「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 ライカとポルシェのデザインの悩ましき保守性。 

ブランド志向が保守思考なら、革新はない。

クルマはポルシェだ、と言い切る人がいる。
「ポルシェ博士の思想を継いでいる究極スポーツカー。操縦性が最高」と言う。
カメラはライカだ、と言い切る人がいる。
「小型カメラの創始者エルンスト・ライカが作ったカメラ。感触最高」と言う。

腕時計や万年筆など、趣味のモノでも同様のことを言う人がいるだろう。
こういう考え方を「マニアック」とか「ブランド志向」と言う。

むろん誰がどう思おうと、何を買おうと、幾ら払おうと異議も問題も何もない。
しかし「ブランド志向」は、じつは問題を秘めている。

s nikon 007
カメラは、ニコンFだ! 親カメの背中の子カメは105円也だ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ブランド」は、技術やデザインの革新を妨げている場合がある。
ライカは1954年のレンジファインダー(距離計)式「M3」型の形を変えられない。
デザインを変えたM5を出したことがあるが、不評ですぐ元に戻した。
(日本企業が一眼レフに力を入れ、優秀だったために世界を席巻したせいもある)
連結camera5

ポルシェは、1964年のリアエンジン・リア駆動式「911型」の形を変えられない。
FRやミッドシップマウント車を出したことがあるが、不評ですぐ元に戻した。
(ミッドタイプも併売されているが、911型より意図的に性能が落とされている)
paorsche 928

技術者は新しいモノを作りたいが、ユーザーが新しいモノに拒否反応を示す。
ユーザーは、自分の持っているブランドイメージを崩したくないのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
保守安全志向は衰えるが、挑戦革新志向は伸びる。
なぜならば、「この世は変化する」ものだからだ。
秋が来てもまだ夏服を着ているのは、おかしいし、自然の理に合ってない。
時代の変化に対応していかないなら、この世界でうまくやっていくのは難しいだろう。

「GT-R」の開発チームは、その半分が「いすゞ」で人員整理された人たちだった。
日産自動車は当時、倒産寸前で、カネも人も余裕も時間もなかった。
「GT-R」チームは、退職者などの寄せ集め集団で、失うものがなかったので、
新しいチャレンジをした。
(当初、設計・企画・営業などの人々が、やめなさいと説得しに来たそうだ)
agtr.jpg
チームの主管・水野和敏氏は「クルマをゼロから考える」ことから始めた。
フェラーリやポルシェなどのブランドカーを真似たら、せいぜい2位にしかなれない。
もう一度地球の力を見直そうということで、重力と慣性力と空力のすべてをタイヤに
使ってグリップを上げることを狙った。それが日産・PMプラットフォーム。これが成功。
a GT-R system
「運転スキルや天候や路面状況や使い方(日常使用か否か)に左右されず、
誰でも、どこでも、いつでもスーパーカーの魅力を味わうことができる」。Wikipedia

「GT-R」はブランドの真似をせず、独自の思考をしたゆえ、世界のブランドになれた。
                  _ _ _ _ _ _

日本選手が強くなるためには、指導者を変えるべきではないか。
第3代レスリング協会会長・八田一朗氏の強化策は、独自で、合理的で、厳しかった。
「負けた理由を探すな」「左右とも利き手にしろ」「苦手を克服する」「マスコミを味方にしろ」
など、そうした八田イズムは今に続いていて、女子が強い理由にもなっているとか。

0_201308022008329bd.jpg
男泣きをしている栄 和人監督の力も大きいように思える。

(柔道は、相手の研究をして多彩な技で柔軟な戦い方をしたような人を戦略監督に、
得意ワザで金メダルを取ったような人は技術監督に、と監督二人制にしたらどうか)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
過去の経験とスキルは活かせないのか?
経験を積んだ人が古いのではなく、セオリー通りでしか考えられない人が古い。
保守・常識思考の人は、物事を「過去」から見る。現在を「不安」から見る。
なるべく急激な変化をしないで着実に行こう、それが賢明だ、安全だと考える。
そのように進歩を止めているため、その間に進化した他者に抜かれてしまう。
  
精神面といっても、やる気、根性、ガッツばかり言う人はダメ。頭が固すぎる。
指導者は、見る方向が重要だろう。後ろではなく、前。狭くではなく、広く。
視野の違いが、一流になるか二流になるか、の分かれ目になるのではないか。
 
二千年前のユダヤ人も、古いほうがいいと言っていたようだ。
イエスは、当時のユダヤ人の頭の固さを嘆いて、こう述べた。
「だれも、古い酒を飲んでから、新しいのをほしがりはしない。
『古いのが良い』と考えているからである」
 (ルカによる福音書5章39節)
                  
むろん古くても、いいモノがある。私はデザインはアンティーク系のほうが好みです。
kako-j3M3Ya8JyrfTw0G9.jpg
カルマンギア (http://convoy.tumblr.com/)

ついでに、ひとつ余計なことを言うなら・・・
二千年前の規律で現代の生活を全て律しようとするのは頭が固くはないだろうか。
(思想には必ず時代背景と文脈があると思うのだが、反対意見もあるでしょう)

☆最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

何事も臨機応変にですよね。
車のことはよくわからないけど、フェアレディZとフェラーリが、けっこうごっちゃになります。
昔かよっていた動物病院の玄関先にドカーンと真っ赤なポルシェと真っ赤なランボルギーニがディスプレイのようにおいてありました。あれも病院のアピールのひとつだったのかなぁ。たしかにブランドだから圧倒されてました。ブランドって、自分をも高貴な人に見せてくれるから、みんなほしがるのかなぁ。

2013/08/03(土) |URL|abe [edit]

abeさん ありがとうございます^^)

ブランド品を持って幸せ感に浸れるのなら、まあ、存在価値があるのかも。
こう言っては何ですが、
特に、ブランドのバッグは、おおむねセンスが悪くて、悪趣味で、高すぎて
今の時代、もう古いような気がするのですが、どうでしょう。
ただ、機械式腕時計などは、さすがに精密感・高級感がプンプン匂います。
でも、これも高すぎて、そんな高いの、いったい誰が持つのか? 
オメーガ持てるワケないだろ、と言われているような気持ちになります(笑。

2013/08/03(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

針金ハンガー

ブラインドだと、すだれの方がいいですが・・・。えっ、ブランド?
し、失礼しました(笑)。
ライカやハッセルブラッドのカメラは何回か触らせてもらったけど、
操作の順を間違えると壊れやすく扱いにくい代物で、欲しいとは
思いませんでした。
あるオンライン・マガジンによると、5人のオーディオマニアに、
75万円もするMonster 1000というスピーカー・ケーブルと
針金ハンガーを繋ぎ合わせたケーブルを目隠しして聞き比べ
させました。結果、誰一人その違いを指摘することができなかったとか。
人の識別閾値って4%らしいですから、このふたつのケーブルの
違いが4%以下だったのでしょう。
私はブランドより新製品・新機能に目を奪われ、高いものを掴まされ
勝ちなので困ります。(笑)
旧制度を踏襲し続けると金属疲労のように疲弊する部分があるん
でしょう。大リーグのアスレチックスが従来にない理論、セイバー
メトリクスを使って勝ち続けたことがありましたもんね。

2013/08/04(日) |URL|エリアンダー [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

おー、さすがです。このまま記事にしたくなるような面白かコメントです。
なんと、針金ハンガーのほうが良かったとは!? 昔、長岡鉄男というオーディオ評論家がいて、安いモノを使って、いい音を出す達人でした。その人はケーブルは太いほうがいいと言って、安い電工用のケーブルVCT3.5を勧めていました。針金ハンガーはその太さが良かったんじゃないでしょうか。カラスも、これを好んでるようですし(笑。

オーディオの専門書を読んでいると、何十万円というケーブルを使ったら世界がこのように変わったとか、その音の微妙な変化について、巧みな形容詞を散りばめて実にうまく書かれています。そういった文章に酔わされて、じゃあ自分も、と乗せられる感性を持っている人が、マニアックな人になるんじゃないかと思いますが、どうでしょう。

車がフルモデルチェンジされたので買い替えると、ずいぶんあちこち改良されて良くなっているので感心します。機械は新しいほうがいいですね。ただ、私は、何百万円もする高級腕時計を手にはめてる人を見ると、ドテッと10分ほど倒れそうになりますが(笑。

2013/08/04(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

このオーディオの記事にはおもしろい後日談があるんですよ。
http://www.gizmodo.jp/2007/10/85_100_1.html
友人、この前はもっと高いヤツをはめていまして、私、20分ほど
倒れていました。バーソさんのこういうコメント、好きですよ。(笑)

2013/08/04(日) |URL|エリアンダー [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

あー、コメントを気に入ってもらって、おおよそ25分ほどドテッ状態になりました(笑。
エリアンダーさんのブログを知ってから、おかげさまで文章の語彙が増えましたよ。
ジェームズ・ランディさんは面白そうな人ですね。何にせよ、いかさま師は問題です。
心霊関係でテレビに出てくるような人、大金を取るような人は、眉唾だと思います。

私は、たとえば「よくわかる相対性原理」といった本を読むのが好きですが、
一方で「相対性原理の間違い」といった本を読むのも好きです。
何にせよ常識的なことに立ち向かえる思考・発想ができる人は、尊敬します。
いまのオーディオでしたら、PRO CABLEという会社の主張が面白いですよ。
何百万もする高級オーディオは不要だ!と偉そうに言い切っています。
このサイトをもっと早く知っていたら、その真偽を試してみたかもしれません。
とにかく文章には説得力があります。http://www.procable.jp/setting/index.html

最近は、SMARTという雑誌(680円?)の付録に付いていた腕時計が気に入っています。
今は、安いものでも「デザインが良ければ、それで良し」の心境になりました(笑。

2013/08/04(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

お元気でらして?

ライカがぜーったいにイイっていう方、結構おられるわよね~
わたくしは、よくわからないけれど・・・

高校生の頃、ダーリンがパパのライカを借りて一人で撮影にいってね~
凹まして帰ってきたことがあるの~
そのツケを今払っているのかもしれないわ~(笑)

ソニーさんからRX1Rがでたけれど、どーなのかしらね~?
カールツァイスさんのレンズでしょ~ しかも一体型でしょ~
単焦点ってのが、不便な気もするけれど・・・
ちょと気になるわ~

ところで、体調のほうは如何でらっしゃるのかしら・・・

2013/08/07(水) |URL|きまぐれひめさま [edit]

きまぐれひめさま ありがとうございます^^)

え? ダーリンって、高校生のときからの付き合いなんですか。
おー、相当 縁が深いんですね。切っても切れない強固な縁なんですね。(@_@;)
大事なカメラは人に貸すと、なぜか落とされるみたいですよ。
私は、ひとのニコンS2を借りて落としたことが1回あります。
また、ひとに貸したら、2回落として凹んだのを返されたことがあります。
それにしてもソニーのRX1Rは、RX1の改良ローパスレス版なんですが、
「カールツァイス」で、「一体型」で、「単焦点でちょっと不便」なんて、
まあ、カメラ好きだと分かる言葉じゃないですか。カメラにも詳しいんですね。
パパがライカ好きだという血を受け継いでいるのでしょうかね。(^Δ一)

2013/08/07(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Pro Cableの記事

Pro Cableの記事、読みました。痛快なことが書いてあります、
商売になるのかな(笑)。
HDMI Cableも安いのがあって参考になりました。HDMI Cableも
1本千円から高いのでは数十万もするのまであります。デジタル
伝送なのに画のキレが良くて色が濃くなるCableなんてあるのかと
ネットではよく論争になっています。
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/av/1312258557/
ちなみに私は何も知らなくて4万5千円のを買わされました。
だいぶ賢くなったので、今だったら2千円のを買います。
いかん、仕事だ。(笑)

2013/08/08(木) |URL|エリアンダー [edit]

Re: Pro Cableの記事

人間は、目で見ているのではなく、脳で見ているという話。なかなか面白かったです。
評論家というのは、いわば針小棒大な詩的(指摘)形容詞の羅列で食べている人ですから、そこをわきまえ、面白い小話として読まなければいけないということでしょうかね。

昔アナログ時代のオーディオは面白かったです。ターンテーブルはダイレクトドライブより、ベルトドライブのほうがいい、それも糸で回すのがいい、重量は重いほうがいいというので鉛の重りを乗っけたり、まあ、微妙な違いを得意になって喜ぶ人が大勢いました。
車の雑誌を見ていて思うのですが、評論家は、外車をほめすぎじゃないでしょうか。
外車の性能に一部問題があっても、味があるとか、面白いとか書くので、要注意です。

それにしても、4万5千円のHDMI Cableですか。よく買いましたね。(@_@;)
エリアンダーさんの画質へのこだわりがよく分かりましたよ。(^_^)v
さぞかし、脳内では素晴らしい映像が再生されていることでしょう。(^v^)
ですが、Pro Cableの記事を読んで、少し醒めたりしてないかと危惧します。(☍﹏⁰)。
なお、私はデジタル伝送でも、ケーブルの品質で違いがあるような気がします(笑。

2013/08/09(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ブランド決して嫌いじゃないです

こんばんわ^^
音楽ケーブルの話私も読ませてもらいました。痛快でした。
昔テレビで「ブラインド味比べ」やったの思い出しましたよ。中華の達人(弟の方脱税しちゃった人)が一から作った白湯スープと化学調味料のみで作った白湯スープ。言わず物がなで化学調味料の勝ちでした。まさかの負けでアナウンサーのフォローに目がテン。素直に今の化学調味料がすごいって認めればいいのに、味見した現代っ子が化学調味料味に慣れて本物が分からないと言う事にされてました。
家の子だって「煮干し」と「だしの素」の違い分かりますけどねぇ。意外とテレビに出て有名になったシェフの料理も大した事無いって思いました。ラーメンもしかりだけど、ブランドに頼ったら手抜きし放題ですもん。

2013/08/14(水) |URL|ミミちゃん [edit]

ミミちゃんさん ありがとうございます^^)

PRO CABLEの文章は、なかなか面白いでしょう。これだけはっきり言い切ると痛快です。
つい、オーディオは、この店の安い商品でぜんぶ揃えたくなります(笑。
ブランド品もブラインドで比べると、「質」を見分けられないことがあるようですね。
「質」が素晴らしいというより、きっと「イメージ」が素晴らしいのでしょう。
ラーメンも、インスタントのスープのほうがそこらへんの店よりおいしかったりします。
ワインだって、飲み比べをする番組がありましたが、正解率は半分くらいでした。
有名な品や人に憧れるのはいいですが、ただ、コップ1杯800円の水を出す店には、
間違っても行きたくないですね。私には、水の味の区別がつかないですし(笑。

2013/08/14(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://barso.blog.fc2.com/tb.php/117-730b8db4

back to TOP