「バーソは自由に」

 考え方はいろいろあるから面白い。

 「ハルマゲドン」は、人類の最終的な滅びの日か。 

「ハルマゲドン」とは、神による最終的な裁きの日である。
そのときには、邪悪な人類が滅ぼされ、少数の人が救われる、
と考えられている。

しかし「ハルマゲドン」は、人類最後の日ではない。


私は神を信じないからではなく、愛の神を信じているがゆえ、そう断言できる。
今回は、その根拠を聖書から述べたい。

赤い馬
※欧州観光のヴィンテージポスターで、黙示録とは無関係。

スポンサーサイト

back to TOP