「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 語尾に「り」が付く、存続または完了を表す言葉。 


今回は趣向を変えて、漫談師ヒロシになった”つもり”の憂き世話です。
意味や意義なんぞ無いだろうと思うかもしれませんが、その通り。無いです。

ヒロシの自虐ネタは、イケメンゆえに成立するところがあるのですが、
バーソの場合は字虐ネタで、語尾に《り》が付く言葉を集めて注釈しただけ。

ゆっくり、じっくり、たっぷり、にやりとお読みいただければ幸いです。

 pgj966.jpg

 ミケランジェロは両性愛の精神思考をどう調節したか。 

 え~、破壊された顔のイイ男、三毛乱零亭ミケランジェロ ていバーソの小噺 第二弾でございます。
 このたびは普段まずしないような話をいたしますが、ご辛抱を願います。
             ________
 
「こんちわ~、ご隠居ご隠居。ミケランジェロって、バ、バ、バイセクシュアル
だったんですってね」
「八っつあんか。なんだ、言い慣れない横文字を言って、年寄りを驚かさないで
おくれ」
「じつは、ここんとこミケランジェロの話が続いたんで、ちっとばかり調べたら、
そう書いてあって」
「おや、八っつあんが調べたとは、天地がひっくり返るぞ。おいおい、ばあさん、
こたつの中に頭ぁ突っ込まないでいい。出ておいで。しかしまあ、ミケランジェ
ロは両性愛の傾向があったかもしれんな」
「これ、見てください。イケメンの彫刻みてぇですが、どこを見ても女っぽい」

    mik3.jpg
    ミケランジェロ・ブオナローティ作 『バッカス』(1497頃) 203㎝

 頭角を現したモーセを芸術家はどう表現したか。 


鹿とか牛などの獣がいて、一頭が頭の先を他より一段高く現わしていることを
「頭角を現わす」といいます。
 才能や技量が周囲の人よりも一段と優れていることです。
      ____________________

さて、紀元前のイスラエルで頭角を現した人物といえば、筆頭はモーセでしょう。
 誕生してすぐナイル川に流されましたが、後にイスラエルを率い、紅海を真っ
 二つに分断する奇跡を行ない、神から『十戒』を授けられるまでになりました。

●モーセといえば、こんな顔の老人をイメージしないでしょうか。
 チャールトン・ヘストンです。当時44歳で、80歳のモーセ役を演じました。
 セシル・B・デミル監督の1956年アメリカ映画『十戒』の主演男優です。
  監督からは『ミケランジェロの彫刻のように美しい』と称されたそうです。

   Teois.jpg
   1968年公開の『猿の惑星』では船長のテイラー大佐を演じました。

    
●顔が似ていると言われたのが、下のミケランジェロの『モーセ』像です。
 顔の輪郭と口元はそっくり。しかし明確に違うところが一か所あります。

   4osses1.jpg
   『モーセ』像(1513-1515)サン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会(ローマ)

こちらの大理石像のほうは、頭に角(つの)が生えています。

というわけで今回は、モーセの彫刻や絵画には”頭角”があるという話です。

 芥川龍之介が語る陰陽五行思想の桃太郎。 

 え~、三毛乱零亭ミケランジェロていばーそ、久しぶりに落語風の話でお付き合いを願います。

 桃太郎さん 桃太郎さん、お腰に付けた黍(きび)団子、ひとつ私にくださいな~、
と子どもたちに歌われた昔話を、かの文豪・芥川龍之介先生も書いておりまして、
”鬼退治の理由”が緊張の緩和になっているところから始めさせていただきますよ。

 桃から生れた桃太郎は鬼が島の征伐を思い立った。
 思い立った訣(わけ)はなぜかというと、彼はお爺さんやお婆さんのように、山だの川だの畑だのへ仕事に出るのがいやだったせいである。 
                    ――――芥川龍之介『桃太郎』

          moout.jpg
          Illustration by George Suyeoka/Island Heritage Pub

back to TOP