「バーソは自由に」

 考え方はいろいろあるから面白い。

 日本より頭の中のほうが広い。―――夏目漱石『三四郎』 

日本は意外に大きな国です。
イギリス、イタリア、ドイツより国土面積が広い国です。
ところが、「日本より頭の中のほうが広い」と言った明治の作家がいます。

夏目漱石『三四郎』の冒頭部分の意味を考え、自分に適用してみました。

1wed1-934x.jpg
      (三四郎とは何の関係もないウェディングカードなんですがね・・・)

スポンサーサイト

 誰にでも、逢いたいひとがいる。 

んとなく、ひと恋しい時節になりました。
ジングル・ベルが聴こえてくると、誰か逢いたいひとを想い出しませんか。

わたしバーソの逢いたいひとは、
学生時代、じつは婚約者がいると知っても、夢中になった二歳年上のひと。
幼いときに両親が離婚したので、二度しか会ってない亡き父親。
あまり仲が良くなかった亡き母。かわいがってくれた小学校の女の先生二人。
一度舞台を見たかった山口小夜子さん。若い頃のブリジッド・バルドー。
逢えるものなら、赤毛のアン、サンタ、天のみ使い・・・。
『逢いたい』というタイトルの歌をご存知ですか。
歌詞は「あいたい」を72回繰り返すだけ。 メロディは「ドファミラ」だけ。

q原宿イルミ138

歌はATOMIさん。声も抑揚も素晴らしく、思わず眼に涙がにじんできます。
BGMで聴きながら、イルミネーション灯る原宿の夜の街はいかがでしょう。

 義士の「義」と、義歯の「義」の違い。 

古い話ですが「元禄十五年、十二月十四日」と言えば赤穂浪士の討ち入りです。

この日付で検索したら、三波春夫の歌謡浪曲『俵星玄蕃』が出てきました。
だいぶ以前、銀座のあるビルで、三波さんと二人仲良く並んで小用を足したことが
あります。むろん偶然。互いに無言、見て見ぬフリをしました。

赤穂市では「赤穂浪士」ではなく「赤穂義士」と言ったほうがいいようですが、
今回の話は、その義士の「義」と義歯・義足の「義」は意味が同 じか?です。

a1spider-man

義理で読んでいただければ、義気だ、義侠だ、義挙だと、お褒めいたしますよ。(笑)

 アール・デコなら、東京都庭園美術館。 

アール・デコ装飾で知られる港区白金台の『東京都庭園美術館』に行きました。

元は、皇族の朝香宮邸として昭和8年(1933年)に建築。
戦後、首相官邸や迎賓館としても使われ、昭和58年から美術館として公開。
約3年かけた修復・復刻作業が終了し、11月22日から開館されました。

何日か経って、朝 早めに行ったのですが、思ったよりも混雑してましたね。
撮影OKでしたので、人と人の隙間から、手早くシャッターを切ってきました。

ccm庭園美術館 006
 (第一応接室の扉。ドアの上部はレイモン・シューブによる鉄製のタンパン装飾。下部のドアにはマックス・アングランによるエッチングガラス製パネルが嵌め込まれている)

back to TOP