「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 『ニコンDf 』のアイデンティティは、革張りペンタカバーだ。 


フルサイズのデジタル一眼レフ「Nikon Df 」が11月28日に発売された。
「Df 」の「f」は、fusion(融合)。
《精密機械の感触》と《フラッグシップ機D4画質》の融合を意図したそうだ。
開発コンセプトは「日曜日にはフラリとこれを下げて出て行く心持ちのもの」。

「ニコンDf 」ボディ278,000 円(メーカー直販) 仙台工場製
 Df.jpg


「Df 」の最大特徴は、往年のニコンカメラに似せた復古調デザイン。
デザインベースは、FM(1977年)とFE(1978年)シリーズである。

 ニコンFE。革張りペンタカバーと前面が富士山型であるのが「Df 」と似ている。
 a再再撮影ニコン 016

検索したら、外観や仕様については、ほとんどあれこれと言い尽くされていた。
ざっと見た限り、不思議なことに《革張りペンタ》に注目してる人はなかった。
じつは私は、この頭のカタチがデザイン的に一番目立ってると思っている。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ペンタカバーの革張りは、どのカメラが始めたのか?

最初の革張りペンタカメラなら、国産一眼レフの代表機「ニコンF」だ。
グッドデザイン賞、NTT、みずほ銀行のロゴを創った故・亀倉雄策氏がデザイン。

 右から、ニコンF・1959年、F2・1971年、F3・1980年。 全員、頭に革張り。
 2017eb2.jpg


 左はニコンの普及機ニコマートFT・1965年。  右はミランダRE-2・1975年。

 a再再撮影ニコン 012


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
じつは、この革張りペンタについては、ドイツにご本家がある。

本家は、東独ツァイス・イコン社製「コンタックスS」(1949年)で、
ペンタプリズムを世界で初めて採用した量産一眼レフ。
西独では「ペンタコン」の名で販売された。

 右がペンタコンFM。左は似ている東独KW社製プラクチナⅡa・1952年。
 a再再撮影ニコン 004
 (手持ちカメラの中では、この2台が端正な造形と精密感で一番のお気に入り)

☆「コンタックスS」の最終設計図が完成したのは1945年8月15日で、日本が無条件降伏を
した日。その頃、日本の同盟国ドイツでは、こんな緻密なカメラが造られていた。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ニコンの一眼レフデザインは、キヤノンを真似した「似表示」?

ニコンは、1980年発売の「F3」から、デザインをイタリア人デザイナーの
ジョルジェット・ジウジアーロに依頼している。
彼は「折り紙細工」と言われる、直線とエッジの利いたデザインで知られている。
特にカーデザインでは次々に傑作を発表し、ベルトーネに黄金時代をもたらした。

キヤノンは、1986年発売の「T90」のデザインコンセプトを、
ドイツ・ベルリン出身の工業デザイナー《ルイジ・コラーニ》に依頼した。

t9.jpg彼は「自然界に直線はない」と
言い切っており、滑らかな生物的な
曲面を駆使した独特のデザインで知られている。
コラーニの手がけた曲面ボディの「T90」は、
キヤノン一眼レフ「EOS」シリーズの
原型となった。

著名なデザイナーを起用したのは、ニコンのほうがキヤノンより古いが、
現行のニコンのデジタル一眼レフはキヤノン「EOS」の亜流に見える。
それが残念なことだ。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
過去を追いかける思考には、進化がない。突然変革がない。
カメラは光学機器というよりは電子機器。デジタルの新技術は半年で古くなる。
小型液晶画面をのぞいて見るEVファインダーは、今後さらに進化していくだろう。
高価で重いペンタプリズムは一部の光学ファインダー愛好者専用になるだろう。

ペンタプリズムを使わなければ、ペンタ型デザインにこだわる必然性はない。

X_E2.jpg古い伝統的なカタチにこだわれば、
いいか悪いかは別にして、ライカM型や
ポルシェ911の二の舞になり、
将来的にデザインの自由度を失ってしまう。
左はEVF採用のカメラ「フジ EX-2」。
トップカバーがフラットで、
見た目がすっきりしている。
 
              
「Df」 のような復古調カメラを出すのもいいが、ニコンならではの美しい
一眼レフのフォルムを、できれば日本人の手で独創してほしいものだ。

        ____________________


近頃は軽量短小のカメラを使ってますが、以前は一眼レフとニコンのファン。
「ニコンDf 」は、困りました。じつは好きなカメラなんです。
重くて高くて、買いませんが。
関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

どれも美しいと思います

バーソ様
おはよう御座います。

カメラが光学機器だった頃はどれも機能美がありました。
デジタルになってからは、おっしゃる通りCanonEosのデザイン
が主流になっていますね。これはこれでいいと思うのですが
みんな同じではつまりません。
私の亡くなった家内は若い頃カメラマンをしていましたので
フィルムカメラは8台持っていました。
やはりNikonとCanon製ばかりです。
写真専門学校の出身でその仲間とは今でも私がおつきあい
しています。遺品のカメラは彼らに形見分けとしてあげました。
そういえばNikonは皮ばりだったような気がします。
私が持っていてもフィルムカメラは使いこなせませんから。
手元に残っている形見はデジタルのEosだけです。
どこにも出かけないのでこの1台も活躍の場を失っています。
写そうと思った時に手元にあるのはiphoneです。これで
事足りてしまっています。

愛新覚羅

2013/11/30(土) |URL|aishinkakura [edit]

aishinkakuraさん ありがとうございます^^)

カメラマンだと、おそらくカメラは全部プロ用の高級機ばかり。
形見分けのカメラをもらった、かつての仲間たちも、
うれしいような、悲しいような、複雑な気分だったでしょう。

カメラ好きは夜寝るときに枕元に置いて、カメラのにおいを
嗅ぎながら寝るとか言われます。私はそれほどではないですが、
でも、いままでに50台以上は買ったと思います。

ふだん使うカメラは機能・や性能の優れたものがいいですが、
手元に置きたいカメラはデザインの優れたものがいいですね。
精密機械は機能美と、そして構造美や工作美にうっとりします。

2013/11/30(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

よくわからないけど、なんですか?!278000円って?!
高価ですよね。。。
むかし持ってたキャノンの一眼レフ、レンズにカビをはえさせてしまったけど、
こんな高価なカメラ、取扱にはじゅうぶん注意しなきゃいけないですよね?
カメラマニアのバーソさんなら、欲しくてたまらないでしょうね。

2013/11/30(土) |URL|abe [edit]

babaはカメラのこと全く分からない(^^ゞ
デジカメも壊れて
写真はiPhoneで
一応写るだけ(^_^;)
コメントする資格なし
失礼しました~(>_<)

2013/11/30(土) |URL|babatyama [edit]

abeさん ありがとうございます^^)

カメラが好きで、高校生のときは写真部に入っていました。
高級カメラを使うプロの写真家のようになりたいという憧れ
(腕が伴わないので虚栄心かも)が強くありましたね。
でも本来は、写真好きではなく、カメラ好きなんです。
撮ることより、操作したり眺めたりすることのほうが好きですね。

理工科系ではないくせに、機械の構造や精密感が好きなので、
カメラなどの機械は実際に買わなくても、カタログや本を見るだけで
満足すること、いや、我慢することが多かったです。
問題はやはり、先立つものが・・・です。(~_~;)

2013/12/01(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Lady-babaさん ありがとうございます^^)

昔のフィルムカメラをいろいろ持っていて、一番古いのは戦前製です。
ですから、新型のデジタルカメラを買い足そうという気持ちには
なかなかなれませんね。というより、まず先立つものが・・・ですね。

雑誌記事では、最近は i-Phone のほうが写りがいいとか。
でも、私はその i-Phone を持ってないんですよ。
デジタルでも他のことでも、私はかなり遅れてるほうでしょうね。
人生の中では35年間ぐらい、世間的なことがごっそり抜け落ちていて、
その間のテレビや音楽の話題などは分からないことが多いです。(~_~;)

2013/12/01(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

おはようございます

ニコンDf評判いいですね。
私が気に入っているのは、ISO感度や絞りが専用のダイヤルで
設定できることです。
いちいち切り替えるのは面倒です。
デザインはやはり古すぎて(超新し過ぎなのかも(笑))持つには
なんだか気恥ずかしい。
バーソさんは気に入ると思いました。バーソさんのお持ちのカメラを
みても革張りの耐久性はよさそうですね。漆塗りのカメラも昔あって、
最近もペンタの645の特別仕様というのが漆塗りでした。
私は、今のカメラで動画を撮るときに、被写体さんがずっとポーズを
されるのが困ります。静止画と思い込んでいるんです。頼まれた結婚式でも
みなさん、撮り終えるまで硬い表情を崩さないんです。(笑)
私はビデオ型をしたカメラを待ち焦がれています。

2013/12/01(日) |URL|エリアンダー [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

>ISO感度や絞りが専用のダイヤルで設定できること
おー、さすが、マニアックな言葉。露出補正をする人はいても、
ISO感度や絞りをいじる人はそんなにはいませんから。
あ、これ、私のことです。
確かに、「Df」は、古きを懐かしむリバイバルデザインなので、
持つと注目されるでしょうし、年寄り扱いされるでしょうね。
オリンパスのミラーレス一眼が完全に復古調デザインに固定したようで、
長い目で見て将来的に、いいのか悪いのか、面白いところです。

エリアンダーさんは、動画をよく撮るようですね。
フルサイズの「EOS」を使って映画撮影をしたという話がありましたが、
撮像素子は、業務用ビデオカメラでさえも2/3型ですから、それより
大判のデジカメは、大型スクリーンで見ると迫力があるでしょうね。

>私はビデオ型をしたカメラを待ち焦がれています。
i-phone用にカメラ型をした安いプラケースが売られていますが、
普通のカメラにもビデオ型のケースがあると売れるでしょうかね。
ケースには「スマイル静止顔およびピースサイン禁止!」
と書いてあることが必須条件ですが。(笑)

2013/12/01(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ブランク

ブランク 恐ろしいですね 私も写真部でしたが
ペンタックスでした ニコン持ってる人にあこがれたな~

先入観って恐ろしいもので イタリア人が来たとき(Mittica)
キャノンイオスをもってきた 続いてきた(Tesei)も同じだったので
写真だとばっかり思っていたら 動画だった・・・

そんなこと頭になかったから 撮影ポイントとか 注意点の説明
をしてたら やたらレンズ面がこっちを向くのです
カメラ持ってる人の徳性みたいにレンズ越しに見てるんだと
思っていたら ブザマな防護服姿がドキュメント映画に出てた

同行関係者より多く出てたので 大いにコケました
いや~恐ろしい世の中の変化を感じましたね

FUKUSHAME Alessandro Teseiで検索すると出て来ます

2013/12/04(水) |URL|ブッキ~ナ♡ [edit]

連コメお許しください

こっちの方が 判りやすいです

FUKUSHAME: The Lost Japan Official Trailer 2012

まったくw~ 何やってるんでしょうね・

2013/12/04(水) |URL|ブッキ~ナ♡ [edit]

ブッキ~ナ♡さん ありがとうございます^^)

動画、何度も、繰り返し、見ました。
最初の高波、一匹の犬、無人の家・・・。怖いですねー。
測定器№43を持っている白い防御服の人がそうでしょうか。
「ブランク」。
そうですねー。
今はデジカメできれいに簡単に動画が撮れる時代になりましたからね。
また、あれ以降、人生にブランクが生じたとも言えるということでしょうか。

人生では何か大きな変化があると、どうやって生きていったらいいか?
どうしてそんなことが自分に降りかかったのか?と考えたりしますね。
ブッキ~ナさんのブログは明るくて明るくて、ご本人も面白がっているようで、
じつはそうではない面もあることに気づけませんが、でも何と言ったらいいか、
これからも日々を明るく楽しく過ごしていけるよう願っています。(~_~)

2013/12/04(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/12/04(水) || [edit]

G.D.M.T.さん ありがとうございます^^)

なぜでしょうね。遠慮深く「コメントフォルダ」にひっそりと入ってました。
そっくり以下にコピーペーストさせていただきますね。

--------------------------(はじめ)-----------------------------

Nikon Df・・・

僕には、自分の用途的にも写真的にも(モチロン、価格も(笑))、
確実にオーバースペックで購入に至る事はまずありませんけど、
天面からみた感じには、やたらとそそられますねえ♪

整然と、そして堂々と並んだ、冷ややかな金属削り出しで、
緻密に表示が刻印されたメカニカルダイヤルたちにウットリ。。。
そして、バーソさんがおっしゃるように革張りのペンタ部っっ!!
確かにそれがNikon Dfのアイデンティティと言えるカモ(^^)

それにしてもバーソさんのカメラコレクション、かっこよろしおすぅ?♪

ちょっとハナシが逸れますが、
週末に電気屋に立ち寄った際、パナソニックから出たばかりの
究極の小型μ4/3機『 Lumix GM 』のデモ機が置いてありまして、
もっとオモチャっぽいんだろうなぁ・・・とタカをくくっていたら、
その金属パーツをふんだんに使った精巧な剛性感や、
ギュッと凝縮された緻密さに、しばし萌えてしまいましたぁ?(*´∀`*)
他のμ4/3機に比べたら、随分と軽いけれど、
金属の塊を感じさせる心地よい重みが掌のなかにある感覚・・・
コレ、優れた趣味系ミニチュアの条件ですね。 いたく感心しました♪

しっかし、少スペースにせっかく配置された金属ダイヤルのひとつが、
フォーカスモード切り替え専用に割り当てられているのが解せません。
(AF-S、AF-C、MFの三択なら、ダイヤル回すまでもないかと。。)

ココは絶対に露出補正ダイヤルにすべきだろぉぉ・・・(ブツブツ)
--------------------------(終わり)-----------------------------

長文のコメント、すみませんでしたね。ありがとうございました。
>購入に至る事はまずありませんけど」
ははは・・・・・私も同じです。購入に至ることは、100%ありません。
買わないくせに、ブログのネタにして申し訳ないと恐縮してる最中です。

>金属の塊を感じさせる心地よい重みが掌のなかにある感覚・・・
『 Lumix GM 』の評価。そうそう、確かに「趣味系ミニチュア」の世界です。
この精巧な凝縮感がいいんですよね。
Panasonic のサイト、見ました。
言われてみると、AFモード切り替えダイヤル、こんなに大きい必要はないですね。
この位置にモード切り替えダイヤルがあって、モード切り替えダイヤルの位置に
露出補正ダイヤルがあったほうが、使いやすいでしょうね。XM1のように。
今度、パナソニックの社長に電話しときますよ。(ウソ)。

今回気が付きましたが、この『 Lumix GM 』のボディはライカに似てますね。
角の丸みがそっくり。『 Lumix 』はライカと提携しているせいでしょうか。
そういえば、ライカは、パナから仕入れた同じものを高く売ってました。
『GM』はライカだと思えば、ずいぶん安いと思えるかもです。(笑)

「週末に電気屋に立ち寄った」という話も面白いと思いましたよ。
以前だったら「カメラ屋に立ち寄った」となるはずですから。(笑)

2013/12/04(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

お手数おかけしましたぁぁ〜〜。。。(^^;)


>ライカは、パナから仕入れた同じものを高く売ってました。

そうそう♪ パナのカメラは、そっくり中身が同じものが、
外観だけ変えてライカ名義で出るんですよねえ。。。
GMのライカ版は、チタンボディで20万円くらいになるのでは?!と
勝手に予想しておりますぅぅ〜〜。。。(^^;)

僕、GMのオレンジ(これもチャチイと思ったら、意外にイイ色!)が
ライカM7のエルメスエディションと、
なにげに雰囲気似てるなぁ・・・って思っちゃいました♪
http://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/324/446/html/017.jpg.html

あ、コメ復活してくださって・・・ ありがとうございますっっ!
余計なお手数おかけしまして、ゴメンナサイ!!

もっかい読み直してみたけど、どこが『不正評価』されたのかが、
さっぱりワカリマセンです、ハイ。。。(;´ェ`)

2013/12/05(木) |URL|G.D.M.T. [edit]

G.D.M.T.さん ありがとうございます^^)

確かに『Lumix GM』のオレンジ、ライカM7エルメスエディションと似てます。
なぜかライカのほうが派手派手しい雰囲気を強く放ってますが。
でもこのライカはカメラ好き用ではなく、ブランド好き用みたいですね。
風上にも置けぬ奴だ、と文句のひとつもヒガミ根性で言いたくなります。(笑)
色ならFUJI X-M1のブラウンもなかなか。シックでいい色です。VAN調です。

手持ちのペンタックスKxはオリーブグリーン塗装で、使ってるうちに色がハゲるか
と思っていましたが、2年ぐらい使っても全然大丈夫。今の塗装は強いですね。
昔は固定電話は黒、その昔は車も黒と決まってましたが、そのうちカメラも
黒やシルバーばかりでなく、いろんな色が標準仕様になるのでしょうかね。
「不正評価」の件、今度FC2の社長に電話しておきます(ウソ)。(笑)

2013/12/05(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Nikon

ああ、憧れのニコンF。
ペンタプリズムの尖がり帽子。
無駄の無い機械の美しさ、機能美。道具としての美しさ。
思わずため息が漏れてきます。
シャッターの音が蘇って来ます。
綺麗に手入れされていて宝石箱を見ているような気さえ致します。
実は、Nikon党とは言うものの、実際に趣味としていたわけではなく、ただニコンのファンというべきでしょう。言ってみればNikonにいた事がわたしの唯一の誇りなのかもしれませんね。
何時までも色褪せぬ、青春の全てがそこにありました。
あらためてパーソさんの奥深さに敬服いたします。

2020/04/10(金) |URL|阜可 忠 [edit]

Re: Nikon

阜可 忠さん コメントありがとうございます^^)

 おー、ニコンFを賛美する、感嘆の文章ですね。その気持ちは分かるような気がします。
 おっしゃる通り、「無駄の無い機械の美しさ、機能美。道具としての美しさ」があります。

 私も国産カメラでは、このニコンFが一番好きです。この革張りの尖ったペンタ部のデザインは最高です。機械の信頼度は今に至るまでおそらくナンバーワンでしょう。報道カメラマンはニコン一本鎗でした。頑丈で故障しなかったからです。
 さすがのライカもコンタックスも世界中のカメラが足元にも追いつけなかった史上最高の一眼レフです。当時、キヤノンはF1がFの対抗機でしたが、ニコンとはだいぶ差がありました。

「何時までも色褪せぬ、青春の全てがそこにありました」か。名門の会社にいて、誇りを持つことができて、よかったですね。
 私も古いカメラを見ると、その時代を懐かしく思い出します。昔はレンズのコーティングがブルーだったので、青い色をしたレンズを見ると、カメラ屋のガラス越しに見て憧れていた貧乏な学生時代を思い出します。

2020/04/10(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/134-5b34570d

back to TOP