「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 『賢者の贈り物』は、人間の気遣いと信仰の関係を語っている。 


 オー・ヘンリーが1905年に発表した『賢者の贈り物』という短編小説がある。

 私は子どもの頃に読んだだけだが、今回『青空文庫』で読み直して驚いたのは
主人公の夫婦が若かったことだ。
 話の中に懐中時計が出てくるせいで老年夫婦の話だと思い込んでいたが、夫が
22歳だと分かったとき、ああ、当時のアメリカには、その日暮らしの貧乏な若い
夫婦がいて、互いに精一杯愛情を表そうとした話があったほど、清く貧しく善き
純粋な時代だったのか、と思ったら、どっと涙腺がゆるんできた。

 ウイルス問題で何かと心細くなる今日この頃。この「賢者」とはだれなのか?
という点をバーソの視点で解釈しました。


『賢者の贈り物』のあらすじ

 舞台はクリスマスの前日。ある若い貧しい夫婦は贈り物をする金がなかったので、二人とも自分が大事にしていた唯一の「宝物」を売ることを決断した。
 妻デラの宝物は、シバの女王(※1)さえ羨むような美しい「長い髪」だったが、それをバッサリ切って売った金で、夫の金の懐中時計に合う「プラチナの時計鎖」を買った。
 夫ジムの宝物は、祖父と父から受け継いできたその金の「懐中時計」だったが、こっそり質に入れ、妻の美しい髪によく似合いそうな宝石入りの「亀甲の髪飾り」を買っていた。
 そしてイヴの夜。
 二人が心を込めて贈り合ったクリスマスプレゼントは、互いに使えない物だった。

   



 この物語は、東方の「賢者」が幼児イエスに黄金・没薬・乳香の贈り
物をしたという新約聖書の逸話を下敷きにしている。
(マタイ2:1-13)

「賢者」の原語「magi  マギ」は、英語マジックの語源になった言葉で、「魔術
師」とか「占星術師」という意味だが、占星術師は当時は天文学者でもあったの
で「博士」とも訳され、「賢明な人」として尊敬されていた。

「賢者」が持ってきた高価な贈り物は、当時2歳以下(※2)の幼児だったイエスに
は役立たずの物だったが、「賢者」は、イエスが将来はメシア・キリストとして
偉大な人物になることを見通していたので、賢明な贈り物をしたことになる。

 デラとジムの若い夫婦が互いに贈った物も、そのときは互いの役に立たなかっ
たが、二人の将来の幸福な家庭を確固たるものにする賢明な贈り物になったわけ
で、それゆえ、この書のタイトルは『賢者の贈り物 The Gift of the Magi』と
されており、これが一般的な解釈のようだ。
 作者は、この純愛物語をこう結んでいる。

 どこにいようと彼らは最も賢明なのだ(Everywhere they are wisest. )
 彼らこそ賢者であるのだ(They are the magi.

        ____________________


 ここからがバーソの解釈です(というほどのものでもないのですが)。

 夫ジムは22歳。オーバーは古着化しており、手袋もなかった。
 収入は、週30ドルだったのが、いまは3分の1減の週20ドル。
 浮浪者が住みそうなほどボロいアパートの家賃は週8ドル。
 20ドルから家賃8ドルを引いた12ドルが1週間分の生活費だった。

 12ドルを7日で割れば1日約1.7ドル。20ドルの時計鎖を買うには、割る1.7
イコール約11.7日分の生活費が必要になる。貯金ゼロで、その日暮らしなのに、
デラは、1か月の3分以上の1もの生活費を使って夫に愛情表現をしたのだ。

 だが客観的に見れば、愛はあるものの、経済感覚はいただけない。買い置きの
食料が尽きたら、仕事がなくなる年末から新年はどうするかを全然考えてない。

 もし我が家が同じことをしたら、金がないときになんでそんなことをしたのか
と間違いなく互いに怒り合うだろうし、そもそもそんなことは絶対にしないので
喧嘩にはならないし、したがって、こんな麗しい話には絶対にならない。


    qq00pg.jpg

 
 しかしながら妻デラは、明日は明日の風が吹くという能天気型人間ではなく、
クリスマス・イヴの前日は、こんな悲観的な気分に浸っていた。

 人生というものは、わあわあ泣くのと、しくしく泣くのと、微笑みとで出来て
おり、しかも、わあわあ泣くのが大部分を占めている。

 しかしイヴ当日、夫が自己犠牲的な愛を自分に示してくれたと分かったとき、
デラは自分の信仰心をもらした。

「たぶん、わたしの髪の毛の一本一本まで神様には数えられているでしょうね。
でも、わたしがあなたをどれだけ愛しているかは、 誰にも量ることはできない
わ」

 このセリフはイエスが述べた「あなた方の髪の毛までも一本残らず数えられて
いる。だから恐れるな、あなた方は神から愛されている
」をベースにしている。

 デラもジムも普通のアメリカ人として、キリスト教の「神信仰」を持っていた。
 二人は、ほろ苦い失敗感を感じたものの、互いに自己犠牲的な最上の愛を贈り
合ったゆえに、心の中には温かな幸福感が微笑みとともに充満したはずだ。
 二人は、この経験で「神信仰」が増し、幸福感がいっそう増し加わったのだ。


    41jpg3.jpg

       ____________________


 人生は、たとえ大きな問題を抱えていても、誰かが自分を優しく想っ
ていてくれると思えると、ほんわり幸せな気持ちで生きていける・・・。


 じつは、これが有神論のメリットであり、マジックなのです。
 宗教組織は優越感で宗派争いをしたり信者から金を巻き上げ、適者生存と弱肉
強食思考の無神論者は弱者を蹴落としています。誰であっても思わぬ事故や病気
や災害に遭い、生きているとつい悲観的な精神傾向になることがあるでしょう。

 しかし「神信仰」があれば、自分には「見えない助け手」が付いていると思え
て、少しばかりの、いえ、少し以上の安寧と幸福感を持てる利点があるのです。
 
 そうした信仰があれば「神は神を愛する人間を愛している」という宗教的な神
信仰であっても、あるいは「神は人間の自由意思にまかせている」という精神世
界的な信仰であっても(私はこちらのほうです)、最終的にはきっと最善の結
果になるはずだと思って生きていけるのです。

 だって、神が「無条件の愛の神」なら、最終的には必ず人間に善いものを与え
るはずじゃないですか。その神は、ジムとデラが互いにした以上の、はるかに賢
明な最上の善い贈り物を私たち人間に準備しているはずじゃないですか。

 そして私は、それが「賢者の佳き贈り物」であると思っているのです。


    qqa2.jpg




《補足》

 武漢発祥ウイルスは世界に拡大しましたが、この問題解決を世界のみんなで協力して考えるきっかけにすれば、大きな不幸中の幸いな体験の一つになり、「賢者の贈り物」のようになり、人類向上のワンステップになります。

※1:シバの女王は南西アラビアの女王。イスラエルのソロモン王の知恵を聞くために、豪勢な随行員とともにはるばる遠路を旅してやってきたが、あまりの宮殿の壮麗さと国の繁栄を見て肝をつぶした。シバの女王は金120タラント(現代に換算すると約5000万ドル)とバルサム油や宝石などの贈り物をソロモン王持ってきたが、ソロモン王はそれを上回る贈り物をシバの女王に贈り返した。(列王記上10:2-9、列王記下9:12)

※2:東方の賢者がイエスに贈り物をする場面を描いたクリスマスカードは大抵、イエスを馬小屋の飼い葉おけの中にいる赤ちゃんとして描いているが、実際は2歳以下の幼児だった。というのはキリスト救い主になる人物がユダヤの王として登場すると、将来は自分の支配者としての立場が危うくなると恐れたヘロデ大王が「ベツレヘムにいる2歳以下の幼児をみな殺せ」との命令を出しているからだ。イエスが赤子なら「赤子をみな殺せ」と言えばいいはず。

●『賢者の贈り物』の邦訳は、Copyright (C) 1999 Hiroshi Yuki(結城 浩)
青空文庫 https://www.aozora.gr.jp/cards/000097/card536.html

●オー・ヘンリー(本名ウィリアム・シドニー・ポーター)は、医師の息子としてノースカロナイナで生まれたが、3歳のときに母を亡くし、15歳で学業を離れ、22歳のときにテキサスに移り住み、様々な職を転々として過ごし、銀行の金を横領した疑いで起訴され、病気の妻と子を残して逃亡したものの、妻の危篤を聞いて家に戻り、懲役8年の有罪判決を受け、服役中にも多くの作品を書き、模範囚として3年半後に釈放された後、ニューヨークに移り住み、多くの作品を書いたが、最後は過度の飲酒から体を壊し、47歳で生涯を閉じた。



 こうすれば勝てた。『ヴェニスの商人』の金貸しシャイロック。 


「ねえねえ、ご隠居。すごい儲け話、聞きましたよ。いくら借金しても破産しね
えんです」
「お、熊さん。現代貨幣理論、MMTをナマ聞きかじったな」
「おれっちも、この際、どんどん借金しまくって、豪勢な暮らしでもしてみんと
キャンディと思って」
「うむ、MMTとは《国が国債をどれだけ発行しても破産しない》という理論だ。
自国通貨を発行できる国の場合はいいとしても、個人には通用しないぞ。紙幣は
勝手に刷ったら捕まる。金を借りたければ担保が必要だが、お前さんには財産が
ない」
「そうです。湯たんぽもきりたんぽもねえですが、おれっちは、この自慢の体を
担保にして」
「熊さん、体は駄目だ、担保にならない。シェイクスピアの戯曲に、こんな話が
ある。アントニーオというイタリア人が友人の借金の保証人になり、シャイロッ
クという金貸しは、《期日までに返せなければ彼の肉1ポンドをいただく》とい
う証文を書かせた。1ポンドは約450グラムだ」

  venis3.jpg

「ええと、確か、頭のいい裁判官が『肉は取ってもいいが、血は一滴も取っては
ならない』と判決を出したので、『ヴェニスの証人』が負けてしまった話だった
ですかね」
「いや、お前さんのアクセントは若干語尾上がりだから『しょうにん』が裁判の
『証』と聞こえる。正確には語尾下がりに発音するのだよ。そうすれば商売の
人』と聞こえる。『ヴェニスの商人』とは金を借りたアントニーオのほうだ。
『商人』の元の英語はマーチャント(merchant)で、マーチャントとは普通の
《商人》より取引量の多い《貿易商》なんだな」
「そうでしたか。でもまあ、450グラムならたいしたことねえ。ジュウジュウ言
う焼肉を1キロも食えば、すぐ補充できます」
「いや、心臓すれすれの肉を切り取られたら命にかかわるぞ」
「そうか。でも、それにしてもですね、ご隠居。肉を切れば血が少しは出るのは
当たり前。量るときに多少の誤差が出るのも当たり前。肉を1ポンドを取っても
いいが、血を一滴も取ってはいけないという判決は、常識を外れてる、屁理屈だ、
難くせだ、とシャイロックはなぜ反論しなかったんですかね」

 今昔物語の検非違使。清水の舞台からカッコよく滑空せり。 


「清水の舞台から飛び降りる」の慣用句はよく知られていますが、平安末期に書
かれた『今昔物語』に、そこから実際に飛び降りて滑空した男の話が出ています。

 心理学者の河合隼雄は、「今昔物語の内容は『昔は今』と読み替えたいほどで、
一つひとつの物語が超近代(ポストモダン)の知恵を含んでいる」と述べました。

 そこで、その男が決断飛行した昔話から、今に生きる知恵を得たいと思います。


 kiyo2.jpg
 参考絵:一鶯斎芳梅「清水の舞台から飛び降りる女」(安政後期 1857~1860頃)



『今昔物語集』巻十九の四十
「検非違使 忠明 清水にして敵にあひて命を存すること」


 今は昔、忠明とい検非違使(けびいし)ありけり。
 若男にてありける時、清水の橋殿にして、京童部(きょうわらわべ)といさかひをしけり。
 京童部、刀を抜きて、忠明を立てこめて殺さむとしければ、忠明も刀を抜きて、御堂の方ざまに逃ぐるに、御堂の東の端に、京童部あまた立ちて向かひければ、その傍にえ逃げずして、蔀(しとみ=板戸)のもとのありけるを取りて、脇に挟みて、前の谷に躍り落つるに、蔀のもとに風しぶかれて、谷底に鳥の居るやうに、やうやく落ち入りにければ、そこより逃げて去にけり。 
 京童部、谷を見下ろして、あさましがりてなむ立ち並みて見ける。

 忠明、京童部の刀を抜きて立ち向かひける時、御堂の方に向きて、
「観音、助けたまへ」
と申しければ、ひとへにこれその故なりとなむ思ひける。
 忠明が語りけるを聞き継ぎて、かく語り伝へたるとや。


《現代語訳》
 今となっては昔の話だが、忠明という検非違使(けびいし)がいた。
 若かりしとき、清水寺の橋殿で、都の不良青年らと喧嘩をした。
 不良らが、刀を抜いて忠明を取り囲んで殺そうとしたので、忠明も刀を抜いて清水寺の本堂のほうへ逃げたら、本堂の東の端に彼らが大勢立って忠明に向かってきたので、そちらのほうに逃げることができない。
 板を張った格子戸の下半分があったのを取って、脇に挟んで前の清水の谷へ飛び降りたところ、その板戸が下からの風にあおられ、谷底に鳥が降りるようにゆっくり落ちたので、忠明は逃げ去った。
 京の不良らは、谷を見下ろし、驚き呆れ、立ち並んで見た。

 忠明は、若者らが刀を抜いて立ち向かってきたとき、本堂のほうに向いて
「観音様、お助けください」
と願ったので、自分が助かったのは、ひとえにそのおかげだと思った。
 忠明がこう語ったのを聞いた人々が語り伝えているという。 

 芥川龍之介の『芋粥』。五位が萎えた原因のバーソ解釈。 


 平安時代、五位という身分の、小心で、風采の上がらない中年の小役人がいた。
 彼は、無上の佳味「芋粥(いもがゆ)」を思う存分に飲むことが人生唯一の欲望で、
日がな一日その願望達成を夢見ながら生きていた。

 ある青年の豪族から、芋粥を飽かせ申そうと招待され、五位は彼の越前の館に
泊まるが、翌朝、山芋を二三千本も見て、釜から立ち昇る湯気の匂いを嗅いだら、
口を付ける前から満腹感を感じ、芋粥の銀器を出されたときは食欲が失せていた。

 五位は、ここに来る前、京にいた頃の自分を懐かしく振り返った。
 それは同僚から愚弄され、子供からも「この鼻赤めが」と罵られていた自分で
あり、同時にまた芋粥に飽きたいという欲望を後生大事に守っていた幸福な自分
であった――――というのが芥川龍之介の『芋粥』のあらすじです。


            ―――――――――

「さあ、熊さんよ、五位はやっと念願の芋粥を腹いっぱい飲めるチャンスが来た
ときに、なぜ気持ちが萎(な)えて、幸福感が失せてしまったと思う?」
「ご隠居、芋粥って、芋の入ったお粥ですよね」
「いや、山芋を甘葛(あまかづら)の煎じ汁で煮た甘いデザートで、当時は上流貴族
や特別な客にしか出さない希少なものだった」

   imog5s.jpg photo AC(現代の芋粥)

back to TOP