「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 タマゴと進化論とイエスと荀子の関係。  

               バーソ青草文庫 [子どもの作文]


ぼくはニワトリのタマゴ(後編)

ぼくはタマゴから生まれた変な子です。
母さんから、そういわれた話は、せんしゅう書きました。
その続きです。

ぼくはニワトリの子で、カルピスを飲んで育ったよって母さんからいわれたので、
そんなのウソだーっていいました。そうしたら母さんはいうんです。そうだろね、
グリコもなめて育ったからね、って。

          gric2.jpg


ぼくは、グリコなら知ってるけど、こんなおじさんの顔じゃないっていいました。
そうしたら母さんはいうんです。おや、顔が違うことによく気がついたね。でも、
ひと粒三百メートルも走れないような、頭でっかちの人たちが、ニワトリが先か、
タマゴが先かと、おろかなろんそうを始めたんだよ、って。


ニワトリは姿を見ればすぐニワトリと分かる。大体がニワトリだと分かる鳥をニワトリと言う。しかしタマゴは見ても何のタマゴかはすぐ分からない。たまたま育ちの悪いアヒルのタマゴかもしれず、重量級のウズラのタマゴであるかもしれず、ひょっとしたらアカウミガメ・アオウミガメ・キウミガメの生亀生肉生卵の可能性もある。ならば、どうして中身の不明かつ不確実なタマゴが、見た目に明瞭なニワトリより先に出来たと結論できるだろうか。


ぼくはミルキーのほうが好きだったので、ひょっとしたらミルキーで育ったのか
なあと少し不安になってきました。そうしたら母さんはいうんです。サルちゃん
はミルクもタマゴも大好きだよね。それは、良い子のしょうこなんだよ、って。


イエスの言葉―――新約聖書ルカによる書11章9~13節

「私は言っておく。求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。
だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。
あなたがたの中に、魚を欲しがる子供に、魚の代わりに蛇を与える父親がいるだろうか。
また、卵を欲しがるのに、サソリを与える父親がいるだろうか
このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。
まして天の父は求める者に聖霊を与えてくださるのだ」


          khgb.jpg


ぼくはサソリ座の生まれです。ということは、母さんと親子かんけいがないのか
なあ、と心配になってきました。そうしたら母さんはいうんです。世の中には、
しゅつらんのほまれという言葉があるけど、おまえは、しゅつらんのせがれだか
ら喜びなさい、って。んー、意味わかんない。


「出藍の誉れ」とは、荀子(じゅんし)が学問の重要性をうたった言葉「青は藍(あい)より出でて藍よりも青し」から出来た。藍草で染めた布は藍草よりも鮮やかな青色になるが、その関係を弟子と師匠に当てはめて、弟子が師匠の学識や技術を超えるという意味。一方、「出卵の倅(せがれ)」とは卵から生まれた子がオスだったという意味で、バーソの造語である。ニワトリの卵は、温めて四日目に赤外線レーザーを当て、胚(ひよこになる前の状態)の血液の光り具合でオスかメスか判別される方法が開発されているが、オスのヒヨコの運命は哀れで過酷である。殺処分され、肥料や飼料の原料とされる。


ぼくは、オスのヒヨコはかわいそうだねっていったら、母さんはまじめな顔でい
うんです。そうね、サルちゃんは、弱いものをかわいそうと思う気持ちをぜった
い忘れないでよ。昔、ポル・ポトという名の悪い政治家がいてね。この人は、頭
のいい人をにくんで、おおぜいはくがいして、ころしたのね。おとなになっても、
ひとを気づかう気持ちを自分でやしなわなかったので、そうなったんでしょうね。


ポル・ポトとは、カンボジアの独裁者(1928-1998)。本名はサロット・サル。極左武装組織クメール・ルージュ(赤色)を率い、当時人口が一千万にも満たなかった小国カンボジニアの人々を、四年間で数十万から数百万人も虐殺したことで有名。クメール・ルージュは食糧増産を図るため、プノンペンなど大都市の住民や、資本家、技術者、知識人などから財産・身分を全て取り上げ、農村で農業に強制従事させた。学校、病院、工場も閉鎖し、貨幣も廃止し、宗教を禁止し、一切の私財を没収し、さらに近代科学をも全否定した。クメール・ルージュは、これを「階級が消滅した完全な共産主義社会の建設」と称した。移住させられた人々は「集団農場」で農業に従事させられる一方、知識人階級は「反乱を起こす可能性がある」とされ、殺害された。


       spa66.jpg
                (フリー画像)


ポル・ポトは、ニワトリからポルッと生まれて、ポトッと地面に落ちた人なのよ、
って母さんがわらいながらいったので、ぼくはやっとじょうだんをいわれてたん
だとわかりました。サルちゃんは、たまたま同じ名だけど、必ずだれにも親切を
する、こころのやさしいおとなになってね。そういって母さんは、ぼくのあたま
をなでて、大好きなゆで玉子をつくってくれました。母さんって、おもしろくっ
て、やさしくって、いいなあ。

                 



(青字部分は基本的に真面目話ですが、一部に冗談が混入されておりますのでね)

私としては珍しく政治関係の本『人はなぜ人を殺したのか』――ポル・ポト派、語る(舟越美夏/著)
を読みました。人は、自分が正しいと信じ込むと、平気で残忍冷酷なことができるようになる。何か
の事で成功して有頂天になると、自信過剰になり、他の人の助言を行け入れなくなる、と感じました。
私は子どもの頃は、父親はおらず、母親は、ほとんどかまってくれませんでした。でも私の基本的な
性格は、母親の言動を見聞きしているうちにできたと思っています。人生観は、成人してから聖書の
影響を受け、だいぶ後に精神世界を知って大きく変わりました。人は人生経験で形造られるのですね。



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

まさかのオチ

ポルポト=サロット・サル……。
まさかのオチでしたぁ。

>人は人生経験で形造られるのですね。

正に、おっしゃる通りですね。
サルは何度も試験に落ちて、コンプレックスから屈折。
ひがみ根性を大義にすり替えた、
典型的な独裁者ですよねぇ。((((;゚;Д;゚;))))カタカタ

“ヒトラー”や、“北のバカ殿”、“IS国” と同類で、
悪のサンプルとしてはメガトン級でしょうか……。(´-﹏-`;)

2017/09/16(土) |URL|風子 [edit]

降参です

バーソ様
おはよう御座います。

前編でバーソ様が何を言わんとしているのか解かりませんでした。後篇もあるみたいだから後篇を読んだら解かるだろうと思ったのですが私のボンクラな頭では何も理解できませんでした。
幼児体験のことを言われたいのでしょうか?

愛新覚羅

2017/09/16(土) |URL|aishinkakura [edit]

バーソ様、おはようございます

聖書にあるルカの求めなさい、そうすれば与えられる、探しなさい、そうすれば、見付る、ルカ11の9-13は薫子の大好きな聖句です
ポルポトは残酷で嫌いです
そういう人が国のトップに立つとはいかようにして
なったのですか?バーソ様、教えて下さい

2017/09/16(土) |URL|薫子 [edit]

Re: まさかのオチ

風子さん コメントありがとうございます^^)

 まさかのオチだったでしょう。ポル・ポトの名は知っていても、本名まではちょっと知らないですよね。私も知らなかったのです。
 
> サルは何度も試験に落ちて、コンプレックスから屈折。
ひがみ根性を大義にすり替えた、

 スポーツでも学問でも何かの点で秀でて有名になる人には、子供の頃から英才教育を受けたりしたケースが割合多いようですが、昔は悪状況下から艱難辛苦を乗り越え、努力を積み重ねてトップに這い上がったなんていう人がけっこういました。
 それとはまったく逆に、おっしゃる通り、自分自身のコンプレックスやひがみ根性を大義にすり替えて、結果的に嫌味な人間や愛の少ない人間や悪人になる人もいますね。
 
 人生体験とは平穏無事もあれば、波乱万丈もある。本人をピカピカに磨く砥石にもなれば、本人を荒々しくさせるトゲトゲヤスリにもなるわけで、どちらになるのかは、本人の選択次第。そして、その選択は、つまりは本人の好み。人間は自分の好きな道を、それぞれ歩んでいるのですね。

 ヒトラーも自分では正しいことをしていたと思っていたようですが、この本の著者が当時のナンバーツーに会って聞いた話では、ポル・ポトなどは自分では理想の共産主義国家設立という正義感により行動していると思っていたようでした。
 正義感の思い込みと信念の押しつけとは、こわいものですね。

2017/09/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 降参です

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)
 何を言いたいか、わからなかったですか。
 まず、これは基本的には、私のいつも通りの《雑文記事》なんです。でも単にタマゴに関わるウンチク話だけでは面白くないので、《母子の冗談話》の合間合間に《青文字の真面目話》を紹介していくという工夫をしたつもりでした。表題は『バーソ青草文庫・子どもの作文』。実話ではなく、創作話なんですね。

 たぶん分かりにくかったのは、サルちゃんがじつはポル・ポトと同じ名前だったと意外なオチを付けたせいがありますか。最後のほうで、「サルちゃんは、たまたま(ポル・ポトの本名と)同じ名だけど」と母さんに言わせ、サルちゃんにも「ぼくはやっとじょうだんをいわれてたんだとわかりました」と言わせているのですが、母子の会話が冗談話だというのが、ここまで来なければ分からないのが問題だったでしょうか。

 このオチも、母子の会話文を最後(後編)まで読ませるための工夫のつもりでしたが、これがあるために、いったい政治の話をしているのか、人間の性格醸成の話をしているのか、要点がはっきりせず、それが分かりにくかった原因だったかもしれません。

 冗談や駄洒落は、その仕組みをわざわざ説明すると野暮ったくなると思っているのですが、それがなかなか分かりにくい――という書き方はよくないですね。これから気を付けて、分かるようにします。

 最後の「補足」で、私の人生体験を小さな字で簡単に書いていますが、人の性格や思考というのは、子供の頃に母親から受けた影響が私の場合は大きかったので、それを母子の会話の中にかすかに匂わせたつもりです。

 自国民を大虐殺したポル・ポトについては、記事の中で母さんにこう言わせています。「おとなになっても、ひとを気づかう気持ちを自分でやしなわなかったので、そうなったんでしょうね」。
 つまりは人間の人格とは、その人が育った環境も多大な影響を与えているが、それよりも本人が何を選択してきたかという自由意志のほうが影響が大きい。それによってその人の個性や信念が出来上がっていく、ということも、さりげなく書いたつもりなんですが、単なるウンチク話に、余分なことを含めすぎたかもしれません。

 でも分からない話を最後まで読んでいただいて、恐縮です。すみません。(^-^;

2017/09/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

薫子さん コメントありがとうございます^^)
> 聖書にあるルカの求めなさい、そうすれば与えられる、探しなさい、そうすれば、見付る、ルカ11の9-13は薫子の大好きな聖句です
 そうですか。これはいい聖句ですよね。私はルカから引用しましたが、マタイのほうがよく引用されると思います。
 以前にも話したかもしれませんが、これは原文の構造では「求めなさい」ではなく、「求め続けなさい」と訳したほうがいい言葉です。「探しなさい」も「探し続けなさい」と訳すほうが原文のニュアンスを正しく伝えます。
 諦めないで願い続ける。この「続ける」のが要点みたいですね。

 といって、ただ願ってばかりで何もしなければ願いは叶いません。願ったら、それがもうすでに実現したと信じて、願いが叶ったかのように行動すると、実際にそうなっていくと言われます。
 大抵の人の願いが叶わないのは、口では願ってはいるが、じつは心の奥底では願いが叶うとは信じてないからだそうですよ。
 薫子さんは行動力があるので、願うより前に、実際に行動に移しているのじゃないですか。(笑)

 悪い人が国のトップになるのは、クーデターなどで強引に無理やりそうなる場合もありますが、自由主義国家の場合は国民の半数以上が選挙で選んでいるわけですから、おおむね国民の総意がその悪人を、いい人だ、適切な人物だ、と思っているのでしょう。

 あのヒトラーを選んだのは当時のドイツ国民でした。トランプを選んだのは今のアメリカ国民です。北朝鮮の場合は、強力な世襲権力で強引にトップになっているのですが、自由のない国というのはこわいものですね。日本はその点では、まあ、かなりいいほうじゃないですか。^^)

2017/09/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんにちは

坊やの作文、母さんのジョーク話でしたか。
坊やの名前がなぜサロットなのかまだ明かされていません。(笑)
グリコの選手の顔確かに年取ってます。
もう何十年も走りつづけているのですから。
「出藍の誉れ」から「出卵の倅」、韻まで踏んでいて
笑いました。

近所に住んでいた友人が小さなアヒルをもらって
育てていたら大きくなって庭を闊歩していました。
友人不在時にエサやりを頼まれ、いつもお礼として
大きな卵をもらいました。
アヒルもニワトリと同じく毎日のように無精卵を生み
続けるってことをこの時初めて知りました。

2017/09/16(土) |URL|エリアンダー [edit]

Re: こんにちは

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)
 坊やの名前がなぜサロットなのか。ああ、鋭い指摘です。ええと、それは、むろんサロットマシーンから生まれたからです。(笑)

 確かにグリコの「両手をあげて走るランナー」は、相当長く走り続けていますね。
 この由来はいつか書こうかと思っていたのですが、大正10年頃の或る日、当時のグリコの江崎利一社長がデパートでキャラメルを買う女の子たちに出会います。彼女たちは他社のキャラメルを手にしているので、どうしてかと尋ねると、グリコの箱の顔は幽霊みたいだと言われます。ランナーの男の顔がリアル過ぎてギャル向きではなかったのです。

 そこでモデルを探したところ、ちょうどその頃、第5回極東競技大会陸上競技のマラソンで笑顔でゴールインした選手を思い出します。それがフィリッピンのカタロン選手だそうですが、その後は、いろいろな陸上選手の顔がミックスされていて、特定のモデルはいないのだとか。

 ちなみに「一粒300メートル」というキャッチフレーズが生まれたのは、江崎社長が小学生の頃に「博多まで」という大きなあめ玉があり、それは佐賀県から汽車に乗って、しゃぶっていても博多まで持つという意味でした。グリコの栄養価を計算したところ、およそ2、300メートルを走るだけのカロリーだったので、それをヒントに作ったとか。

 昔は食糧事情が良くなく、「滋養強壮」なんて言葉がウリになったのですね。いまイチローの宣伝してるナントカ黄帝液とか、ニンニク主材のキヨーナントカという栄養剤を、疲労が甚だしいときに飲んだことがありますが、これは効いたーという実感のあるものはなかったですね。

 アヒルのタマゴは一度だけ食べたことがありますが、味は覚えていません。あひるほど食べてないせいもあると思います。(笑)

2017/09/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

「人類をシュメールの様な原始的農耕文明に戻せば、階級のない共産主義社会が出来る」と言うポル・ポトの発想は完全に矛盾しています。
農耕を行うには川から灌漑用水を引き、各自の田畑に配分しなければなりません。
その際にリーダーが必ず必要になります…農耕は共産主義ではなく独裁王政の始まりにしかなりません(笑)
ところで、初期のグリコのランナーはオーバーオールでパンツを履いてない事に初めて気づきました。
するとオーバーオールの下はフルチン?…まさか江崎社長はそのまま誘拐されたんじゃないでしょうね(笑)

2017/09/16(土) |URL|sado jo [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)
> 農耕を行うには川から灌漑用水を引き、各自の田畑に配分しなければなりません。
その際にリーダーが必ず必要になります

 そうなんでしょう。人間が集まり、組織が出来ると、必ずまとめ役が必要になり、必然的に階級制度が出来上がり、身分の上下が生じ、偉そうに権威を振るう人や、贈収賄などの汚い金の問題などが生じます。

 聖書の「バベルの塔」事件は、それまで各地に点在していた人々が都市を作るためにシナルの平野に集合してきたときに起きました。都市文化の始まりですが、しかし人が集まると必ず、それゆえのいさかいや問題が生じるものなんでしょう。現在の東京という一つの都市に集中する社会形態は、便利ではあっても、理想的ではなさそうです。

 原始的の農耕社会とは、インディアンやアボリジニのような少数の集団であれば、さして階級制度の弊害はなさそうですが、それでも父親や長老による独裁支配が起きる可能性はありそうです。なので共産主義は何りも謙遜さや愛や親切、同情心などの良い特質を身に着けていなければ存立し得ないもののようです。そういった肝心な人格教育をせずに、ただ暮らし方や仕事の形式だけを平等にしようとしたがゆえに、うまくいかなかったような気がします。というか、そもそも人間の本来の特権である《自由》を無視しているがゆえにうまくいかないと思います。

 グリコは、ランナーがオーバーオールかパンツかどころか、当人の顔だって覚えていません。もっぱら、オマケの中身だけを気にしていましたね。そういえばグリコの社長は全裸で誘拐されました。よくこんな詳細まで覚えていますね。

2017/09/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

私の卵は良い卵っ♪

 世界最悪の独裁者と言いますと、殺した数なら毛沢東。影響力ならスターリン。意外と人気のヒトラー、人口削減率ならはポルポトであります。近いところでは、国民総ダイエットを推進している北の肥満児、何故か国政選挙で選ばれては都度吊し上げられる南の歴代トンチキ、救いようの無さなら赤い皇帝陛下でございましょうか。みんな生まれたばかりはそれなりに可愛い赤ん坊だったんでしょうがね、長じて人間のクズになった。ああ、嫌だ嫌だ。

PS:鳥の卵で馴染のあるのは、にわとり、うずら、うこっけい、あひるでしょうか。
 鶏の卵は双子だとラッキー。実は見分ける方法がありまして、双子の卵としてボッタクリ価格で売り出していたりもします。
 うずらの卵は八宝菜のお宝ですな。普通は一つ。二つ入っていると得した気分になります。ちょっと硬めの白身がグッド。
 烏骨鶏の卵は大変お高い。滋養強壮に良いと言いますが、いたって普通の卵ですよ。
 アヒルの卵と言えば思い浮かぶのはピータンです。美味しいんですがね、作り方知ったら途端に手が出なくなります。

2017/09/17(日) |URL|miss.key [edit]

Re: 私の卵は良い卵っ♪

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
 まあ、なんでも詳しくて、独裁者のまとめ方も要領いいですね。

 意外な人物ではトルーマンじゃないですか。降伏寸前の日本に原爆投下を決定した大統領。アメリカ映画を観ると分かりますが、どうも白人はアジア人を人間とは思ってないように見えます。でも日本人は原爆には反対するものの、落とした相手は恨んでいない。たいした国民だと思います。
 こんな意外な虐殺もあります。西暦前の昔ですが、イスラエル人が近隣とパレスチナの住民を女・子供も皆殺ししていった歴史で、これは旧約聖書に自慢げに書かれています。

 そういえば日本は江戸時代が長く独裁政権でしたが、かえって町民は平和を享受したようで、さすが「和」の国。戦争以外の理由による、独裁者の大量虐殺の歴史はありましたかね。比叡山焼き討ちなんかがそうですか。島原の乱に関係した遠藤周作の『沈黙』は、映画も観ましたが面白かったですよ。イッセー尾形の演技が秀逸で、他の役者を食ってました。

 で、食べ物の話に移行します。私は基本的に食べ物の好き嫌いはないのですが、どうも卵というものの本質を考えると、ちょっと気持ち悪いところがあるのです。同様の理由で、白子は気分的に駄目ですね。一度も食べたことがないです。魚の卵は生じゃなければ大丈夫なんですが。

 やまかけ蕎麦とかトロロ汁には卵を入れますが、蕎麦つゆに卵を入れるのは邪道に感じます。ピータンは全然駄目です。以前、飼っていた手乗り文鳥の名がピーちゃんだったので。

2017/09/17(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

虐殺にもいろいろありまして

 身方である本来は守るべき国民・民衆に対して行われる虐殺と、敵であるそもそも除くべき存在に対して行われる虐殺は同じ虐殺ではあっても全く質の違うものであります。
 叡山の焼き討ちも長島撫で斬りも「敵」に対して行われた虐殺でありまして、ちゃんと一本筋が通っているのであります。言いたかないけど、原爆も大空襲も戦争である以上非難する事すら的外れ。故に日本人は恨めないのです。
 一方、毛沢東やスターリン、現在進行形の肥満児や赤い皇帝等の虐殺は既に支配下にある、気持ち一つでどうとでもなる相手に対して行われたものであり、何処をどう叩いても筋の通らない明らかに犯罪であります。同列に扱うのは如何なものか。
 飽くまでも私見ではありますが。

2017/09/18(月) |URL|miss.key [edit]

Re: 虐殺にもいろいろありまして

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
> 身方である本来は守るべき国民・民衆に対して行われる虐殺と、敵であるそもそも除くべき存在に対して行われる虐殺は同じ虐殺ではあっても全く質の違うものであります。
 一方、毛沢東やスターリン、現在進行形の肥満児や赤い皇帝等の虐殺は既に支配下にある、気持ち一つでどうとでもなる相手に対して行われたものであり、何処をどう叩いても筋の通らない明らかに犯罪であります。同列に扱うのは如何なものか。


 国家間の戦争や内乱時の虐殺なら「敵」に対するものだから一本筋が通っているが、粛清の場合の虐殺は「身方」を殺すことなので悪質だということですかね。確かに同じ虐殺でも悪質の度合いは違うようです。

 私はmiss.keyさんのコメントに関連して、独裁者による《無差別大量虐殺》の事例を思い出しただけなんですよ。
 たとえ外国の敵国であっても、自国の政敵であっても、あるいは主義思想の違う反対勢力であっても、女子供老人を含む、武器を持たない一般市民の無差別大量虐殺は断じて肯定されるものではないと思っているのです。武器を持って歯向かってくる軍人は殺していいと思うとしても、無力な一般市民を虐殺するのは許されるものではないでしょう。 
 なので、私の挙げた事例は、すべて独裁者もしくは最高指導者による女子供を含む一般市民の虐殺のつもりです。

 宗教・思想・主義や人種の違いで、多くの無惨な大量虐殺が正当化され、実行されてきました。あの二種の原爆にしても、アメリカ兵を救うためとかソ連の出鼻をくじくためだったと言い訳されますが、そうであるとしても、日本がもし黄色人種国家ではなく、白人種国家だったら、トルーマンは原爆投下命令なんか絶対出さなかったと思いますね、私見ですが。勝敗が逆であれば、彼は数十万人虐殺の超A級戦犯です。それを咎めない日本人はたいしたものです。

 人間は、とかく自分の言動を正当化し、自分とは違う主義思想の人間を憎み、場合によっては抹殺しようとして、そしてそれは権力者になるとますます酷くなるようですが、まあ、妙な刈り上げの肥満児など、ほんと、早くあの世のほうに移動してほしいものです。

 というわけで仰せの通り、miss.keyさんの話とはちょっとズレた話をしてしまいましたが、まあ、バーソは《関連した話》をしたのだと思ってください。コメントではよくあることですよ、なんちゃって。(^^ゞ

 「泣く子と地頭には勝てない」。強権を持つ独裁者には逆らうものじゃない、という教訓を得そうになるのが悲しいところですね。

2017/09/19(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/338-f57f8552

back to TOP