「バーソは自由に」

 考え方はいろいろあるから面白い。

 「ユートピア」は実現可能な楽園か。 

「何々トピア」の名称が大はやりのようだ。
Googleで検索したら「トピア」では477,000件、「とぴあ」では627,000件ヒットした。

漫才の「ゆーとぴあ」は解散したが、遊トピア、湯トピア、シートピア、エコトピア、
ボートピア、シルバートピア、マリントピア、FMゆーとぴあ、JAとぴあ・・・と無数やたらにある。

元は、イギリスの思想家トマス・モアが1516年にラテン語で出版した著作
ユートピア』に登場する架空の国家の名前である。

「Utopia」は、ギリシア語の「ou・無い」と「topos・場所」を組み合わせた造語で、
《どこにも無い場所》を意図とした地名であると説明されることが多い。

しかし文中に「Eutopia」としている記述もあり、「eu・良い」という接頭語も掛けて、
《素晴らしく良い場所であるが、どこにもない場所》を意味するものだったと見られている。

blade_runne22.jpg

《どこにも無い》の英語「Nowhere」を逆に綴った『エレホン』(Erewhon)
という言葉があるが、これは英国の作家サミュエル・バトラーが書いた同名のユートピア小説から。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ユートピア」は理想郷にならず「ディストピア」になるようだ。

トマス・モアの「ユートピア」は、自由主義的・牧歌的な《理想郷》ではない。
現実には存在しない理想世界を描くことで、社会批判を意図したものだ。

そこは非人間的な管理社会の色彩が強く、貨幣がなく、私有財産がなく、
金銀を蔑視するという、モアより数世紀後の《共産主義》の理想社会が描かれている。

時が過ぎ、20世紀に入ると、《理想郷》と宣伝された共産主義国家や全体主義国家が
現実の存在となるが、その理想と実態の落差を批判する《逆ユートピア小説》が現われた。
例えば、H・G・ウェルズの『タイム・マシン』(1895年)や『モダン・ユートピア』(1905年)、
オルダス・ハックスレーの『すばらしい新世界』(1932年)、ジョージ・オーウェルの『1984年』
(1949年)、レイ・ブラッドベリの『華氏451度』、星新一の『白い服の男』など。


これらに描かれた国家は一見すると平穏で秩序正しい理想的な社会だが、
徹底的な管理により人間の自由が奪われた「反ユートピア(ディストピア)」とされた。

the-matrix.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ディストピア」の特徴を見ると、いわゆる独裁国家そのものだ。

1:粛清がある。指導者が自らの政治体制をプロパガンダにより《理想社会》に見せかけて、
国民を洗脳し、体制に反抗する者には治安組織が制裁を加え、社会から排除。

2:表現の自由がない。社会に有害と見なされた出版物は発禁・没収される。

3:格差社会が存在。市民社会では貧困の根絶が達成されたとされるが、実際には社会の
統制の枠から爪弾きにされた者たちが極貧層スラムとなり、隔離される。

4:個人情報が管理。体制により、市民層が血統・DNAのレベルで管理される。

5:産児制限がある。市民の家族計画、さらには恋愛・性行為や妊娠・出産など、
人類の繁殖にまつわる部分さえ社会によって管理される。

6:愚民政策がある。人民の関心を政治に向けさせないことを目的とし、一般的には
人民が好み、熱中し続けるような娯楽を提供し続けるという方策がとられる。
(現代では独裁政権時代の韓国で実施された3S政策が挙げられるが、名称は
スクリーン・スポーツ・セックスという、国民が特に好む3つの娯楽の頭文字からきている)


PotA01.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いま、「地上の楽園」の実現を目指す人々がいる。

政治改革に頼らず、地道に社会貢献活動や慈善活動を行なっている人々がいる。
農耕や牧畜などで自給自足し、質素素朴に互助的な集団生活をする人々がいる。
地球が次元上昇し、人類の意識が進化して輪廻を卒業すると考える人々もいる。
《神が地上に「楽園」を復興させる》と唱えるキリスト教の一派がある。
(彼らは、自分たちJWは現在地球上で唯一「霊的パラダイス」状態にあると言う。
だが、その組織構造は、「ディストピア」の典型的なパターンに酷似している。
排斥という《粛清》があり、思想・発言の自由がなく、厳格な階級制があり、規則で
個人の生き方が指導・管理され、結婚は信者同士、集会出席と伝道活動が必須義務、
輸血拒否などの教団の教えだけを従順に信じるよう《愚民教育》が徹底されている)


03_5thelement_uk.jpg

「エデンの園」や「桃源郷」、「ザナドゥ」、「アルカディア」は、人類憧れの理想郷のこと。
人は、いつの時代も、「楽園」を切望し、模索し、苦闘し、時に失望しているようですね。


~~~~~~~~~~~~~~~ジョーク~~~~~~~~~~~~~~~~~
エデンの園はどこにあったのか、と三人の学者が議論した。
イギリス人の学者が言った。
「アダムはリンゴをイヴに先にかじらせているが、これはレディ優先の表れであり、
英国紳士のたしなみだ。エデンの園はイギリスにあったに違いない」

それを聞いたフランス人の学者が言った。
「りんご一個で身をまかせるような女はフランス人ぐらいしかいないよ」

するとロシア人学者が言った。
「食べ物はリンゴだけで、着る物もない。
 それでも、彼らはそこが楽園であることを疑わなかった。
 そんな場所は、わがロシアをおいて他に考えられない」

Terminator-vision.jpg

☆関連記事もどうぞ。 → 「シャンゼリゼ通りは、極楽浄土通りだ。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
★参考:
●http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%94%E3%82%A2  
●http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%94%E3%82%A2  ●http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5  ●http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E4%BC%9A%E3%83%A4%E3%83%9E%E
3%82%AE%E3%82%B7%E4%BC%9A  ●http://byeryoza.com/topic/log1/aneg.htm
★画像はSF映画の代表作より(ブレードランナー、マトリックス、猿の惑星、フィフス・エレメント、ターミネーター)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

こんにちは

高校の英語の副読本、ジョージ・オーウェルの『動物農場』(Animal Farm)も
ユートピア小説でした。マスコミや某団体に地上の楽園・ユートピアと囃され
(騙され)帰国した人々が見たものはここでいう真のユートピアだったことも
ありました。
私の好きなジョーク、

ある街なかで一人の活動家がアジ演説をしていた。
「革命が起これば、だれもが腹いっぱい食べられるようになる。
革命が起これば、だれもが酒もタバコもいくらでものめるようになるのだ」
すると人垣のなかから反対の声があがった。
「オレは酒もタバコも欲しくないね」
活動家は答えた。
「革命が起これば、黙って言われたとおりにするようになるのだ」

2014/08/16(土) |URL|エリアンダー [edit]

エデンの園

バーソ様
おはよう御座います。

ユートピアですね。お化けの世界がそのようです。
ゲゲゲの鬼太郎の歌に出ています。
「仕事もなければ学校もない」これは完全に楽園
そのものではないですか。

エデンの園は日本にありました。日本のサンスター㈱の
研究室のなかです。
リンゴをかじって血がでるかどうかの臨床実験をしていました。

愛新覚羅

2014/08/16(土) |URL|aishinkakura [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

『動物農場』は知らなかったので、Wikipediaを見てみました。
「動物たちが飲んだくれの農場主を追い出して理想的な共和国を築こうとするが、指導者の豚が独裁者と化し、恐怖政治へ変貌していく過程を描く。・・・結果的に支配者が入れ替わっただけで、人間が支配していた時以上に抑圧的で過酷な農場となる。」

なるほど、《結果的に支配者が入れ替わるだけ》ですか。
聖書で、(エデンの園の管理をまかされたらしいほどの)有能なみ使いが自らの能力に思い上がって、神に反逆したのが「悪魔サタン」であるとされています。「悪魔」と訳されたギリシア語は「そしる者」の意で、「サタン」は「反抗する者」の意です。

おそらく階級制度のトップにいることは非常に心地よいことで、その立場に長くいると、
人は誰でも堕落し、高慢になり、横暴になり、人間性や情愛を失っていくのでしょう。
日本は革命といえば明治維新。あの頃は思想に燃える、男らしい男が登場しましたね。

2014/08/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

aishinkakuraさん ありがとうございます^^)

おお、aishinkakuraさんには珍しい種類のコメント。笑わせていただきましたよ。

「仕事もなければ学校もない」。
『ゲゲゲの鬼太郎』は何も知らないので調べました。これは歌詞なんですね。
嫌な仕事で、勉強が嫌いで、まわりに嫌な奴がいたら、そう思うのでしょう。
水木さんは数学が嫌いで2時間目から登校していたそうだという話もありました。

「リンゴをかじって血が出る」。なるほど、そういうコマーシャルがありました。
なかなか説得力がありましたが、最近はテレビで放映しているのでしょうか。
科学の研究室も最近のスタップ細胞の話で知りましたが、ある特定の期間内に成果を上げないと助成金(?)が出ないとか。「象牙の塔」も大変のようですね。

2014/08/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

平等が一番

 人間社会は群体なのでリーダーがなければまともに機能しないわけだが、リーダーを生み出した時点で平等は崩壊する。
 宗教では神の前に皆平等と言いつつ、神の世界は絶対的階級社会だ。しかも何時までも上が引退しないので階級は永久固定である。
 それを打破して平等な社会をとのたまった社会主義、共産主義は計画経済が前提であるためにより強力なリーダーが絶対条件となる。しかもそれへの批判は制度が許さない。既に平等が存在できる条件が無い。
 そもそも、人間の体を構成する数兆の細胞は総てが同じ遺伝子を持つ平等であるべきにもあるにもかかわらず、片や脳として大切にされ、片や皮膚として使い捨てられる。
 ああ、平等とは一体何処に。

2014/08/16(土) |URL|miss.key [edit]

miss.keyさん ありがとうございます^^)

●無人島に漂着したロビンソン・クルーソーは、脱走してきた捕虜の一人を助け出し、フライデーと名づけて従僕にし、自分のことを「マスター」と呼ばせた。

●演芸師の海老一染太郎(兄)は2002年に亡くなったが、芸をするほうの染之助(弟)は、兄はおしゃべりだけなのにギャラは一緒、といつもこぼしていた。
 染之助は滅多に怒らない人物で『ヨイショの染さん』と呼ばれていたが、後輩芸人が兄の染太郎に対して無礼な態度をとったときは、本気で激怒した。
 舞台での兄弟の掛け合いは見事なものだったが、実生活では兄弟仲が悪く、楽屋で喧嘩になることもあった。
 染太郎逝去した際、染之助は、葬儀会場に居並ぶ報道陣の前で号泣しながら「日本国中、世界の皆さまのお幸せを心から祈念してまいります。「おめでとうございまーす!」と絶叫した。

●「目が手に向かって『お前は要らない』とは言えず、また、頭が足に向かって『お前たちは要らない』とも言えません。
 それどころか、体の中で他よりも弱く見える部分が、かえって必要なのです。私たちは、体の中で他よりも恰好が悪いと思われる部分を覆って、もっと恰好よくしようとし、見苦しい部分をもっと見栄えよくしようとします。
 見栄えのよい部分には、そうする必要はありません。神は、見劣りのする部分をいっそう引き立たせて、体を組み立てられました。
 それで、体に分裂が起こらず、各部分が互いに配慮し合っています。一つの部分が苦しめば、すべての部分が共に苦しみ、一つの部分が尊ばれれば、すべての部分が共に喜ぶのです。」(新約聖書コリント第一12:21-26)

●イエスが選んだ十二使徒は、誰が一番偉いかと何度も争った。そのときイエスは「一番偉いと思う者は、みんなに仕える者のようになれ、幼子のようになれ」と言った。

ええと、深遠なコメントに、どう答えたらいいか分からず。どうぞこんな話でご勘弁を。

2014/08/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

「○○トピア」・・・

今ではもはや、
甘美だけれど、そわそわと不安を掻き立てるような、
楽園のようだけれど、なんとなく甘ぃトラップのような、
まるで天然温泉のようだけれど、実はスーパー銭湯のような・・・etc.

天然ダイヤと工業用ダイヤほど・・・似て非なるモノなのでしょうね。。。






2014/08/16(土) |URL|レイまま☆ [edit]

追伸。。。

「○○トピア」・・・
あちこちにある、「○○銀座」と同じ響きがします。
 
やはり理想と憧憬から~てっとり早い方法なのでしょうね。

でも、幸い「ディストピア」のニオイはしませんけど^^

2014/08/16(土) |URL|レイまま☆ [edit]

レイまま☆さん ありがとうございます^^)

レイままさんの「ユートピア」のイメージ、対比が面白いですね。
甘美だけど不安、天然温泉のようだけどスーパー銭湯のような・・・
なるほど、楽園のようでも、甘いトラップがあるので、要注意なんですね。
「ゆとり」とか「きずな」とか、お役所でによく使われる言葉は、
本来いい言葉なんでしょうが、安易に使われすぎて、インパクトがありません。

確かに、何々銀座はあちこちにあって、あまりありがたみがないですね。
生活のレベルも向上すると、慣れてしまって、つまらなく感じるのでしょうか。
昭和の頃を思うと、今は子供でさえケータイを持っている時代なんですが。

2014/08/16(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

羊が、、人間を食う。そのぐらい、、で。
今日は、頭がもう、、雲丹になっちゃいました。すいません。

また来ます・

2014/08/17(日) |URL|hippopon [edit]

ちょっと気になる人が出来て、
その人、バハレーンにいたことがあったというので、
エデンの井戸の話をメールでうったら、
凄く手ごたえが良かったの。
なんだかうれしかったけど、、
今は昔。

彼に逢った時にそのことを聞こうと思っても、
ごはんばかりに夢中で、なかなか話はすすまない

月明かりのレストランで、ゆっくり話がしたいと思っても、
モテモテな彼は、妙なおばちゃん店主の焼きもちで阻止されたり、、
まぁ、いろいろあって、ちぐはぐのまま。

ユートピアは、出来るか?
人の感性が違うと、二人だけの関係でもちぐはぐになる。
緩い自由がいいのかもしれない。

美味しい牛乳があっても卵があっても、
一日2食とか、お墓も一緒とかいろいろわかってくると、どうも購買欲がわかない。

まったく素敵でないのに素敵な奥さんだと思ってる人が居たり。
全然セレブリティーを感じない人が、下品そなモノの考えで、
自分はセレブだって、セレブサロンやったりして2千円とかとってるの見聞きして、

女がいる限り、ユートピアの構成員としての気高さは、それら、けだものに捲けるんではないかと。

赤い貴族のための食事工場があったと言う某国は、
結局、皇帝を殺して、いっぱいの皇帝をつくちゃったとおもえるし、
緩く、幸せなことがいいのかなと思う次第。

衣食住と知的刺激が満ちれば、、あとは、、そうね?もういいんじゃないかと。

伸びてばっかでないと維持されなうような資本主義も、どんどん欲った仮を冗長させる共産主義もなんだか、、

老荘の思想があってるかもしれないです。
禅譲のある治政。鼓腹撃壌。
個人的にはちっちゃなベランダで、本を読んたりしてるのがユートピアで、ちっちゃな人間でしゅ。

ろくなこと書けないですいません。
羊に食われぬように、今日もお稽古行ってきます。(・.・;)🐑🐑🐑 
自分を確認する時間。頭をうんと使う時間、格闘技のように。心滾る時間です。

2014/08/17(日) |URL|hippopon [edit]

hippoponnさん ありがとうございます^^)

ふむふむ、そうですか。まず、相当にモテモテな人生であることがうかがえました。

「羊が人間を喰う」。カネカネカネでなく、ヒトヒトヒトであるべきということ。

世俗に関わらず、哲学を語り、生死を超越できれば、「老荘」になれる。

「緩い自由」。「緩く、幸せ」。この言葉、面白いです。
何でも徹底しようとすると、無理と歪みが生じるということでしょうか。

であれば、「衣食住と知的刺激が満ちれば、もういいんじゃないか」。
そうかもしれません。小さな自分だけのユートピア。この思考、謙虚ですね。

と言いながら、いまは「心滾る」時間ですか。おお、すごい。感嘆します。
人生は邯鄲の夢。でも、いろいろと、けっこう面白いものですね。

ところで、あのお、「エデンの井戸」の話が分からなかったです。
「ちょっと気になる人」の域と粋に到達できそうもありません(泪)。

(長文コメント、時間掛かったでしょう。ありがとうございます)

2014/08/17(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

バハレーンのオアシスが、エデンだったと言う説があります。

何か、一度はモテモテになった気がしたんですが、、語れるほどになっては、、もう無理だと思います、、

真面目に、壺中天の茶をやってきます。

2014/08/17(日) |URL|hippopon [edit]

hippoponnさん ありがとうございます^^)

創世記に「エデンから流れ出た川が園を潤して、4つの川に分かれていた」とありますが、そのうちの二つはチグリス川とユーフラテス川です。園はエデンの東にあったと書かれているので、聖書的には「エデン」は現トルコの山地の東方のどこかにあったようです。

調べたら、バハレーンの砂漠の真ん中に1本だけ樹齢数百年超のアカシアの木が
葉を茂らせていて、その木が「命の木(Tree of Life)」と呼ばれているそうですが、
でも、そこは、hippoponnには、甘き香りがするエデンを思い出させる所なんですね。

俗界の塵を浴びないようにし、そして絶えず知性を働かせているのも、ずうーーっとお肌すべすべで、美しさと命を保たせる秘訣なんでしょう。(^^♪

2014/08/17(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

トロン

様々な 未来世界が描かれていますね 
ディズニーなんかも トロンで表現していますが
 私は レイ ブラッドベリーの華氏451° でしたね
今が その世界に近いのかな 本要らない世界・・・

朝日の問題も 華氏451に当てはめて考えちゃうのだけど
どうなのでしょうね  遡って調べるとバレちゃうのに雰囲気で
作られた世界 ・・・ 温暖化で氷が解けて水面上昇ってのも
未だにやっているし・・・ 解らないですよね

 老人介護施設ってのが ユートピアに近いのだろうか・・・

 誰にとってのユートピアかで ユートピアが変わるのでしょう
 権力者 学者 公務員 医者・・・

 これは ボケた者勝ちなのかもしれない

2014/08/20(水) |URL|ブッキ~ナ♡ [edit]

ブッキ~ナ♡さん ありがとうございます^^)

紙が燃え始める温度が「華氏451度」なんですね。
社会主義国家がする焚書坑儒という思想弾圧は目で見えるので分かりやすいですが、
世間の裏で思想をうまく操っている自由主義国家の方法は非常に分かりにくい。
真実と思っていることが実は虚偽や偽装だというのは、想像以上にあるのでしょう。

不思議なのは、これは明らかにおかしいだろうと思えることなのに、それほど問題にならず、そのうち世間から消えてしまう報道がけっこうあることです。

老人施設に入って、ボケた者が勝ちですか。
ああ、ひとごとでない話で、おそろしいことです(苦笑)。

2014/08/20(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/172-fb332eba

back to TOP