「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い

 大判小判が出てくる時の擬音語《ザクザク》についての私的解釈。 



  1.うらのはたけで ぽちがなく
    しょうじきじいさん ほったれば
    大ばん こばんが ザクザク ザクザク

    ――――『はなさかじじい』作詞:石原和三郎、作曲:田村虎蔵

  
.


畑を掘ったら大判小判がザクザクと出てきた『花咲爺さん』。なぜ擬音語は《ザクザク》なんでしょう。この語感に、ちょっと違和感を感じたことはないですか。

        ____________________


クマ「ご隠居。大判小判って薄い金の板ですよね。なんでチャリンチャリンとかの澄んだ金属音じゃなく、ザクザクって濁った音が出るんですかね」
隠「うむ、熊さん、その擬音語はあたしもしっくり来ない。ちょっと状況証拠を調べて推理してみようかね」
クマ「待ってました。よっ、シャーロック・ステイホームズ名探偵」
隠「うむ、シャイロックと言われないだけマシかな。で、お前さんは、ザクザクはどんな時の音だと思う?」
クマ「そうですね。キャベツをザクザク切るとか」
隠「そうだな、大辞林第三版を見ると、三番目の注釈は《切り方・織り方などの粗いさま》と書いてある。《粗いさま》とは、大判小判がバラバラ埋まっていたことを示唆している。そして二番目の注釈には《宝石・金貨などが多くあるさま》とある。こちらは《多くある》という意味だ。ということは、大判小判が、バラバラに多くある状態をザクザクと言うのかもしれん」 
クマ「ご隠居。しかしですよ、バラバラにあることや、多くあることをなぜザクザクと言うかが説明されてねえです」
隠「うむ、いい指摘だ。そこで一番目の注釈には《雪、霜柱、小石などを踏んで歩く音を表す語》とある。熊さんや、この童謡の季節はいつ頃かな?」
クマ「桜の花が咲く春じゃねえですか?」
隠「そうだ。したがって必然的に冬の《雪、霜柱》は除外され、《小石》が残る。つまりザクザクとは、畑を掘る時に、鍬(くわ)が土の中の小石に当たった音という可能性が高い
クマ「うーん、でも、ご隠居、鍬を土の中に入れる音なら、普通、グサッじゃねえですか」


     obaa500.jpg


隠「うむ、グサッは、鍬を硬い地面に勢いよく深く突き刺した時の音だろう。そのグサッグサッがひっくり返ってザクッザクッになった可能性は捨てきれない。そうなら、元は濁音がなくてサクッサクッだった可能性もある。そう考えると、北海道のパウダースノーなど、サラサラした粉雪の上を歩くことを『サクサク歩く』と言う。ということは、粒が小さい粉末状のものを、軽やかに踏んだり押した時の音をサクサクと言うのだろう」
クマ「そうか、サクサクは粒が小さい粉末を踏む音なんだ」
隠「ここまで推論してきたら、この問題を解くカギが見えた。この『花咲爺さん』の話では『枯れ木に花を咲かせましょう』と言っている。では、ワトソン熊君、そのセリフから、裏の畑がどんな土地かを推理できるか?」
クマ「う~ん、分かりません」
隠「いいかい、この話は、お爺さんが灰を撒いた。そうしたら桜の花が満開となって大名からご褒美をいただいた。つまり、裏の畑は灰の成分が多い土地なのだよ。ということは、灰だらけの粉っぽい土地を、お爺さんが軽い力でサクサクと小気味よく鍬で掘った可能性が非常に高い。そしてサクサクが、後に濁音が付いて、ボリューム感のあるザクザクに変化したのだろう」
クマ「そうか、あの畑はけっこう灰だらけ」
隠「ポチ灰だらけだ」
クマ「すると、ザクザクは、《小気味よくサクサク掘った》という擬音語で、《沢山掘った》という擬音語じゃねえんですね」
隠「おっ、《沢山》か。なるほど、そうだな、《沢》とは《物が豊かにあること、潤い》という意味だ。豊かにあるなら最低二回は繰り返してタクタクと言いたくなり、それが濁ってダクダクとなった可能性もあるな。『血液が動脈からダクダク流れ出た』と言うと、それは血液が沢山出たということだ」

     ob74.jpg Pixabay


クマ「ご隠居、ダクダクザクザクとでは、字が一文字違ってませんか?」
隠「あたしと熊さんの仲だ。そのぐらい負けときなさい。《ザ》と《ダ》は親戚だという《つもり》になれば、気にならない。歯がない昔の爺さんならザクザクダクダクの発音の区別はできんだろ」
クマ「うーん、今一つ腑に落ちねえ。解釈がコロコロ変わって、なんか怪しい。が、まあ、ご隠居。日頃のうんちく指南のお礼に、お持ち帰りで買ってきた吉野家の牛丼を出そうかな。ちょうど昼時だし」
隠「おや、そうかい、うれしいね。遠慮なく御馳になろうかね。ちょいと、婆さんや、お茶を入れておくれ」
クマ「では、俺もお負けしますよ。玉ねぎ多めの『ねぎだく』にしたつもり、つゆ多めの『つゆだく』にしたつもり、肉が多めの『肉だく』の牛丼を、ご隠居の前に出したつもり
隠「う~ん、唯々諾々いいだくだくと食べたつもり



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※ 唯々諾々=何事にも「はいはい」と従うさま。他人の言いなりになるさま。
※ というわけで『ザクザク」の由来や正確な注釈をご存じの方は、ご教示いただければ幸いです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



 カネが回れば経済が活性化する三つの小話とMMT。 

 
 都知事選の選挙広報。1面の上位2人に注目しました。

 小池ゆりこ都知事は「東京大改革2.0」のスローガンを掲げていますが、都の貯金はほとんど使い切っているそうです。
 山本太郎候補は「都債15兆円を発行し、都民一人当たり10万円を給付する」など
現金を回して景気を底上げすることを公約しています。

 カネを無から生み、世の中に回す―――なんてことが実現可能なのでしょうか?
 その点を三つの《戯れ小話》にしました。私としては珍しい経済風味の話です。

   toklyks.jpg

 困難でも喜びのゲームを楽しむ『少女パレアナ』の視点。 


 エレナ・ポーターが1913年に書いた『少女パレアナ』という本があります。

 書き出しは私の好きな『赤毛のアン』に似ていますが、それより10倍感動しました。2日間で3回読み返しましたが、3回目も涙があふれ出ました。これは友人のエリアンダーさんから紹介された、私としては近来にないと思えた良書です。

 場面は100年ほど前のアメリカ。両親を失って孤児となった11歳の少女が、義務感だけは心得ている気難しい叔母さんに引き取られますが、困難な状況にあってもいつも強い意志と努力によって《喜べる理由》を探し出すゲームをすることで、荒れていた町の人々の心を喜びで明るくしていくお話です。

「パレアナ」は、当時アメリカ中の店やホテルの名前になるなどのブームになり、ウェブスター英語辞典には《喜悦》という意味の名詞として掲載され、「パレアナイズム(極端な楽天主義)」という心理学用語を生みました。

 今回は、パレアナの《喜べる言葉》をピックアップした感動の“さわり”集です。

qaapoll.jpg

back to TOP