「バーソは自由に」

 考え方はいろいろあるから面白い。

 欲張らずに「小」を選べば、報いが大きいのか。 

葛籠。「くず(または)かずら」の「かご」と書いて「つづら」と読む。

葛藤(ツヅラフジ)の つるで編んだ蓋付き収納箱のことだが、今は竹製。
昔のおとぎ話には、この「つづら」がよく出てくる。
さて、大・小2つの葛籠つづらがあり、中には何が入っているか分からない。
「どちらでもお好きなほうをお土産にどうぞ」
と言われたら、どちらを選ぶだろうか?

葛藤(ツヅラフジ)は、そのもつれ合う様から、「かっとう」とも読む。
さあ、大を選ぶべきか、小を選ぶべきか、と葛藤するでしょうか。

izura644.jpg
『伊豆テディベア ミュージアム』にて撮影。写真は文章とは無関係です。

『舌切り雀』のお爺さんは「小」を選んだら、金、銀、小判が詰まっていた。
太宰 治の『舌切り雀』の自称「お爺さん」は、ちょっと違う選択をしている。

――――――――――――――――――――――――――――――――
短めに要約し、セリフ部分のみ抜粋引用して太字にしました。
『お伽草紙ー舌切り雀』 太宰 治 『太宰 治全集第七巻』
  
ひがなボンヤリして働かない夫と、一日中 働きづめの妻。
男は、いうなれば日本一の駄目男。その中年夫婦の間に愛はない。

女は、夫が雀をかわいがるので焼き餅を焼き、雀の舌を抜く。
男は雀のお宿を探し当て、接待され、舌を抜かれた雀に会う。
雀はお照さんという名で、口がきけず泣いているが、男は優しい
見舞いの言葉ひとつ掛けるわけではない。
お土産に葛籠つづらの大小どれでも持って帰ってほしいと頼まれるが、
みんな大きい。大きすぎる。おれは荷物を持つて歩くのは
嫌いです
」と男は断る。

男は、葛籠は大でも小でもなく、“要らない”という選択をした。
男は欲というものがない。ただ雀に会えればよかったのかもしれない。

izura6 560

妻は、帰ってきた夫がいやに嬉しそうなので問いただす。
どうやら、葛籠がほしいやうだね」と男が言う。
ええ、さうですとも、さうですとも、私はどうせ、慾張りです
からね。そのお土産がほしいのですよ。おほほ。ばからしいが、
行つて来ませう。私はあなたのその取り澄したみたいな顔つきが
憎らしくて仕様が無いんです。いまにその贋聖者のつらの皮を
ひんむいてごらんにいれます

そう言って、女は積雪を踏み分けて竹やぶの中に入っていった。

たそがれ時、女は重い大きな葛籠を背負い、雪の上に俯伏したまま
冷たくなっていた。
葛籠の中には、燦然たる金貨がいっぱいつまっていた。
男はのちに仕官し、宰相の地位にまで昇り、雀大臣と呼ばれた。

世人は、雀に対する愛情の結実だと取沙汰したが、男は苦笑し、
いや、女房のおかげです。あれには、苦労をかけました
と言ったそうだ。

izura580.jpg

この話では、女は欲張り婆さんの典型ではない。男は好々爺の代表でもない。
男は「意気地のない陰弁慶」で、雀に関心はあるが特に優しいわけでもない。

この話は、芥川の『蜘蛛の糸』に似ているところがある。わずかでも善行をする人間には
幸運の雀がやってくる、と言ってるようにも思える。

だが太宰は、欲のない人間を聖とする倫理観には偽善があると言ってるようだ。

izura724.jpg

昔のおとぎ話で、もし優しい爺さんが大きい葛籠を選んだらどうだったか。
間違いなく、小さい葛籠の場合よりも宝物がいっぱい入っていただろう。
であれば、チャンスは大きく狙ったほうがいい、という考え方もあるだろう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
迷わず「大」を選ぶという考え方は、いけないことではないようですよ。
『宇宙からの手紙3』マイク・ドゥリー 山川紘矢+亜希子(訳)

もし、大切なことは、
生き残ること、何とかやってゆくこと、物事をあるがままに
保つことであるとしたら、
君は《想像》ということをどのように説明しますか。

もし、大切なことは、
自己犠牲、無私、利他主義だけであるとしたら、
君は《欲望》をどのように説明しますか。

そしてさらに、大切なことは、
考えること、思索すること、霊的なものだけであるとしたら、
君は《物質的な世界》をどのように説明しますか。

すべてを欲しがりなさい。
君も、君が欲しいと思うものも、そのために ここに存在しています。

izura640.jpg

ここでは、人間に想像力や欲望があるのは、君がそれを活かすためだ。この世界に
物質的なものがあるのは、君がそれを活かすためだ。君が「欲しがる」のは悪いことではない、
君はそれを活用するために存在している、と言われている。

ならば、悲壮な顔をして無理に清貧になる必要はない。大きな夢を持ち、大きな情熱を持ち、
大きなことをやりたいという欲望を持つのはいいことなのだろう。
「少年よ、青年よ、中高年よ、大夢を抱け」と言われている通りです。
(※註:バーソが勝手に言った言葉。「大夢イズ マネー」とも言っている)

izurah28.jpg
カメラはオリンパスXZ-2。2014年9月撮影。

補足―――――――――――――――――――――――――――――――――
★「つづら」は「九十九」とも書き、つるが曲がりくねっていることが語源。
そう、人生は紆余曲折、二転三転、大波小波。三歩進んで、二歩下がる・・・。
石川さゆりさんが『天城越え』で「九十九折り 浄蓮の滝♪」と歌っています。

★『太宰治 お伽草紙』は青空文庫でぜひどうぞ。瘤取り、浦島さん、カチカチ山、
舌切雀の話が太宰ふうに解釈されて面白い物語となっています。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/307_14909.html

勝手にPR―――――――――――――――――――――――――――――――
12月、別府葉子さんの『WINTERライブコンサート』が大阪と東京で。
心にしみる優しく美しい歌声。素晴らしい歌唱力。圧倒される声量。
フランス語と日本語を操り、原曲のイメージを再現で きる実力派として
人気を得ている関西のシャンソン歌手。自作の歌も佳曲ぞろいです。


大阪公演 12月6日(日)・東京公演 12月26日(土)→ 公式HP

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

現実には

バーソ様
おはよう御座います。

大がいいか小がいいか。バーソ様の話の場合深い意味があると思うのですが現実的には小がいいと思います。
電車で出かけた葬式のお返し物が大きい場合は難儀します。正月の福袋も大きいものはろくなものが入っていません。小さい袋の方が価値があるものが入っています。
精神論ではなく現実的な話ですみませんでした。

愛新覚羅

2015/11/21(土) |URL|aishinkakura [edit]

おはようございます。

記事とは、関係ないのですがトトロが可愛いです。
わが家の猫、ととろにそっくりです。(^-^)

バーソさんのところへ訪問される方は賢人ばかりですね。
ご自分の意見をはっきり言われる方が多いので素晴らしいですね。

人に説得されるとすぐ納得する私とは大違い(~_~メ)
違う考えや価値観
違うからこそ面白い。
自分を変える必要はなく、聴くだけでも学びになります。
そう考えるのは、賢人ではないからでしょうね。

ですから、小さな私にまとまって行くのでしょう。

舌切雀
何か女性皆が欲深いみたいですね。
あ、確かに好きな物(例えば、パンつかみ取り)なら大量にと願うのかも知れません。

今は、業務量大量で体力がないので手ぶらで帰ります。

欲ですか?

そうですね。
生理的要求が備わった上で、人に尽くせるのでありましょう。
いや、猫でしょうか(*^_^*)
欲しがるためには、体力・気力が必要ですし。

欲は、人を成長させる。
欲は、人を破滅させる。

どちらかではなく、どちらもある、ある~(●^o^●)

本日は、かためをやわらかく・・・。
あ、かためは、無理なことです。

外は、太陽が一杯ですからアウトドア。
庭掃除します(@^^)/~~~

2015/11/21(土) |URL|Miyu [edit]

愛のない話だなぁw。

>もし、大切なことは、
>自己犠牲、無私、利他主義だけであるとしたら、
>君は《欲望》をどのように説明しますか。
もしも、どこかで、誰かに、
愛、というものがあるとしたなら、
そんな説明などは、
軽々と超えるものであってほしい。

2015/11/21(土) |URL|青梗菜 [edit]

こんばんは

マイク・ドゥリーを読んだことがありませんが、
いいですね、「すべてを欲しがりなさい」
そうですか、欲望のおもむくままに生活した方が
よいということですか。そうですよね、世の進歩は欲望が
生み出すものと信じています。逆に世の安寧は足るを知ること
がもたらすのかも知れません。藤沢修平の「足るを知る」や
老子の「足るを知る者は富み・・・」とは対極にあるんですね。
私も時に欲望にまかせて高価なものを買ったりすることが
あります。結婚直後にアサヒペンタックス6X7を買って義祖母に
叱られたことがあります。(笑)

2015/11/21(土) |URL|エリアンダー [edit]

バーソさん、こんにちは^^

意欲も欲の一種ですものね。
私はこの世で自分に可能な限り、いろんな事を満喫したい、という想いがあるので、下にご紹介くださっているマイク・ドゥリーさんのご本の言葉には、共感致します。
そういう欲と、お金に対する欲や自己保存的な欲は、何か違うんでしょうね。
後者を追求すると、前者が犠牲になりがちなので、私はあまりそちらに向かう気になれないんです。

下のお写真のハンサムな方がバーソさんなのですね。
お写真を拝見できると、親しみが湧いていいですね^^
伊豆に『テディベア ミュージアム』というのがあるのですか。
レトロな感じに撮れていますね。
2枚目と3枚目が、可愛いです^^

2015/11/21(土) |URL|Ariane [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/21(土) || [edit]

うん、バーソさん、凛々しいですね~!
どんな感じか分かると、安心するなぁ。
ありがと~!

2015/11/21(土) |URL|青梗菜 [edit]

Re: 現実には

aishinkakuraさま ありがとうございます^^)
大がいいか小がいいか、確かに福袋は大きければいいものじゃないですね。

中身は何万円相当とか言われ、欲望を刺激されて、何度も買って、毎年後悔して、もう買わないと思い定めて、また買うというのは面白いものです。人間は欲望の塊なんですね。あ、人間は、じゃなくて、私は、でした。(笑)

おとぎ話の葛籠も小さな窓が開いてて中身が見えればいいですね。
あ、それから家が狭いので大きいのはイヤだという選択もあり得ます。これも私の場合ですが。

2015/11/21(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: おはようございます。

Miyuさん ありがとうございます^^)
> ご自分の意見をはっきり言われる方が多い
 自分の意見をはっきり書かれるのは、別にイヤではないし、むしろよくぞ言ってくださったと思い、うれしいぐらいものです。きちんと論理的に礼儀正しく書かれると、恐れ入りましたとなり、その人をリスペクトすると思います。

> 何か女性皆が欲深いみたいですね
 好々爺という言葉の女性版はなく、鬼婆という言葉の男性版はないですね。
女性が欲深いというよりは、物語やおとぎ話は大抵は男が書いているせいがあるのじゃないでしょうか。女性はブランドバッグを欲しがる軽い欲望で、男はフェラーリやポルシェを欲しがる重い欲望があるように思います。

 太平洋戦争の終戦後の食糧難の時代に、闇米を拒否して食糧管理法に沿った配給食糧のみを食べ続け、栄養失調で餓死した裁判官がいたそうです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E8%89%AF%E5%BF%A0
 自分が食べられないのは辛抱できるとしても、自分の子供が食べられないときに、欲望をどう考えるかは難しい問題でしょうね。

> 欲は、人を成長させる
> 欲は、人を破滅させる
はい。その通り。どちらもありますね。よくよく気をつけたいと思います。

2015/11/21(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

青梗菜さん ありがとうございます^^)
> 愛のない話だなぁw
 あー、すみませんね。愛の話を書くつもりと青梗菜さんに言ったのですが、どうも平凡なよくある通俗的な当たり前のつまらない結論しか思いつかず。それでは書く意味もなく、半分ぐらいまで書いて中断しています。
 その代わりがこの話です。なので愛もなし、愛想もなしで、すみませんね。

> もしも、どこかで、誰かに
> 愛、というものがあるとしたなら
> そんな説明などは
> 軽々と超えるものであってほしい
 この文章を読んで思いました。愛とは定義したり考えたり論じたりするものではなく、与えたり与えられたりして実際に体験するものだ。
 おいしい料理とは、言葉で論じるものではなく、実際に舌で味わって初めて食べる快感なり幸福を感じるものでしょうから。
 であれば、ますます書けなくなりました。(~_~;)

> どんな感じか分かると、安心するなぁ
 安心するとはどういう意味でしょうかね。ひょっとすると魑魅魍魎、もしくはフランケンシュタイン、あるいはドラキュラの類とは思ってなかったでしょうね。(笑)
 この写真は、若く見えそうなのを取捨選択し、かつ厳選し、恥ずかしながら、おおそれながら掲載したものです。なので、あまり信用しないほうがいいかもしれませんよ。(^0_0^)

2015/11/21(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: こんばんは

エリアンダーさん ありがとうございます^^)
 マイク・ドゥリーの「すべてを欲しがりなさい」は勘違いされやすい言葉です。キリスト教、特にカトリックでは、人間が清貧であることを非常に尊んでいます。しかしマイクは、そうではない、良い欲望を持つのはいいことだと言っています。この文章はキリスト教世界の倫理観を意識しているのですね。

なのでエリアンダーさんの《まとめ》はいいですね。
> 世の進歩は欲望が生み出すものと信じています
そうですよね。積極的で進歩的な欲望が発明偉業文化文明を生むのですね。

そしてこの《まとめ》もいいですね。
> 逆に世の安寧は足るを知ることがもたらすのかも知れません
 そうです。ペンタックスの6X7はプロ用のカメラです。結婚直後は住宅環境整備のほうにお金を使うべきだという義祖母さんの言葉はじつに正しいです。
 でもエリアンダーさんの気持ちはよく分かります。私もカメラに関しては似たようなところが多分にあります。改める気はありません。あのカメラ、重かったでしょう。音も大きいし。ああ、ほしいカメラのひとつです。(笑) 

2015/11/21(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

Arianeさん ありがとうございます^^)
 「欲」とはなにかを欲しいと思っている状態であると定義すれば、その不足が満たされれば、その欲は消滅解消するのかと言えば、そうではなく、金銭欲や物質欲の場合は限りがないようです。欲とは果てがないものでしょうか。

> マイク・ドゥリーさんのご本の言葉には、共感致します
> そういう欲と、お金に対する欲や自己保存的な欲は何か違うんでしょうね
 いま私の思ったことをいえば、顔と「しふく」が違うような気がします。
 意欲や向上心のような欲を抱いている人は、品性の高い顔をして、知性や芸術など人間の《至福》を追求することに関心がある。
 万事カネカネカネの欲を抱いている人は、卑しい顔をしていて、財産や貯金など《私腹》を肥やすことに関心がある。
 両者の間には深い溝がある。その溝は絶対に越えられない。そんな気がします。で、そちらのほうはご専門でしょうから、この程度で終わります。^^;

> レトロな感じに撮れていますね
はい。カメラのアートフィルターの「デイドリーム」モードで撮り、さらにレッタチソフトで「アンティーク」仕上げにし、少し明るめにしました。今は画像が簡単にいじれるので、昔を思うと夢のようです。いい時代になりました。

2015/11/21(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

>もし、大切なことは、
>自己犠牲、無私、利他主義だけであるとしたら、
>君は《欲望》をどのように説明しますか。

>人間が清貧であることを非常に尊んでいます。
なるほど~、揺り戻しなんですね~、納得。
自己犠牲、無私、利他主義に、足を取られながら歩いている人には、
そのまま受け取っていい文章で、
自己中の欲張りには、そのまま受け容れられては困る文章なんだ。

でも、実際は、自己犠牲の人はつっかかりながら読み、
自己中は、なにをいまさら当然やね、って読むでしょうね~w。
なるほど、《物質的な世界》とは、
他者の《欲望》に対する《想像》力を欠く世界だな、
と思ったしだいです。

2015/11/22(日) |URL|青梗菜 [edit]

Re: タイトルなし

青梗菜さん ありがとうございます^^)
> でも、実際は、自己犠牲の人はつっかかりながら読み
> 自己中は、なにをいまさら当然やね、って読むでしょうね~w
そうかもしれません。でも、いいのですよ。ある意味、自分が思ったことを、自分のために書いているようなものですから。

イエスが、私の血を飲み肉を食べないなら永遠の命を得られないと言った時、
これはひどい言葉だと言って離れていった人たちがいました。

ジャック・ラカンが、愛とは持っていないものを与えることであると言った時、
これはワカラン言葉だと言って読むのをやめた人たちもいたでしょう。

バーソは、そのお二人とは天地雲泥の差がありますが、何かを書いた時、
何を言っているのか、ばからしいと思う人もいるだろうと思います。

でもいいのですよ。拙ブログはマジョリティを対象にはしてないのです。
拙ブログには、そんな人は最初から来ないのですから。
小数の方だけが読んでくださればいいのですから。
そしてコメントでも書いてくだされば、もう大々満足なんですから。

いつも記事では「もっと自由に」という、同じことを書いています。
それは自分が制限と規律の多い人生を長く送ってきたせいもあります。

ブログは、少数の人にピンポイントでビームを当てられるのがいいですね。
広い世間には、少数でも波長が近い人がいるので、うれしいことです。

2015/11/22(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

なるほど、葛藤とそのお伽話の葛、意味がわかりました。
男は見栄っ張りだから、きれいな女性の前では格好をつけて、無欲なふりをしてみせる。
反対に女性は現実的だから、遠慮無くもらう。
男と女の違いをうまく書いたものです。
さすがは太宰。

2015/11/22(日) |URL|マウントエレファント [edit]

Re: タイトルなし

マウントエレファントさん ありがとうございます^^)
> 男は見栄っ張りだから、きれいな女性の前では格好をつけて
> 無欲なふりをしてみせる
> 反対に女性は現実的だから、遠慮無くもらう
なるほど。そんな見方がありましたか。男女の違いをうまくとらえましたね。
男はなぜか、きれいな女性とか若い女性の前ではエエカッコしたがりますね。
男は、ただ、若い歌手と握手したいためにCDを何十万円分も買ったりして、
本質的に愚かな動物なんでしょう。

一方、女性はなぜか、歳を取ると遠慮というものがなくなりますね。
二三人集まると、まあ、人前でも大声を発声して、うるさいものです。
あ、むろんそうじゃない女性もいて、
そうじゃない女性のほうが、拙ブログの訪問者には多いようなんですが。
と言い訳をしておかないと、あとのお仕置きがこわいので。(笑)

2015/11/22(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

投稿した積りがコメントが消えてしまった怪

 何書いたんだっけ。忘れてしまいました。そこで正直爺さんの心理描写などは如何で在りましょう。

 貰っちゃったよ。葛篭。中身は何だろうなぁ。お礼と言うくらいだから変な物は入ってないよなぁ。米だったら良いなぁ。粟や稗だったらがっかりだなぁ。いや、もしかしたら大根かも・・・裏の畑に幾らでも有るなぁ。林檎か蜜柑とかだったらまだ嬉しいんだけどなぁ。饅頭でもいいなぁ。でも饅頭だと婆さんに独り占めされそうだなぁ、欲張りだからなぁ。小さい方選んで失敗したかなぁ。大きい方だったら少しくらい分けてもらえたかも知らんよなぁ。考えてみれば、どうせ貰うんだから変な遠慮せんでも良かったよなぁ。失敗したかなぁ。

 一方、雀達の会話。
 あああ、おじいさん小さい方持って行っちゃったよ。どうせ大きい方を選ぶと思って、小さい方には烏が集めたガラクタ入れといたんだよなぁ。何で小さい方なんか選ぶかなぁ。洒落で選ばせただけなのに、おじいさん分かってないなぁ。大きいほうを選んでもらえばサプライズを楽しんでもらえたのになぁ。おじいさん、開けてがっかりすると思うなあ。

2015/11/23(月) |URL|miss.key [edit]

Re: 投稿した積りがコメントが消えてしまった怪

miss.keyさん ありがとうございます^^)
> 投稿した積りがコメントが消えてしまった怪
 私も時々ありますよ。エディターで下書きして、ちょっと他の用事をしたりすると、私の場合は間違いが生じやすいですね。そういう時は、あれ、削除されたのかなと心配になったりします。
 数年前、じつは冗談半分で書いたのでどうぞお怒りにならないようにと鍵コメで謝ったことがありますが、その場合は単なる私の投稿ミスのようでした。面白くしようと思って冗談気味にコメントを書いた場合は、ちょっと不安感が残りますが、こればかりはなかなかやめられません。(笑)

> 正直爺さんの心理描写などは如何で在りましょう
 うーむ、さすが小説家。こういうのはすらすら出てくるのでしょう。
 「米だったら良いなぁ。粟や稗だったらがっかりだなぁ」は当時の社会世相をよく捉えています。「裏の畑に幾らでも有るなぁ」というのはmiss.keyさん自身の住環境から出た言葉でしょう。土地を持ってない人間にはそんなイメージは全然浮かびません。
 「小さい方選んで失敗したかなぁ」とか「どうせ貰うんだから変な遠慮せんでも良かったよなぁ。失敗したかなぁ」という迷いは、正直な感情というものであり、葛藤とはおそらくは人類の普遍の共通心理なのでしょう。

 一方、雀たちの会話で、
「小さい方には烏が集めたガラクタ入れといたんだよなぁ」とカラスの話が出てきたのは、なるほど、つちのこが住まっている自然環境を思い浮かべます。
 そして「何で小さい方なんか選ぶかなぁ」というのはmiss.keyさんらしい言葉。本当は、根は優しいのだということが表れています。
 あのお、この「本当は」というのが余計な冗談言葉で、これがあとでちょっと心配の原因になったりするのですが、ま、miss.keyさんなら大丈夫だろうと思っています。2回も書いていただき、ありがとうございました。雀たちも笹の葉の陰で喜んでおるそうです。

2015/11/23(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

バーソさん、こんにちは^^

私は、シンプルなものが美しいと感じるからか、
自分自身もシンプルな存在になりたいというような欲求があり、
ミニマリスト的な傾向が強いです。
なので、こういう傾向は、思想的なものというよりは、
自分の欲求からきているものなので、無欲になると、
身の回りの物が増えていく傾向になるかもしれません。
まぁ、それはどうでもいいのですが^^;

無欲を説く教えは、どうも胡散臭い感じがします。
本当に無欲になれば、実際問題として、生きていけませんし、
無欲の教えを説く宗教の上層部の人々は、
大体、物質的に非常に豊かな生活をしていますね。
高級外車を乗り回して、連日キャバレー通い的な人もいるようですし・・・
本当にそれが真実だと信じていれば、
上の人ほど質素な生活をしているはずですけどね。

なので、こういう教えは、下々が守るべきルール、
養分となるべき人々のための修身とか常識とかではないかと感じます。
「幻の桜」のMAHAOさん(この人はとても興味深いです)によると、
人に何かを諦めさせると、諦めさせた人のところにそれが行くという、
エネルギーの流れがあるそうで、
無欲の教えにも、そういう意図があるかもしれませんね。

宗教的な教えは、いわゆる真理というものもあると思いますが、
単に、その集団にいるために、守るべきルールというものも多いですね。

世の中の、偉大なことを成し遂げる人々も、
義務感から嫌々それを成し遂げるわけではなく、
自分の中から沸き起こる衝動や欲求に基づいて、
それを成し遂げるわけで、
人間が無欲になると、人類の進歩もなくなりそうです。

バーソさんが写っている写真を見て、
なんとなく「冬ソナ」のぺ・ヨンジュンに似ていると思いました。
私も、あのドラマがはやっている頃、
複数の人から何回か彼に似ていると言われましたよ。
当時はまだ、あの国があんなに変な国だとは思っていなかったので、
そう言われても、別に不快ではありませんでしたが^^;

2015/11/23(月) |URL|Korva [edit]

Re: タイトルなし

Korvaさん ありがとうございます^^)
 そうですか。マイノリティでミニマリストですか。シンプルは美しいというのは真理であり、アインシュタイン的な科学思考のようでもあります。だからオーディオも小口径ドライバーを使って箱の工夫で最大効果を出すことに関心があるのでしょうかね。
 私も志向では似ているところがあるかもしれません。

> 無欲を説く教えは、どうも胡散臭い感じがします
 はい、「贅沢は敵だ」と言われ、「贅沢は素敵だ」とも言われます。(笑)
 むろん度の過ぎた欲望は見苦しいもので、守銭奴などと言われる人間は最低ですが、しかし大体が善悪の規準とか倫理というのは、上から押し付けられるものであり、そのゆえに上の立場にいる者に都合よくできていますね。

 すぐ神のことに話が行って恐縮ですが、神を崇拝せよ、神のために生きよ、神のために死ねという教えは、自分は神のすぐ下の位置に居るのだと主張する人たち(宗教指導者や国家権力者)に都合のいい教えです。そういう教えを刷り込まれた人は、自分では立派なことを行なっていると信じ込んでいますが、実際は自分の貴重な一生を台無しにされていることが多いと思います。イスラム国のテロをイスラムの指導者が非難・矯正できないのは、イスラムの教えの中に、神のために死ね、異教徒は殺せという教えがあるからではないでしょうか。

 『幻の桜』って初めて聞いたブログです。面白そうですね。私は、こういうブログはあまり見たことがないのですが、RSSリーダーに登録しました。
> 人に何かを諦めさせると、諦めさせた人のところにそれが行くという
> エネルギーの流れがあるそうで
え? そうなんですか。他の人のところに、ではなく「諦めさせた人のところに」ですか。エネルギーを統御している存在がそうしているのでしょうか。
 ちょっと見たら「自己愛を捨てないと天国には行けない」とありました。 

 私はペ・ヨンジュンに似てますか。自分ではそう思ったことはないですが、マッチョとは真逆なほうなので、まあ、大局的には、近いと言えば近い範疇かもしれません。
 とすれば、Korvaさんとは顔も似ていることになりますかね。ひょっとしたら前世は・・・なんて一瞬、思ったりしました。(笑)

2015/11/23(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

此処は機会となる語多し
駄洒落に笑い或いは苦笑
内容思考せば内省を誘う
博学と博学の交換的会話
脳の海馬の記憶手繰りて
実生活を振り返るなれば
あったあった話の感あり
最後は懐かしみに溢るる
寄鳩チカン賞を贈りたし

(註:菊池寛賞(笑) いや、冗談ですって、ほんとにw)

2015/11/23(月) |URL|小奈鳩ユウ [edit]

Re: タイトルなし

小奈鳩ユウさん ありがとうございます^^)
返信の代替品を提示します

れはこれは返礼有り難し
んという漢字の羅列カナ
ハハと笑いウウウと感動
り肌たつとはこのことぞ
るして頂戴日頃の駄洒落
れしいこめんと感謝する

2015/11/23(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/25(水) || [edit]

こんばんは

ブログのお写真が、とっても可愛くて
ステキです。
そして、下のお写真には、バーソさんがうつっているのでしょうか。
モデルさんみたいですね。かっこいい。

欲・・・ああ、私は欲深いです。
キャー、どうしよう。

罪深いけれど、
ヘルパーの仕事で、もっと優しい高齢者のところに
回して下さい。
洋裁ができるような、歌が上手な、絵が上手くかけるような・・
今までに、口に出してしまった相手を傷つける言葉を
消してください・・・

って、なにを言ってるんだろう、わたし。

2015/11/25(水) |URL|森須もりん [edit]

Re: こんばんは

森須もりんさん ありがとうございます。お帰りなさい。^^)
お、またモデルみたいだって。ははは、写真って、いいですね。
なんたって《夜目、遠目、写真目》と言われますから。(笑)

> 欲・・・ああ、私は欲深いです
森須さんの欲は、いい欲です。よりよく生きるための必要な欲でしょう。
洋裁、歌、絵・・・。あら、これは、かなり上手じゃなかったですか。

> もっと優しい高齢者のところに
うーん、これは、ぜひそうなればいいですね。
スピリチュアルでは、そうなればいいと思うより、そうなったと思うほうがいいらしいですよ。そう思ってしまうと物事はそうなるものだそうですから。

> 今までに、口に出してしまった相手を傷つける言葉を 消してください・・
私もその点に関することは、思い出すときにいつもそう願ってますね。
人間、過去に傷のない人はいません。足を見れば古傷だらけ。
そんな足でも大事な足。掛け替えのない足。歩けることはありがたいこと。
せめて歩ける間は、必死に元気に楽しく歩いていきたいものですね。

2015/11/25(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんばんは。
「夜目、遠目、写真目」ですか・・。
そう、私もその通りですよ。だから正体はわかりません。ほほほ。

2015/11/27(金) |URL|宝香 [edit]

こんにちは

はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説・短歌」で検索できます。一度訪問してみて下さい。よろしくお願い致します。

Re: タイトルなし

宝香さん ありがとうございます^^)

小説 不如帰  徳冨蘆花

 「おや、お父さまのお手紙――早くお帰りなさればいいに!」
 と丸髷の婦人はさもなつかしげに表書を打ちかえし見る。
 「あの、殿様の御状で――。早く伺いたいものでございますね。
 おほほほほ、きっとまたおもしろいことをおっしゃってでございましょう」

とまあ、「ほほほ」とはこのような上流のご婦人が使うものでしょうゆえ、
宝香さんに、また、そこはかとない奥床しさと品性を感じた次第です。ゴリゴリ
ちなみに私はしょっちゅう「とほほ」とつぶやいております。シクシク
が、あ、あら?
まさか「ほ」の字の三度繰り返し強調による暗示じゃないですよね。エヘヘ

2015/11/27(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: こんにちは

鬼藤千春さん ありがとうございます^^)
「朝日の当たる家」。
アニマルズとベンチャーズしか知らなかったのですが、
ちあきなおみの歌は凄みがありますね。驚きました。

 ふるさとの うすぐらき駅 なげやりに 朝日が当たる なおみ歌。

下手の真似好きです。(笑)

2015/11/27(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/240-12d069ee

back to TOP