「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 地上の事象は天国の隠喩でもある。金子みすゞの『繭と墓』。 


俺はお前となあ、二人でコンビ組んで、ずっとね、漫才とかやれて、お笑い芸人になって、やれたことが本当に幸せやった、ありがとう。もういつそっちに往くか、もうわからんけども、俺がそっちに往ったら、またやろうや。いいか、お前な、待っとけ」 
     (カンニング竹山さんの弔辞:相方・中島忠幸さんへ・2006年)


天国が実際にあれば、そんな素晴らしいことがあるだろうか。
死後の世界は、あるのか、ないのか―――――
この難問を金子みすゞさんの詩を軸にして科学的な合理思考で考えた。

                

部分と全体が自己相似形になっている図形を《フラクタクル》と言う。
この三次元世界には、あらゆる所にそのフラクタクル構造が現れており、
ミクロの量子の構造は、マクロの恒星群や星団の姿と相似であり、
人間は、サイズ的には、ミクロの量子とマクロの宇宙の中間に存在するそうだ。

「下なるものは上にある如く、上なるものは下にある如く」という古言がある。
フラクタクルの原理は、目に見えない形而上の世界にも当てはまるはずで、
この地球上の事象は、霊的な真理を表す《隠喩》であると見做すことができ、
自然界をよく観察すれば、死後の世界についても推察できるということだ。
       
 hura4.jpg


ジュリアス・シーザーは「人は見たいと思うものしか見ない」と言った。
イエスは「見るには見るが、決して見えない」人がいることを述べた。
これは《心を開いて素直な目で見れば、見えないものも見える》ということだ。

二十六歳の若さで薄幸の人生に自ら終止符を打った金子みすゞさんは、
純粋な感性の目で、人は死んだら見えない世界の中に解き放たれることを見た。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
金子みすゞの『まゆはか』は、自ら命を閉じる前に書いた絶唱だ。

《起》
  (かいこ)は繭(まゆ)
  はいります、
    きうくつそうな
    あの繭に。

《承》
  けれど蚕は
  うれしかろ、
    蝶々になつて
    飛べるのよ。

《転》
  人はお墓へ
  はいります、
    暗いさみしい
    あの墓へ。

《結》
  
そしていい子は
  翅(はね)が生え、
    天使になつて
    飛べるのよ。



この詩は《起承転結》で構成され、修辞技法としては《比喩》が用いられている。
すなわち、
《起》蚕は、成虫になるまでは、狭苦しい繭(まゆ)の中に入るのが運命だ。
《承》しかし、蚕は繭を出たら蝶々(蛾)に変わり、大空を飛ぶようになる。
《転》(蚕から人間の話に転じ) 人間も死んだら、暗く淋しい墓に入るのが運命だ。
《結》(蚕の羽化は比喩であり) いい子も死んだら天使になって天空を飛べる・・・
 と論じ、それゆえ人は死んだら天国に行く(と思っている)ことを示している。

みすゞさんは鋭敏な感性で身の周りを見て、その仕組みから論理的に学びを得た。
彼女は、蚕の完全変態は、人が生まれ変わることの隠喩であると見做したのだ。

 
 私はモスラ系は苦手なんですが、この子はかわいい顔をした蛾天使です。(笑)


この《生まれ変わり》という考えは荒唐無稽で不条理なものだろうか。

聖書の詩編作者は「人の体は恐ろしいほど奇(くす)しく出来ている」と感嘆した。
DNA一つを見ても、21世紀の知力でも造れないほど極めて精妙に出来ている。
脳の1秒間の活動は、スーパーコンピュータだと40分ぐらい掛かるそうだ(※)

人間のパーツはとてつもなく超高性能なのに、その本体のほうは故障したり損傷
したりで、一定期間が経つと全機能が停止になるのは欠陥商品のようではないか。

進化論が正しいとしても、形状や機能は自然の知恵によって著しく進化したのに、
老化については自然の知恵が全く機能してないというのは甚だしく片手落ちだ。

宇宙が出来た大元の原因と考えられる《叡智≒神》が在って、人間が懸命に生き
ても死んだらそれで終わりという情けない生命を造ったのなら、頭が悪すぎる。


 hura1.jpg


英知ある結果は、必ず叡智ある原因から生じる。
であれば、その《叡智》たるものが人間をいたずらに生まれさせるはずもない、
と考えるほうがリーズナブルではないか。

そうなら、宇宙の《叡智》は、人間の現在にも死後にも公正に作用しているのだ。

つまり、人間は肉体は死んでも、《生命》は不滅であり、
人間の本質である《魂》は、目に見えない世界でずっと続いている・・・。


                


補足―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
(金子みすゞさんの命は極めて短かいものでしたが、魂は十分燃焼したはずです)

彼女は「人間は死んだら天使になる」とは言わず、「いい子は死んだら天使になる」と言っています。
これは彼女が、単に子供向けの書き方をしたせいか、あるいは善い人だけが天国に行くと思っていた
のか、もしくは自らの死を予感し、天国の存在を希望的かつ確信的に書いたのかもしれません。
註――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※日本とドイツの研究チームが、人間の脳の神経回路シミュレーションとしては史上最大規模のもの
を、8万2944個のCPUと1.4ペタバイトのメモリー量を持つスーパーコンピュータ『京』で行ないま
した。17億3000万個の神経細胞が10兆4000億個のシナプスで結合された神経回路のシミュレーシ
ョンを行ない、生物学的には1秒間に相当することを『京』は40分かけて計算したようです。
この10兆4000億個のシナプスというのは、ちょうどヒトの脳の神経回路1%ほどの規模に相当し、
小型霊長類であるサルの全脳の規模に達しているとのことです。
https://gigazine.net/news/20130806-simulating-1-second-of-real-brain/
●画像はPixabayのフリー画像を借用しました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト

 「嬲る」とは、男女が三人でなさる悪さである。 


スポーツの世界は「」で成っている(ことにさせといてください)
いま世間では、権限を持つ者らの破廉恥が次々に明るみに出されているが、
 なぐるは、拳で顔や頭を強く打つ身体的な暴力であり、
 なぶるは、虐めたり困らせて面白がるパワハラであり、
 ナバルは、ヘブライ語で“ろくでなし”という意味だが、
 なじることをして下の者をなめる権威者は、自ら要職をなげる結末になる。

この問題には、思考と構造の古さに加え、人間性と常識の欠如が関係しており、
なける事情に世間は心配なさるが、言い訳がひどいと応援の気持ちがなえる

 taiw.jpg


愚かな人ほど威張る傾向があり、ひとをなぐらないでも、なぶることはしている。
で、この「なぶる」という言葉は、男と女のことに関係しているという話です。

 桃太郎の説話は、勧善懲悪か、完全超悪か。 


 え~、昔の子供はそれはもう無邪気なものでしたが、今は二歳の子供が迷子に
なって見つけられると、「人生で一番うれしかった」とか「昔ならボランティア
なんかいなかった」とか言いそうで、まあ、近頃の子供はじつにしっかりしてま
すな。

坊っ、日が暮れたら寝ないといかん。必殺仕置き少年の話をしてやるから、
早く寝なさい」
「とおちゃん。桃太郎が鬼をやっつけて宝を持ち帰る話なんか、もう退屈で退屈
で、あくびが出そうだよ。あ~あ」
「いいんだ。桃太郎の昔話は聞いたら眠くなる。だから寝るときにちょうどいい
んだよ」
「いつも同じ話だとあきるよ」
「じゃ、とおちゃんが作った桃太郎の替え歌を聞かせてやるから、寝なさいよ」


  yaas4.jpgヤマサ醤油『桃太郎』昭和初期の広告

 「原罪」の教理はエゼキエル書の一つの聖句から論破できる。 


 かつて聖書の伝道中に、居合抜きで負けたことが一度あります。

 ある秋の日、神社の境内の奥で、細い体つきの六十歳ぐらいの婦人が竹ぼうき
で落ち葉を掃き集めていて、こちらを一度チラッと見ました。
 神主の奥さんだなと思ったので近づいて、十秒か二十秒か話し掛けるタイミン
グを見計らっていたら、黄色いイチョウの葉が一枚ひらひらと落ちてきて、その
人が物静かな顔で、ほうきの先を見ながらポツリと言いました。
「無常ですね」
 言葉自体は月並みで、どうってことないのですが、私は話し掛ける意欲が萎え、
黙って礼をして静かに引き下がりました。機先を制され、精神的に負けたのです。

 しかしそれ以外では、家の人と話し合って理屈で負かされたことはないですね。
地元では、他の宗教の幹部、強固な無神論者、牧師や宣教者、大学の神学教授と
も論じ合ったことがありますが、返り討ちにあったことは一度もないです。※1

           eze11.jpg
 
 しかしじつは、聖書伝道者を沈黙させることができる必殺の言葉があるのです。
 そんな切り札というか、妙手というか、殺し文句となる聖句を一つ紹介します。


back to TOP