「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 メメント・モリとは死を想い、生を思うことである。 

私には、覚えておくべきなのに、普段よく忘れていることがある。

そのことを人生で一番強く意識したのは数年前、要手術と言われたときだった。
しかし術後、ガンではなかったと言われ、そのテンションは薄れてしまった。

その覚えておきたいことは、ラテン語で「メメント・モリ」と言われている。
memento moriは「死を想え」の意で、《いずれは自分自身も死ぬ》という警句。

中世の修道士たちが挨拶をするときに、決まり文句として口に出したそうだ。
キリスト教徒が天国の至福に思いを馳せるきっかけになる言葉でもあった。

tooo.jpg
Carlos Schwabe, La Mort du Fossoyeur, 1893.

旧約聖書は、人が《死》を心に留めるのは良いと言っている。(伝道の書7章2節)

 祝宴の家に行くよりは、喪中の家に行くほうがよい。
 そこには、すべての人の終わりがあり、
 生きている者がそれを心に留めるようになるからだ。


今回は「メメント・モリ」に関連する奇妙な絵画と音楽の話から……。


スポンサーサイト

 過去を手放すために死がある。執着心と生まれ変わり。 


二葉亭四迷が “I love You” を「死んでもいいわ」と訳した話は知られています。
トンでる訳だなあ、文豪はモテるなあと、お嘆きの貴兄もおられるでしょう。

でもツルゲーネフの『片恋』では、“I love You”とは英訳されてないそうです。
そのロシア語箇所は直訳され、“Yours(あなたのものよ)”となっています。
※1
なるほど、身も心も「あなたのもの」なら「死んでもいい」と訳しやすいでしょう。

愛は見返りを求めないどころか、命への執着心さえ棄てさせるのですね。
聴かせてよ愛の言葉を。人生一度でいいから、歯の浮く思いをしたいものです。

aVanuyt (2)

それにしても、川島浪子の言葉じゃないですが、人間はなぜ死ぬのでしょう。
もし死なないで永遠に生きられるとしたら、それは本当にいいことでしょうか。

 老衰したら、人は不用になり、不要になるか。 

労働は、必要悪だとか、神からの罰だと言う人がいる。
理由のひとつに、自分の仕事が楽しくないせいがあるだろうか。

イエスは「働き人がその食物を得るのは当然です」と言った。
働くことは食べることと密接に結びついている。

「働こうとしない者、食うべからず」とは新約聖書の教えだ。
「働かざる者、食うべからず」とは営利組織のスローガンかもしれない。
では、
「歳とって食うだけの者、食うべからず」とは、誰の思想だろうか?

VF246jpg.jpg
(アメリカの女性雑誌『Vanity Fair』の表紙)

人は必ず老衰する。高齢者に社会はどう対処してきたか。昔の人々の習俗の話です。

                  

 人間最期の言葉には、生き方が表れる。 

人は産まれ出たときは皆、おぎゃーと泣いて、息を始める。
そして死ぬときは、自分の何らかの思いを語って、息を終える。
人間最期の言葉には、その人の人となりがよく表れるようだ。

きききりん
J.E.ミレイの名画『オフィーリア』をモチーフにした宝島社の企業広告(出典)

 死ぬときぐらい好きにさせてよ。
『ハムレット』の恋人オフィーリアが溺れ死ぬ前に歌を口ずさんでいる場面。
 彼女の死は、文学の中で最も詩的に書かれた死の場面のひとつと言われる。
 オフィーリアになったつもりの樹木希林は、「人は死ねば宇宙の塵芥。せめて
 美しく輝く塵になりたい。それが私の最後の欲なのです」と言っている。

いかに死ぬかを考えることは、いかに生きるかを考えることと同義である。
生きている間に、死ぬときの言葉を考えることは良いことだろう。

 江戸の男は隠居してからの人生を愉しんだ。 

え~、落とし噺に出てくる人物は決まってまして、八っつあん、熊さん、ご隠居さん。
ご隠居さんってえのは いい身分でして、雑学をひけらかしたものです。

「んちわっ、ご隠居。毎日、ぶらぶらしてるってえっと、さぞ退屈でしょ」
 「ん? 別に退屈はしてないよ。あたしにも色々と道楽があるから」
「へぇ、ご隠居もすみに置けねえや。夜、そうっと別宅のほうに・・・」
 「そういう道楽じゃあない。和歌、俳諧だ」
「なんです? その馬鹿、ハイカラってえのは」

りゅうしう9
落語『雑俳(ざっぱい)』。You-Tube →春風亭柳昇三代目三遊亭金馬立川談志

ご隠居が「はるさめ」と風流な題を出すと、八っつあんが「船端を ガリガリ かじる
春の鮫」と五七五を詠む噺になります。江戸時代には若くして家督を息子に譲った
隠居がけっこうおりまして、借家を建てて大家になったり、隠居部屋で趣味三昧に
浸ったり、あるいは長屋に引っ越して、つつましく余生を楽しんだようですな。

back to TOP