「バーソは自由に」

 考え方はいろいろあるから面白い。

 トマスは、見て信じた「幸いな人」だった。 

十二使徒の一人に「トマス」がいる。彼は、疑り深い使徒として知られている。

なぜならトマスは、イエスが復活したと仲間の弟子たちから聞いても、
私の手を釘の跡と脇腹の傷跡に差し入れない限り決して信じない」と言ったからだ。

トマスが信じるようになったのは、八日後、イエスが、トマスにも現れて体の傷跡を見せ、
そして「あなたは私を見て信じたのですか。 見なくても信じる者は幸いです」と
トマスを叱って諭したから、と思われているようだ。

トマスは かわいそうに、印象が良くない。 彼は本当に疑り深い性格だったのか。
だからイエスから叱られたのか。 ヨハネ20章を調べ、トマスを弁護したい。

b2.jpg

スポンサーサイト

back to TOP