「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 自分の視点が自分の精神的な「物差し」をつくる。 


「定規」と「物差し」は、どう違うでしょうか。
 厳密には、線を引くのが「定規」で、長さを測るのが「物差し」です。

 プラスチック製や竹製の「直線定規」は百円ショップで売っていますが、精度
はどうなんだろう?と思ったことはないですか。

 プラスチックは竹に比べると10倍ぐらい線膨張率が高く、30cm定規なら気温
20度を基準にプラスマイナス10度の変化だと、プラスマイナス0.3mm程度の全
長変化があるそうです。※1

 でも長さ10cm以内のものを測る場合は 3分の1の0.1mm程度の誤差しか生じ
ないので、日常生活にはほとんど影響はありません。

ruir.jpgpixabay

 しかもプラスチック定規でプラスチック製品を測るのであれば、両者とも同じ
ような気温変化を受けているはずなので、いっそう問題はないことになります。


もし宇宙が一日に一センチずつ縮み、われわれの物差しが全て同じ割合で縮少していくとしたら、われわれはその現象の存在にすら気付かないのではないだろうか? ――――ジェイムズ・ブリッシュ『二重人間スポック!』


 人の考えは世情の変化と共に変わっています。人は世間の空気の中にどっぷり
浸かっているために、自分で意識していないと大衆の考え方に影響され、じつは
けっこう洗脳されていることに気付いてないこともあるでしょう。

 神がいない確率は、ほぼ100パーセントか。 


無神論者と軽々しく口にできるのは、日本ぐらいだろう。 無神論者となると、神の存在しないという説を語らなければならない。 中国人なら、だまっている。  ―――――― 星新一『きまぐれ遊歩道』


 SF作家の星新一は、無神論者は《神が存在しない》説の根拠を語らなければな
らないと書いています。

 生命の誕生は偶然であると現代科学で証明できるなら、「神は死んだ」どころ
か、そもそも「神などいない」ことになります。
 しかし科学的な根拠が弱いなら、有神論を古代妄想だと非難できなくなります。


 blackki.jpg
 

 そこで無神論は果たして正論なのか、を科学的な確率の視点で考えました。

 全能者は《自分が持ち上げられない石》を創れるか? 


我々は神を罵殺する無数の理由を発見している。
が、不幸にも日本人は罵殺するのに価するほど、全能の神を信じていない。

          ―――――芥川龍之介『或阿呆の一生・侏儒の言葉』
               ※罵殺(ばさつ)とは、ひどくののしり、けなすこと。


聖書の神は、イスラムのアッラーと同じ神で、「全能の神」と呼ばれている。
英語は “Almighty God” だが、“God” を省いて “the Almighty” としても通じる。
なぜなら、神以外に全能者はいないと思われているからだ。


無神論者が「全能の神など存在しない」と言うときに持ち出す質問がある。

 全能者は《自分が持ち上げられない石》を創ることができるか?

これは「全能のパラドックス」として知られている。
すなわち、
 (1)そのような石を創れないなら、全能ではない。
 (2)創れるなら、持ち上げることができないので、やはり全能ではない。
 (3)したがって、「全能なる神など存在しない」と結論される。

この矛盾を解かないと教会や有神論者は立ち直れなくなるのと、知的遊戯として
も面白いので昔から解答がいろいろ考えられた。

   sije7.jpg
   
Rene Magritte ”La chateau des Pyrenees“ 1959

 善悪の見分け方は愛。それは与えるものか、奪うものか。 

(新テーマ:時事的スピリチュアル)

本能の生活には道徳はない。従つて努力はない。この生活は必至的に自由な生活である。必至には二つの道はない。二つの道のない所には善悪の選択はない。故にそれは道徳を超越する。
       ―――――有島武郎『惜みなく愛は奪ふ』1917(大正6年)


「ご隠居、この話、『本能の生活は』と始まって、結論は『道徳を超越する』っ
て流れが解せねえです」
熊さん、ここの三段論法は面白いぞ。『本能の生活』は道徳も努力もないので、
『自由な生活』になるのは『必至的』だ、すなわち《必ずそうなる》と前提して、
必ずそうなるなら、二つの道はない。二つの道がないなら、善と悪の選択はない。
善悪を選択しないなら、道徳を超越する、という理屈だ。しかし熊さんは、熊と
言っても獣じゃないんだから、必ず善のほうを選択しなさいよ」
「イエッサー」
「お、サーが付いたか」
「あはは、でも動物とは違って、われらヒューマンたるゆえんは、善と悪を区別
して道徳を守るところですよね」
「そうだ。ただ、善悪の判断は難しいがな」
「ご隠居、あの大統領が最近『一度の合意で、過去の問題を終わらせることはで
きない
』って言いましたよね。日本は、もっと過去の戦争問題と正面から向き合
わないと、《悪》になるんですかね」


 w92-1.jpg


back to TOP