「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 北斎の描く「海」は智情意に神も入った至高の芸術だ。 


山路を想いながら風景画の事を考えた。
智を働かせれば視点と構図を第一に考える。
情を重んじれば色遣いや筆のタッチが変わってくる。
意地を通せば他者との画法の違いにこだわりたくなる。
とかくに人の世は描きにくい。

いわゆる名画を観て気付くのは、西洋には海の絵が少ない事だ。
日本人が海をよく画くのは、二柱の神が海原の中に国を造ったせいかも知れぬ。
海は広いな、大きいな。
月はのぼるし、日はしずむ。
こころ自由なる人間は大海に胸ときめかす。
潮のうねり果てしなく、現世(うつしよ)の様に似て、海は人の万感を写し出す。


f9100464-s.jpg
David James “Wave” 1895


今回は「海」の絵を見ても、西洋と日本とでは捉え方が違うという話です。

                

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

まずは西洋の名画を9点。「海」のBGMを聴きながらいかが。 → シャルル・トレネラ・メール
海は絶えず様々に表情を変える水の平面である。

海を間近で見たことのない人は、海を地平の彼方にまで続く紺碧の大平原と見る。
波の砕ける音や磯の香り、海のドラマや郷愁は知らないが、絵心をそそられた画
家は、そのフラットな水面の感情を読み取り、微妙な色彩と陰影で描き出すのだ。


クロード・モネ『印象、日の出』 1892年
クロード・モネ『印象、日の出』 1892年



ポール・シニャック コンカルノーのレガッタ1891
ポール・シニヤック『微風 コンカルノー』1891年



ljgtyu.jpg
エゴン・シーレ『トリエステ港』1907年



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
海は水の塊と飛沫のたわむれである。

海とはすなわち波である。波は絶えず揺れ動き、泡立ち、地球の命の鼓動を示す。
それは二度と同じ姿を繰り返すことがなく、はかない瞬間の美しさを見せている。
画家は、寄せては返すその大波小波をどのように描くかに魂の全てを込めるのだ。


kigf9i.jpg
エドゥアール・マネ『 アンリ・ロシュフォールの逃亡』1881年



ルノワール 「波」1879)
ピエール=オーギュスト・ルノワール『波』1879年



gohho8.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホ『サントマリーの海の風景』1888年



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
海は母なる水の惑星のどよめきである。

海は人が大自然の力に敵わないことを自覚させられる修羅の場にもなる。大風が
吹き、海が荒れると、船も人もなす術がなく、奈落の底に引きずり込まれる。瞬
間を捉える写真機がない時代、画家は波の姿をイマジネーションで補って描いた。


クールベ
ギュスターヴ・クールベ『波』1869年



ホーマー
ウィンスロー・ホーマー『ライフライン』1884年



アンリ・ルソー《嵐の中の船
アンリ・ルソー『嵐の中の船』1896年



以上は、海を写実風に描いており、極言すれば色彩と筆の使い方が違う程度だが、
次は印象派の画家連中の度肝を抜いた本邦の絵。構図も感性も世界観も全く違う。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
海は奇想の感性が湧き起こる場である。

東の代表は北斎にとどめを刺す。海の絵でこれを超えるものは世界に無い。無数
の手を広げて人間に襲い掛かる波頭。波間に小さく佇む富士山。うねりに翻弄さ
れる舟上の人々は荒波とは対照的に無音硬直。構図の独創と大胆さは神の領域だ。


2a70b.jpg
葛飾北斎『冨嶽三十六景』の「神奈川沖浪裏」1831-1833年頃



houku.jpg絵に崇高感があるのは訳がある。
万物の基本を成すものは丸と角
であるから、定規とぶんまわし
(コンパス)で作図の原理を教え
る、と北斎が自ら書いているが、
←全体の構図は、2本の対角線
と19の円弧によってほぼ決めら
れている。大波がせり上がって
いく曲線は《黄金比》を使った
螺旋(らせん)形と一致している。
(中村英樹 著『新・北斎万華鏡』美術
出版社) → 出典


 
このとき、北斎七十二歳前後。
智と情の天与の才に、たゆまぬ努力の技を結集し、この不朽の傑作を描いている。


                  


      海よりも壮大な眺めがある。
        それは大空である。
       大空よりも壮大な眺めがある。
         それは人間の魂の内部である。
            ――――ヴィクトル・ユーゴー(1802-1885)



スポンサーサイト

 倉田百三『出家とその弟子』と精神世界との調和性(後編) 


倉田百三『出家とその弟子』
この戯曲は、親鸞の教えを下敷きにした “信仰と救い” についての話ですが、
著者の意識が、仏教とキリスト教を超えて、精神世界へと大きく拡大しています。

今回(後編)は、地獄があっても人間は救われるのなら、
その根拠はあるのか?という疑問から始まります。

 fo98.jpg


 非常に面白いので、未読の方は一読を勧めますが、(→青空文庫)
 時間のない方はバーソが引いた下線部の本文だけでもどうぞ。

        _________________

 倉田百三『出家とその弟子』と聖書との親密性(前編) 


大死一番に点を一つ付けて犬死一番としたらどうなるでしょう?

「大死一番」とは、死んだ気になって精一杯やるという意味ですが、
「犬死一番」なら、無駄死にが一番となり、情けない死に方になります。

できれば最期は一つの汚点もなく美しく死にたい、
なるべく安らかに逝きたいとは誰でも思うことでしょう。

 for98.jpg

倉田百三が戯曲『出家とその弟子』で “信仰と救い” について論じています。
『歎異抄』の親鸞かと思って読んでいると、聖書の言葉をいろいろ思い出し、
ロマン・ローランが大絶賛したのもむべなるかなと思えてくる面白い本です。

この書には、神や仏を信じない人にも共感できる話が盛り込まれています。
バーソの話は甘口が多いとお嘆きの貴兄に、今回は少々“堅め”の話(前編)です。

 ※長年信仰に打ち込んだ私バーソの注釈を読めば、たちまちその書の核心が分かる!
 はずですが(^-^;、もし未読であれば、そう長くないので一読を勧めます。→
青空文庫

 事務用椅子のハンガー整形という些細なるアイデア。 


「人生の三分の一は座っています」。
といえば椅子メーカーの宣伝文句のようだが、
椅子は“座る”用途以外にも多面的に用いられている。
たとえば、
・観葉植物やガラス瓶を置いて部屋のアクセントにしたり、
・強盗やクマやゴキブリに襲われたときのとっさの防具にしたり、
・人生いよいよどうしょうもなくなったときの最期の踏み台にしたり、
・オフィスでは上着を掛けるためのハンガー代わりとしても使われている。

pic5o.jpg女の尻に敷かれる使われ方もある例。
「帽子をかぶって椅子に座る女性」
ピカソ 1941年 (130.5x97.5cm)


 
この背もたれをハンガー代わりに使う便法は、上着の型崩れやシワの原因になり、
仕事バリバリのジェントルマンにとっては、いささか悩みのタネであった。

そこで今回は、以前、ハンガーとして使える事務用椅子オフィスチェアを考えた話です。


back to TOP