_1_85?s=home&ie=UTF8&qid=1508548241&sr=1-85&keywords=%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E4%B8%BC

 私は着る物は無地しか着ないのですが、食器も芸術品の範疇だと思っているので、ちょっと絵柄にはこだわります。小紋とか花柄とか、おおむねアンティークなデザインのものが好きですね。

2017/10/21(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

薫子さん コメントありがとうございます^^)
 麺類はラーメン派ではないが、考え方や生き方はラーメン派のほうである。そうですか。いいですね。そう言っていただけると、この記事を書いた甲斐があるというものです。

> ing系のラーメンになれ
 現在進行形のラーメンになれということでしょうから、すなわち絶えず進歩を目指している人になりたいということなんでしょう。いいですね。とかく人は歳を取ると頑固になりがちで、昔のほうがよかったとか言って、古いものを好むとこころがありますが、薫子さんはそういえば『嵐』のファンでしたね、気持ちはずっと若い頃のまんま“ing“が続いているのでしょう。私もそうですよ、いまだに気持ちはセブンティーン、エイティーンのまんまです。頭脳は成長をストップしています。(笑)

 陶器大好きですか。私もコーヒーカップやマグカップを買うのが好きですね。でも、ふだん使うのはおおむね決まってくるので、他のカップはみな死蔵状態。たまには顔ぶれを変えることにします。

 『スターバックス』のコーヒーは紙コップなので、折角の味を壊していると思いますね。言えば、マグカップで入れてくれ、そのマグカップを買って自分で持ち込んだ場合には20円引きになるそうですが。

2017/10/21(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

かのマルコポーロが中国麺をイタリアに伝えてパスタになったと習いました。
片方は丼でスープと共に食すのに、片方は麺は皿に乗せ、スープと別々に食します。
西洋人はラーメンを食べる時にズルズルと音を立てるのを大変嫌うと言います。
そう言えば、洋食ではスープを音を立てずに飲むのがマナーだとも言いますよね。
自分は、どうもそれらがキリスト教的観念から来ている様に思うのですが、何か音についての宗教的タブーがあるのでしょうか?
そう言えば、キリスト教徒はナマコなどのヌメヌメした物も嫌いますよね…なぜでしょうか?

2017/10/21(土) |URL|sado jo [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)
 昔はスパゲッティで、今はパスタと言うのが主流のようですが、厳密にはパスタは総称。フランス語のパテ、英語のペーストと同じですね。
 昨今では日本蕎麦のつゆのことをスープと言う人がいますが、イタ飯屋に行って「麺をくれ」なんて注文すると、ちょっとヒンシュクを買いそうです。

 「舌鼓を打つ」というのは、おいしさを音で表しているわけですが、食事の時に音を立てると下品だと感じるのはどうしてなんでしょう。
 麺をすする音については、以前はあまり言われず、欧米への行き来が非常に増えて、あちらのマナーが入ってきてから言われ出したように思います。マナーや礼儀作法というのは理屈というよりは、伝統的なもので、地域によって違いますからね。

 聖書には、食事のマナーについては書かれている箇所はないですね。食事は良いものとされているだけです。
 伝道の書2:24「人は食い飲みし、その労苦によって得たもので心を楽しませるより良い事はない」
 箴言15:17「野菜を食べて互に愛するのは、肥えた牛を食べて互に憎むのにまさる」

 
 でも食物のタブーは旧約聖書にはあります。鱗やヒレのない魚類、貝類、エビ、カニ、イカは禁忌ですから、真面目なキリスト教徒はナマコは食べない場合もあるのでしょうか。ゲルマン系の人はタコやイカを食べる習慣がないそうですね。
 私はナマコは気持ち悪くて食べませんが、イカやタコは平気です。ナマコよりもイカ、タコのほうが吸盤もあって恐ろしげなんですが、食べる食べないの違いは、どうも子供の頃からの習慣の違いのせいがありそうに思うのですが。

2017/10/21(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

思考停止とはあんまりだ

 蕎麦が思考停止とはあんまりではないですか。蕎麦は地域によって違うし、店によって違うのであります。その差は小さいのかもしれませんが、結構個性があって飽きませんのです。
 例えて言うなら、一定のルールの中で個性を競うのが蕎麦であり、ルール無用の異種格闘戦がラーメンなのではないかと思う訳であります。
 ちなみに、進化すれば良いってもんじゃない。美味いものは古いままでも美味いです。今のトマトは成程甘いですね。しかしトマトとして優良児なのかとなれば疑問符が付きます。風味が無い。甘いだけで深みが無い。瑞々しいのか水っぽいのか、意見も分かれましょう。セロリも三つ葉も香りが薄い。ピーマンが苦くないどころか甘いとか、味の画一化には辟易であります。ほれ、三つ子の魂なんとやらですよ。ガキの頃に食ったあの味が、実は一番美味いんですよね。
 

2017/10/21(土) |URL|miss.key [edit]

西山製麺の生ラーメンで作ってます

おはようございます。
只今消え去り真っ最中の老兵です。
あろうことか朝の1時でございます、何故か寝付かれぬ今日この頃、外は雨です。
最近はラーメン屋さんに行くことがなくなりました、ほとんど自家製で満足しております、蕎麦も自分で打って、かえしも手作り、まさに手前みそ状態な我が家でございます。

器につきましてはこだわりがなく40年前の物を今でも使っております、でも「波唐草」1,010円にはちょいと心が動きます、ラーメンと蕎麦って動と静というところでありましょうか、おいら的には両方とも静のほうがいいかも、鶏がらスープと味の素と醤油だけの醤油ラーメン、手打ちが当たり前の安いかけ蕎麦、やはり年のせいでしょうか、昔のさっぱり味がとても恋しいです。
写真のコーヒーカップいいですねー、おしゃれなバーソ師匠にお似合いです、おいらは昔電子レンジに入れて大やけどを負わせたローゼンタールのカップを未だ責任もって使っております。

2017/10/22(日) |URL|ばく [edit]

Re: 思考停止とはあんまりだ

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
 あははは、私がもし蕎麦のほうを褒めたら、いや、ラーメンのほうが発展性があると書くんじゃないですか。でも、こういう意見は当然あるでしょうね。
 
> その差は小さいのかもしれませんが、結構個性があって飽きませんのです。
 ここですね、ポイントは。差は小さい。がしかし、そのちょっとした違いを見分ける感覚を持っている。それを味わえる感性も有している。こういう繊細さはなかなかいいですね。
 これはあるいは伝統芸能が好きな人の特長のようでもないですかね。もしくはブランドものの衣類を見たときに、デザインや色に目が行く人と、生地の品質や縫製やタグに目が行く人の違いでもないですか。私は前者のほうなので、デザインさえよければ安い素材でもノーブランドでも全然かまわないほうです。

 人間は考える葦。ゆえに創意工夫のあるほうが好きなので、蕎麦の衰退を心配し、タイトル(キャッチフレーズ)には蕎麦は思考停止だと断定しましたが、普段どちらのほうが食べたいかといえばラーメンではなく蕎麦のほうですね。「ざる」でなくて、安い「もり」で十分。揚げ玉(天かす)さえ入っていれば、西友かイオンブランドの安い蕎麦と市販の濃縮つゆでも不満は全然なし。海老天入りなら、もう最高です。

 野菜に風味がないのは、そうですね。トマトなんか子供の頃に食べたのは味が濃かった記憶があります。キュウリも今のは薄味ですね。
 でもリンゴや柿、イチゴを食べるとよく分かりますが、いまは当たりはずれがほとんどなくなりました。昔は甘くない果物がけっこうありましたよ。

 それに子供の頃の味覚は、大人の味覚とは違ってますから、いま同じものを食べてもおいしいかどうか。コーヒー牛乳とかバヤリースオレンジなんか子供の頃はおいしいと思ったものですが、今はあまり飲みたいとも思いません。いいんだか悪いんだか。(^_-)

2017/10/22(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 西山製麺の生ラーメンで作ってます

ばくさん コメントありがとうございます^^)

 老兵は只今消え去り真っ最中ですか。輝かしい業績を残したので、いい境地ということでしょう。(^^♪

 西山製麺って検索しました。札幌に本社があるのですね。札幌といえば味噌ラーメンが有名ですが、醤油の代わりに味噌を使うというのがなかなかのアイディアだと思いますね。普通は、味噌汁に中華の麺を入れたって、そんなもの中華ソバじゃない、おいしくないだろうと思いますから。
 
 ばくさんは料理も得意技の一つのようですね。時々そういう記事を書いていますが、蕎麦も自分で打ち、かえしも手作りまでになると、もう玄人はだし。手前味噌状態なら、ひょっとして味噌も手作りですかね。私も味噌は作ったことがありますが、買ったほうがおいしくて安いので、2回ほどトライしてやめました。

 ラーメンは、私もさっぱりした中華そばがいいですね。脂分を避けているせいもありますが、歳のせいでもあるようです。
 東京銀座に『直久』というラーメン屋があり、そこのラーメンがいわゆる昔の“支那そば"の味で、「らーめん」と平仮名で書きますが、ここのラーメンがおいしいですよ。

 ローゼンタールのカップですか。畏れ多い名で、私はチラとショップで見たことがある程度ですよ。ばくさんは、自分の身近には高級な良いモノを置く主義なんですね。会社経営もそういう方針なんでしょう。

 私はなんせ貧乏な出のもので、家にあるブランドものといえば、ティーカップが3つあるぐらいです。最近は中国の『Wish』という通販サイトを見つけたので、そこで安いものをいろいろ漁っています。例えば買ってはいませんが、ドライブレコーダーが千何百円かで売っているのですが、同じものが日本の通販店だと1万円ぐらいですから、私のような安物買いの銭失いの者には面白いサイトです。

2017/10/22(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

私は浅草某店のそばが好き〜〜!
天ぷらそばか天せいろ、ああ、考えただけでよだれが出る!

ラーメンは注文しても幻滅することが多いので、外では食べなくなりました。
昔ながらのラーメンどんぶりに昔ながらの支那そばを食べたいと思って注文しても醤油ラーメンの色あいでも、ミョーにしょっぱかったり味が濃かったりします。
今はやりのラーメン屋はくどそうで、入る気になれません。
こってりが好きな男性には受けそうだけれど。
麺が食べたかったら、中華料理店での注文なら満足します。好きです。
一度食べてみたいのは某中華料理店のフカヒレラーメン。
裏メニューだそうで、無理かなあ〜。

好きな器はバリバリ平凡な中華どんぶりですが、
この記事の中ならやっぱり波唐草1010円かな。
青いドット柄の佐野 研二郎氏は例のあの佐野 研二郎氏ですね。
うーん、これはいらんわ。

こういう庶民的な食べ物の話題は楽しくていいですね。
雨ばっかりで寒ーい時に、温かい話題をありがとうです。

2017/10/22(日) |URL|宝香 [edit]

Re: タイトルなし

宝香さん コメントありがとうございます^^)
 浅草某店がおいしいですか。どうもテリトリーは下町のようですね。仕事のほうは外濠の近辺じゃないですか。』天せいろ。ああ、そういう分離タイプもありました。天ぷら蕎麦より良さそうですが、私はつゆに天麩羅の衣が混ざって味が甘くなるのが好きなので、揚げ玉すなわち たぬきでもいいのです。安上がりな人間なんですね。

 そうですね。流行りのラーメンはこってりで若い人向き。じつは食べたことが無いのです。フカヒレラーメンも食べたこと無しです。池袋にある評判の「つけ麺」は一度食べてみたいと思っているのですが。

 バリバリ平凡な中華どんぶりがいいですか。ちょっと意外です。江戸小紋のような渋い小粋な柄が好みかと思っていました。「この記事の中ならやっぱり波唐草1010円」ですか。意見が合って良かったです。

 日本デザインコミッティー『美濃のラーメンどんぶり展』の出品作品は全部で25点あるのですが、私の感覚ではたいしたことがなく、この二つがちょっと目立つ程度だったのです。どれも中身のラーメンを食べさせるという意識とデザイン的な美しさが弱いように感じました。佐野研二郎作は、いらんですか。はい、私もいらんです。でも新しい市松模様の東京2020大会エンブレムよりは彼(?)のデザインのほうが良かったと思います。デザイン界の大御所の永井一正さんとその息子の永井一史さんの作品もありましたよ。
http://designcommittee.jp/donburi/

2017/10/22(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんばんは(^_-)-☆

台風が来ていますね。
そちらは、大丈夫でしょうか?

ラーメンどんぶりは、伝統的な器が落ち着きます(*^^)v

陶器ですが、おりべ焼が一番好きですね。
緑が奇麗なのです。


老兵は死なず、ただ消え去るのみ。

⇒老兵は、最前線。消えたくても放してくれない。
行列ができる相談所?(癒し含む)


ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。

⇒その通りです。
 瞬間、瞬間が重要です。
 
 心も変わりますね。

 「今を一生懸命に生きる」ことかも知れません。

沖縄へ行った時、ガイドさんが言いました。
「今見る海の色は、一生に一度の色なのです」と。

ならば、今を楽しみながら・・・。

2017/10/22(日) |URL|Miyu [edit]

Re: こんばんは(^_-)-☆

Miyuさん コメントありがとうございます^^)
> ラーメンどんぶりは、伝統的な器が落ち着きます( 
 そうですか。「落ち着く」というのはちょっと面白い表現ですね。これは慣れているほうが気が乱されないでいいということですか。あるいは味が一番大事で器は二の次という意味かもしれませんが。

> おりべ焼が一番好きですね。
 知らなかったので検索しましたよ。えーッ、こういうのが好みですか。緑が綺麗って、古いお寺の岩に苔蒸したような渋い緑じゃないですか。これは全然わたしとは違います。私なら透明感のある緑で、陶器の肌触りはすべすべした感触のほうがいいです。でもまあ、趣味は人それぞれ。むろんどんな色でも別に悪いわけではありません。

> 老兵は、最前線。消えたくても放してくれない。
行列ができる相談所?(癒し含む)

 相変わらずモテモテのようで何よりです。癒しまでしているのですか。ほとんどヒーラー兼業じゃないですか。きっと優しいので人が惹きつけられるのでしょう。新顔の三毛猫も来ているようですし。ただ、老兵はやめてください。美兵ぐらにしておいてください。(^_-)

> 沖縄へ行った時、ガイドさんが言いました。
「今見る海の色は、一生に一度の色なのです」と。

 海の色も、濃い緑と青。緑系の色が好きなんですね。緑は癒しの色だとも言われるので、そういう先天的な性質を持っているのでしょう。私も緑系の衣類を持っていますが、そういえばモスグリーンとか渋い色が多いですね。なんせ人間が渋くて(どうでも)イイ男ですからね。(笑)

2017/10/22(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ちくせう

私ってば、因習にとらわれていました。
ラーメン博物館で買った「ザ・ラーメンどんぶり」を使っていました。
こんなに色々などんぶりがあるのですね。
探してみようと思いました。

2017/10/23(月) |URL|しのぶもじずり [edit]

Re: ちくせう

しのぶもじずりさん コメントありがとうございます^^)
 ははは、ちくせうですか。私は、せっかちなので、あまり調べないで買って、あとで後悔することがよくあります。「ザ・ラーメンどんぶり」って、どんな柄なんでしょうね。こういうのでしょうかね。中華の定番模様が入っていますが。
http://kappa-maeda.co.jp/blog/?p=191
 
 因習にとらわれていましたか。昔は、男はこう、女はこう、若い者はこう、年取ったらこう、と何でも世間の固定観念が人を縛っていました。巣鴨通りの前を通ると人で込み合っていますが、格好を見ると因習に縛られたひとばかりのように見えます。みんな同じです。
 でも今は意識がずいぶん開けてきました。ジーンズの上にスカートを履くなんてことをしても、悪く言われないのですから。

 陶製の器って高いものは高いですが、案外安くて、いいものがありますね。このたびネットを知らべたら、まあまあのが千円以下で買えるのですね。記事で紹介した「波唐草」1,010円は amazonの価格ですが、これが業務用の店では750円位で売っていました。もっとも送料別ですが。

2017/10/23(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

バーソ様、こんにちは

教会のこと書きましたのでよかったら遊びに来て下さい<(_ _)>

2017/10/26(木) |URL|薫子 [edit]

Re: タイトルなし

薫子さん コメントありがとうございます^^)
 先ほど見たら、なぜか投稿するときに、鍵コメ窓に無意識にチェックを入れてしまったようです。そんなつもりはなかったのですが。今後気を付けますね。(^_-)

2017/10/27(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

バーソさん、こんにちは。

バーソさんの好きなどんぶりは、
デザイン的にかなり完成度が高いですね。
私が好きなのは上から3番目のものです。
中華風のは昔よく見かけましたが、悪趣味だと思っていました。

日本蕎麦は店舗を含めるとラーメン店より文化水準が高いですが、
美味しい店でも料理に対して値段が高すぎると感じます。

ラーメンも店のものは最近は高いので、
自分で食べるのはインスタントばかりです。
味は味噌ラーメンが一番好きですが、
スープを粉末にする過程で色々と失われるものがあるようで、
本当の味噌を少し入れると、全く別のラーメンになるのでお勧めです。
インスタントの醤油ラーメンも、良い醤油を少し入れると美味しいです。

2020/03/02(月) |URL|Vacancy [edit]

Re: タイトルなし

Vacancyさん コメントありがとうございます^^)
 
 こんな過去記事も見ていただいて、ありがたいことです。
 私の好きな器は「かなり完成度が高い」ですか。感性の良いひとに褒められるとうれしいですね。ここに紹介した器はネットで見つけたものですが、おおむね私の許容できるものを選びました。ラーメン店によくある龍の絵が描かれているものはあまり好きじゃないです。中国のセンスが合わないのと、以前は聖書の黙示録に出てくる竜(サタン)を思い出して嫌でした。
 日本蕎麦は値段が高いのと、街のラーメン店のような工夫が足りず、昔から同じメニューなので、団塊の世代がいなくなったら、そのうち衰退するのじゃないかと心配しています。

 Vacancyさんの好きなのは上から三番目ですか。黒の無地の底だけ赤い器ですね。この赤が利いていて、黒一色でも、なかなかおしゃれになっていると思います。この器には、『方丈記』の「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」の説明文を入れましたが、花柄や模様などが入ってないでシンプルなほうが無常観のイメージが拡がりますね。これを選ぶとは、Vacancyさんらしい気もします。

 私も時々行くラーメン屋は『幸楽苑』で、そこでは大抵「味噌野菜ラーメン」を注文します。家で作る場合はインスタントの味噌味か醤油味ですが、こんど味噌か醤油を入れて作ってみます。そういえば我が家では、焼きそばを作るときは、添付の袋に入っている粉末ソースは半分ぐらい使って、あとはブルドックソースとトマトケチャップごく少量を入れて作っていますよ。

2020/03/02(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

上から4番目でした^^;
線画の花柄のものです。
黒も結構好いとは思いますが、
真空断熱のものは、冷たいもののほうが効果的ですね。
熱いものは上からどんどん熱が逃げるので、
普通の器と比べもそれほど違いがないかもしれません。
リーズナブルなラーメン店だと、
「餃子の王将」のラーメンは具沢山で味も良いと思いますよ。
ただし、ガチャガチャとうるさい店で落ち着きませんが。

2020/03/02(月) |URL|Vacancy [edit]

Re: タイトルなし

Vacancyさん コメントありがとうございます^^)
 
 3番目の器は、じつは黒一色である点と分厚いところがイメージとちょっと違うとは思ったのですが、やはりゴテゴテしない、柄なしの無地がいいのだろう、そして『方丈記』の話がVacancyさんらしいと思ったのですが、4番目と言われて焦点がピタッと合いました。この器のほうが白地に薄い細い線で絵が描かれ、繊細な感じがあって、よりVacancyさんらしいです。
 Vacancyさんのイメージは、繊細さですね。スピーカーの内部構造のデザインにしても、スピーカーのロゴのデザインにしても繊細な感性を感じます。

『餃子の王将』は二度しか行っただけ。二度とも餃子とチャーハンを注文しましたが、まあまあの味で、特においしいとは感じなかったので、それ以後は行ってません。ラーメンを注文しなかったのは、餃子で有名な店なのでラーメンはあまりおいしいイメージがなかったからですが、こんど行ってみますね。私の行った店は車で15分くらいの所にあり、あまりおとなしくなさそうな男ばかりいたような気がします。(笑)

2020/03/02(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/343-694b7b19

back to TOP