「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 じつはリルケの『秋』は、枯葉が落ちてはいない。 

 え~、またまた、落ちるはなしにお付き合いを願います。

 落語は結末に「落ち」や「下げ」が来るのは先刻ご承知の通りでございますが、
これは話し手が「下げる」と客が「落ちる」という因果関係になっておりますな。
            _________
 
「ご隠居、たまには、くだらねえ話じゃあなくて、げる話が聞きてえもんだ」
「げっ」
「いや、落ちる話じゃなくって」
「おや、下げるの漢字 “下” を “げ” と音読みしただけだがな」
「ったく、おちおち聞いてられねえ」
「じゃあ、こうしょう。高尚な話だ。八っつあんは、リルケというオーストリア
の詩人を知らないだろうな」
「おうおう、こちとら、自慢じゃねえが、知るけ」
「やはりな。このリルケがドイツ語で『秋』という題の詩を書いている。英語で
秋をオータム(autumn)とかフォール(fall)と言うが、フォールとは落ちることで、
つまり秋とは葉が落ちる季節という意味だ」

lrie3.jpg

「ええ、あっしも秋は恋に落ちて・・・」
「ドブに落ちる顔をして何を言う。リルケはだな、木の葉が落ちているのを見て
いるうちに、万物はみな落ちることを思いついて、極めて非常に寂しくなったな。
だが他のことも思いついて、すこぶるとても安堵した。この詩を見なさい」
  
  
  Herbst(秋)  ライナー・マリア・リルケ(1875-1926)

   木の葉が落ちている はるか彼方から落ちている
   天上の庭が枯れてしまったかのように
   いやいやをしながら 舞い落ちている

   夜ごとに 重い地球が落ちている
   無数の星々の中から 虚空の中へ

   われらはみな落ちている この手も落ちている
   まわりを見てごらん すべては落ちている

   しかし ただ一つのものが在る 
   それらの落下を 両手で 
   限りなく優しく受け止めているものが

 

「八っつあんよ。人間の手のような形をしたカエデとかの枯葉がヒラヒラ落ちる
のを見たことがあるだろう。それがリルケには、葉っぱが手を振ってイヤイヤを
しながら落ちているように見えたんだろな。枯葉は落ちて、その枯葉を受け止め
るはずの大地も、我々人間も、すべては色即是空、一切は空(くう)の中に落ちる」
「分かります分かります。くう、ねる、あそぶだ」
「そのくうとは違うがな。まあ、とにかく万物はみな落ちて、死を免れ得ない定
めのように見える。だが宇宙には、その落ちるものすべてを優しく受け止めてい
るものが一つある、とリルケは思いついた。その一つのものとは何だと思う?」
「神様、仏様ですか」
「そうだ。だが、神といっても、人によってイメージが違う。宗教を信じる人は、
神とは白いヒゲを生やした愛あるおじいさんのように思って、信じて仕えれば救
われると信じている。しかし宗教を嫌う人は、見えない神なんか信じて頼るのは
非科学的で、愚かしいと思っている」

lw08.jpg

「へえ、神様を信じるヤツは頭が悪い」
「いや、そうとも言えんぞ。勧善懲悪の人格神は信じてはいないが、宇宙全体を
(す)べ治めている偉大な知性や秩序、法則のようなもがあるはずだ と考える科
学者や哲学者がいて、ニュートンやアインシュタインもそうだったようだな」
「ご隠居は、どっちを信じているんですか」
「うむ、宇宙はなんかの拍子にひょいと偶然に出来て、そのあと勝手に進化した
ものではないな。もしそうなら、万物はあまりにも絶妙かつ奇(くす)しく出来すぎ
ている。だから、この宇宙の美しい構造と仕組みを始めさせ、命ある者を作り、
人間にいろんな体験と感情を味わえるようにしてくれるようにした、一つの偉大
な原因があるはずだと思っているのだよ」
「そうなら、ありがてえけどなあ」

lhg1yy.jpg

「そんな万物の原因のことを『根源』とか『神』とか、ここでは『いつなる者』と
呼んでいる。それは偉大な叡智でもあるはずだから、万物をただ落としているだ
けのはずがない」
「はずがないって、どうしてですか」
「それは、まあ、道理と信仰とそして希望だなあ。マイナスがあればプラスもあ
るはず。だから万物はみな落ちているようでも、じつは長い目で見れば、また昇
るようになっているはず。なので宇宙は、そして人生は、愛ある叡智を軸にして、
ぐるぐると回り巡り続けている、と私は考えているのだよ。おや、八っつあんや、
眼が回ってるぞ」
「へい、宇宙の仕組みは、ぐるぐると終わりなく回っている。神様のおかげで世
の中はよく出来てるなあと驚いてるんです」
「それを世間ではこう言っているな。・・・回る世間に鬼は無し」




スポンサーサイト

 苦行で悟るか。在るがままで生きるか。 


 例えば水の上を歩けるようになれれば、もう人知の領域を超えたと思いますか。

夜が明ける頃、イエスは湖の上を歩いて弟子たちのところに行かれた。
弟子たちは、イエスが湖上を歩いておられるのを見て、「幽霊だ」と言っておびえ、恐怖のあまり叫び声をあげた。
          ――――新約聖書マタイ伝 十四章二十五、二十六節


                 


 水上を歩く修行者――――バーソ・モジリアーニ・アクタガワ

 ある日の事でございます。お釈迦様は極楽の蓮池のふちを、独りでぶらぶらと
お歩きになっていらっしゃいました。
 この極楽の蓮池は、水晶のような水を透き徹して、三途の川や針の山の景色は
もちろん、人間世界の様子も、ちょうど覗(のぞ)き眼鏡を見るように、はっきりと
見えるのでございます。

 そうしていると下界では、とある川のそばで、一人の修行者が悲壮な顔をして
苦行をしている姿がお眼に留まり、お釈迦様はどえらく親近感を感じられました。
そこで地上に降りて覚者の姿となり、修行者にお尋ねになりました。
「あんさんは、何年ここで苦行をしてんかね」
「はい、私は三十年もの間、朝から夜まで毎日毎日、ひたすら苦行を続けており
ます」
「なかなか感心やな。せやけど、なんでしんどい修行をしとるのかいな」
「はい、この娑婆は、煩悩と苦悩を味わいながら耐え忍ぶことが前提の世界です。
私は、ぜひとも今生で悟りを得て、日々苦しみに追われることなく生きたいと願
っているのです」

 ebaa8.jpg

 身近なものに恋をすれば、人生はバラ色。 


恋は、一方通行、出口なし。
恋は、見返りを考えず、ただ想うだけ。
恋は、自己主体の愛、一人だけでも完結する。

今回は、何かに熱く恋をすれば、視界が自動的にバラ色の世界になる話です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
La Vie en rose ~バラ色の人生~


まずはエディット・ピアフの『ラ・ヴィ・アン・ローズ』 を聴きながらどうぞ。


 「とても」は、とてもじゃないが、とっても面白い。 


この字はなんと読むのでしょう?


「迚も」


「中」と「二点しんにょう」。なかなか読めないですか。

とても読めないと思った方、正解です。
そうです。「とても」以外には読めない字です。(笑)

字源は「途中までは良いが、最後までは行き着かない様子」を表すそうです。
なので、
(1)最初は、「どうしても」「とうてい」の意で否定的に用いられました。
 例→「とてもそんなに食べられない」
 
(2)後になり、「非常に」「大変」の意で肯定的に用いられるようになりました。
 例→「とてもきれいな花だ」

 ※芥川龍之介は、大正13(1924)年に書いた『澄江堂雑記』の中で、
「とても」が東京で肯定的に使われだしたのは数年以前のことだと述べています。
 
  111j.jpg

最近の世の中は「とても」想定外の出来事がたくさん起きるようになりました。
そういうわけで、「とても」の類語を集めました。



back to TOP