「バーソは自由に」

 考え方はいろいろあるから面白い。

  阿吽の呼吸で、空気を読み、吸って吐いて一生を終える。 

「空気を読む」という言葉がある。
 その場の雰囲気から状況を推測し、自分は何をすべきかを考えることをいう。
阿吽あうんの呼吸」という言葉がある。
 二者が互いの気持ちを感じ取り、息をぴったり合わせて行動することをいう。

しかし空気は読むものではない。空気は吸って吐くものである。

「阿吽」とは、サンスクリット語のアルファベットで最初の字と最後の字の音写。
 最初の字「阿/ア」は、口を開いて発音することから“吐く息”の意になり、※1
 最後の字「吽/フーン」は、口を閉じて発音することから“吸う息”の意になった。
  密教では、「阿」は万物の原因(理)、「吽」は万物の結果(智)を意味するとされる。

人は「オギャー」と声を出して産まれ、最期は「―――・・ ・ 」と息を引き取る。※2
その間、人は空気を吸って吐いてを繰り返し、ひとえに風の前の塵と同じになるのだ。

mariu1.jpgYou-Tube
飼い主と息ぴったりの柴犬マリの「新体操」演技。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「阿吽」は、五十音の「あ・ん」やヨガの「オーム」と同じ。

●「阿吽」の元のサンスクリット語の「ア・フーン/a-hum」の「フーン」を、
少し長めに発声すれば、語頭の「フー」が消え、語尾の「ンー」だけになる。
すなわち「ア・フーン」とは、日本語の五十音表の「あ・ん」と同じである。

●ヨガをするときに唱えるマントラ(真言・呪文)に「オーム」というフレーズがある。
これは聖なる音で、宇宙を創り出したエネルギーの根源であるとされている。
この「オーム」をアルファベットで書くと、「a・u・m」に分解できる。
「m」は「n」と同じゆえに「a・u・m」は「阿吽」と読め、五十音の「あ・ん」と同じだ。

●著名な宗教の基本的な祈りは、みな元は同じ音だという説がある。
オームはヒンドゥー教・バラモン教、ア・フームはチベット密教、オンーは真言密教、
ナームー(南無)は仏教、アーメンはキリスト教、アーミンはイスラム教。

poi3.jpg
アルブレヒト・デューラー 「祈る手」1508年 アルベルティーナ美術館

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「ん」で始まる言葉は非常に少ないが、日本語以外には案外ある。
●三省堂大辞林第三版で「ん」で始まる日本語は、ん(5)、んす(2)、んず、んだ、んだろう、
んち(2)・んで・んでしょう、んです、んとす、んとする、んばかり、んぼう、の24個。
大抵は「の」が「ん」に転じた語か、打消しの「ぬ」の転、推量の「む」の転、上方語や武士詞。

●外国の固有名詞や地名。特にアフリカに多い。
ンクルマ(ガーナの初代大統領)、呉・伍(中国人に多い姓だが香港の広東語ではNg/ン)、
黄(中国人に多い姓だが台湾語等ではNg/ン)、ンドランゲタ(イタリアのマフィア)、
ンボマ(元Jリーグ・ガンバ大阪のエムボマ)、ンドゥール(セネガルの歌手)、
ンジャメナ(チャドの首都)、ングル(ナイジェリアの都市)、ングラ・ライ国際空港(バリ島)
ンガウンデレ(カメルーンの都市)、ンゴロンゴロ国立公園(タンザニアの自然保護区)など。

●「ん」で始まる沖縄語は143個もあるそうだ(尻取り遊びに使えそうな語は92個)。
なので、沖縄の人とは尻取り遊びをしなほうがいいと言われているとか。
yu115_pho01.jpg
「Jタウンネット/沖縄県」http://j-town.net/okinawa/column/gotochicolumn/206115.html?p=all

「ン」は口を閉じた状態で発声する。なので、たとえば「ハー」と言うより、「ンハー」と言うほうが、
口を閉じた状態から言い始められるので、「ン」から始まる言葉は意外に言いやすいかもしれない。
物の名は最初は一音であったはず。一音の名詞はまぎらわしいので、「ン」が付いたのではないか。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「ん」の字の付いた言葉を出して遊ぶ噺の落語『ん廻し』。

言葉の中に「ん」の字が一つあれば、おでん(味噌田楽)を一本もらえる趣向。別題『運廻し』。
「にだいこ」」と言ったら、「ん」が三つで、おでん3本もらえる。
「散歩三人、みんな安産、産婆さん安心」と言ったら、おでん10本。知恵者の戦略は下記。

桂2You-Tube再生
「そろばん置いてくれ。『ジャーンジャーン』と二つ、『ジャンジャン、ジャーン』と三つ。
これ、火事や。半鐘が鳴ってんのや、遠い所の半鐘が『ジャ~ン、ジャ~ン、ジャ~ン』、
近い所の半鐘が『ジャン、ジャン、ジャン、ジャン、ジャン、ジャン、ジャン、ジャン』。
消防ポンプが『カーン、カーン、カン、ウ~ウ~ウ~ウ~』、(ほら、食いながらやるぞ)
『ジャンジャンジャン、カンカンカンカン、ジヤンジャンジャン、ウ~ウ~ウ~ウ~・・・
おいっ、この豆腐、まだナマやないかい。焼けてないやへんかい」
「はっ、火事やさかい、あんまり焼かんほうがよか」 (9:38~10:37)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ポケモンGOの流行は、空気読み過ぎ症候群の副作用か。

「空気を読め」とは、集団による無言の同調圧力であると言うこともできる。
インターネットが、大人から子供まで、世界の集合追随意識を醸成加速させている。

ポケモンGOの流行、不倫の恋をしたタレント叩き、公金横領の政治家叩き、人種差別、
マスコミに採り上げられた有名飲食店の前に行列することなども皆、その事例だろう。

聖書は、字義通りに言えば「世の空気」や「不満をかこつ大気」について述べている。
同じ場の空気ばかり吸っていれば、同じ考えに染まるのは当たり前。
人が一斉に同じことをしたり、言っている場合は、よくよく注意したいものだ。

mari1_20160729153212584.jpgYou-Tube
シンプソンズの父親ホーマーが子供そっちのけでポケモンGOらしきものに夢中。

それでは、ポケモンGO go!!ではなく、goの反対で行こうと思いましたか。
それは、stopですか、comeですか、stayですか。それとも単にanti-goですか。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※1:「故事ことわざ辞典」http://kotowaza-allguide.com/a/aunnokokyuu.html
※2:呼吸の「呼」は“吐く”の意で、「吸」は“吸う”の意。呼吸とは、吐いて吸うのが順序。
「息を引き取る」とは“吸う”の意。ゆえに人間は「吐いて誕生、吸って死ぬ」との説もある。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

(y^ω^)y しりとり!

(y^ω^)y おはようございます~☆

 ちなみに、最後に「ん」が付いたら負けの普通のしりとりは、最後の文字を「る」に持ち込むこと、そして、るで始まる言葉を出来るだけ抑えておくこと、これだけでかなり強くなります。そういう小学生でした(笑)

 って今時しりとりする機会ないかな(笑)

2016/07/30(土) |URL| 匠石 戒丘 [edit]

阿吽

バーソ様
おはよう御座います。

法事のときにお坊さんが短い話をしますがそのときにサンスクリット語の阿吽を聞いたことがあります。忘れていましたが思い出しました。
空気を読むというのが出来ない人がいますね。
その人にもう少し空気を読めといったら具体的に説明してくれと言われてしまいました。
すでにその時点でもう空気が読めていません。(笑)

愛新覚羅

2016/07/30(土) |URL|aishinkakura [edit]

あ・うんがを掘り下げていくと
広がるのですねえ。
元のサンスクリット語の「ア・フーン」との
関連には、ひたすら感心しました。
ヨガをするときに唱えるマントラも、しかり。
ああ、ことばの成立が面白い!


実は、娘一家とドライブに出たとき必ず
車中でしりとりをするのです。
そして娘婿が最後に「る」のつく言葉をもってくるのです。私と娘が必死で対抗。「る」の語彙は少ない。
固有名詞は認めるという条件をだして
「ルイ14世」15世・・で私は責めています 笑

今度は言葉の中に「ん」がつくもので
勝利したいです。

2016/07/30(土) |URL|森須もりん [edit]

不思議だらけ

『インターネットが、大人から子供まで、世界の集合追随意識を醸成加速させている。』

この集合意識は要注意でしょうね。
私の最新記事とのシンクロ、不思議です。

『著名な宗教の基本的な祈りは、みな元は同じ音だという説がある。』

これについても‥‥。
かつてヨガをやっていて、マントラの発音に魅せられました。
全員で唱えると、なんとも荘厳な響きで‥。

それは、大きい法螺貝を耳に当てると聞こえる
『宇宙運行の音』に似ていると感じました。

法螺貝から聞こえる音は、人体の血液やリンパの流れ、
心音などが混在している音なのでしょうが、
マントラ合唱音に似ていて不思議です。

『阿吽の呼吸』とは元来が、
『共鳴』『調和』なんでしょうね。(´ー`*)ウンウン

2016/07/30(土) |URL|風子 [edit]

Re: (y^ω^)y しりとり!

匠石 戒丘さん コメントありがとうございます^^)
> 最後の文字を「る」に持ち込むこと、そして、るで始まる言葉を出来るだけ抑えておくこと、これだけでかなり強くなります。そういう小学生でした(笑)
 そういう小学生だったとは、策略家だったんですね。いまは頭を使って相手の思考を推測する仕事なので、それが役立っていますかね。
 私は子供の頃はルーズだったので、類似の言葉も出ず、類推もしたことがないですよ。

 「る」で始まる言葉。国語辞書(大辞林)の「前方一致」で検索したら、いや、あるもんですね。431件もありました。流罪とか、坩堝とか、瑠璃とかの他に、やはりカタカナ語が、ルージュ、ルーズベルト、ルーペ、ルーブル、ルームメイトなど、いっぱいありますね。
 いまはNETで簡単に検索できるので戦略も立てやすそうですが、相手もそうするのでしょうね。

2016/07/30(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 阿吽

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)
> その人にもう少し空気を読めといったら具体的に説明してくれと言われてしまいました。
すでにその時点でもう空気が読めていません。(笑

 確かに、空気を読めない人に、空気を読めと言っても通じないのでしょう。
 そもそも言葉を知らないのでしょうが、文脈でだいたい何を言われているのかは察せるでしょうから、やはり知力の問題でしょうか。

 わたしが駄洒落を言っても全然わからない人がいて、その場にいた他の人がいま駄洒落を言ったのよと説明してくれることがあり、そうすると、ああそうだったのかと分かってもらえますが、しかし分かったとしても、笑ってもらえることはまず皆無ですね。どうも吸ってる空気が違うようで、困ったものです。あ、こちらのほうが困った者ですが。(笑)

2016/07/30(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

森須もりんさん コメントありがとうございます^^)
> 元のサンスクリット語の「ア・フーン」との
関連には、ひたすら感心しました。
ヨガをするときに唱えるマントラも、しかり。
ああ、ことばの成立が面白い!

 面白いと思っていただけましたか。あー、よかった。
 言葉というのは根源的なものなので、洋の東西を問わず、基本語が似ているということがあるようです。しかし言葉というのはこじつけようと思えば、どうにでもなるようですよ。

 以前読んだ本で、国語学者の金田一春彦が『万葉集』について、こんなことを言ってました。
 「manyooshuu」は英語を元にしていると思おうと思えば思える。最初の「many」は“多い”、「oo」は「ode」の略で“頌歌”、「shuu」は“shew(showの古語”とみなせば、『万葉集』は“多くの頌歌の陳列”と意味付けられる。
 なので、言葉の語源とか由来というのはあまり信用できないみたいですよ。
 
 ルイ14世ですか。なるほど。賢い。(笑) ルイという名前の王は、ブルボン王朝に何人ぐらい居たのでしょう。あ、ルネサンスというのを思い出しました。ルパンは、駄目ですね。

2016/07/30(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 不思議だらけ

風子さん コメントありがとうございます^^)
> この集合意識は要注意でしょうね。
私の最新記事とのシンクロ、不思議です。

 「世界の集合追随意識」。じつは「追随」以外の部分を、最初は「群集心理」としていたのですが、それを「群集意識」に変え、そして「集団意識」にしたのです。「心理」は受動的で、「意識」のほうは意志が入っていて能動的なような気がしますが、どうでしょう。

> かつてヨガをやっていて、マントラの発音に魅せられました。
全員で唱えると、なんとも荘厳な響きで‥。

 そうですか、私は国語教育者・齋藤孝さんのCD付きの本を何冊か買ったことがあります。中に、般若心経をお坊さんが唱えている録音が入っていて、それは確かに身震いするような迫力がありました。大きい法螺貝を耳に当てると聞こえる『宇宙運行の音』に似ているという話は面白いですね。

> 『阿吽の呼吸』とは元来が、
『共鳴』『調和』なんでしょうね。

 そうかもしれませんね。西洋人相手にするときは、はっきり具体的にものを言わないと通じないので、阿吽の呼吸なんて関係はアジア人にしか通じないのだという話があるようですが、インドあたりのやせたアジア人のほうが、目は白人より精神的に上のように見えますね。

2016/07/30(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/07/30(土) || [edit]

バーソさん、こんにちは^^

バーソさんは、良い具合に天邪鬼なようですが、
スピリチュアル界では、なぜか、みんな同じようなことを言いますし、
不思議と、みんな左派的な思考をします。

左派・リベラル的な思想は、社会・世界・他者に対する、
不満、恨み、憎悪、と言うような、
ネガティブな感情が根拠になっていると思います。

リベラル思想は、他者や世界に対して、
「あなたはNGだ。
あなたは、私が気に入るように、変わらなければならない」
というのが基本的な考え方ですが、
ここにあるのはエゴイズムだけ、愛は無いですね。

スピ系の人は、他者にそうしろと言ってるだけで、
自分がそうすると言う話ではないので、
矛盾は感じないのでしょうかね・・・

スピ界で右派的なことを言うだけで、
闇の勢力とか言われたりしますね。
基本的に、どんな世界でも異物排除は同じですが、
スピ界は特にそういう傾向が強いですね。
みんなが同じ思想になったら、
どうやってバランスをとるのでしょうか?

保守的な思想は、社会・世界・他者に対する、
肯定、受容、が基本にあって、
「あなたはそのままでOKです。そのままのあなたを受け入れます」
ということだと思いますが、こういう考えの方が、
どちらかと言えば、愛に基づいているように感じます。

記事とあまり関係ないようなコメントになりましたが・・・^^;

2016/07/31(日) |URL|Korva [edit]

無理強いはよくない

「空気読め」と言われても、仏様ならぬ凡人のわたくし、他人の心の中なんて判る筈も無し。どうもね、言葉足らずが、伝えられない言い訳として言ってる気がしてならんのですわ。
 あうんの呼吸なんてものは夫婦だって双子だって何も無しにできるもんじゃない。ちゃんと言葉で打ち合わせしてあってそれが積み重なって始めてなしえる事ですがな。それが、始めた会った他人に、いきなり自分の願望まじりの要求とか・・・無茶言いなさんな。
 言葉にしなくても分かり合えるなんて思い込みが擦違いを運び、破局を呼ぶのだよ。舞い上がったアベック様方、ご注意あれ。

2016/07/31(日) |URL|miss.key [edit]

Re: タイトルなし

mさん コメントありがとうございます^^)
 じつは昨日、ちょっと遠出をして、ついでに、ある神社に寄ったのですが、門のところに阿吽の狛犬がいました。左側の犬は口を開けて阿、右側は口を閉じて吽でした。一応写真を撮りましたが、暗くて、ほこりが積もっていて、ただ、つまらない写真に撮れただけでした。腕のせいですね。

 狛犬はライオンが起源だそうですが、それにしては顔が似てないので、本物を見たことがないままに像にしたのじゃないでしょうか。大仏像の顔も知的な細面のインド人の顔には見えないので、あれも想像で造ったのかと思ってしまいますが、中国の仏像の顔も大体みなそうですね。

 ワンちゃんのYou-Tube。この人は有名な人でDVDも出しているようです。この動画を見ていると、柴犬っていいなあと思い、飼いたくなります。
 尻取り遊びをするときに便利な沖縄語の「ん」で始まる言葉。あまり知られてないのが困りものですね。

2016/07/31(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

Korvaさん コメントありがとうございます^^)
 私は確かに天邪鬼的なところがあり、多数派にすぐ倣うことはしないほうです。良い物はたとえマレーシア製でもいい、あまりに高すぎるものはたとえドイツ製の高級ブランド物でも買わないと言った長岡さんと似たところがありますね。と言いつつも、有名で良さそうなものは欲しいなと思う傾向もあり、いい加減なものですが。

 主義思想というのは面白いものだと思います。大抵の人は自分の考えだけが正しいと思い込み、自分と違う意見の人を悪し様に言う傾向があります。宗教もそうですね。スピもそうですか。ひとの考えが自分と違うと、不安感のような居心地の悪さを感じるのでしょうか。あるいは真理を愛する正義感のゆえに義憤を感じるのでしょうか。

 以前読んだ本にこんなことが書いてありました。ある人は戦争反対など平和活動に非常に熱心に打ち込む人でした。あるとき、スピリチュアルの世界と通じている人から、あなたは自分ではハト派だと思っているかもしれないが、天国ではタカ派だとみなされていると言われました。それで日頃自分のしていることをよく考えてみたら、他者を厳しく糾弾したり、多少暴力をともなうデモに参加したり、確かにタカ派だわと気づいたそうです。

 革命と保守。そうした分離思想で世界を切らなくても、いろんな考えがあっていいように思います。日本料理が好きだからと言って西洋料理を悪く言う必要はないし、演歌が好きだからといってクラシック音楽を悪く言う必要もないのと同様です。ただ、世の中には健康に悪い添加物や危険物が多く混じっていたりすると、どうしても声を大にして言わざるを得なくなるということもありそうですが。

2016/07/31(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 無理強いはよくない

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
> 「空気読め」と言われても、仏様ならぬ凡人のわたくし、他人の心の中なんて判る筈も無し。どうもね、言葉足らずが、伝えられない言い訳として言ってる気がしてならんのですわ。
 なるほど。そういう一面もありそうです。今、ちょっと思い出したのですが、よく職人の世界で、上の立場の人が下の者に親切に教えることを一切しないで、“見て盗め”というようなことを言いますね。だから料理法もすぐには教えてもらえないで、何年も皿洗いをさせられたりすることがあり、天麩羅を揚げるには何年掛かるなどと偉そうに言われます。これ、嘘ですね。最近もミシュランガイドに三ツ星だとされた天麩羅屋の主人は何十年も経験がある人ではなく、半年か数年だったかの人でした。私が好きな『てんや』の天丼は500円。てんぷらはどうみても時給いくらの素人が揚げていますが、おいしく揚がっています。

 学生時代に友人の実家でお餅つきをしたことがあります。友人が杵を搗いて、おばあちゃんが餅をこねるタイミングがなかなか呼吸が合っているのですが、私がやってみたときは怖くて杵が下せなかったのを思い出します。
 下のURLはお餅つきの名人の動画ですが、これは確かに阿吽の呼吸のようなもので、要は長年同じことをしてきたので、その経験が蓄積したのだろうと思えます。ただ杵は手とは違うところを搗いているようにも見えますが。
http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/hobby_
cooking_life/p634908f3a9cb2432e01de5dda4e540da
 夫婦も長年一緒にいれば自然に「阿吽」の呼吸になる人もいるでしょうが、「嗚呼倦」の人もいるのじゃないでしょうか。(笑)

2016/07/31(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/07/31(日) || [edit]

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 私のブログは「考え方はいろいろあって面白い」とタイトルの下に標榜している通りです。だから来るもの拒まず大歓迎、去るもの追わず悲しいな、です。
 大体が、波長の合う人だけと付き合えればそれでいいと思っています。訪問者の中にはいろんな人がいますが、面白い人や知的な人ばかりで、うれしいことです。

 コメントは、たとえ反対意見の酷評でも、論理的で知的な思考のものであれば歓迎します。むしろ私の不備を教えてもらって感謝するかもしれません。
 コメントは承認後表示の設定もしてませんし、画像認証もしてませんし、おまかせ禁止ワードフィルターも設定してませんから、基本的にどんな言葉でもOKです。むしろコメントを書いていただくのは、大変にありがたいことだと思っています。

 私が歓迎しないのは、書き方が礼を逸していたり、偉そうであったり、汚い言葉を使っていたりする場合です。根拠を論理的に述べないで、単なる罵りとか悪口の誹謗を言われても、私は別に腹を立てたりはしませんが、ただ、そういう人と付き合いたいとは思いません。
 というわけで、特段悪意のあるものでないなら、どんな意見でも聞くのは面白いと思うほうですので、何でも率直にご意見をお寄せくださいませ。(^^♪

2016/07/31(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ポケモンGOは、いやだなぁ。
こんなにたくさんの人たちが、
おもしろいと認めて、一斉に始めてしまう、
そんなことは、あるわけがないもの。
自分のおもしろささえも、
空気を読んで、他人のおもしろさを参照する、
ってことだと思います。
もっとおもしろいことを、見つけてほしいな。

2016/07/31(日) |URL|青梗菜 [edit]

Re: タイトルなし

青梗菜さん コメントありがとうございます^^)
> こんなにたくさんの人たちが、
おもしろいと認めて、一斉に始めてしまう、
そんなことは、あるわけがないもの。

 こんなにたくさんの人たちが一斉に始める原因ないしは理由は、(1)非常に面白いから、(2)みんながしているから、(3)面白いかどうか一時的に試している、(4)みんながしていることをしないと除け者にされる不安があるから、というのがありそうですね。
 (1)の「面白いから」という理由であれば、ゲーム自体には別に問題などないのですが、要は自主性があるかどうかでしょうかね。

> 自分のおもしろささえも、
空気を読んで、他人のおもしろさを参照する、
ってことだと思います。

 まわりの空気を参照し、他者の空気に影響される生き方もなんだかなあ、と思いますね。しかしまた、よく空気を読む人は“協調精神”を大切にする人で、いい人なのかもしれませんよ。ただ、いい人というのはおおむね面白くはないものですが。
 ポケモンGOは、ゆるキャラよりは少し長続きしそうですが、とにかく今の世には「一過性」の風が絶えず揺れながら吹いているようで、どんどん生活の時間が速くなっているように感じますね。

2016/07/31(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

著名な宗教の基本的な祈りは、みな元は同じ音だという説
は驚きで食べていたチョコバーを取り落としてしまいました。
文春砲ならぬバーソ砲炸裂です。
「ん」て発音しにくいので語頭には来ず、二語目に多いので
落語話が創作されたんでしょうか。アフリカの「ン」に続く語は
濁点が多いですね。発音しやすくなるのかな。
私が知っている「ん」だと「ンコシ・シケレレ・アフリカ」という曲で
南アフリカの国歌の一部となっています。
映画「ワールド・アパート」、「遠い夜明け」に使われていました。

2016/07/31(日) |URL|エリアンダー [edit]

Re: タイトルなし

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)
> 著名な宗教の基本的な祈りは、みな元は同じ音だという説
は驚きで食べていたチョコバーを取り落としてしまいました。

 ははあ、チョコッと落としたのでしょう。(笑) 聖書の話ですが、大昔、「全地は同じ発音、同じ言葉であった」(創世記11:1)。それがバベルの塔の事件で、言語がバラバラにされ、人々は全地に散らされ、人々は意志疎通がうまくできなくなった。と同時に宗教的な教えもバベルからいろいろ拡がっていった。とすれば宗教にしても言語にしても基本的なものは似ているということがあるかもしれません。 “N”の音は、否定する言葉に多いと聞いたことがあります。

> 「ん」て発音しにくいので語頭には来ず、二語目に多いので
落語話が創作されたんでしょうか。

 なるほど。そうかもしれませんね。“ん”って、聞き取りにくいですが、案外発音しやすいようです。中国語や韓国語には語尾に“ng”が付く言葉が多くないですか。スポーツ中継時に選手の名前を見ていると、みな“んぐ”が付いています。民進党の名も“ん”が2個も入っているせいか、音感がどうもあちら系に感じます。しかも古くさい。アフリカで多いのは文化的に言語も成熟してないせいかと思いましたが、どうなんでしょう。

> 私が知っている「ん」だと「ンコシ・シケレレ・アフリカ」という曲で南アフリカの国歌の一部となっています。
映画「ワールド・アパート」、「遠い夜明け」に使われていました。

 あ、そうなんですか。さすが映画も何でも詳しいエリアンダ-さん。
 検索したら、幾つかの国で国歌に採用されているようで、歌詞は、
  「アフリカに神の祝福あれ
  その名声と尊敬の高まらんことを
  われらの強い願いを聞きとどけたまえ
  われらに われらの子孫に神の祝福あれ」
といった讃美歌のような内容でした。
 『君が代』の「君」の言葉を嫌う人がいますが、このアフリカ国家やイギリス国家のように「君」を「神」に替えたらどうかと思いますが、今度は無神論者がクレームをつけるのでしょうか。(笑)

2016/08/01(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/01(月) || [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/05(金) || [edit]

Re: タイトルなし

sさん コメントありがとうございます^^)
ご丁寧にありがとうございます。
またおじゃまさせてくださいね。
ゆっくり休みを楽しんでくださいね~。(^^♪

2016/08/05(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

おはようございます。

一部のスピ界特有の「○○でなければいけない」的な考え方が大嫌いでよくそういった人たちと対立するのですが、これってエホバの証人の「エホバでなければいけない」とまったく同じなんですよね。

物事はフラクタルなので、その世界でそうであれば別の世界でもだいたい似たような構造になっているとは気がつかない人が多すぎます。

こういった仕組みに気が付きさえすればいがみったり、意味不明な議論が起こることもないように思ったりします。

まあ私も私でこういった人たちとはヘタに議論せずに上手く付き合うというか、言い争いは避けたいのですが、、、ね。

2016/09/01(木) |URL|通りすがり [edit]

Re: タイトルなし

通りすがりさん コメントありがとうございます^^)
> 一部のスピ界特有の「○○でなければいけない」的な考え方が大嫌いでよくそういった人たちと対立するのですが、これってエホバの証人の「エホバでなければいけない」とまったく同じなんですよね。

 イエスは、「事実,あなた方を殺す者がみな,自分は神に神聖な奉仕をささげたのだと思う時が来ようとしています」と述べました。(ヨハネ16:2)

 自分の宗教なり信念に強い自信と確信があると、自分とは違う人がいる場合、大変だ、正義が施行されてないと思うのでしょう。動機は必ずしも不誠実ではないようです。
 しかしながら、あるイスラムの原理主義者は、文化遺産の偶像を破壊したり、キリスト教の女学生を誘拐してイスラムに改宗を迫ったりしていますが、信仰に対して彼らなりに真面目に考えているからこそそうしているのでしょうから、信仰とは両刃の剣で、狂信とか盲信というレベルになると本当に困ったものです。

 山に登る道は幾つもあると教えているスピリチュアルは肝要というか、まともであるように感じますね。
 なんにせよ、他者が自分とは違う信念や思考を持っていても、それは間違いだから正してやろうと思わなければ、あるいは言いつのらなければ、言い争いになることもないのでしょう。
 
> ヘタに議論せずに上手く付き合うというか、言い争いは避けたいのですが
 そうです。無意味な言い争いは避けたほうがいいでしょうね。あるいは、まったく話が通じない頑固な人とは、うまく付き合わなくても別にいいと思うのですが。
 返事が遅くなってすみません。今日は帰りが遅くなりました。

2016/09/01(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/277-465a6bb1

back to TOP