「バーソは自由に」

 考え方はいろいろあるから面白い。

 選挙の名前連呼は、無駄撃ちCMだ、無駄金使いだ。 


ちょっと前、お隣り韓国の選挙運動をニュースでチラッと見たら、
候補者の前で、お揃いのTシャツを着た若い男女が歌いながら踊っていました。

あの国では、20年前から「踊る大選挙戦」が風物詩のようになっているそうです。
まあ、あほらし。

と思ったのですが、名前をただ連呼するだけの国は、もっとあほらし、です。
「あと一歩 もうひと押しでございます」なんてフレーズは、あほらしの極致です。

ただ名前を連呼するだけの選挙活動は、三流CMみたいで、コンセプトがない。
自分の特長を短く、ひと言でいいから、名前の前に付けたらいいのに。
以前、職場でそう言ったら、同僚から、今のままでいいんだと力説されました。


わたしは、政治にはまるでボンクラなのですが、
ブログ『天野祐吉のあんころじい』の国会改革案が面白かったですよ。
 
 mihay.jpg

天野さんはコラムニストで、雑誌『広告批評』の主宰者でした。
亡くなってから間もなく4年になりますが、私の好きな人の一人でした。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
国会改革名案集。天野祐吉[ことばの元気学]ブログより(2009-03-20)

日本の政治を変えるために必要なのは《あなたの一票です》とよく言われますが、
現行の政治システムでは限界があり、しょせん思い切った改革は無理のようです。
国会の改革案について天野さんが募集したら、読者から名解答が寄せられました。

《読者からの名解答をそのまま紹介します》
①議員の世襲を禁止する。
(どうしても出たいときは、選挙区を変えて出ることはできる)

②料亭での政治家の話し合いをテレビでナマ中継する。
(大切な話は、酒抜きの場でやってもらう)

③議場内にお坊さんを数人配置し、居眠り議員の背後から「喝」を入れてもらう。
(その場面はテレビカメラのアップで撮りたい)

④外国と日本の間で互いに「交換議員制度」を設ける。
(外国人の前ではみっともないので、乱闘の抑止効果が期待できる)

⑤閣僚や議員の記者会見には、必ず嘘発見器を設置する。
(テレビの中継画面の片隅に、そのデータが入ると、なおいい)


 qwakj.jpg
 

⑥閣僚には、一定期間、一般家庭へのホームステイを義務づける。
(受け入れ拒否の家庭が続出する危険を避けるため、迷惑給付金を出す)

⑦首相経験者は、その職を辞したときに、議員をも辞することにする。
(院政なんて陰性なものは一掃する)

⑧参議院を廃止する。
(党議で拘束されてるような参議院はみっともない)

⑨最高裁判事の国民審査と同じようなことを国会議員に対しても行う。
(毎年1回、〇×で)

⑩国会議員の数を半分にする。
(ひとりひとりの顔が国民によく見えるようになる)


 kgety.jpg


⑪国会議員の男女比を半々にする。
(よくわからないが、よくなるような気がする)

⑫議員は各世代から、世代の人口比で選出する。
(年寄りの議員が減って、議会が若返る)

⑬政党はすべて解散する。
(国益より党利党略が優先するような政党なんて要らない)

⑭国会議員を一人ずつ『徹子の部屋』に呼び、徹子さんに人物分析してもらう。
(政治家を見る目が肥える。田原総一朗さんではヤバい)

⑮外国からすぐれた政治家(オバマさんみたいな)を輸入する。
(ゴルバチョフさんなら、いまヒマだ?)


 obama1.jpg


⑯投票はインターネットでもできるようにする。
(投票率アップ間違いなし)

⑰選挙資金は、国から一律に支給する額を超えてはならない。
(清算は領収書添付のこと)

⑱ネット上に「もうひとつの国会」をつくる。
(選挙演説はYouTubeで)


( さて、皆さんなら、他に、どんな名案があるでしょう?)

⑳政治家に定期的な病院受診を課す(エリアンダーさん作:追加2016.7.18)
・脳神経科・・・忘れっぽいのか、認知症なのか。政治資金の流用を忘れ、秘書
給与流用したことを忘れ、自分が既婚なのかを忘れて結婚式を挙げたりするのを
防止する。またブーメランが頭に刺さっていないかどうかも検査する。
・耳鼻科・・・政治家の舌が二枚無いかを検査する。
・消化器内科・・・政治家の腹が黒くないか検査する。
・消化器外科・・・公用車を使わないで自腹を切るよう勧める。
・小児科・・・政治家の成長が幼時で止まり発想が子供っぽ過ぎるのを検査する。
・矯正歯科・・・パンツ泥棒の嗜癖の矯正がで きているかどうか検査する。
・産婦人科・・・なぜ政治家は何も生み出さないのかを検査する。
・口腔科・・・ハゲ!というのは口が悪いのか、ただ単に暴言なのか検査する。
・眼科・・・なぜ大事なものが見えていないのか検査する。
・肛門科・・・大震災に何もできなかった政治家たち、ただウンがいいだけなの
か、痔核がないのかを検査する。



 ljgrtyh4.jpg


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
人は目先の改善には積極的だが、根本の改革には消極的だ。

《改革》について、人は一般にどう思っているか。イエスは、こう言いました。

  「だれも、新しいぶどう酒を古い革袋に入れたりはしない。
   そんなことをすれば、新しいぶどう酒は革袋を破って流れ出し、※
   革袋もだめになる。
  新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れねばならない。

  また、古いぶどう酒を飲めば、だれも新しいものを欲しがらない。
   『古いものの方がよい』と言うのである。」

                      ―――――新約聖書ルカ5章37-39節

   (※ 新しいぶどう酒は醗酵し続けて炭酸ガスを出すので、容器の革袋が膨らむのだが、
   古い革袋では革が硬くなって伸縮性がなくなっているため、革袋が張り裂けてしまう)


選挙になると、多くの人は、どの党を支持するか、誰を選ぶかをよく考えます。
しかしその前に、いまの候補者の宣伝方法が気になったことはありませんか。


 kyupo3.jpg


広告は、批評で成長していきそうです。
選挙も、批評で改善されていきそうです。
人間の生き方も、批評されてよくなっていくのでしょう。

自分を批評して、良い点があれば、時には自分で褒めてやったらどうでしょう。
褒めることでも、人は成長していくのですから。





●天野祐吉[ことばの元気学]ブログ
http://amano.blog.so-net.ne.jp/archive/c326507-15

●月刊誌『広告批評』(マドラ出版)は2009年4月号を最終号として休刊した。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

改革案

バーソ様
おはよう御座います。

①~⑱の改革案はどれもなるほどと思います。
但し④は国によりますね。北朝鮮などは呼びたくないですから。
⑲の私案としてはやはり65歳~70歳での
定年退職ですね。
更に区切りがいいので⑳として給与は国民の平均所得額にすべきではないかと思います。国民目線でものを見るようになるでしょう。
それでなくても特権が多いのですから。

愛新覚羅

2017/07/15(土) |URL|aishinkakura [edit]

“政治ボンクラ”友です。

(*′☉.̫☉)まぁ、珍しいお題ですこと。

候補者って“言うは易し”に尽きるので、
演説では次のような義務を課すのはどうでしょう?

前提として『偽証罪アリ』として。

①好きな本を10冊ピックアップ
②好きな音楽を10曲 〃
③好きな趣味やスポーツを3種

営業時代、お宅訪問で必ずしたことは、
書架に並ぶ本のタイトルを見ることでした。
その人の観念みたいなものが、よく解り、
その傾向に即して会話をすれば、
結果オーライのことが多かったです。

政治評論家の先生方も、いまいち信用できませんし、
人は見かけによりませんし……ネ。(^_^ ;)


2017/07/15(土) |URL|風子 [edit]

Re: 改革案

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)
 おおむね肯定ですか。北朝鮮は呼びたくない。そうですね。その他にも、幾つか近辺の国が含められそうです。(笑)
 
 私は、「②料亭での政治家の話し合いをテレビでナマ中継する」を、「料亭での話し合いをやめる」にしたほうがいいと思いました。
 なんで国の大事な話し合いを料亭でする必要があるのでしょう。重要な話し合いは、会議室ですることに決まっているじゃないですか。

> 給与は国民の平均所得額にすべきではないかと思います。
 これ、いいですね。そうすれば世界トップクラスの日本の歳費も、スエーデン並みになります。あの国は兼業が多く、年収が400万ぐらいだそうです。

 最近、ある秘書が「このハゲーっ」とののしられた原因は、支援者の名前を書き間違えたからでしたか。大体が議員は、自分の支援者関係や地元の人に会って、自分の票を確保維持する仕事がかなり多そうです。忙しそうに見えても、実態は票集めの仕事だろうと感じますね。

2017/07/15(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: “政治ボンクラ”友です。

風子さん コメントありがとうございます^^)
 おお、やはりボン友でしたか。私、元々がボンボンなもので。(笑)

> 候補者って“言うは易し”に尽きるので、
 本当にそうです。立派なことを言うのと、立派なことを行なうのとはまったく違います。口だけの人が多いような気がします。また政治家を批判するほうにも、“言うは易し”が当てはまりますね。


> 演説では次のような義務を課すのはどうでしょう?
 なるほど、その人の人となりは、好きな本や音楽に出る。立派な本を読む人は低俗ではないことがわかります。クラシックの名曲を聴く人は品がいいような気もします。ただ、漫画の好きだとかいう大臣もいますが、経済は強いのだとか。
 なので、政治が上手かどうかは、別の話のような気がします。
 私は極論的なことをいえば、政治家は女性関係が多少不適切でも、失言が多少あっても、日本の今と将来をしっかり見据えて。必死に最善の方向に行こうと考え励んている、政治には滅法強く、賢い人のほうがいいと思いますね。特に外交では、駆け引きも必要ですから。

2017/07/15(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

⑳ 議場の正面に切腹場を設けて日本の伝統を復活させる。

不正。不祥事。失言をした議員には、白い裃と袴で格式を重んじたハラキリ(女の場合は喉を突く)をやっていただく。
世界中のメディアを招待してその映像を各国にライブ配信する。日本の国会は人気世界No.1となる事間違いなし(外人はみんなサムライのハラキリショーを見たがっている)
なお、公儀介錯人はかの「拝一刀」とする…ついでに子連れ狼には、裏に隠れた巨悪も断罪していただく。
♪ちゃ~んの仕事は 刺客ぞ~な~ しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん♪

さぞ日本は伝統と格式を重んじる美しい国になる事でしょう(笑)

2017/07/15(土) |URL|sado jo [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)
 あははは、議事堂に白い色がひときわ目立つ腹切り場ですか。非常にいいですね。 「風さそう はなよりもなお われはまた 春の名残りを いかにとやせん」。みんな自省し、辞世の句も考えておくでしょう。
 ある種の思想を持っているような人は賛成せざるを得ないと思いますが、いざ実施すると、議事堂内に、しとしとぴっちゃん しとぴっちゃんと血の雨が降って、議員数が激減しそうです。
 
 あ、「おめえにはもう一度転職してもらうぜ。今度は、閻魔の草履番だ」というセリフも思い出しました。中村主水ですが。(笑) このイントロは、いいですね。

   雨が降ったら傘をさす
   つらい話は胸をさす
   娘十八 紅をさす
   魔がさす 棹さす 将棋さす
   世間の人は指をさす
   許せぬ悪に
   とどめさす

 あ、「あっしには関わりのないことでござんす」というのも思い出しました。議事堂内は、つまようじだらけになりそうです。(笑)

2017/07/15(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

バーソさん、こんにちは^^

墓地にひときわ立派な墓石が建っていた。
表面にはこうある。
「偉大な政治家
 精錬潔白な男
 ここに眠る 」
通りかかった老人がそれを見てつぶやいた。
「二人の人間を一つの棺に入れることができるなんて、わしゃ知らなんだ」

こういうことになるのは、結局、
嘘を言った方が支持されるという現実があるからだろうと思います。
財源が無くても、社会保障を手厚くする、みたいな。
そして、そういう政党は、えてして経済オンチなので、
経済を停滞させて、自殺者を増やし、
税収を減少させて、借金を増やし
結果的に、社会保障を薄くする羽目になります。

全ての原因は、自分に似た考えを持つ政治家が
良い政治家だという勘違いにあると思います。
この世界では、実現可能なことしか実現できませんが、
実現不可能な政策は耳に心地よいので、
そういうことを言う政治家は結構 好まれます。
割とアイデアを思いつくのは簡単で、
それを実現するのは難しいと思います。
(宇宙船を空想するのは簡単で、実現するのは難しい)
理想を実現可能なレベル落とし込むことができる人、
実現可能な改善策を考えつける人が有能なのですが、
はたからみると、理想が実現されているようには全く見えませんし、
結局、国民の努力に比例するものしか得られないという話なので、
有権者は、夢を見ることができず、
なかなか支持する気にはなりませんね。

「イマジン」という名曲を作った人は、世界の平和どころか、
たった4人の平和を実現することもできませんでしたし、
そもそも、その意思も無かったでしょうね。
でも、夢を見させる力はあるので、歌は好まれます。

2017/07/15(土) |URL|Korva [edit]

Re: タイトルなし

Korvaさん コメントありがとうございます^^)
 政治というのは、誰でも関心がある。身近な問題でもある。客観的に口を出しやすい。しかしながら、言うは易く、行うは難しです。
 Korvaさんは、前にも同じようなことを書いてましたね。実際的な現実論の政策でないなら意味がない。それは絵に描いた餅だ―――。
 どうも政治や社会の改革論の話はお好きじゃないように感じますが、このジョークにあるように、それは理想論とは、要は嘘じゃないかと感じるからなんでしょうかね。確かに政治の世界には嘘が多そうですから。

 特に少数党に属する立候補者たちが約束することは、まあ、現実的には無理だろうと思えるようなことばかり言っているように思えます。そういう理想論的な公約が非常に多く、よくこんな絵空事ばかり列挙できるものだとよく感じます。といって、先の都知事選で、自分は絶対に公私混同はしない、金銭には清潔だと主張する人がいましたが、これは自分のやりたい明確な政治目標もなく、全然論外な人だと思いましたね。

> 実現可能な改善策を考えつける人が有能なのですが、
 そうなんでしょう。実現可能でない政策なら意味がありません。
 私もよく世界の軍備完全撤廃の話を書きますが、今の日本と世界の現実を考えれば、軍備撤廃は言うまでもなく夢の話だと承知しています。
 ただ、究極的にはそういう完璧な平和思想を心の中に持っていることは大事で、「弱者共存」すなわち強いものが勝つのが当たり前だという考えが現実的で正しい、それが人類の自然な正義思想なのだとは絶対に思いたくはないですね。

 そういう意味で「イマジン」の名曲を作った人たちが、彼らは自分たちの平和も実現できなかったじゃないかと言われれば、まあ、その通りで、「夢を見させる力はある」程度かもしれません。しかし私は好きな歌ですね。涙が出てくるような名曲です。歌詞もいいです。「想像してごらん、平和に暮らしていることを」。
 私は《すべての事象は人の意識から始まる》と思っているので、人が自分自身の心の中にそういうドリーム思想を持っていることは非常に大切だと思いますね。

2017/07/15(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/15(土) || [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 ああ、わざわざご丁寧にありがとうございます。
 はい、非常に耳慣れた、懐かしい言葉です。(^^♪

2017/07/15(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

バーソさん、こんにちは^^

「ただ名前を連呼するだけの選挙活動」をする候補者は、何も調べたり考えたりしないで投票所に行って、聞き覚えのある名前を書いて投票してしまうような有権者に期待しているのかもしれませんね^^;
そうだとしたら、私は投票率は低い方が良いんじゃないかという気がします。

「広告批評」という雑誌は、表紙がオシャレなんですね。
バーソさんの記事の画像は、いつもセンスが良いです^^

2017/07/15(土) |URL|Ariane [edit]

Re: タイトルなし

Arianeさん コメントありがとうございます^^)
> 「ただ名前を連呼するだけの選挙活動」をする候補者は、何も調べたり考えたりしないで投票所に行って、聞き覚えのある名前を書いて投票してしまうような有権者に期待している
 これはこれは、鋭い洞察ですね。清き一票だと言われても、誰に入れてもたいした差はない。ならば、とりあえず聞き覚えのある名前を書いておこう。そうして国民の義務を果たしておこう。そういう安易な人を狙って、もっぱら名前連呼だけの選挙活動をしているのでしょうか。
 だから「投票率は低いほうが良い」。うーむ、ですね。

 ならば、執拗な連呼のスピーカーで聞き覚えた名前以外の候補者、すなわち名前はあまり覚えてないものの、自分の政策らしきものを少しでも入れようと努めていたらしき候補者の名前を書いたほうが結果は少しは良さそうだとも言えそうです。(笑)

 投票所に出かけるのは高齢者が多いとか言われます。この前の都議選挙では、不在者投票が前回の2倍だったとか報道されていたような気がします。私は、この党(人)に入れようと決める場合と、この党以外ならどこでもいいと思う場合がありますね。選挙は毎回ちょっと虚しさを感じます。

 いくら個人の立候補者が自分の良い政策を持っていても、与党側にいないなら、その政策の実現の可能性はほとんどないというのも悲しいものですね。

 『広告批評』は表紙のフォーマットが自由自在で、いいですね。
バーソの選ぶ画像はおシャレですか。おシャレなひとにそう言われるとうれしいです。(^^♪

2017/07/15(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

民主主義は最悪の政治といえる。これまで試みられてきた、民主主義以外の全ての政治体制を除けばだが

 チャーチルは民主主義が最高だとは言ってない。酷い制度だけど、他より幾らかはましと言っているに過ぎない。
 ニーチェは言う。「狂気は個人にあっては稀有なことである。しかし、集団・党派・民族・時代にあっては通例である」
 民主主義は集団狂気、愚衆政治の温床だ。そのなれの果てがヨーロッパの移民受入騒動だし、クジラ教の跋扈だし、今の日本政治のクダグダだ。うーむ。どうしたもんかね。
 一番良いのは素晴らしく公平で深慮深く知恵もある人物による集権政治(つまり独裁)な訳だが、現実に権力闘争の果てに勝ち残るのは大抵はスターリンや毛沢東、金三代の様な極悪人。やっぱり他人に良いようにやられるのは嫌だな。
 あ、そうか、自分が独裁者になればいいんだ。よし、国民のためにわたしが一肌脱いでやろう。私は正しい。だからみんな従わなければならない。従わない奴は悪である。みんな死刑じゃぁぁぁぁ。・・・とんだ極悪人だった。

2017/07/16(日) |URL|miss.key [edit]

Re: 民主主義は最悪の政治といえる。これまで試みられてきた、民主主義以外の全ての政治体制を除けばだが

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
 チャーチルには驚かないが、うーむ、ニーチェときたか。ならばロマン・ロランだ。彼はこう言っている。そう、検索したのです。(笑)
「民主主義とは、民衆にとって代わり、その厳粛な名目のもとに、若干の布教者たちの利益のために民衆の毛を刈る技法だ」。
 同じようなことを言っていますね。誰しも考えることは同じです。

> 一番良いのは素晴らしく公平で深慮深く知恵もある人物による集権政治(つまり独裁)な訳だが
 そう、そうなんです。私は以前、イエス・キリストが治める神の国が地上に実現すれば、こんな素晴らしい独裁政府はないと思って、真剣にそう願っていましたよ。
 独裁政府は、どんな立派な人でも、只の人間では絶対ダメ。どんな良い人間でも必ず傲慢専横となり、自分の地位を守るために恐怖政治となります。ルーマニアのニコラエ・チャウシェスクがそんな感じでしたか。
 そして大衆にとって良い政治は、必ずその対極にある特権階級にとっては悪い政治になり、その逆もまた真なりとなります。人間は必ず意見と利害の相違がありますから、全員にうまくいく方法なんて、現行のどの政治にもないのでしょう。

 たとえばアメリカインディアンのように、部族(狭い地域)ごとに自治をして、知恵のある長老たちがみんなをまとめていく方法もありそうですが、嘘を言わず、土地所有の概念を持たないインディアンたちの場合はうまくいっても、いまの我欲だらけの人間では絶対に無理。単に土地ごとに独裁者ドンが定着するだけ。やはりカネというものをなくし、貨幣制度を廃止し、大昔の自給自足の生活スタイルにして、くだらない立身出世欲をなくすべく学校の倫理教育に力を入れ、そのように子供のころから人々の意識を変革していけばいいのでしょうが、現実には到底無理。
 オーストラリアのアボリジニも、かわいそうに白人たちに激減させられました。彼らはよくやってたようですね。ではお前は彼らの仲間に入りたいかと言われれば、うーむ、ちょっと考えますが。(^-^;

2017/07/16(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/16(日) || [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/16(日) || [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメsさん コメントありがとうございます^^)
 そうですね、昔は、政治家は命をかけて国を守るというイメージの人がいました。今は権限を利用して悪いことしてるのじゃないか、真面目に仕事をせずに遊んでるのじゃないか、もっぱら次の選挙の事だけを考えているんじゃないかという気がします。
 ところが先日、名が知られている或る若い政治家がテレビに映ったのですが、日本の将来のことを熱い目をして語っていました。ほう、こういう人もいるんだと思いましたね。

 商品もいいキャッチフレーズで売れ行きが決まります。政治家も有能かどうかは、インパクトのある言葉(ポリシー)を言うかどうかで分かるような気もします。頭の切れる政治家は大抵印象に残る言葉を言ってますね。いいか悪いかは別にして。(^_-)

2017/07/17(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: こんばんは

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 インターネット投票。韓国では若者の投票率が伸びているのだとか。
ただ韓国では日本と比べ物にならないほど、ネット環境が整備されているという違いがありそうです。日本でもスマホ投票は、これからなんでしょうか。ただし不正がかなり起きそうでもありますね。
 
 気の利いた言葉を名前の前に付け加えればいい。たとえば「スカッと爽やかコカコーラ」ですか。おお、そうそう、そんな永遠の名文句がありました。ちょっと思い付かなかったですよ。これを例として出せばわかりやすかったです。そういえば、鍵コメさんは、こちらの方面にも強かったですね。

 「一粒三百メートル」なんてのは古いですよね。「目のつけどころがシャープでしょ」は今は落ち目の代表みたいで。「くう ねる あそぶ」は絶対ダメ。「少し愛して ながーく愛して」「ピッカピカの1年生」「元気ハツラツ」「ひと味ちがいます」。いかん、切れ目なく出てきます。(笑) しかしこの方法も浸透してくると、アイディアを広告会社に考えさせて、キャッチフレーズだけうまい、中身のない候補者が出てきそうです。

 選挙活動と政治活動は本来違うはずなんですが、完璧に混同されています。本当は、鍵コメさんはこの件についても、いろいろアイディアがありそうですね♪

2017/07/17(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

国会改革名案

バーソさんこんにちは、

国会改革名案集、私も参加させてください。

20.政治家に定期的な病院受診を課す。

脳神経科・・・忘れっぽいのか認知症なのか。
政治資金の流用を忘れ、秘書給与流用したことを忘れ、
自分が既婚なのを忘れて結婚式を挙げたりするのを防止する。
またブーメランが頭に刺さっていないかどうかも検査する。
耳鼻科・・・政治家の舌が二枚無いかを検査する。
消化器内科・・・政治家の腹が黒くないか検査する。
消化器外科・・・公用車を使わないで自腹を切るよう勧める。
小児科・・・政治家の成長が幼時で止まり発想が子供っぽ過ぎるのを検査する。
矯正歯科・・・パンツ泥棒の嗜癖の矯正ができているかどうか検査する。
産婦人科・・・なぜ政治家は何も生み出さないのかを検査する。
口腔科・・・ハゲ! というのは口が悪いのか、ただ単に暴言なのか検査する。
眼科・・・なぜ大事なものが見えていないのか検査する。
肛門科・・・大震災に何もできなかった政治家たち、ただウンが悪いだけなのか
痔核がないのかを検査する

2017/07/18(火) |URL|エリアンダー [edit]

Re: 国会改革名案

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)
 あははは、何度も声を出して笑ってしまいました。休日もオチオチ休めなかったでしょう。オチばかり考えて。(笑)

 でも特に笑った診療科目の感想ですが・・・既婚なのかを忘れ。そういう呆れたのがありました。ブーメランが頭に刺さってないか。これ、顔に刺さるのが面白い。自腹を切るよう。ほんと、セコい人が多いですね。発想が子供っぽく。はいはい、そうです。嗜癖の矯正ですか。あはは。産婦人科は、ほんと、何も生み出さない。ハゲーの人は口腔科で、口の病気ですか、考えましたね。眼科は、確かに将来を見据えてないです。そういえば『眼科の敵』という映画がありました。ロバート・ミッチャムとクルト・ユルゲンス。アメリカとドイツの渋い俳優でした。潜水艦の出てくる映画はいいのが多いですね。『レッド・オクトーバーを追え!』は本も読みました。『クリムゾンタイド』はデンゼル・ワシントンとジーン・ハックマン。そして『K-19』はつい数日前にまた観ましたよ。さて、本論に戻って、痔核がないか、そうですね、みな、内痔核が全然ないのでしょう。(笑) (⌒∇⌒)

 ええと、私も触発されて考えました。
腎臓内科=よく休む政治家は、尿管に大きな欠席がないか検査する。
麻酔科=麻酔が効いたままの居眠りじゃないか針で刺して検査する。
腫瘍内科=ドンと呼ばれる政治家がガンではないか検査する。
皮膚科=面の皮の厚みの度合いを検査する。
呼吸器科=アウンの呼吸で忖度してないか検査する。
整形外科=本当に政経に強いのか検査する。
 ま、私めはこんな程度ですが。(笑)

 で、エリアンダーさんの憂愁、否、優秀作品は、このままそっくり追加掲載させていただくことにしましたよ、いいですよね。青字で載せますね。(^_-)

2017/07/18(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/19(水) || [edit]

Re: こんばんは♪

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 わざわざご丁寧にありがとうございます。
 ずいぶん忙しいのでしょうか。
 その時を楽しみにしています。
 またこちらもよろしくお願いいたします♪

2017/07/19(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

バーソさん、こんんちは^^

リベラルな勢力が、改悪ではなく改善を目指す勢力になれば、
世の中が良くなるスピードが速くなりそうな気がします。

今話題のリベラルな政治家を観察していると、
法律を作る立場でありながら、
外国で合法なことは、日本で違法であっても、やってよい、
なんて主張を平気でしていますし、
リベラルなマスコミも、これを全力で擁護します。
外国に行って、日本で合法なら、外国で違法なことでも、
やってよいなんて主張をしても、
賛同する外国人はいないと思います。

これをみても、今のリベラル勢力は、改革と言いながら、
世の中の改悪を目指しているように見えます。
もちろん意図として、そんなつもりはないと思いますが。

理想主義といえば、聞こえはいいのですが、
世の中が自分の望むように成ればよいということで、
究極のエゴイズムという一面もあります。
(中傷的な意図は全くないので気を悪くしないでくださいね)

バーソさんは、自分以外の人の理想も、
(もちろん自分の理想と違う理想ですが)
実現すべきだと思いますか?
世の中と言うのは、割とみんなの理想が少しずつ、
実現した世界なのではないかと思うのですが・・・

2017/07/19(水) |URL|Korva [edit]

Re: タイトルなし

Korvaさん コメントありがとうございます^^)
 私は、政治にはボンクラだと書いたように、全然詳しくないのです。
 そして聖書は、この世はサタンの支配下にある、そしてカエサルのものはカエサルに,しかし神のものは神に返しなさいと述べているので、過去、政治には一切関わりを持たないようにしてきました。その代りに、神の政府(神の王国)を信じ、その実現を切望し、その希望を長年宣べ伝えてきたのです。まあ、理想主義を抱き、それをとなえてきたのです。今は違う考え方を持つようになりましたが。

 そういうわけで、ブログでは政治のことは書いたことがありません。
一度だけ書いたことがあるのは、『美しき緑の星』という映画が描いている、地球ではない他の星の素朴な自然志向の生活スタイルのみです。
それ以外は政治を論じた記憶がないですね。※追伸:いや、リンカーンのゲディスバーグでの演説「人民の、人民による、人民のための政治」の話と日本国憲法の発効時に関する話を書いてました。

 コメントで政治について書いてくる方が時々いますが、私は大体は、その人に合わせて軽く考えを述べる程度です。中には無神論の人もいますが、それはそれ、お互いに相手の考え方を知っており、大人なので、自分の考えを強く言い合ったりはしません。普通は、政治と宗教の話はしないほうがいいと言われる通り、信念の話はケンカになりやすいからです。Korvaさんとも、やり取りが長いので、Korvaさんの好きでないタイプの人や考え方は、ある程度承知しているつもりです。

 コメントは相手の記事そのものについて感想を述べるものであり、もし異論や反論が強くあれば自分のブログで書いたほうがいいかもしれません。ちなみに拙ブログを読んで自分の書く話のネタ作りの参考にしているのか、あるいはストーカー的な嫌がらせか、もしくは隠れファンなのか、とにかく私のほうは訪問してないのですが、拙ブログに毎日熱心にやってきて訪問履歴を残していく人が一人いるのですよ。(笑)

 じつは記事本文に関係のない話は、あまりうれしくないのです。
 今回でも、選挙運動は単に名前連呼じゃなく、自分の主張をひとこと言ったらもっと効果的じゃないかという、宣伝法の技術的な話に過ぎません。どの党がいいとか、どの人がいいとか、どんな主義がいいという話では全然ないのです。広告家の天野さんのブログが読者参加型の面白い構成をしていたので、お借りしただけ。半分冗談話なのですね。

 とはいえ、Korvaさんに返事をしないのも物足りないでしょうから、少しだけ私の考えを述べますね。Korvaさんの考えとは違っていて、異論反論があるかもしれないですが、そうであっても、これで終わりにしていただければ幸いです。私の関心事ではないのです。すみませんね。

 で、「理想主義」について。
 理想の姿なり形というのは人により違うものでしょう。政治的にも宗教的にもかなり違いますし、菜食主義、自然素材主義、ブランド至上主義など、生活志向もみな違います。過激派のテロにしても、彼らなりの理想社会を目指している途中経過の荒療治でもあり、彼らなりの正義感でやっていると思いますね。むろん肯定は全くしていませんが。

 ある人の思う理想は、他の人の思う理想とは違うのは、いわば当たり前です。片方に言わせれば、相手が間違っているというだけの話です。
 なので、どちらかが、自分は正しい、相手が間違っていると言い張るのはどうなんでしょう。仮に、どちらかが正しいとしても、言い張れば必ず論争になり、相手を憎んで終わりになるだけだと思うのですが。

 「正しい」という考え方ほど、これが絶対だと言い切れるものは無いと思うのですね。正義や善悪の解釈は、人により、国により、地域により、時代により、その時の状況により、変わってくるものです。同じ人でも、若い時と今とでは変わってきていることがあるでしょう。
 サンデル教授の『白熱教室』では、そういったことが扱われていて、正義の定義の正解は容易には出せないと気付いた人が非常に多いと思います。

> 世の中というもはみんなの理想が少しずつ実現した世界ではないか。
 まあ、そうなんでしょうね。世界には専制君主や全体主義の国がほとんどなくなり、いわゆる自由主義国家では、みんなが理想を求めて、なんやかんや言いながらも、また不正や腐敗がありながらも、徐々に今の社会になってきたのでしょう。
 まあ、トランプの「アメリカファースト」の思想はトランプがいいとか悪いとかの問題というよりは、彼を選んだアメリカ人のほうが多かった。つまり、アメリカ人の半数以上が、自分たちさえよければいいという思想になった。イギリス人もそういう言い方をすれば、そうだった。しかしフランスは違った、というようなことなんじゃないですか。

 集合意識がよかれあしかれ現状を決めています。でも集合意識がすべて良いというわけでは無いでしょう。ヒトラーはドイツ国民が熱狂的に選んで支持した人だ、ということを考えてみればすぐわかります。

 世界は、強い者が勝つという帝国主義ではなくなったので、だんだん良くなっていくように見えるのですが、かつての専制君主は、いまは世界をカネで牛耳る特権富裕階級に代わったようで、これから貧富の差が激しくなるのかもしれず、将来はどうなるか予想が付きません。パリ協定が結ばれ、だんだん良くなると思っていたら、世界の先進国トップのアメリカが抜けました。

 なので或る特定の国、たとえば日本を見て、この国はみんなの理想が少しずつ実現したのだと言われると、なにしろ民意で決まる民主主義国家ですから、確かにそうだとも言えるかもしれませんが、いや、そうはいっても、理想形にはまだまだだ遠いとも言えそうじゃないですかね。

 私は、この地球が人間の努力だけで100パーセント近い理想の状態になることは無い、エゴがなくならない限り無理だと思っています。でもエゴがあるから人間なのだ、エゴを取れば人間は天使になるとも思っています。むろんエゴを肯定しているわけではありませんが。

 すぐ実現するかしないかは別にして、理想や夢や希望や目標を持つのはいいことで、それは進歩前進する良い動機ときっかけになると思っています。むろん願うだけではいかんと言われそうですし、現実的な改善策を考え、実行するのはいいことだと思います。(^_-)

2017/07/19(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

国会議員が国のために働いてくれるという
ことを知りたいので
特権的なものをすべて排除してみる。
公用車もなくしたらどうでしょう。
「先生」じゃなくて名前で呼ぶとか。


天下り完全禁止。
定年をもうける。
介護などのボランティア活動の義務化

へへへ、無責任に書いてみました。




2017/07/19(水) |URL|森須もりん [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/19(水) || [edit]

Re: タイトルなし

森須もりんさん コメントありがとうございます^^)
> 特権的なものをすべて排除してみる。
公用車もなくしたらどうでしょう。

 特権をなくす。いいですね。大体、通信費だって大きな金額を払い過ぎのように感じます。そんなに朝から夕方まで電話をしているわけでもなく、今はメールで簡単に済む用事が多いだろうと思いますね。ナントカ浄水器だとかいって、妙な名目の請求が多すぎです。あの号泣議員の出張費にしても、チェックが甘すぎると思いますね。チェックの仕事をすべき人がしっかり仕事をしてないからああいうことになるのです。

 前の職場では、社長が謙遜な人で、自分のことを何々さんと呼ぶようにと言ったので、みんなも倣い、部長とか上司を呼ぶときに名前で呼ぶようになりました。でも偉くなった政治家を、名前で気軽に読んだら、怒鳴りつけられるような気がしますね。ニュースで時々見ますが、テレビに映っているにもかかわらず偉そうにしていますから。

> 天下り完全禁止。
定年をもうける。
介護などのボランティア活動の義務化

 そうですね。でも三番目は、そうすればもっと待遇がよくなると思っていませんか。でも、大変な仕事だと思います。もっと給料は上げるべきです。今度、立候補するアカツキには、それを強く言いますね。(爆)
(^^♪

2017/07/19(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 そちらにコメントを入れましたよ。暑いので夏バテに気をつけて。(^^♪

2017/07/19(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

隠れファンの一人です

バーソさん
初めまして。隠れファンの一人kenichi2409です。
特定の政党を支持していないので、一国民として提案書を主要政党の党首宛に手紙で送った事があります。
党首ご本人が読んで頂けたかどうかは分かりませんが。。。
カテゴリー内の提案書・企画書の一部ですが、まぁ自己満足の世界と言ってしまえばそれまでですね。

バーソさんの聖書の話題もこんな考え方もあるんだねと読んでいます。また、気が向いたらコメントさせて頂きます。

2017/07/21(金) |URL|kenichi2409 [edit]

Re: 隠れファンの一人です

kenichi2409さん はじめまして。コメントありがとうございます^^)
 あは、「隠れファンの一人」ですか。長いコメント欄のほうも読んでいただいたようで、恐縮です。(^-^;

> 一国民として提案書を主要政党の党首宛に手紙で送った事があります。
 ずいぶん盛りだくさんの企画書のようです。単に政治に関心があるだけではなく、実際に意欲と行動も伴っているようですね。

> バーソさんの聖書の話題もこんな考え方もあるんだねと読んでいます。
 kenichi2409さんのブログ、拝見して思いました。同じ聖書です。
 どうやら共通点がひとつあるようですね。

 しかし政治に関与しているということは、いまはフリーなのでしょうか。でも聖書そのものはかなり好きのようですね。
 聖書は良い部分とそうでないところを見分けて、人生の参考にしていけばいい、と私は思っています。

 また気を向かせてコメントを書いてくださいね~。(^^♪

2017/07/21(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/329-ad7e0779

back to TOP