「バーソは自由に」

 考え方はいろいろあるから面白い。

 人がみな美男に生まれてこない正しい理由。 

イケメン俳優、イケメン政治家、イケメンJリーガー、イケメン店員・・・と、
近頃、やたらに「イケメン」という言葉を聞く。ああ、嘆かわしい。

語源は「イケてる」+「面・men」で、(女から見て)魅力的な男のこと。
渋谷系ギャルたちの造語だが、まあ、うれしくもない言葉が流行ったものだ。

今回は「イケメン」関連の話なのだが、なぜか私はあまり愉快ではない。
下の写真は仕方なしに紹介するが、どういうわけか気が沈む。ああ、世も末だ。

ikemen1.jpg
UAE・ドバイのカメラマン兼モデル Omar Borkan Al Galaさん(20歳だと)。
イケメンすぎてサウジアラビアから国外退去させられたと報道された。

スポンサーサイト

 マザー・テレサの愛の奉仕と信仰の葛藤。 

やはり、100パーセント完璧な人間はいないのか。
「奉仕の人」といえば真っ先にマザー・テレサを思い出しますが、
じつは心の奥には暗やみの部分があったことが死後、明らかにされました。

彼女の「告白」が本で発表された時は、関係者に大きな衝撃を与えたそうです。

maza-.jpg
●画像はオリビア・ハッセー主演の映画『マザー・テレサ』(2003年)You-Tubeより

マザー・テレサのその告白と名言から、彼女の愛の本質を探ってみました。
まずは、「名言」のほうから彼女のポジティブな人生観を見てみましょう。

 「油断大敵」で暮らすか、「勇断快適」に生きるか。 

つい最近、1週間位の間に、車に軽い傷が付く接触事故を2回経験しました。
 最初の原因は私の油断、2回目は相手の油断。
大事故にならず、運転に注意するようになったので、よかったと思っています。

「油断」という日本語。これは中国人には意味が通じないようですよ。
 中国の研修生が日本の工場を見学中、壁面に「油断一秒 怪我一生」の標語を見て、
日本の工場はすごいと感心しました。
 漢語では「怪」は「責める・非難する」の意。機械の「油を一秒でも切らしたら
私を一生責めてください」という意味に解したのです。※


 弱05

人生に失敗はつきもの。一生、自分を責め続けたりしないのがいいのでしょう。
「油断」の語が使われた著名な作家の文章から、二つの生き方を考えました。

 『恵比寿ガーデンプレイス』とキヤノンEF-M 11-22mm。 

都内でちょっとヨーロッパの街並みのテイストが味わえるエリア、
といえば『恵比寿ガーデンプレイス』です。

「恵比寿」の地名の起源となったヱビスビール工場が千葉県に移転し、
その跡地に作られた、ちょっとリッチでお洒落な複合施設です。


つい最近、35mm判換算で18mmという超広角レンズを手に入れたので、
垂直水平方向に拡がり感があるこの場所へ、試し撮りをしに行ってきました。

ee恵比寿ガーデン 028

(以下、写真の3枚目以降は、文章とシンクロしていません)


back to TOP