「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 漢字はパーツに分解すれば、格言になる。 

万葉集に「山上復有山」を「出(い)づ」と読ませる長歌がある。
出という字は、山の上にまた山が有るからだ。

古今集に「山風を嵐といふらむ」と詠んだ短歌がある。
嵐という字は、山と風で成っているからだ。

小説では女の忍者は「くノ一」と言う。女の字を分解すればそうなるからだ。
では男の忍者は何と言うか。カッコ内をドラッグ→(田・力=タジカラ)

日本では伝統的に、漢字は遊戯的、技巧的に読まれ、楽しまれてきた。

善q川 064

今回は、漢字をパーツに分解して教訓を垂れる金八先生の真似をしました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
努力しないでもカシコくなれるバーソの6行戯れ句格言。
努々(ゆめゆめ)疑うことなかれ。信じるものは救われ

嘘っぽくて真摯なバーソの駄格言。漢字ん書き方ん記憶法にもなるけんちゃ。

人の言うことをじてはならない。
口から虚しいをいうひと。
秀でた言葉でうひと。
信者からけようとするひとたちがいるからだ。
人の為、というはりである。
一度止まってしいかどうかをよく考えよ。

人はプラスのこともマイナスのことも口からく。
口からプラスのことをいえば、うだろう。
“今”に心をおいてじてみよ。
辛(つら)さは、線を一本加えるだけでせにかわる。
少し止まっても、いていると思えばいい。
人の夢なんて(はかな)いものだ。

a善寺川 88

己の心は、とかくにまわしい。
心に非があればしくなる。
心が荒れれば(あわ)ただしい。
心を亡くせばしく、だいじなことをれてしまう。
心に耳をあてればずかしいことばかり。
くのは耳だけだが、くのは耳と心でするのだね。

とは心を真ん中においている真心である。
とは心を下においている下心である。ぎくッ。
心を生き生きとさせるのは、やっぱりなのか。
心で受けとめているならではないか。
女の子をきになるのはいいことだ。
女が喜ぶのはしいことだ。

a善寺川 119 (2)

女は家に入ってとなる。
女は古くなって(しゅうとめ)になる。
火と火がぶつかればとなる。
女が又に心をむければってる。あー、又か、と怒るのだ。
ふたりの毛が少ないのは(むし)りあったから。
は長~い友だちなのに、毛は彡本だけ。

女は眉をまるくして(こび)を売る。
女が三人いれば(かしま)しい。
身を美しくする(しつけ)がされてこなかったのか。
木の上に立って見まもってくれるがいなかったのか。
女を亡きものにせん、と想うなら想がすぎている。
心に刃をあててぶがいい。それしかない。

p善川 1004

サムライの心でをもて、とはクラークだったか。
重いものは力でかせ、とはクレーンだったか。
人は動くことでくのだ。
力が少なければっている。
手もつかって歩けば(はかど)るだろう。
田んぼで力を出すからこそという。

米をこまかく分ければになる。
米の異なったすがたが、まあ、その、(ふん)である。
山を上下してでしゃがむときは、あたりを見まわせよ。
山の灰とはのカス、山の石とはのカケラとわかるだろう。
土はやがて成ってとなる。
風は止まって(なぎ)となる。ああ、心しずかなり。

q善福寺川 044

三人がお日さまをみれば、がきたきた、ここにきた。
お日さまが青いそらにあればれ晴れするよ。
お日さまと月さえあればるいな。
お日さまが生んだは、金銀のきらめき。
は金より良く、は金と同じだろう。
金が失せても、まだがある。

車が三台、音を(とどろ)かせている。
車が楽しそうに(ひ)いている。ぎゃー。
鳥が口でき、犬が口でえている。ニャーン。あら?
そうこうしているうちに、十月十日で、またがくる。
は、たがいに支えあっている。
(うつ)だって、八つの字が支えあっているのだね。


a善福寺川 013
                 
               

※ 鬱の字は漢字8文字の組み合わせ。必死に覚えようとすれば鬱が治るかも

utuknji.jpg●覚え方は「リンカーンはアメリカン
コーヒーを三杯飲んだ」。
●別の覚え方は、「林の中にキャンプに
行ったら、缶が落ちていた。米(※)を
火(ヒ)で炊いたら、風(彡)が吹いて生煮え
になってガッカリ」。(南伸坊)
画像出典

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
参考:http://www.nikkoku.net/ezine/asobi/asb13_01.html
http://corobuzz.com/archives/28449
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11101768386
http://himasoku.com/archives/51834190.html


ブロ友PR――――――――――――――――――――――――――――――
ブロ友・天安さんの本が出ました。そんじょそこらの本にはないような、韓国文化と
生活臭漂う話がちょっとユーモラスに書かれていて、元気が出てきますよ。

tennann.jpg 『アンニョンお隣さん』韓国暮らし27年のつぶやき 木口政樹
韓国に行ってチャンスを積極的にとらえ、とんとん拍子に
大学教授になっていった歩みが興味深い。●1446年製ハングルの
合理性。韓国人のイチかゼロかというディジタル性と、
鷹揚な日本人のアナログ性。韓医学のハリ治療の習熟と面白さ。
幻の秘薬・霊砂の製法の発見。朝鮮半島の四季の描写。
●日本と韓国のはざまで生き続ける筆者の意欲と活力が垣間見え、
読んでいるとヤル気がわいてくる本です。→amazon

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

疲れました

バーソ様
おはよう御座います。

またバーソ様の話術にのってしまい最後まで読んでしまいました。
読むだけで疲れるので書くのは相当疲れるでしょうね。一行づつ考えながらですから。
最後の鬱の覚え方は面白いのですが無理に覚えずに漢字自体を簡素化した方が助かります。

愛新覚羅

2016/01/16(土) |URL|aishinkakura [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/16(土) || [edit]

おぉ~ コメ打ちだ!

台湾に遊びに行ってきましたが スマホが
この方式でした 何だこれ? って観てきました

面白いです 元より繁体字なので 辺 旁 冠 等が
描き込んだローマ字に合わせて 候補が出て来て
それを組み合わせて 文字を造り メールとして送信

それがまぁ 早いのよ ビックリ・・
 どうやって覚えてるのかは 解りませんが
 エスプレッソ式に覚えてるのでしょうね

え~と 先ず粉3杯入れて あれ?お湯が・・・
 多分 私には無理でアリマス !

2016/01/16(土) |URL|ブッキ~ナ♡ [edit]

最後まで面白く読みました。
特に、
人生は儚い・・・
風はとまって凪に・・・
がいいなあ。
おかげで「鬱」も書けるようになりました。(笑)
小学時代に「峠」は山の上、下、「疑」はヒヤマフト人
と覚えなさいって教わったことを思い出しました。

記事を永久保存し、印刷して漢字を覚え始めた親戚の
子にあげようと思います。

志村の白鳥? なんてこと言うんですか。(笑)
あっ、でも私もそう思いました。何とかしてあれを
つくって今年のクリスマス会で披露したいです。

2016/01/16(土) |URL|エリアンダー [edit]

うん、「恋」も、「愛」も、心が入ってるから納得。

「惚れる」には二つも入ってる。
心に始まり、心に終わる、
心、うつろ、心、
ハートを持っていかれた感じが納得。

「情」は、ブルーに添っていて、
「性」は、ライフと共に立っている。
「悩」には、ばってんが入っている。
いいデザインだなぁ。

漢字を一文字見ただけで、
なにかしらのイメージに引っ張られ、
それらが作る熟語によって、
大量の概念がどばどば溢れてきます。
込められた記号が、濃密なのですよね~。

2016/01/16(土) |URL|青梗菜 [edit]

おはようございます。

今の気持ちは[Bird]です。

B・・・バーソ氏の格言みごとで

I・・・いろいろ様々、感心す。

R・・・留守、外出などできぬまま

D・・・どっぷり格言、酔いしれる。

2016/01/16(土) |URL|森須もりん [edit]

Re: 疲れました

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)
おお、そうですか。最後まで目を通していただけたのですか。よかった。
お疲れ様でした。ちょっと長めの駄文でしたから、ちょっと気になっていたのですが、大変だったでしょう。ありがとうございましたね。

私も、こんなくだらない文章なのに、ちょっと時間が掛かりました。
大まかな筋はすぐ出来たのですが、少々無理なこじつけをしないといけない部分もあり、語尾の微妙な言い回しの推敲に普段より時間が掛かりました。

鬱の字は記憶する必要なんてない字ですよね。中国人はこんな字をよく考えたものです。漢字のパーツを組んでいけばどんな字でも作れる、という硬直な思考が頭から抜け切れなかったせいでしょうかね。困った漢字です。

2016/01/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
あららー、真面目に受け取ってもらっては困る話ばかりですからね。
もう先刻じゅうぶんにご承知のことでしょうが。
たとえば「人」の字は、人が支えあっているのではなく、
右側の人がもっぱら左側を支えているとも見えますが、
白川静の説によれば、人が横を向いているカタチなんだそうですよ。

> 下心と言うものは3Dのように飛び出して見えるもの
ははあ、そういうものなんですか。(笑)

> 欲と言うものは・・・何でしょうね
> どんな意味があるのでしょう・・・
> 谷底に穴が開きブラックホールのように呑み込まれてしまう 
> 暗く深い闇のようなものなのでしょうか・・・
ほんと。欲は底なし。いい欲の追求のほうもキリがなさそうですね。

2016/01/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: おぉ~ コメ打ちだ!

ブッキ~ナ♡さん コメントありがとうございます^^)
> 台湾に遊びに行ってきましたが スマホがこの方式でした
> 面白いです 元より繁体字なので 辺 旁 冠 等が
> 描き込んだローマ字に合わせて 候補が出て来て
> それを組み合わせて 文字を造り メールとして送信
台湾で、ただ遊んでいるわけではなく、文化を研究していたのですか。(笑)

繁体字とは簡略されてない元々の漢字。中国語も発音通りに打ち込めば変換候補が出てきて、その中から当てはまる字を探すのかと思ってましたが、偏旁で探して、それに文字のパーツを組み合わせて作っていくのですか。そりゃかなり大変そうですね。でも、速いのですか。「てにをは」がなく、動詞の活用形もないようなので、その点はやりやすそうですが。

とにかく変換しなければならない字を使っている限り、アルファベットを使う国民に文字入力のスピードでは敵わないので、なんとかしないといけませんが、といって日本語をやめたいとは思いませんし、ローマ字にしたいとも思いません。ブッキ~ナ式の文字入力機能の学習機能を考えてみてくださいよ。

2016/01/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)
おお、最後まで読んでいただけましたか。有り難い限りです。

> 人生は儚い・・・
> 風はとまって凪に・・・
> がいいなあ
うーむ、さすが。人生観と詩情感がありそうなところに反応するのですね。
正宗白鳥、いや違う、志村白鳥のことを思いだすなら、もっと違うところに反応するかと思いましたが。(笑)

> 「疑」はヒヤマフト人
> と覚えなさいって教わったことを思い出しました
それは聞いたことがないですね。いい覚え方です。私が思い出すのは、「窓」という字はウ冠にハム心です。いまだに窓の字を書くたびに思い出します。

> 記事を永久保存し、印刷して漢字を覚え始めた親戚の
> 子にあげようと思います
おお、うれしいお言葉。
でも小さい子供には見せないほうがいい文章が含まれているので、そこだけは削除してくださいよ。ぎくっのところは絶対ダメですよ。(笑)

2016/01/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

青梗菜さん コメントありがとうございます^^)
> うん、「恋」も、「愛」も、心が入ってるから納得
と言われて恋の字を見直したら、心の上が亦なんですね。意味は違いますが。

> 「惚れる」には二つも入ってる
あ、ほんと。それにしても「勿」というのはなんでしょうね。気軽に惚れる勿れではなくて、うつろ、ハートを持っていかれた感じですか。なるほど。

> 「情」は、ブルーに添っていて
> 「性」は、ライフと共に立っている
> 「悩」には、ばってんが入っている
> いいデザインだなぁ
ははは・・・なるほど。ひょっとして漢字字典を調べましたか。いや、この程度ならすぐ思い出しますね。
「生」はライフですか。「生き生き」よりいい。このほうがよかったなあ。
こうして見ると「悩」が興味深い。心が三かい凶になっている。「凶」だって、容器の中にダメの「メ」が入って苦しんでいるみたい。かわいそうです。

アルファベットは合理的ですが、象形文字は味わいがあります。日本語がローマ字に変えられそうな時代もあったようですが、いまだに日本語が存続していて、よかったと思います。俳句の微妙な深みなんて英語では出ませんから。

2016/01/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: おはようございます。

森須もりんさん コメントありがとうございます^^)
> 今の気持ちは[Bird]です
おや、なんでバードが出てきたのでしょうね。鳥が口で鳴くからの発想なんでしょうか。バッド[bad]だろうと思わないほうがいいのでしょうね。(笑)

> B・・・バーソ氏の格言みごとで
> I・・・いろいろ様々、感心す
> R・・・留守、外出などできぬまま
> D・・・どっぷり格言、酔いしれる
なんと、英単語の分解ですか。これは思いつきませんでした。

M・・・真面目な話も
O・・・おかしな話も
R・・・論理的かつ情緒的に
I・・・いろいろ巧く書ける森須さんは
S・・・素晴らしいと思いますよ。
U・・・うふふ。ウソじゃないですよ。

2016/01/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんちは〜

今回のためになるお話で、何年か前のバーソ様の記事で子という漢字について、ああだこうだと、のたもうておられたのを思い出しました。
そこで、一をはじめと呼び、了をおわりと呼ぶならば、恵子さんは一生恵まれますように、良子さんは一生よき人でありますように、幸子さんは生涯幸せでありますように、千恵子さんに至っては千の知恵が授かりますようにと、親の精一杯の愛情が・・、なぁーんてことを色々と考えさせられております。
バーソの6行格言戯れ句、とても為になりました、おいら暫くはカシコイ爺でいられるかも。

2016/01/16(土) |URL|ばく [edit]

バーソさん、この人気のブログに広告を出してもらって
どうやって感謝を表せばいいのかわからないくらいです。
ブロ友の有り難味をつくづくと感じているわけんですが、
これもネット時代ならではのうれしさですよね。
嬉嬉嬉嬉嬉嬉嬉
おんなのうれしい叫びが聞こえてきそうです。
デーバクです。

(デーバクというのは、韓国で最近はやりのことばで、
すごい、大売れ、予想外の大当たりなどを指す流行語です^^)。

バーソさんのこのブログがさらにデーバクになりますよう
お祈りしながら。

2016/01/16(土) |URL|天安 [edit]

人と言う字は人と人とがもたれ合って出来ている

         彡⌒ ミ
ブチィ      ( ・ω・)     毟ると言う字の
 バリバリバリ Cミ 彡⌒ ミ         残酷さ
        /  (   ) ぎゃー
       (ノ ̄と、   i
            しー J
 ネットから拾って来たAAですだ。
 さてそれはともかく、名言
 人と言う字はぁー、人とぉー人とがぁー支え合って出来ているんですぅー。
 だが支えあっているというよりもたれ合っている気がしないでもない。
 大国屋、お前も悪よのぅ。
 いえいえ、お代官様程では・・・ほほほほ。
 まったく世界は持ちつ持たれつ良い関係。やっぱり山吹色の菓子はほんっと良いもんですな。
 とは言え、幸せも一歩間違えれば辛い事に。大切にしましょうね。え゛、大切にしたら退屈男にバッサリと大きく切られた?まあ、悪さも大概に。概して悪事は直ぐにばれるもの。人を化かして甘い瓜食べてる間は良かったが、実は狐は爪を隠せないらしい。あ、単に尻尾が出ただけ?って、九尾なら海千山千の筈なんだけどねぇ。
 ともあれお稲荷様、どうぞ成仏なさってください。黄金とは行きませんが、せめて残り物の金を賽銭箱に入れときます。またぁ、賽博打はいけませんて。その銭、実は葉っぱ?人化かしてイヒッって、つくづく悪よのぅ。

2016/01/16(土) |URL|miss.key [edit]

Re: 子

ばくさん コメントありがとうございます^^)
> 何年か前の記事で、子という漢字について、ああだこうだと、のたもうて
ああ、よく覚えていてくださいました。ありがたいことです。

> 一をはじめと呼び、了をおわりと呼ぶならば
そうそう、「子」は一字だけで始まりと終わりを表すという話を書きました。
記事は、「子」の字の由来の新解釈。(先週の続編)2014/09/13 です。
http://barso.blog134.fc2.com/blog-entry-176.html
この記事では最後のおまけ部分がまあまあかと思っております。本文はたいしたことないです。ま、いつもですが。(笑)

 で、恵子さんと良子さんと幸子さんと千恵子さんは、「親の精一杯の愛情が」とあるので、ご家族の方なんでしょうか。息子さんは会社を継いでいるのは知ってますが、女のお子さんがいるとは知らなかったですね。
 恵子さんが奥様のように思えます。一番最初に出ないとお叱りがあるようにも思えます。ともあれ、ばくさんはいつも家族愛がたっぷりで感心しています。

> バーソの6行格言戯れ句、とても為になりました
ええー、ほんとですか。ああー、ありがとうございます。
でも、人が為になるというは偽りなり。あー、ウソ、ウソです。(笑)

2016/01/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

天安さん コメントありがとうございます^^)
別に人気のブログでもないのですが、少しでも宣伝になって助けになればいいなあと願っています。もし宣伝文をこうしたほうがいい、と思えるなら、遠慮なくメールででもおっしゃってくださいませね。

> 嬉嬉嬉嬉嬉嬉嬉
これは喜びの声なんですか。男でも使っていいのでしょうね。
キキキキキキーと発音すると思うと、申年にふさわしいような気もします。
ブレーキがかかったときの音のような気もしますが。(笑)
ちなみに、
「嬉嬉として」なら「キキ」と読み、
「嬉嬉と」なら「いそいそ」と読むようです。
いずれにしても女性っぽいニュアンスがありますね。

今回の本がデーバクになればいいですね。そう願っています。

2016/01/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 人と言う字は人と人とがもたれ合って出来ている

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
> 毟ると言う字の残酷さ
 よくもまあ、こんな絵がありましたね。確かに、毛を毟られて髪が少ないのは残酷です。冬の寒さがこたえる。夏の暑さがこたえる。帽子を被るしかありません。毟るよりこたえるのが粘着テープ。べりべりっとひっぺがすのは、さぞ痛いでことしょう。私は縁がないですが。

> 人と言う字はぁー、人とぉー人とがぁー支え合って出来ているんですぅー
> だが支えあっているというよりもたれ合っている気がしないでもない
 「人」という字はゴシック体だと左右対称で互いに支えあっていますが、明朝体だと左側に右側がもたれかかっている図になります。どちらにでも解釈できる字なのでしょう。ちなみに拙ブログのフォントはメイリオなので左右対称です。

 面白いのは入出の「入」で、これは「人」の字と正反対。右側の先端が左に少し出っ張っていて、ゴシック体でも明朝体でも左右対称にならないのですね。

 で、「もちつもたれつ」の話ですが、餅を食べるともたれますね。食べすぎとか歳のせいで胃腸が弱くなっていると、消化ができなくて危ないです。
 ただし、山吹色のお菓子は消化が悪くても何でもすべてOKです。私のバッグにはいつも若干以上の余裕がありますのでね。うふふふふーーーーっ。
 油揚げのほうですが、中に詰めて頂くモノは、分かってますね。うふふ。

2016/01/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

漢字って面白いですよね~♪
分解することによって複数の解釈を包含する。

どれも考えさせられます。中でも秀逸だなあと思ったのは
>そうこうしているうちに、十月十日で、また朝がくる。
この十月十日は
赤ちゃんが胎内にいる時間と一致していて、生まれてくることは朝を迎えることと同義なのかと感じました。
朝は昼になり、夜になる。
そして、また朝が来る。
朝は人の甦り(さらに生きる)の概念を含んでいるのですね~♪

漢字って
ひとつひとつに多くの意味があるから分解するだけではなくて
組合せることによって簡単に新しい言葉が作れるところも面白いです♪

2016/01/17(日) |URL|小奈鳩ユウ [edit]

バーソさんは、漢字が、というか、日本語が好きなんですね!
私も、日本語のそれぞれの言葉が持つ、
意味とか、背景とか、ニュアンスとか、
そういうの好きです。
でも、こだわってしまうと、こだわってない人と話すときに、
無駄にストレスを感じるなぁ、と思います。

2016/01/17(日) |URL|プラトニックまいまい [edit]

Re: タイトルなし

小奈鳩ユウさん コメントありがとうございます^^)

> 中でも秀逸だなあと思ったのは
> >そうこうしているうちに、十月十日で、また朝がくる
 ああ、うれしい。さすが、小奈鳩さんは感覚がするどい。そうです。いろいろあっても、またいつものように朝が来る。人生は苦しくても時間が解決する、なんとかなる、というふうに受け止められれば、なんとなく終章の響きを帯びるだろうと思いまして、そこはたまたま、まあ、うまく収まったかと思っています。

 でも「十月十日」が赤ちゃんの胎内時間というのはちょっと気づきませんでしたね。「とつきとうか」というのは調子のいい言葉で、なにか意味ありげだなあとは感じていたのですが、でもそう注解していただけると、なるほど、お陰さまで、突然こんな駄文でもなんとなく深みが増してくるような気がします。

 じつはここでは「そうこうしているうちに」が案外うまくいったかと思っています。これがないと、つながりが悪くなります。
 それにしても、いつもよく読んでくださって、うれしいな。感謝です。

2016/01/17(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

プラトニックまいまいさん コメントありがとうございます^^)
> バーソさんは、漢字が、というか、日本語が好きなんですね!
 はい。日本語って面白いです。漢字、ひらがな、カタカナに外来語や造語まで入れて表現できるのですから、すごいですね。そんなことを考えている まいまいさんもたいしたものです。 

 私は文章では特に意識しているのは、言葉のリズムと文字数ですね。
 なるべくその行内に収まるようにしたいので文字数を少なめにしようと思っているのですが、そうすると言葉のリズムが悪くなったりします。ま、たいていは、文字数のほうを、つまり文字列のレイアウトのほうを優先していますが。

> こだわってしまうと、こだわってない人と話すときに
> 無駄にストレスを感じるなぁ、と思います
おお、「無駄に」ですか。ははは・・・それは、ことばの感覚が鋭敏。まいまいさんは日常の会話も面白そうなひとですね。

2016/01/17(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/17(日) || [edit]

> 鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
> そちら様のほうに返信コメントを入れました。

2016/01/17(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/17(日) || [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
おお、なんとまあ、うれしいお言葉。
写真に注目されて、うれしいです。
今回は私の狙っていた方向に近いと思っています。
同じ方向を狙いました。むろん及ばずながら、ですが。
またお邪魔させていただきますね。

2016/01/17(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/18(月) || [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
修正しました。いかがでしょう。

2016/01/18(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

これは楽しいですね。
よく考えられて漢字が組み立てられていると思います。
すごいですよね。

2016/01/18(月) |URL|マウントエレファント [edit]

Re: タイトルなし

マウントエレファントさん コメントありがとうございます^^)
> よく考えられて漢字が組み立てられていると思います
象形文字というのは発想がシンプルで、成り立ちを考えれば面白いですね。
もっともこの記事では、漢字の本来の語源ではなく、後付けで、こうも考えられるという話になっていますので、これは小中学生には向いてない記事です。(笑)
それにしても昔の中国人は、ずいぶん思考能力が優れていたのですね。

2016/01/18(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/19(火) || [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/19(火) || [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
いつでも簡単に可能ですから、なにか思いついたら、遠慮せずにどうぞ。

2016/01/19(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
> 幹から のびのびと枝を広げ お空を仰いで春を待ちたいものです
そうですね。
気持ちをのびのびさせて、手を大きく拡げ、天を向いて、希望を見つめたいものです。
そうしているうちに、春遠からじ、になりますね。

2016/01/19(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: こんにちは。

S-masaさん コメントありがとうございます^^)
コメントが前回の記事のほうに入っていたので、そちらに返信を書きました。
お手数ですが、最後のコメント[4739]の
http://barso.blog134.fc2.com/blog-entry-248.html#comment-top
をご覧くださいませ。(^^)

2016/01/19(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

次の稿が、かたちになって来た頃でしょうか。
倒置させたり、言い換えを探したり、
長く伸ばしたり、短く削ったり、
接続詞を入れたり、省いたり、
きっと楽しい作業でしょうw。
期待してますっ!

2016/01/22(金) |URL|青梗菜 [edit]

Re: タイトルなし

青梗菜さん コメントありがとうございます^^)
> 倒置させたり、言い換えを探したり
> 長く伸ばしたり、短く削ったり
> 接続詞を入れたり、省いたり
ははは・・・詩を書くのはそうなんでしょう。
その推敲も楽しい作業なんでしょう。

私の場合は、文章をよくするためというよりは、
文章を極力その行内に収めることに神経を使っています。、
禁則処理で、行末に1,2個分の空間が空くのが嫌いなので、
なるべく句読点やカッコ、数字は行末に来ないようにしています。

そのために文の流れが悪くなり、
ブツブツとした表現になることもありますが、
見た目のレイアウトを優先しています。

本当はぴたっと行末を揃えて書くのが好きなんですが、
ブラウザによって1行に入る文字数が違うので困ります。
1行40文字だとすると、Internet Explorerは39文字、
GoogleChromeは40文字、Firefoxは41文字半ぐらいの感じです。
SafariとMacは知らないのですが、どうなっているのでしょう。

さらに、途中でテンプレのフォントを等幅のメイリオに変えたので、
レイアウトがすっかり変わってしまった過去記事がありました。

2016/01/22(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/22(金) || [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
ほッ!しましたか。安心しました。(笑)
彼らは汗をかかないので、そのせいもあるようですよ。
ならば、あせったりしないのでしょうかね。(笑)

2016/01/23(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/249-a20e8d45

back to TOP